無印 良品 コオロギ。 【感想】無印良品のコオロギせんべい|コオロギの味はする?食べやすいか検証

無印良品の「コオロギせんべい」誕生秘話 日本で本格化する昆虫食(1)

無印 良品 コオロギ

無印良品を展開する株式会社良品計画は13日、『コオロギせんべい』を無印良品のネットストアで20日から先行販売することを発表した。 同社は生活に必要な商品の販売のみならず、社会で起きている課題に目を向けているという。 同製品は世界の急激な人口増による、今後の食糧確保と環境問題などの課題を考えるきっかけになればという思いから、昆虫食先進国のフィンランドを訪問するなど情報収集を行い、その結果、昆虫食研究の最先端を走っている徳島大学と協業し、コオロギを食材とするための取り組みを始めた。 昆虫は主な動物性たんばく資源の家畜に比べ、主要な栄養素を多く体内に含むため、栄養素を効率よく摂取することができるという。 さらに、生育する際の温室効果ガス排出量や、必要な水やエサの量が少なく、環境負荷も軽減されると言われている。 国連食糧農業機関 (FAO)も、栄養価が高く環境への負荷も少ないという理由で、家畜の代替として昆虫食を推奨している。 中でも飼育しやすく効率的に生産できるコオロギは食用に適しているため、国内外で注目。 徳島大学のノウハウで生産された食用コオロギを原料として使用し、原料から製品の製造までを日本国内で行い、安全性も確保され供給面についても安定した体制を整えている。 コオロギせんべいは、徳島大学の研究をベースに飼育された「フタホシコオロギ」という熱帯性のコオロギを使用。 衛生的で安全な環境で飼育され、温度や湿度を一定に保つことにより通年産卵させることが可能で、食用に使用する量を生産する。 また、おいしく食べられるようにコオロギをパウダー状にしてせんべいに練りこみ、コオロギの味を活かすために余計な原料を使わず、シンプルな配合に。 エビに近い香ばしい風味を楽しむことができるという。 また、食用コオロギパウダーは、えびやカニなどの甲殻類と類似した成分が含まれているため、えびやカニのアレルギーを持つ人には控えるように呼び掛けている。

次の

無印良品のコオロギせんべいはどこで買える?値段や味は?フタホシコオロギを使用した昆虫食?

無印 良品 コオロギ

強烈な新商品にネットでは衝撃が走った。 同商品は、昨年に企画が発表されたときも話題となったが、発売日や価格など詳細が明らかとなり、再び注目された格好だ。 人口増加による今後の食糧確保や環境問題などの課題を考えるきっかけになればという思いから企画が始まり、徳島大学と協業し、開発した。 同社のコオロギせんべいは、同大の研究をベースに飼育された「フタホシコオロギ」という熱帯性のコオロギを使用。 おいしく食べられるように、コオロギをパウダー状にしてせんべいに練りこんだ。 コオロギの味を生かすために余計な原料は使用していない。 気になるお味は、エビに近い香ばしい風味を楽しめるという。 同社によると、コオロギは主要な栄養素を多く含み、栄養素を効率よく摂取できるそうだ。 また、生育するためのコストも少なく、環境負荷の面でもメリットが大きいため、食用に適していると国内外で注目されている。 コオロギせんべいの発売はツイッターでも話題になり、さまざまな意見が書き込まれている。 「コオロギ美味しいみたいだし食べてみたい」「コオロギってエビのような感じなんだ…」「バッタ系の虫めっちゃ嫌いだけどこの状態なら食べられなくもないかも…」などと興味を持つ人も多いが、昆虫食に対して抵抗があるという意見も根強い。 「コオロギはさすがに食いたくない…」「えっ嫌だ、何これ」といった書き込みも確認できた。 なかには、佃煮などにして食べることも多いイナゴをあげ「イナゴから始めるとやさしかったかも?」「イナゴとか蜂の子、ミルワーム辺りまでのせんべいならたぶんいけた」と論じるネットユーザーもおり、食用として日本ではあまり馴染みのないコオロギはハードルが高いという意見も少なくない。 また、一部では「コオロギせんべいと聞いて真っ先に思い浮かんだのはスーパーマリオPRGでした」と、1996年発売のスーパーファミコン用ソフト「スーパーマリオRPG」(任天堂)に同名のアイテムが登場することで盛り上がった。 国連食糧農業機関 FAO)は家畜の代替として昆虫食を推奨。 この流れに「環境のこと考えてコオロギ食うってのがまだしっくりこない」とつぶやくネットユーザーもいた。 コオロギせんべいの価格は55g入りで190円(税込)。 なお、食用コオロギパウダーは、えびやカニなどの甲殻類と類似した成分が含まれているため、えびやカニのアレルギーを持っている人は控えるように呼びかけている。

次の

無印良品のコオロギせんべいはどこで買える?値段や味は?フタホシコオロギを使用した昆虫食?

無印 良品 コオロギ

さんによるからの写真 今、食料としてのコオロギが注目されています。 狩猟による希少な野生動物を絶滅の危機から救うことができる。 栄養失調の子どもを無くすことができる。 地球を食糧難から救うことができるかもしれない。 そう言われています。 養殖効率が極めて高いコオロギ 家畜の飼育頭数を増やせばいいのでは?などと言う人がいるかもしれませんが、家畜の飼育には膨大な飼料、水、労力が必要です。 その点、コオロギの養殖は驚くほどコスパが良いのです。 エサの必要量は牛の5分の1、水の必要量は牛の場合と比較して0. 希少な野生動物を絶滅の危機から救うコオロギ 中国の野生動物食は単に食文化なのかもしれませんが、アフリカなどでは、生きていくために必要なタンパク源として野生動物を食べざるを得ないという事情もあります。 人口が急増を続ける中、自然環境が損なわれ、食糧難はいっそう深刻になっています。 特に栄養失調の子どもたちには有効です。 コオロギパウダーは日持ちする上に、オートミールに入れたりソースに加えたり用途も広いのです。 今こそ、昆虫食を根付かせることが必要なのです。 【参考】 無印良品が「コオロギせんべい」を発売 【ネットストア先行販売】コオロギせんべい これからの地球のことを考えて、コオロギのパウダー入りのせんべいをつくりました。 本日5月20日(水)より、無印良品ネットストアにて先行販売を開始します。 社会的にも広く認知され、環境保全の活動にも積極的な「無印良品」がコオロギせんべいを開発したのには、ちゃんと理由があります。 公式サイトでも、食糧難への問題提起、食肉生産による環境負荷の問題、栄養価のことなど、やさしく解説されています。 コオロギせんべいの味は? コオロギせんべいは、コオロギをパウダー状にしてせんべいに練りこまれています。 海老のような香ばしい風味が特徴とのこと。 2020年5月20日からネット販売を開始したものの早々に注文が殺到し、品切れが続いているという「コオロギせんべい」。 SNS上にも、実際に食べた人の感想はほとんど投稿されていません。 ただ、無印良品からの特別提供なのか、ライターの人が実食レポートしている記事がありました。 コオロギせんべいを独自に作ってみた人がいた 画像出典/ 2015年、ラーメンの有名店「ラーメン凪」がコオロギラーメンを提供して話題となりました。 まるで海老ラーメンのように香ばしい風味は、全国各地のイベントで大好評。 昆虫食の魅力を探究する『ANTCICADA(アントシカダ)』と共同開発されたコオロギラーメンには、2種類のコオロギでとったスープはもちろん「コオロギ醤油」を使ったタレに、特製の「コオロギ油」さらには「コオロギ練り込み麺」と1杯に約100匹のコオロギを贅沢に使用していました。 この、コオロギラーメンが2020年4月29日よりネットショップにて販売開始されているというのです。 新型コロナ禍で自宅で過ごす人が多い中、話題性ばっちりのお取り寄せになるに違いありません。 女優長澤まさみさんも「コオロギラーメン」を絶賛 女優の長澤まさみさんが2019年11月21日に放送されたTBS系列のテレビ番組「櫻井・有吉 THE夜会」に出演し、「コオロギラーメン」を絶賛しました。 あいにく筆者はこの番組を見逃してしまいましたが、番組では、長澤まさみさんが「コオロギはタンパク質が豊富なんです」と昆虫食に理解を示しており、「コオロギラーメン」を食べ始めるとスグに「美味しい!」と全く抵抗を感じていない様子だったとのこと。 まだまだコオロギの話題はたくさん転がっています。 昆虫食の代表格として、普及し始める日が近いのではないでしょうか。 今から偏見を持たずに心の準備をしておいたほうがよさそうです。

次の