避妊 安全日。 避妊しやすい時期、妊娠しやすい時期はいつ?|poroco ポロコ|札幌がもっと好きになる。おいしく、楽しく、札幌女子のためのWEBサイト

避妊

避妊 安全日

安全日とは? 安全日とは、最も簡単に言えば妊娠しにくい日のことをいいます。 では、何をもって妊娠しにくいとされるのでしょうか?これは、排卵日後の数日間を指します。 しかし、「妊娠しない」などということは、決してありません。 ただ、妊娠確率が低くなるというだけですので、妊娠しないという概念は持たないようにしてください。 なので、個々での避妊はするようにしましょう。 安全日とは逆に危険日という日も、もちろん存在します。 これは、妊娠しやすい日であると思ってください。 排卵が終わった後の数日間が安全日、ズバリ排卵期こそが危険日であるといえます。 まぁ、言葉というのは面白いもので、安全や危険という言葉でちょこっと安心できてしまうのも人というもので、ついついそれを鵜呑みにしてしまいがちです。 しかし、安全日も危険日も、個々に差があるということを知っておいてください。 危険日とは? 危険日とは、排卵日の初日から3日前と、排卵中であるとされる約5日、そして排卵が終わった後の1日。 大体9日~10日間が特に妊娠しやすいとされ、俗に「危険日」と呼ばれます。 危険日って、どうも私個人としては意味が解せません。 性行為に及ぶということは、子孫を残すためだという意図があって行われるものであるはずなのに、「安全だ、危険だ~」ってねぇ、それはさておき、危険日ってつまりはどういう日なのでしょうか。 簡単に言ってしまえば、いつでも安全ではない日なので、常に危険日ですなんて言ったら怒られそうですので、きちんと説明いたします。 危険日とは排卵期のことを指します。 排卵期になると、基礎体温に変化が現れ、低温期から高温期へと移ります。 このとき、子宮で排卵が行われており、粘着性のあるおりものが分泌されます。 この状態の時には、非常に受精しやすく妊娠確率が高くなっています。

次の

「安全日」はありません。女医が教える避妊ウソ・ホント

避妊 安全日

「特に妊娠しやすい時期」はある程度推測できますが、いわゆる「安全日」を推測するのはおすすめできません そのため、次の月経予定日の大体14日前が排卵日になります。 ただし多少前後することがあるので、正確な排卵日は基礎体温をつけて一番体温の下がった日を目安にするなど、違う方法でも確認をする必要があります。 妊娠するためには排卵したときに精子と出会うことが大切。 精子の生存期間は約3日間。 これに対して卵子の生存期間は約1日です。 排卵が起こりうる期間に幅を持たせて月経予定日の12~16日前くらいだと考えるとに、次の月経予定日の12~19日前くらいが妊娠しやすい時期ということになります。 大雑把に考えると排卵予定日の前後一週間といったところでしょうか。 実は避妊法として有名な「オギノ式」はまさにこの考えをもとにした方法で、本来は避妊ではなく妊娠しやすい日を知る方法なのです。 排卵予定日と妊娠可能日はいつ? 「安全日・危険日」は危険な避妊法 さて、妊娠可能な時期が排卵予定日の前後一週間くらい、と考えると逆に妊娠しにくいのはそれ以外の時期ということになります。 いわゆる「安全日」というのは排卵前後の一週間を除いた期間、「危険日」というのは排卵前後、という意味で使われているようですが、月経周期の不規則な若い女性はもちろん、月経周期の比較的しっかりした年代でも、女性の身体はデリケートで排卵の時期のずれはよく起こること。 しっかりした避妊のためには基礎体温をつけたり、コンドームなどの避妊具や、ピルの内服などを行う必要があります。 単純に生理予定日からの割り出しだけで避妊はできないので注意が必要です。 月経の遅れと妊娠の可能性……14日以上高温期なら妊娠? 排卵後に受精が成立すると、胎児を取り巻く細胞から「ヒト絨毛(じゅうもう)性ゴナドトロピン」と呼ばれるホルモンが放出され、黄体が維持されます。 この働きで高温期が続くため、14日以上たっても基礎体温が下がらず高温が続く場合は妊娠を考える必要があります。 薬局等で購入できる一般の妊娠検査薬は、この絨毛性ゴナドトロピン(HCG)の濃度上昇を調べて、陽性・陰性の判定をしています。 ちょっとしたストレスや食事、環境の影響などで月経が遅れてしまうことはよくあること。 しかし、高温期が続く場合は妊娠の可能性を考える必要があるのです。 月経不順や無月経について、さらに詳しく知りたい方は「」や「」をあわせてご覧下さい。

次の

避妊・安全日・危険日・緊急避妊・ピル

避妊 安全日

彼のことは大切だし大好きだけれども、彼が避妊をしてくれなくて悩んでいませんか? ラブリサーチが行ったアンケート調査『コンドームを自分で買ったことはありますか?』というアンケートに対して、「はい」と答えた女性は約58%。 「いいえ」と答えた人に比べて1. 3倍も多いという結果になりました。 ============== 【女性に質問】コンドームを自分で買ったことはありますか? ある (195) ない (142) 回答時期:2012. 03~2012. 10 総回答数:337名 ============== その理由は、「彼がコンドームを準備してくれない」と理由も多く見られましたが、そのほかにも、「自分の身を自分で守るために準備する」という声や「自慰のために」という声もありました。 「自分で買ったことがない」と答えた人は、「恥ずかしいから」という以外に、「ほとんどコンドームは使用しない」という答えも目立ちました。 避妊をしない女性も少なからずいるのが現実ですが、性交渉をするということは、妊娠だけではなく、性感染症のリスクもあるということ。 泣き寝入りしないためにも、自分の身は自分で守るためにも、正しい避妊の方法を知っておくことはとても大切です。 避妊についての都市伝説 避妊について、驚くほどに間違った知識を信じている人が多いのが現実です。 医学的には一切根拠がないだけではなく、避妊効果が全くないでたらめな都市伝説までさまざまですが、今回は、よく聞く都市伝説について検証してみます。 ・コーラで洗えば妊娠しない これは全くのでたらめです。 性交のあとにコーラで腟内を洗浄したら避妊できるという伝説は世界的にも有名で、実践したことがあるという声も少なからず耳にしますが、避妊効果はありません。 それどころか、強い炭酸飲料であるコーラによって腟内の細胞を傷めつけてしまうため、体に悪影響を及ぼします。 腟内射精された精子は1分以内に子宮内へと侵入するので、洗浄による避妊は不可能です。 「コーラに殺精子効果がある」という説から始まったのですが、腟内を傷めてしまうことで細菌感染し、腟炎を起こしてしまうことさえあるのです。 ・コンドームの二枚重ねは一枚重ねより安全 避妊だけではなく性感染症の予防もできるので、妊娠を望まない性交をするときにコンドームを使用することはいまや常識ですが、二枚重ねにしたからといって100%安全なわけではありません。 コンドームが途中で破れてしまったり、最初から装着しなかったことで避妊効果が下がったりなど、リスクも伴います。 また、二枚目の装着の際にコンドームに爪で傷をつけてしまって穴が開いてしまったという事例もあります。 何枚つけても体に害があるものではありませんが、コンドームを適正に使用することが避妊効果を最大限に引き出すために重要です。 都市伝説ではないけれど…間違った避妊法 ・オギノ式 いわゆる「安全日」なら妊娠しないから大丈夫と思っている人は多いですが、これは間違いです。 オギノ式は、女性のホルモン周期に合わせて排卵日を算出し、妊娠しやすい時期を予想するものです。 これは不妊治療として逆に「妊娠しやすい日」を推定するには有効ですが、逆の「妊娠しない安全な日」に適応するのは間違いです。 いわゆる排卵日ではない時期に性交渉を行ったとしても、女性の体内に侵入した精子の寿命には個人差があることと、女性のホルモンバランスが乱れて周期がずれていたりする場合もあるので、「安全日」と呼ばれる期間は、「比較的妊娠はしづらい日」であり、「妊娠しない安全な日」という意味ではないことを忘れてはいけません。 ・生理中は大丈夫 同様の理由で、生理中だからといって絶対に妊娠しないわけではありません。 生理中に腟内射精をして、女性の体内に侵入した精子の寿命はかなり個体差があります。 生理中は、比較的妊娠はしにくい期間ではありますが、生命力の強い精子が、生理終了後、女性が排卵日になるまで体内で生存しているという可能性も十分に考えられます。 それ以外に、生理中は腟内が傷ついてダメージを受けても、生理痛や経血で分かりにくいこともあり、腟炎を起こしやすい時期でもあるので避けたほうがよさそうです。 ・膣外射精すれば大丈夫 これも間違った知識です。 腟外射精は、腟内射精に比べると妊娠確率は下がりますが、射精前に漏れ出ている精子が女性の体内に侵入してそのまま妊娠成立してしまうというのはよくある事例です。 「そんなつもりはなかったけどできてしまった」という人の多くは、「腟外射精をしていた」と答えるといわれているぐらい、腟外射精=外出しのリスクは高いです。 腟外射精による避妊効果はほとんどないと思っていて正解です。 代表的な正しい避妊方法 それでは、避妊をしたい場合にはどんな選択枝があるのでしょうか。 手軽にできる避妊方法についてお話していきます。 ・コンドームによる避妊 最も手軽で避妊確率の高い避妊方法です。 コンドームは、コンビニでも容易に入手することができますし、値段も安価なので、妊娠を望まないセックスをするのであればぜひ使用していただきたいアイテムです。 避妊だけではなく、性感染症の予防効果もあるので、そういった意味でもぜひ使ってほしいです。 装着方法も簡単なうえ、今ではコンビニでもさまざまな種類のコンドームが販売されているので、自分たちに合ったコンドームを探すのもよいでしょう。 避妊効果も高く、「妊娠を希望するまでは必ずコンドームを使う」と思って性交渉をすると、安全で安心できる性生活を送ることができます。 ・ピルによる避妊 もっと確実に避妊をしたいという場合は、ピルを服用するという方法もあります。 ピルは女性ホルモンに似た物質で作られていて、服用することで女性の体を偽妊娠状態にすることができます。 妊娠したと体に勘違いさせることで、精子の侵入があっても受精を起こさせなくするというわけです。 ただ、ピルを服用したい場合には必ず婦人科の受診が必要であることと、月数千円の負担がかかります。 服用する場合は定期的な婦人科健診を求めるクリニックもありますし、値段も種類によってさまざまなので、一度クリニックを受診して相談してみましょう。 ピルの副作用を気にする人もいますが、副作用には個人差があるのでそれも含めて医師と相談してみてください。 ピルにはコンドーム以上の高い避妊効果があるほか、生理痛を軽減したり、定期的に飲み続けることで生理周期を自分でコントロールすることができるので、避妊だけではなくさまざまなメリットがあります。 ホルモンバランスが整うことで肌荒れが改善した、という人もいます。 ただし、ピルを飲んでいるからといってコンドームを使用しない性交を行うと、性感染症のリスクが高まります。 避妊のためだけではなく、感染症予防のためにもコンドームはぜひ併用してください。 その他の避妊方法 ・殺精子剤 腟内に挿入しておくことで、侵入してきた精子の動きを鈍くして受精を防ぐというものです。 避妊効果はそれほど高いわけではありませんが、慣れるとすぐに装着できて、5~10分程度で効果を発揮します。 ・ペッサリー 精子が入ってこないように子宮口にふたをするというものです。 自分の子宮口に合ったものを医師と相談して選ぶ必要があります。 ・避妊リング 子宮内に小さな器具を挿入して、着床を防ぐものです。 一度いれておくと5年程度いれっぱなしにできて、高い避妊効果があります。 ピルのように毎日決まった時間に服用する必要がありませんが、自己負担額が大きいというデメリットがあります。 避妊にはさまざまな方法があります。 自分のライフスタイルにあった避妊方法をチョイスすることで、安全な性生活を楽しんでください。 自分の体を守ることができるのは自分だけです。 まずは「避妊しない性交に対してはっきりノーといえる勇気」を持つことですが、ピルや避妊リングのような方法もあるので、医師と相談して避妊を行うのもひとつの方法かもしれませんね。 医師免許取得後は、医療だけではなく、美容、タレント、モデルとして幅広く活躍している。 著書に「あなたの魅力が10倍増すセックス」「夜のお悩み相談クリニック」の他、写真集「診て感じるクリニック」がある。 ファッション誌やラジオ番組、バラエティ番組にも数多く出演。 <コンテンツ提供/ラブリサーチ>.

次の