リゼロ オットー。 【リゼロ考察】オットーの正体は何者?能力やスバルとの関係についても

【リゼロ】アニメ2期のネタバレ!ストーリから結末まで完全網羅!

リゼロ オットー

「リゼロ」オットーの声優は誰なのか?気になったので調べてみました。 Re:ゼロから始まる異世界(通称:リゼロ)の第2期が2020年4月から始まりますよ! 非常に残念ですが、放送時期が2020年7月からに延期されました。 以下、オフィシャルサイトでの発表内容になります。 平素より『Re:ゼロから始める異世界生活』に多大なるご声援を賜り、誠にありがとうございます。 2020年4月より放送開始を予定しておりました『Re:ゼロから始める異世界生活』第2期につきまして、世界的な問題となっている新型コロナウイルス感染症 COVID-19 によって、制作スケジュールに大きな影響が出ていることから、やむを得ず放送開始を延期させていただくことになりました。 現状では7月からの放送を予定しておりますので、放送日時の詳細が決まりましたら、公式サイトおよびにて改めてお知らせをいたします。 作品を楽しみにしてくださっているファンの皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。 何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。 大人気Web小説、試練と忘却の第二十三幕。 オットーを演じている声優さんは誰なのか? リゼロのオットーを演じているのは「天﨑滉平(あまさきこうへい」さんです。 所属はアイムエンタープライズ。 出身は大阪府摂津市になります。 高校時代にテレビアニメ「涼宮ハルヒの憂鬱」をみてアニメにハマったそうです。 事務所の同期は、内田雄馬さん、小澤亜李さん、長縄まりあさん。 最近では「異世界チート魔術師」で主人公の西村太一役を演じられてました。 しかもその時のヒロインは「リゼロ」のヒロインでもある高橋利依さんです。 背丈はスバルと比べてやや低くなかなか整った顔つきをしている。 ちなみに誕生日は3月24日です。 そこそこの商家の次男坊として生まれ、小さい頃はそれなりに裕福に育った。 しかし家を継ぐのは長男である兄。 将来が不安になったオットーは、兄の経営を手伝いながら商業の基礎を学び、独立。 生まれ持った加護「言霊の加護」(いろんな動物とも会話できる)を持つ。 商人らしく打算的にふるまっているが、心根は思いやりのある性格で少し抜けたところもある。 「第三章」ではスバルに巻き込まれたせいで何度も死んでいる。 結果的にスバルの「死に戻り」で何とか乗り越えることができた。 第三章の最後は「言霊の加護」を活用しスバルとエミリアを助けた。 「第四章」に入ると、一気に登場回数が増え大活躍する。 第四章でもオットー無しでは乗り越えることができなかった事柄が多数ある。 またいつの間にか、エミリア陣営に引き込まれ、内政官として就任する。 スバルにとっては異世界に召喚されてから初めて年の近い友人。 窮地を救ってくれたスバルに恩義を感じているが、彼が万能ではなく人並みの人間であることを理解しており、スバルを支えるべく対等な友人であろうと努めている。 あくまで一般人には負けない程度の強さですね。 オットーは非戦闘員と言っても良いでしょう。 まとめ リゼロのアニメ2期は「第四章」から始まります。 第三章以上に第四章は「オットー」が大活躍します。 最強との戦いのシーンがどのように映像化されるのか、楽しみです!.

次の

リゼロアニメ2期4章ネタバレスバルの親友オットーの過去、能力は?

リゼロ オットー

炎が燃え上がる。 いずれルグニカ全土を焼き尽くす炎だ。 炎が燃え上がる。 青年の心の中で。 それは殺意の炎。 黒い背広姿を睨み付けたまま、灰色の髪の青年は懐に手を入れた。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 始まりはいつものミスだった。 灰色の髪の青年……オットーは優秀ではあったが騙されやすいところがあり、大量の油の在庫を抱え頭を悩ませていた。 もちろん、手は尽くした。 頼れるツテには頼り、あらゆる手段を模索したが、ついぞ油の買い取り手は現れず、その身を売る事になった。 もしオットーが優秀な頭脳をもっていなければ男色宿で尻でも売る羽目になっていただろうが、石に見える宝石をそれと見抜く者はいるものだ。 ラッセルという男がオットーの飼い主となった。 この時点では、まだオットーは楽観的だった。 奴隷といっても、そう悪い待遇は受けないだろう。 見た目が薄汚れて貧相な商人の売り物は価値が落ちる。 数年間、服従し、その後はまた行商人でもするか……。 そんな風に思っていた。 一番大切なものを失うまでは。 「やめろ! やめてくれ!」 竜車を曳く竜が石畳の広場に寝そべられていた。 杭を打ったロープで体を地に固定され、絶叫を上げるオットーを心配するかのように首を回している。 当のオットーは複数人の男たちに押さえつけられ身動きができない。 それでも、やめさせようともがいていた。 「やめろ! フルフーに触るな! ……ぐっ!」 男の一人に顔を殴られ、頭がぐらつく。 太陽の元、振り上げられる巨躯の筋肉が蠢く気持ちの悪い物体に見えた。 その先に握られた斧が死神の鎌に見えた。 ぐらぐらと歪んだ世界の中、冷えた声が耳に入り込む。 「やれ」 全ては一瞬だった。 巨躯が振り下ろした斧がフルフーの首を切断し、ごろごろ、ごろごろと回転してオットーの足元に転がってくる。 オットーは膝をつき、いつもそうやってるように胴体をなくしたフルフーの頭を撫でた。 頬を熱い涙が伝い落ちる。 「私に逆らえば、次にそうなるのは君だ」 ラッセルの言葉が空虚に耳を通り抜けていく。 この男は恐怖でオットーを縛り付けたと思い込んだらしい。 きっと、ずっとそうやって人を操ってきたのだろう。 怒ったこともない。 本当の意味で笑ったこともない。 常に胸にあるのは虚無感と、小さな火種だけだった。 その火種を人に見つけられてはいけない。 丁重に丁重に隠しておかなくてはならない。 その日が来るまで。 ラッセルに従属し、いつしかオットーまでも死の商人と謳われるようになったそのころ、見る者が見れば思っただろう。 あの目は人の目ではない。 生きる意味を無くした屍の目だと。 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ 業火の日がやってきた。 ナツキ・スバルと名乗る魔女教の司教が企み、オットーも秘密裏に、そう、ラッセルにさえ秘密裏に力を貸した事だ。 邸宅を火に包まれながらも、ラッセルは落ち着いたものだった。 きっと、隠し通路で安全地帯への道を確保しているのだろう。 ラッセルが落ち着いた素振りで、葉巻だけ持って行こうと上物のケースを取り上げる。 その後ろ姿をオットーは見ていた。 懐の毒を秘めた凶刃を握りながら。 ゆっくり、ゆっくり近づく。 煽り火が爆ぜる音で足音が掻き消されるのも想定の内だ。 刃を抜き、ラッセルの背中に突き立てる。 肋骨と肋骨の間を縫って、致命的な内臓を傷つけ、毒を染み込ませる。 ラッセルが口から血煙を吐き、床に倒れる音。 広がっていく血だまり。 あっさり、そう感じられるほど見事な手際だった。 この日のためにずっとラッセルの後ろ姿を観察していたのだ。 骨はどこにあるか。 筋肉はどのようについているか。 肋骨の隙間はどこか。 内臓はどうおさまっているのか。 ラッセルの後ろ姿を見て、従う振りをして、ずっとずっとずっとずっとずっと殺すために観察し続けた。 「ごっ、ふ……!」 「まだ生きているのですか。 ……長くはないようですが」 仰向けになったラッセルを見下ろし、オットーは静かにつぶやく。 ラッセルの瞳は、もう半分ほどが灰色に変色し、長くはないことは明らかだった。 「最後の言葉を」 なぜ、そう言ったのかオットーにも分からない。 フルフーを殺した張本人に憐れみなど感じようはずもないのに。 もしかしたら、同じ商人として多少なりと尊敬するところがあったから、かもしれない。 ラッセルは笑った。 「…………君は、やはり……いい、拾い物、だった…………」 そう言って、ラッセルは絶命した。 「……………………」 オットーの手から、からん、とナイフが滑り落ちる。 これから自分はどうしようか。 ルグニカは大火に包まれ、入念な調査をされればオットーの関与も知れよう。 あるいは、ラッセルの庇護下ならば命長らえたかもしれないが……。 この先はない、とオットーは感じた。 その思いを表現するように、胸に激痛が走る。 心理的なものではない、オットーの胸から、鋭い槍の先が生えていた。 「オットー、貴様! 奴隷の分際で!」 オットーは思った。 奴隷が主を刺す。 そんな書物はありふれているのに、そんなことも知らないんですか、と。 「ラッセル様が! おい、医者を呼べ!」 馬鹿だな。 この大火の中、手の余っている医者などいない。 そもそも、もう死んでいる。 槍が抜かれる。 オットーは倒れた。 倒れた瞬間、懐から零れ落ち、床に転がるものがあった。 フルフーの鱗だ。 オットーは最後の力でそれを掌の中に優しく握りしめると、呟いた。 「すぐ……そっちに、行くよ……。 ……フル、フー……」 それがオットーの最後の言葉だった。 これは大火に包まれたルグニカで起きた、もうひとつの話。 誰にも知られることのない、一人の男の復讐譚。 おわり.

次の

オットー・スーウェンとは (オットースーウェンとは) [単語記事]

リゼロ オットー

リゼロ5章のネタバレ記事になります。 Re:ゼロから始まる異世界(通称:リゼロ)の「第五章」水門都市プリステラのネタバレとなってます。 2020年4月から始まる「リゼロ」テレビアニメ2期。 第四章は間違いなく映像化されますが、第五章までいけるかどうかは、はっきりと明言されていません。 アニメ2期が2クール放送されるなら「第五章」もあわせて映像化されるでしょう。 そこで今回はアニメに先駆けて第五章の内容を確認していきましょう。 非常に残念ですが、放送時期が2020年7月からに延期されました。 以下、オフィシャルサイトでの発表内容になります。 平素より『Re:ゼロから始める異世界生活』に多大なるご声援を賜り、誠にありがとうございます。 2020年4月より放送開始を予定しておりました『Re:ゼロから始める異世界生活』第2期につきまして、世界的な問題となっている新型コロナウイルス感染症 COVID-19 によって、制作スケジュールに大きな影響が出ていることから、やむを得ず放送開始を延期させていただくことになりました。 現状では7月からの放送を予定しておりますので、放送日時の詳細が決まりましたら、公式サイトおよびにて改めてお知らせをいたします。 作品を楽しみにしてくださっているファンの皆様には、ご心配とご迷惑をお掛けいたしますこと、深くお詫び申し上げます。 何卒ご理解の程、よろしくお願い申し上げます。 大人気Web小説、試練と忘却の第二十三幕。 第五章の流れ【ネタバレ含んでます!】 第四章から一年経過したところから第五章は始まる。 この一年の間に新ロズワール邸(第四章で焼失したため)が完成し、スバルは新しい武器「鞭」を使えるようになった。 始まりはいつも来訪者から アナスタシア陣営から水門都市プリステラへの招待状が届く「のちに、王選候補者全員(プリシラを除く)に招待状が送られていたことが判明」 水門都市プリステラ(湖の上に建設された、四百年前の技術を結集した都市) 大罪司教「憤怒」登場 水門都市での2日目、スバルの前に大罪司教「憤怒」担当シリウス・ロマネコンティが現れる。 権能は効果範囲内にいる人間の感情・外傷を強制的に共有させることができること、スバルは突破案が浮かばず3度「死に戻り」する。 4回目、エミリア・ベアトリスと協力し「憤怒」シリウスと戦っていると大罪司教「強欲」レグルス・コルニアスが乱入し敗北する。 その時、スバルは重症(右足切断)を負い、エミリアは「強欲」シリウスが妻にすると言い連れ去られる。 都市庁舎奪還作戦! 重症のスバルが目を覚ます(ベアトリスは治療にマナを使い過ぎて仮死状態に陥る)魔女教に都市庁舎(都市中に放送可能なミーティアがある)を占拠されたと放送で知る。 ガーフィールが瀕死のミミを担ぎこんで来る(半日ほど前にガーフフィールとミミは、死んだと思われたガーフィールの母らしき女性と再会するが記憶喪失と知り息子であることを告げられず慟哭。 その時大罪司教「色欲」カペラの放送を聞き独断で都市庁舎へ偵察へ行くが、大男と細見女の魔女教徒と戦闘になりミミは重症を負う)スバルたちは現状の戦力を持って奪還作戦を開始する。 都市庁舎の戦い 作戦はヴィルヘルム・ガーフィール・リカードが魔女教徒(大男と細見女)と、ユリウス・クルシュ・スバルは都市庁舎へ潜入する 都市庁舎の中には大罪司教「暴食」が控えており、ユリウスが戦闘開始。 スバルとクルシュは「色欲」カペラと交戦するが、不意を突かれて敗北する。 「色欲」カペラに龍の血を浴びせられたとき、黒竜が乱入し大罪司教たちは撤退する。 黒竜は「色欲」の権能により姿をかえられた都市庁舎の人間であった。 クルシュは重症、スバルは気絶してしまう。 英雄幻想 目を覚ましたスバル、だがプリステラにある4つの制御塔が大罪司教に占拠されたと知らされる。 また「憤怒」の権能により都市中の避難所は地獄絵図と化していた。 都市庁舎にいたスバルは、ミーティアを使用し「憤怒」の権能を逆手に取ることを提案する。 ひと悶着あり放送を担当するのはスバルに決定。 放送でスバルの「演説」が始まる。 ほかの誰にもできない「スバルの演説」により避難所の士気が回復。 その場にオットーとラインハルトが合流。 リゼロの4、5章好きやからずっと読んでるなー ガーフが戦うとことかめっちゃかっけぇーし、スバルのエミリアに対する気持ちの深さとかよく分かるし 5章の演説とかめっちゃ感動したー 共感してくれる方いるかな — クート やべぇこの陽乃さんめっちゃ可愛ええ kuto5645 制御塔奪還作戦 プリシラが合流し魔女教徒2名の正体が判明する。 「大男は八つ腕のクルガン、細見女はテレシア」それは過去の英雄の屍兵であった。 制御塔奪還のため、「色欲」をヴィルヘルムとガーフィール「暴食」をユリウスとリカード「憤怒」をプリシラとリリアナ「強欲」をラインハルトとスバルが担当することになる。 またオットーは復元術師ダーツに預けている、ロズワールの「叡智の書」(破損していたものを隠し持っていた)を回収するために別行動。 対「強欲」レグルス戦 エミリアとの結婚式会場に乱入するスバルとラインハルト。 「強欲」の権能は事実上「無敵」の為、ラインハルトが「強欲」を足止めしている間にスバルが権能を見破りエミリアの助力を得ることで「強欲」討伐に成功する。 討伐後「強欲」の魔女因子はスバルの中へ。 対「憤怒」シリウス戦 「憤怒」の権能をリリアナの「伝心の加護」により相殺することに成功し、プリシラの陽剣や陽魔法により「憤怒」シリウスを生け捕ることに成功する。 対「屍兵」八つ腕クルガン・テレシア戦 ガーフィールはクルガンが弱体化してこともあり辛勝。 しかしテレシアにヴィルヘルムは敗北。 その場に「強欲」戦を終えたラインハルトが合流しテレシアを討伐するが、ヴィルヘルムとの溝は深まってしまう。 対「色欲」カペラ戦 ヴィルヘルムとガーフィールが屍兵に手いっぱいとなってしまったため「色欲」は都市庁舎を襲撃するが、フェリスとアナスタシアそしてアルの予想外の抵抗にあい都市庁舎は崩壊し退散する。 この時、アナスタシアを守るため「人工精霊エキドナ」はアナスタシアと意識を入れ替える 対「暴食」ロイ・アルファルド戦 「暴食」の権能と身体能力の高さにユリウスとリカードは敗北してしまう。 その際リカードは片腕を失う。 対「暴食」ライ・バテンカイトス戦 復元術師のもとに向かっていたオットーは「暴食」ライにエンカウントしてしまう。 偶然近くにいたフェルトと協力するが敗北寸前。 その時ベアトリスが援軍として現れ形勢は逆転し「暴食」は退散する。 今月はこちらの一コマをお届けします。 アナスタシアは「人工精霊エキドナ」と入れ替わったまま戻れなくなり、ユリウスは「暴食」に名前を奪われスバル以外の人々の記憶から消えた。 様々な解けない謎を解決するため、三大英傑の一人、知らないものは無いとされる「賢者シャウラ」がいるというプレアデス監視塔へ向かうこととなる。

次の