日本橋 麒麟 像 意味。 日本橋架橋百周年|今月の特集|「日本橋ごよみ」のご紹介|まち日本橋

日本橋の歴史を知る。飛び立つ「麒麟」と、東京の守護「獅子」が鎮座しています。

日本橋 麒麟 像 意味

こんにちは。 スタッフの三石です。 今日は私の勤めているビーグラッド周辺の日本橋見どころを紹介します。 日本橋は歴史的にも伝統がありますが、最近は日本橋コレドができて、オシャレな街になりつつあります。 そんな、伝統とトレンドが交わる素敵な街を、私三石の視点で勝手に魅力を伝えちゃいます!! 今からご紹介する場所は、会社から徒歩5分くらいで行ける場所なんです。 自慢じゃありませんよ!(笑) でも、日本橋に来られたら、是非チェックいただきたい場所です。 晴れた日に歩くととても気持ちいいんです。 最近は観光客も多く、すれ違う方が中国の方や、アメリカの方、いろんな国々の人とすれ違います。 いつもにぎやかで、元気をもらいます。 ところで、日本橋と言えばここ・・・ そう、日本で一番歴史のある、その名の通り「日本橋」。 いやぁ~、通るたびに感動します。 歴史は詳しくはないですが、1604年の江戸時代から日本の中心地として全国5街道の始点なったことで有名で、なんか歴史を感じちゃいます。 ド定番ですが、意外に皆さん足を止めないんですよね。 私は勝手に昔を思い出すだけで、タイムスリップした気分になります。 私だけですかね~。 こちらも有名。 「日本橋道路標識」。 観光客が絶えません。 日本の道路発祥地です。 ここら辺をウロウロすると、『写真を撮ってくれませんか!』と間違えなく声掛けられます。 私はちなみに2回ありました。 (笑) そして私が大好きな場所。 橋の真ん中にあります麒麟像。 私の印象は、中井貴一が倒れた場所。 (笑) 東野圭吾の「麒麟の翼」の舞台になり、脚光をあびました。 もちろん歴史的にも有名な麒麟。 その光景は素晴らしく、観光客がいつも写真を撮っている、そんな場所です。 個人的には、私はここが大好きです。 ミーハーなので。 (笑) 彫刻で彫られた麒麟像はずっと見てられますね。 芸術肌ではありませんが、いいんです、これが。 そして・・・ 買い物と言ったら、ここ。 百貨店の総本山というべきか・・・そう「日本橋三越本店」です。 江戸時代から商いをして、創業は1673年。 越後屋という呉服屋からはじまったことで有名ですね。 ここも、近年新館ができて近代的に生まれ変わりましたが、旧館のライオン像は今も健在。 今でも人気で日本の富裕層の方が大勢集まる?!とても素敵な百貨店です。 まだまだありますよ!!美味しい果物やスィーツを食べたい方はここは外せないスポット。 そう「千疋屋本店」です。 私は甘いスイーツが大好きですが、ここの領域には達してません。。。 食べたことのない美味しいフルーツが1年中並びます。 見るだけでも楽しいし、フルーツの匂いも素敵です。 上にはスイーツを食べれる場所があり、連日行列ができます。 いつかここで、フルーツまとめ買いするという小さな夢を持っています。 (笑) そして、最後に私が個人的に好きなところ、「倍返しだ!!」でおなじみの、ちょっと古いですが『半沢直樹』の舞台になった「三井住友銀行」建物です。 三越百貨店の並びにあります。 半沢直樹がドラマで勤めていた「東京中央銀行」のロケーションで使われた建物です。 これも歴史がある建造物で、実際に見るととても迫力があります!!周りが近代的な建物の間にあるので、とても目立ちます。 素敵の一言につきます。 ここを通ると、個人的には「半沢直樹」の小説をすべて読んだ私にとっては、ワクワクしてしまう場所です。 本当はまだまだあるのですがご紹介しきれません。 仕事がらここの通り近辺をよく通りますが、いつもリフレッシュされます。 どうでしたか日本橋の勝手な見どころ紹介。 伝統と近代が交わる街、日本橋。 毎日新しい発見があります。 ですから私三石は毎日ワクワクして飽きることがありません。 そんな街が日本橋なんです。 そんな職場で勤めている私は贅沢かもしれませんね。 是非、日本橋にお越しの際は、この素敵な街を探索してください。 きっといろいろな発見があると思います。 このワクワクする街から、これからもどんどん新しい商品や情報を発信していきますね。 乞うご期待ください。 勝手な日本橋、見どころ紹介でした。 投稿ナビゲーション.

次の

日本橋にある翼のついた麒麟の像。その意味は?

日本橋 麒麟 像 意味

外見 [ ] 形はに似て大きく背丈は5mあり、顔はに似て、の尾とのをもち、麒角、中の一角生肉。 背毛は五色に彩られ、毛は黄色く、身体にはがある。 古くは一本角、もしくは角の無い姿だが、後世では二本角や三本角で描かれる例もある。 また、日本ではのに建つ麒麟像が広く知られているが、この像には日本の道路の起点となる日本橋から飛び立つというイメージから翼が付けられている。 原型製作は(彫塑家)の。 性格 [ ] 普段の性質は非常に穏やかで優しく、足元の虫やを踏むことさえ恐れるほど殺生を嫌う。 神聖な幻の動物と考えられており、1000年生きるという [ ]。 動物を捕らえるための罠にかけることはできない。 麒麟を傷つけたり、死骸に出くわしたりするのは、不吉なこととされる。 また、『』によれば、王がのある政治を行うときに現れる神聖な生き物「」とされ、、、と共に「」と総称されている。 このことから、幼少から秀でた才を示す子どものことを、や、天上の石麒麟などと称する。 によって纏められたとされるの『』では、聖人不在で泰平とは言えない時代に麒麟が現れ、捕らえた人々が麒麟を知らず気味悪がって打ち捨ててしまったことに、孔子は深く諦念し筆を擱(お)いてしまうという、いわゆる「」の記事をもって記述が打ち切られている。 は麒麟という字を具現化した()を使用している。 その理由としては、信長がにかわってみずから天下を統一しよう、という願望を抱いていたためとされる。 種類 [ ] 麒麟にはいくつか種類があると言われ、青い物を聳孤(しょうこ)、赤い物を炎駒(えんく)、白い物を索冥(さくめい)、黒い物を甪端(ろくたん)/角端(かくたん)、黄色い物を麒麟と言う。 麒麟とキリン [ ] 「」および「」も参照 のによる南海遠征により、 分遣隊が到達した東岸諸国から実在動物のをはじめ、・・・・などを帰国時のに運び [ ]、に献上した。 以上の一件以後、の学者たちはキリンが「麒麟」ではないことを認知していたが、日本語においては、のたちによる訳語制定のなかで「麒麟」が訳案として持ちだされ、最終的に「麒麟」が採用された。 また、日本語だけでなくにおいてもキリンは「麒麟」(、 麒麟、:girin、:kirin)と呼ばれている。 騏驎 [ ] 麒麟のように足の速い馬のこともキリンというが、漢字で書く場合は、(へん)を鹿から馬に変えて『騏驎』とすることがある。 騏驎は、故事では一日に千里も走るすばらしい馬とされる。 「騏驎も老いては駑馬(どば)に劣る」(たとえ優れた人物でも老いて衰えると能力的に凡人にも敵わなくなることの例え)は、中国の書物「」・斉策・斉五の「騏驥之衰也 駑馬先之 孟賁之倦也 女子勝之」(騏驎の衰うるや、駑馬これに先んじ、孟賁の疲るるや、女子これに優る)が語源。 『中国の妖怪』〈〉、1983年、121頁。 東京都公文書館. 2020年3月30日閲覧。 「日本花押史の一節-十六世紀の武家の花押-」、名古屋大学文学部国史学研究室編 『名古屋大学日本史論叢』 下巻 吉川弘文館、1975年。 「美濃斎藤氏の盛衰」 『岐阜県史通史編 原始・古代・中世』、1980年。 漢字文化資料館. 大修館書店. 2020年3月30日閲覧。 湯城, 吉信「」『人文学論集』第26号、、2008年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 麒麟に関連する および があります。 - などに伝わるの一種。 麒麟の獅子頭を用いる。 株式会社 - 麒麟が名前の由来。

次の

麒麟

日本橋 麒麟 像 意味

外見 [ ] 形はに似て大きく背丈は5mあり、顔はに似て、の尾とのをもち、麒角、中の一角生肉。 背毛は五色に彩られ、毛は黄色く、身体にはがある。 古くは一本角、もしくは角の無い姿だが、後世では二本角や三本角で描かれる例もある。 また、日本ではのに建つ麒麟像が広く知られているが、この像には日本の道路の起点となる日本橋から飛び立つというイメージから翼が付けられている。 原型製作は(彫塑家)の。 性格 [ ] 普段の性質は非常に穏やかで優しく、足元の虫やを踏むことさえ恐れるほど殺生を嫌う。 神聖な幻の動物と考えられており、1000年生きるという [ ]。 動物を捕らえるための罠にかけることはできない。 麒麟を傷つけたり、死骸に出くわしたりするのは、不吉なこととされる。 また、『』によれば、王がのある政治を行うときに現れる神聖な生き物「」とされ、、、と共に「」と総称されている。 このことから、幼少から秀でた才を示す子どものことを、や、天上の石麒麟などと称する。 によって纏められたとされるの『』では、聖人不在で泰平とは言えない時代に麒麟が現れ、捕らえた人々が麒麟を知らず気味悪がって打ち捨ててしまったことに、孔子は深く諦念し筆を擱(お)いてしまうという、いわゆる「」の記事をもって記述が打ち切られている。 は麒麟という字を具現化した()を使用している。 その理由としては、信長がにかわってみずから天下を統一しよう、という願望を抱いていたためとされる。 種類 [ ] 麒麟にはいくつか種類があると言われ、青い物を聳孤(しょうこ)、赤い物を炎駒(えんく)、白い物を索冥(さくめい)、黒い物を甪端(ろくたん)/角端(かくたん)、黄色い物を麒麟と言う。 麒麟とキリン [ ] 「」および「」も参照 のによる南海遠征により、 分遣隊が到達した東岸諸国から実在動物のをはじめ、・・・・などを帰国時のに運び [ ]、に献上した。 以上の一件以後、の学者たちはキリンが「麒麟」ではないことを認知していたが、日本語においては、のたちによる訳語制定のなかで「麒麟」が訳案として持ちだされ、最終的に「麒麟」が採用された。 また、日本語だけでなくにおいてもキリンは「麒麟」(、 麒麟、:girin、:kirin)と呼ばれている。 騏驎 [ ] 麒麟のように足の速い馬のこともキリンというが、漢字で書く場合は、(へん)を鹿から馬に変えて『騏驎』とすることがある。 騏驎は、故事では一日に千里も走るすばらしい馬とされる。 「騏驎も老いては駑馬(どば)に劣る」(たとえ優れた人物でも老いて衰えると能力的に凡人にも敵わなくなることの例え)は、中国の書物「」・斉策・斉五の「騏驥之衰也 駑馬先之 孟賁之倦也 女子勝之」(騏驎の衰うるや、駑馬これに先んじ、孟賁の疲るるや、女子これに優る)が語源。 『中国の妖怪』〈〉、1983年、121頁。 東京都公文書館. 2020年3月30日閲覧。 「日本花押史の一節-十六世紀の武家の花押-」、名古屋大学文学部国史学研究室編 『名古屋大学日本史論叢』 下巻 吉川弘文館、1975年。 「美濃斎藤氏の盛衰」 『岐阜県史通史編 原始・古代・中世』、1980年。 漢字文化資料館. 大修館書店. 2020年3月30日閲覧。 湯城, 吉信「」『人文学論集』第26号、、2008年。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 麒麟に関連する および があります。 - などに伝わるの一種。 麒麟の獅子頭を用いる。 株式会社 - 麒麟が名前の由来。

次の