短所 英語。 ことわざ「長所は短所」の意味と使い方:例文付き

【短所の例文・回答例特集】ESや面接で役立つポイントを徹底解説

短所 英語

英語を第二言語として学ぶ方にとって"効果的な英語勉強法"や"ビジネスで絶対使えるフレーズ"などを保呂田先生が紹介する【留学経験ナシでも英語で仕事はできる!】シリーズ。 第14回目は、英語面接でよく聞かれる7つの質問と、他と差をつけられるキラッと光った答え方をご紹介します! 英語面接は英語ペラペラである必要はない! 「英語で面接」というと、「英語ペラペラじゃないから自分には関係ないや... 」と自分を対象外にしてしまう方が多いのですが、そんなことはありません。 "自分の言葉" で "自分の考えや仕事" を表現できさえすれば、ペラペラでなくたっていいんです。 相手が見ているのは、「英語の流暢さ」ではなく、"この人は英語を使って何ができるんだろう?" という「仕事の技術(スキル)」だからです。 英語の流暢さではなく、キラっと光った "単語" や "フレーズ" "ニュアンス"で他と差をつけていきましょう! 英語面接でよく聞かれる7つの質問 英語面接でよく聞かれるのが以下の7つの質問です。 必ず回答を用意して面接に臨みましょう。 正しい名前の名乗り方 なにはともあれ、まずは名前を名乗ります。 英会話を勉強していると、「自己紹介で"My name is.... "は不自然なので"I'm... "を使いましょう」といろんなところに書いてありますが、そんなことはありません。 実は、ネイティブは"My name is.... "を日常の中で普通に使います。 ましてや、ビジネスシーンでは"My name is... "の方が断然プロフェッショナルに聞こえるんです。 面接でも、"My name is... "を使い、"場をわきまえたプロフェッショナル"なイメージを面接官にさりげなくアピールしましょう。 ビジネスやフォーマルなシーンでは"My name is... "、カジュアルなシーンでは"I'm... "と覚えておくのが無難です。 【よく聞かれる質問その1】"Tell me a bit about yourself. " (あなたのことを簡単に教えていただけますか?) 1 《ポイント1》直近の仕事を話す この質問をされたら、まずは 「直近の仕事」について話します。 直近の仕事については必ず話すことになるので、事前に練習をしておきましょう。 【チョット差のつくフレーズ】• "Prior to that, I spent four years as a sales rep at a foreign capital company. "prior to"は、"before"のフォーマルな表現で、面接はもちろん、ビジネスシーンで丁寧な印象を与えることができます。 「今」の時点は含まないので、「今より前にやっていたこと」を伝えるときに使いましょう。 「お金を使う」というときに"spend money" と言うように、 "spend" には「何か価値があるものを使う」というニュアンスがあるんです。 "I spent 時間 as 役割 " で、「この仕事のために価値ある時間を使ってきた」という、これまでの「自分の仕事に対するプライド」や「仕事へのコミット力」をアピールしましょう。 2 《ポイント2》昔と今のギャップを話す 上記の「直近の仕事」を話すときに、面接官の記憶に残すためのコツがあります。 それは、 「今と昔のギャップをちょっと話す」ということ!この時、「やっていることがコロコロ変わっている人」という印象を与えないよう、"ちょっと"というがポイントです。 【チョット差のつくフレーズ】• "Actually, I was originally hired as an office clerk, but I wound up in sales. "I was hired as an account manager"(経理部長でした)、"I was hired as an administrative assistant"(秘書でした)など、自分の肩書きを言えるようにしておきましょう。 「紆余曲折ありましたが、最終的に今は~をしています」と、途中経過を飛ばし、経歴を簡潔に伝えるのに便利なのが、 "I wound up in 分野 " (I wind upの過去形)です。 "I wound up in marketing" や "I wound up in sales" など。 分野の前につける前置詞は "in" であることをおさえましょう! 3 《ポイント3》最初に焦って話しすぎない 「アピールしなきゃ」という気持ちが先走るかもしれませんが、最初の緊張した状態で話しまくるのは危険。 ここで焦って全部話してしまうとネタ切れしてしまいます。 あなたの長所や展望はこの先の質問で聞かれるので、まずはいったんこの言葉でしめてしまいましょう! 【チョット差のつくフレーズ】• "I'm confident that my experience in both sales and accounting contributes to the further success of this company. " を使う! "I think... "ではなく "I'm confident that... "(~という自信がある)を使うことで、「ただ思っている」のではなく「ちゃんと根拠をもって自信がある」ことを示せます。 【よく聞かれる質問その2】"What was the reason for leaving your last job? " (なぜ転職しようと思いましたか?) 転職理由は「とことんポジティブに」がポイントです。 どんな分野でも使えるオススメの答え方はコレ! 【チョット差のつくフレーズ】• "I have learned a lot from working with some amazing colleagues at my company but I am starting to feel like I need some new challenges. "(新しい挑戦をしたい)という向上心をアピールしましょう。 他にも、 "opportunities for growth"(成長機会)を使ったこんな言い方もオススメです。 "I'm starting to feel like I'd like to work for a bigger company with more opportunities for growth. " (成長機会の多い、より大きな会社で働きたいと思い始めたのです) 実はこれ、「より大きな会社で」と相手の会社をさりげなくほめ、面接官の心象を良くするというちょっとしたテクニックでもあります。 【よく聞かれる質問その3】"What are your strengths? " (あなたの長所は何ですか?) 1 《ポイント1》長所を語るときは「知性をチラ見せ」する! 長所は、忍耐力や意志の強さをアピールしつつ、「知性をチラ見せする」ことで他と差別化していくことができます。 【チョット差のつくフレーズ】• "I'd say that my greatest strength is my patience and my strong willingness to try something new and challenging. "を使う! "I think... "よりも "I'd say that... "(〜と思います)の方が思慮深く知的な印象を与えられます。 ビジネスシーンでは "challenging"を使ったほうが知的に聞こえ断然オススメです。 2 《ポイント2》ベタな表現を使わず言ってみる 「長所」はフレーズ集などに載っているベタな表現ではなく、ちょっと光った表現で他と差をつけましょう。 オススメの長所の答え方はコレ! 【チョット差のつくフレーズ】• "I'm the kind of person who doesn't give up easily and I can think well on my feet. " (自分は簡単には諦めないタイプの人間ですし、どんなときも自分で考え動くことができます)• "I'm the kind of person who is highly motivated. " で判断力と行動力をアピールする! "I can think well on my feet. "は、「何か予期せぬことなどが起こったときでも、今ここで何をすべきか?を自分で考え、臨機応変動くことができる」というニュアンスを表せます。 【よく聞かれる質問その4】"What are your weaknesses? " (あなたの短所は何ですか?) 1 《ポイント1》必要以上に正直に短所を言ってしまわない! 短所を言うときは、 「裏返せば長所とも言える短所をシレっとアピールする」テクニックが必要です! 【チョット差のつくフレーズ】• "I'd say that my greatest weakness is that I am very critical of my own work and I can be somewhat assertive at times. 2 《ポイント2》英語が得意じゃないならあえて正直に言う! 正直英語に自信がないという方は、「英語が得意じゃないって言って大丈夫かな?」と不安に思うかもしれませんが、ズバリ言ってしまって大丈夫です!英語面接ではポジティブが基本とはいえ、ここで「できる」と言ってしまうと相手の期待値を上げてしまい、逆にあなたの評価を下げる可能性もありますし、自分へのプレッシャーも大きくなってしまいます。 【チョット差のつくフレーズ】• "I feel my English ability is my weakest trait. But I can assure that it's temporary because I'm working on improving it by studying online. " (英語力が最大の弱みと思っています。 " (近い将来何をしたいか) 日本人は自分について語るとき、つい"謙虚"になりがち。 でも、「特に野望はなく、普通に働いていられればいいです」なんて言うのはNG!ポイントは、 「責任ある仕事(又はポジション)を任されたい」という野望を"謙虚に"伝えることです。 【チョット差のつくフレーズ】• "Ideally, I'd like to be responsible for supervising a sales team. これを "Ideally" と一緒に使えば、「謙虚でありながらも、責任のある仕事をさせてもらいたい」という強い意志をバランス良くアピールすることができるんですね。 【よく聞かれる質問その6】"Tell me how you handled a conflict at work? " (職場での対立をどう対処しましたか?) この質問は、あなたが良いチームプレーヤーであるか?を知るためのもの。 この質問をされたら、 「難しい人といかにうまく付き合ったか(対人能力)」と「 いかにハッピーエンドに結びつけたか(問題解決能力)」の2点をアピールするのがポイントです。 この質問、特にエピソードが思い浮かばない方は、このまま使ってOKです! 【チョット差のつくフレーズ】• "One of the team members missed a deadline. When I approached him about it, he blew up at me. But I remained calm and I asked him if there was any way that I could help him come up with a solution. He apologized for his blow-up and thanked me for my help. " (チームメンバーの1人が期限を破ってしまいました。 私がアプローチしたところ彼はカッとなったのですが、私は冷静に、何か解決策を見つける手助けが自分にできないかを聞きました。 "(彼はカッとなったが、自分は冷静でいた)と描写することで、相手はあなたの「対人能力」のみならず「リーダーとしての資質」も感じることができるはずです。 "(問題解決の手助けを提案)した結果、 "He thanked me for my help. "(相手が自分に感謝した)一連の流れを描写することで、「いかに人望を得ながら問題をポジティブに解決できるか?(問題解決能力)」をアピールできます。 【よく聞かれる質問その7】"When can you start working with us? " (いつから働ける?) この質問、ポジティブさをアピールしたくて「御社がお望みの時期にすぐにでも!」と宣言するのは逆効果なので要注意!退職時には数週間~数ヶ月の「事前通知」が必要なことが常識なので、前職のそれを平気で無視しようとしていると捉えられてしまったら、「この人、無責任な人なのかな」と思われてしまいます。 【チョット差のつくフレーズ】• "Well... I'd love to start working here immediately, but I feel obligated to give at least two months' notice at my current job. " (そうですね... 全体まとめ いかがでしたか?英語面接を最初から諦めるのはもったいない!上記7つのよく聞かれる質問を参考にしっかり事前準備をし、本番で焦らず自分の言葉でしっかり伝えられれば英語面接にパスすることは十分に可能です! Have fun! LLC [デルクイ] CEO 兼 CFO 保呂田 友里 慶應義塾大学・大学院卒。 国際会計事務所にて外資系事業会社のアカウンティング業務に従事。 現在は、DeLQ it. Native English」を運営。 「WEB女性自身」「レアジョブEnglish Lab」「アビタス」「キンジロー」などコラム実績多数。 その他、講演会登壇、企業研修、英語レッスンなども行うアラサー女子。

次の

ことわざ「長所は短所」の意味と使い方:例文付き

短所 英語

「あなたの短所はどこですか?」「あなたの弱みを教えてください」、これは採用・転職面接で多く見られる「ネガティブな質問」を代表する質問例で、定番中の定番の質問でもあります。 しかし、この質問に対して、十分な面接対策を準備している転職希望者はかなり少数派です。 また、私達マイナビクリエイターの利用者様に「短所・弱みを聞かれたときにどんな回答を用意していますか?」と質問したところ、面接時に言ってはいけないNG回答が多く見られました。 そこで今回は、第1章で面接担当者が「短所・弱み」を聞いてくる意図について説明し、第2章では言ってはいけないNG回答のワーストランキングを紹介したいと思います。 また、第3章では職種別に回答サンプルを用意していますので、これらを総合的に活用してあなたの面接対策にお役立ていただければと思います。 長所・強みと表裏一体に考えることが重要 短所・弱みは、別の記事 で紹介している長所・強みと表裏一体の関係にあります。 例えば、以下のような関係です。 長所(表) 短所(裏) 情に厚い 情に流されやすい 信念を貫く 周囲の意見を聞かない・柔軟性に欠ける プラス思考である 最悪の事態を想定していない 生真面目な性格である 融通が利かない・発想の飛躍や機転がない このような相対関係を理解しておき、長所や強みで語った部分の裏側を短所・弱みとして語れるよう準備しておくことが大切です。 長所として「仕事に対するモチベーションが高い」と言ったときは、「モチベーションが高くなりすぎて周囲と温度差が生じてしまったことがある」といった失敗談を、反省と改善策を添えた上で短所として話すようにすると、回答全体の整合性が高まります。 自分の人間的な短所や自分ではどうしようもない短所などは避け、「仕事を進める上でひょっとしたらマイナスに働いてしまうかもしれない」といった懸念点を話すレベルにとどめる。 長所・強みと短所・弱みを表裏一体のセットにして、自分なりの回答を準備しておく。 仕事を進める上で、「短所や弱みをそのまま放置していた」というのでは、人材的魅力に乏しくなる。 そこで、「自分なりにこのように克服してきた」「失敗したときはこのようにリカバリーした」というフォローとセットにして語る。 とはいえ、完全に克服しきれていないからこそ、現在も「短所・弱み」であることは素直に認める。 その上で、「次のステップとしてこのような努力をしている」という前向きな姿勢を見せる。 注意:克服法をあまり長々と語るべきではありません。 また、完全に克服したかのように話を偽らないように意識しましょう。 無理が生じて、面接担当者に疑問や不自然さを感じさせることになり、そこを追及されると墓穴を掘ってしまうことになる可能性があります。 言葉の選び方が悪い 「物は言いようで角が立つ」という言葉がありますが、同じことを言うのでも、いかにも印象の悪いネガティブな言い方もあれば、「見方によれば長所かもしれない」と感じられるポジティブな言い方があります。 例えば、次のような表現例がわかりやすいでしょう。 ネガティブな言い方 ポジティブな言い方 不愛想である 必要以上に言葉を発しない 言葉が足りない 言葉をじっくり選ぶ ネガティブ思考である 常にリスクへの配慮を忘れない すぐに落ち込む 思慮深く繊細である 引っ込み思案である 軽はずみなことは言わない 個人差はありますが、人間、自分を語るときには、必要以上にネガティブな表現や否定的な表現を選んでしまうことがあります。 そこにある種の謙遜やユーモアが含まれていることも多いのですが、初対面の面接担当者にそのようなニュアンスは通じません。 できるだけ良い言葉を選ぶよう心掛けてください。 致命的なNGワードを口にしてしまう 「会社に損害を与えるかもしれない」「組織やチームにマイナスになるかもしれない」といった短所・弱点は、たとえそれが事実であっても、言わないほうがいいでしょう。 理由は2つあります。 1つは「業務に支障が出そうな人材をわざわざ採用したいと思う企業はない」ということ、もう1つは「自分にとって一方的に不利な情報を不用意に相手に与える姿勢はビジネスパーソンとして不安」ということです。 具体的には、以下のようなパターンがあります。 「時間にルーズ」「約束を忘れることがある」 社会人としての信用が置けません。 そもそも、こんな致命的な弱みを平気で口に出せる神経が疑われます。 「ひょっとして、それをたいして悪いことだと思っていないのでは?」などと、良識を疑われても仕方ないでしょう。 「精神的なダメージに弱い」 クリエイターとして繊細な神経を持っているのはいいのですが、「ちょっとしたことで会社を辞めてしまうのでは?」「扱いが難しい人では?」などと不安を感じさせてしまいます。 「ケアレスミスが多い」 いっしょに働くメンバーとして、不安を感じさせるような話は避けましょう。 また、このような短所・弱みは長所と表裏一体関係にならず、一方的なマイナス評価となってしまいます。 例えば「ケアレスミスは多いが、そのぶん仕事は早い」などといってもフォローになっていません。 私の短所は、「ひとつの仕事に集中しすぎて周囲が見えなくなってしまうことがある」という点です。 前職で初めてWebデザイナーとして働いたのですが、当初はこの短所が災いして、ひとつのページの作り込みに時間をかけすぎてしまったり、残業時間が長くなってしまったりということで上司に叱られたことがあります。 しかし、集中力があるということは、短時間でクオリティの高いデザインができるというメリットもあると思います。 とはいえ、完全に長所になったというわけではありません。 今後、後輩や部下などの管理をする立場になるためには、自分の仕事をしながら周囲に目配りをするといった視野の広さも必要になります。 そこで、「周囲のメンバーが今何をしているか?」を定期的に把握する習慣をつけるため、仕事中30分おきにPCのアラートをセットするなど、目的意識を持って改善トレーニングに励んでいます。 私は前職でWebデザイナーからWebディレクターになりたてのころ、上司から「自分の仕事に没頭しすぎる」という指摘を受けたことがあります。 ディレクター職はプロジェクト全体の進行状況を把握していなくてはなりません。 もちろんクライアントとの折衝もありますし、社内調整も重要な仕事です。 性格の異なる多くの作業を同時に進めていくには、ひとつの仕事に没頭することが短所となってしまうと注意されたのです。 それ以降、私は業務を「パケット化」することを心掛けました。 具体的には、こなさなくてはならないタスクを重要度と所要時間でリスト化し、プライオリティ順に一つひとつの業務を短時間で集中的にこなすようにしました。 私は、いろいろな仕事を並行して進行できるマルチタスク型の人間ではありませんから、一つひとつの業務を順次こなしていくという仕事の進め方のほうが性に合いました。 また、15分程度の隙間時間の活用法も上達し、仕事の効率化につながったと考えています。 とはいえ、業務のパケット化にも限界があります。 そこで、手掛ける案件が大型化するにしたがって、「周囲のスタッフに権限を委譲し、その報告をこまめに受け取る」という、組織のフラット化を実践しました。 個人の能力や時間には限界がありますから、こうした取り組みは今後さらに重要度が増すと思います。 しかし、自分が目配りしなくてはならない範囲が広がるにつれ、一つひとつの業務にかけられる時間は減っていきます。 いかにパケットを小型化し、短時間に集中してこなし、次のタスクに素早く自分を切り替えていけるかが今後の課題だと思っています。 私の弱みは、「ある程度まとまった時間、企画に集中しないとアイディアが生み出せない」というところにあると感じています。 ところが、自分がリーダーシップを発揮するようになってくると、会議・報告・相談・質問がひっきりなしに続き、企画に集中する時間が取れなくなってしまいました。 そこで私が導入したのがコアタイム制度でした。 電話も取り次がない」というルールを設けて、自分の時間を確保するようにしたのです。 最初は若干の混乱もありましたが、コアタイム制度が浸透するにしたがって、支障なくプロジェクトが進められるようになりました。 私自身も、企画のクオリティがアップしたと自覚しています。 その成果が認められ、コアタイム制度は前職の会社全体に導入されるようになりました。 御社の環境にこうしたコアタイム制度がふさわしいかどうかはわかりませんが、何らかの方法で、ある程度まとまった時間を自分の仕事に集中的に使える状況があればと願っています。 プランニングに携わるクリエイターであれば、誰でもある程度の時間、思考に集中しなくてはならないのは当然でしょう。 このサンプルでは、その普遍的な問題を自分の弱みととらえ、「自分に限らず誰にでもそうした時間は大切であり、それが結果的に業務効率の向上につながる」ということも伝えています。 リーダーシップの発揮を求められるポジションでは、こうした自分の仕事のスタンスや流儀を「弱点・弱み」という形で間接的に伝える方法もあることを覚えておいていただければと思います。 ただし、即時相談・即時連絡を是としている企業文化を持つ会社であれば、「この人のやり方は当社に合わない」とマイナス評価されてしまうリスクも考えられます。 こういうタイプの話をする際は、事前に企業研究を進めておき、先方に賛同が得られるだろうという見込みを持って面接に臨むことが重要です。 客観的に自己分析ができているか?• ネガティブなことを人に話すときのビジネスコミュニケーション術を心得ているか?• 短所・弱みが当社の業務・組織に悪影響を及ぼさないか?• 短所・弱みを克服しようという積極性や、具体的な努力・工夫の形跡が認められるか? また、用意する回答も「話の内容自体はいいが、この企業の文化には合わないだろう」と思われる場合があります。 「マイナビクリエイター」のキャリアアドバイザーは、応募先の企業の価値観や企業文化を十分理解した上で転職マッチングを行っています。 もし、このようなミスマッチが予測される場合は、その旨を転職希望者様にアドバイスし、回答内容の変更や添削などの面接対策支援を行っています。 理想の転職を実現するために、ぜひ私たちにお手伝いをさせてください。

次の

ことわざ「長所は短所」の意味と使い方:例文付き

短所 英語

キャリアアドバイザー|赤塩 勇太 客観的に見れているかどうかは入社後にも大きく影響する 「自分を客観的に見れているか」については、人事担当も重要視するケースが多いですね。 客観的に自分を見れていない場合、会社からの期待値と成果に対するギャップなどが生じている際に、それを理解することができず、そのまま不満を抱えて退職となってしまうケースなどもあるからです。 面接官はあなたの問題解決能力もチェックしています。 自分が話した短所に対して、どのような対処をしているのか述べれば、問題解決へ努力する対応力となります。 問題解決能力は仕事をする上で必要な能力のひとつです。 それをしっかりとアピールできれば、面接で他の就活生に差をつけることができるでしょう。 面接で短所を答えるときのポイント 短所への対策と一緒に答える 自身の短所がどういった部分にあるか分かっていたとしても、それに対する対策ができていなければ、理解できていないのと変わりません。 短所について述べる場合、その短所についてどのように対策するのかも合わせて答える必要があります。 短所を自分の中で克服する方法も見つけているということは、より客観的に自分を理解している、という印象にもつながります。 例えば優柔不断な部分が短所なら、急いで決めるべき予定をリストで管理するというように、何かしらの対策方法はあるものです。 自分が普段やっている短所への対策を思い返したり、他の人の行動を参考にするのもいいでしょう。 長所と一貫性のある内容にする 長所と短所は基本的に、コインの裏と表のような関係です。 長所の見方を変えると短所になっているものですので、その内容には一貫性があることが基本的です。 例えば行動力があるということは、見方を変えれば計画性がないともとらえられます。 ですが自分では行動力を長所として挙げたのに、短所に神経質な面を挙げてしまうのは、一貫性があるとは言えません。 これでは採用担当には「ちゃんと自己分析できているんだろうか」「客観的な目線があるのだろうか」と思われかねないのです。 長所がこれだ!と思う部分があるなら、面接などで短所について聞かれた際は、その長所の見方を変えたものを述べるようにしましょう。 そうすることで、一貫性のある自分への見方ができていると認識されるのです。 「短所なし」は良い印象を与えない 人から短所はあるか、と聞かれると、ついつい「短所なんてない」と答えたくなるかもしれません。 日常会話ならまだいいですが、面接の場で「短所なし」と答えるのはマイナスの印象になってしまいます。 上記にも挙げたとおり、長所と短所は表裏一体のもので密接につながっています。 自分の長所を理解しているなら、短所はそれを別の目線で見たものになるはずですね。 ところが、短所はないと答えてしまうと、主観的な目線でしか自分を理解していないと思われてしまいます。 主観的な目線でしか理解できていないということは、自信過剰または、自己分析が正しくできていないと捉えられます。 これでは面接で不合格になってしまう可能性は高くなるでしょう。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 私の短所は「頑固」な点だと考えています。 私は、責任感が強く、他人に頑固な印象を与えてしまうケースが多いです。 学生時代のグループワークの際に、研究する内容に関して話し合いをしました。 そのとき私には、譲れないどうしても研究したいテーマがあったので、メンバーを説得してそのテーマでレポートを作成しました。 解説 最初の例文は「頑固」です。 「頑固」なのは、自分の考えを持っている証拠でしょう。 そのため、「頑固」だという短所は「自分の考えを持っている」と言い換えられます。 確かに、「頑固」で自分の考えをなかなか曲げないのは、短所になりがちです。 しかし、具体的なエピソードを述べて「自分の考えを持っている」「意思が強い」などの長所につなげれば、アピールポイントになります。 周りの意見を取り入れるように意識しているという点もアピールするといいでしょう。 周りの環境には左右されにくいのですが、自分のペースで作業をする癖があるので、時には作業が遅れてしまうケースもあります。 そのため、レポートを提出する機会があったときは、提出が遅れることも見越して早めに資料準備などに取り掛かり、期限までに完成させるように心がけました。 解説 「マイペース」という短所は、「周りに流されない」と言い換えられます。 「マイペースだから仕事が遅いです」ではなく、「マイペースで丁寧に仕事ができます」とアピールするとよいでしょう。 「周りに環境に左右されずに、集中力を維持して仕事の目標を達成できます」というアピールにもつながります。 しかし、マイペースは、協調性のなさにつながりかねないので、アピールするときは注意しましょう。 私は学生時代、課題研究という授業があり、グループごとにテーマを決めて研究をおこないました。 私は研究やレポートなどを早く終わらせたいと思い、研究結果の仮説を締切1週間前に提出する計画をグループに提案しました。 その結果、締切1週間前に研究結果の仮説を提出できました。 しかし、グループのメンバーを急かしてしまったため、夜遅くまで学校で残ったことが原因で寝不足になったメンバーがでてきました。 私はせっかちな部分を踏まえ、今後は相手の気持ちを考えて、相手に無理のない計画を立てて行動したいと思っています。 解説 「せっかち」という短所は、「行動が素早い」と言い換えられるでしょう。 行動の早さをアピールできれば、短所を伝えてもプラスなイメージを残せます。 また、スピード感を持って仕事を進められるという長所にもなり得ます。 伝え方によっては大きなプラス評価を得られますので、意識してアピールするようにしましょう。 慎重すぎるために判断が遅れてしまいがちになり、行動開始にも時間がかかってしまいます。 このような性格になったのは、コンビニのアルバイトで商品の数量確認を怠ったために、お店に多大な迷惑をかけた経験があるからです。 このような失敗を繰り返さないためにも、慎重に作業を進めるように意識するようになりました。 解説 「慎重」だという短所は、「丁寧に仕事ができる」と言い換えられます。 仕事において丁寧に仕事ができる能力は大切なので、「慎重」は短所としても挙げやすいものだといえるでしょう。 伝え方としては、「丁寧に仕事ができる」という長所の度が過ぎた結果、「慎重すぎる」という短所が生まれるという流れで伝えられると自然にアピールできます。 対処法としては、「周りの人に相談する」などが挙げられるでしょう。 私は学生時代、学園祭のパンフレットを作成を任された経験があります。 その際、表紙のデザインを3つ作成したのですが、どのデザインを提出するかで3日間ほど考えてしまったのです。 デザインは完成していても、考えることに時間をかけすぎたあまり締め切り当日に提出することになり、学園祭の実行委員に迷惑をかけてしまいました。 そのため、物事を決める際は自分のなかで期限を決めたり、周りに相談したりすることを心がけています。 解説 「優柔不断」だと、「物事を決め入れない」といった特徴があります。 しかし、これは「物事の判断をじっくりと考えることができる」という長所にもなります。 対処法としては、「周りに相談する」「情報収集を欠かさない」などがあります。 これらは仕事においても大切な意識になるので、面接でアピールするように心がけてください。 私は、文化祭の合唱コンクールでピアノの伴奏を任されました。 「本番に伴奏をミスしてクラスに迷惑をかけたらどうしよう」「合唱と伴奏がずれたらどうしよう」と、心配になることが度々ありました。 しかし、心配を払拭するために、毎日2時間以上ピアノの練習に励み、心配よりも成功することを考えて練習に取り組むようにしました。 その結果、本番は伴奏のミスはなく、伴奏者賞をいただくことができたのです。 私は、今後も心配することよりも成功させるためにしっかりと準備したり行動したりすることを心がけたいと思っています。 解説 仕事において心配性な性格は、「正確な仕事を心がけている」点にもつながり、大きなプラス評価になります。 また、心配症であるがゆえに失敗が少ないというのも、ひとつのアピールポイントとなるでしょう。 準備を怠らない姿勢などもアピールできれば、長所として自己PRできます。 このように、心配症という短所は伝え方次第で長所にもなるので、しっかりと準備して面接に挑みましょう。 私は初対面の人や年齢の離れた人など、誰とでも対等に接することができます。 どんな人とも仲良くなりたい思いが強いせいか、フランクすぎる態度を取りがちになり、「態度がなれなれしい」とアルバイト先の先輩に注意を受けました。 このことから、今は相手の立場や性格をしっかり考えたうえで、相手に配慮した接し方をするように心がけています。 解説 「なれなれしい」という短所は「相手を尊重していない」「上下関係がなっていない」のように思われる場合があります。 しかし、その短所は「人見知りしない」と言い換えることもできるのです。 また「フレンドリー」とも言えるでしょう。 この短所を伝える際は、どのようなことを心がけているのかもしっかりアピールできるとよいです。 先に計画を考えることに時間を取られ、行動が遅くなるのです。 学生時代、オープンキャンパスで見学者に配布する資料作成を任されることがありました。 しかし、「このような資料を作りたい」「デザインはこうしよう」のように計画を立てることに気を取られすぎて肝心な資料の作成が間に合わず、提出期限を1日オーバーして周りに迷惑をかけました。 仕事をする際、行動が遅いのは致命的だと考え、計画に必要以上に時間をかけすぎずに、時間を逆算して動き出しを早くすることで克服しようと思っています。 解説 「行動が遅い」というのは「考えて行動できる」という長所にも言い換えられるでしょう。 また、考えて行動できる人はミスは少なくなるはずです。 ただ「行動が遅い」のはマイナスイメージであるため、しっかり改善策を伝えましょう。 学生時代、研究レポートをグループで分担して作成する機会がありました。 私は神経質なあまり、誤字脱字のほかにフォントや文字のサイズ、表記が統一されているかにまで、時間をかけて何度もチェックしました。 同様に、ほかのメンバーが作成したレポートに対しても、細かいところまで指摘しすぎてしまい、メンバーに嫌な思いをさせてしまいました。 そのため、相手への指摘する際には言い方に気をつけ、細かく考えすぎずにものの見方を変えてみることを心がけています。 解説 「神経質」というと「ピリピリしている」「完璧主義」のようなイメージを持たれがちです。 しかし、「細かいことに気づく」という長所にも言い換えられるでしょう。 短所はエピソードを交えて、プラスイメージに変えられるように作成しましょう。 短所と長所の言い換え表現100個をチェック! 言い換えで長所や短所を考えたいという人におすすめなのが「」です。 言い換え表現を100種類収録しています。 100種類の中から、 自分にぴったりな長所と短所を見つけましょう。 無料でダウンロードできるため、自己分析をすでに終えたという就活生にもおすすめです。 面接での短所は対策と一緒に長所と一貫性のあるものを答える 短所というと人には言いたくないもの、自分の悪い部分と思いがちですが、実際のところそうとは言い切れません。 短所だと思っていたものの見方を変えれば長所になるように、長所と短所とは、単に見方の違いなだけなのです。 例えば長所を延ばそうと行動していることがあれば、そのまま短所への対策としておこなっていることと言えます。 これらの点を理解したうえで、長所と短所を正しく説明できれば、企業への印象はよくなるでしょう。 長所と一貫性のある短所を答え、その短所にどういった対策をとっているかを考えることは、結果的に自分の長所を伸ばします。 就活でもそのように考えて、積極的に長所と短所を分析してみましょう。

次の