鹿嶋海上予報。 水戸地方気象台 (茨城県の天気・地震)

鹿嶋・平井(右側)の波概況・波予想

鹿嶋海上予報

伊豆諸島北部では、19日夕方まで土砂災害に警戒してください。 梅雨前線が、東シナ海から伊豆諸島付近を通って日本の東へのびています。 一方、日本海には高気圧があって東へ移動しています。 東京地方は、晴れや曇りとなっています。 19日は、前線上の伊豆諸島付近に低気圧が発生し、関東の東へ進むでしょう。 一方、日本海から高気圧が緩やかに張り出す見込みです。 このため、晴れますが、午後は湿った空気の影響で次第に曇りとなり、雨や雷雨となる所があるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となり、激しく降る所があるでしょう。 20日は、前線は伊豆諸島付近を次第に南下しますが、湿った空気や気圧の谷の影響を受けるため、曇りで、昼過ぎからは雨や雷雨となる所がある見込みです。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、晴れや曇りで、伊豆諸島では雨の降っている所があります。 19日は、前線上の伊豆諸島付近に低気圧が発生し、関東の東へ進むでしょう。 一方、日本海から高気圧が緩やかに張り出す見込みです。 このため、曇りではじめ晴れる所もありますが、午後は湿った空気の影響で雨や雷雨となる所があり、激しく降る所もある見込みです。 伊豆諸島では雨で雷を伴って激しく降る所があるでしょう。 20日は、前線は伊豆諸島付近を次第に南下しますが、湿った空気や気圧の谷の影響を受けるでしょう。 このため、曇りで、雨や雷雨となる所がある見込みです。 関東地方と伊豆諸島の海上では、19日はうねりを伴い波が高く、20日は波がやや高いでしょう。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の

海の安全情報(沿岸域情報提供システム)

鹿嶋海上予報

南部は回復する可能性も。 北茨城は北東風の影響が入りしながらも朝一より良くなっている。 北部は相変わらずスモールが続いている。 今日は梅雨前線が関東地方の沿岸に停滞、前線上の低気圧が東海上を移動する模様。 今後も北東風が入りやすくなる見込み。 風波や低気圧からの東よりのウネリに反応する可能性があるが、風の影響が入り続けてしまいそう。 なお、南部に関しては梅雨前線の動向次第で後半にかけて南よりの風に変わり、回復する可能性もあるので、チェックはしておきたい。 20:25 明日は梅雨前線が伊豆諸島付近に停滞気味となり、前線上の低気圧が東海上を移動する模様。 北部は東よりの風、南部は南よりの風が入りやすくなる見込み。 低気圧からの南東ウネリ、高気圧からの吹き出しによる南東ウネリが強まる可能性があるが、コンディションは風次第。 今のところ南部の方が風が合いやすいと予想される。 ビギナーアドバイス 大貫での練習が無難ですが、風による流れには注意しましょう。 北〜北東風が入りやすくなる見込み。 サイズダウン傾向となり、南部を中心に風の影響が気になることが予想される。 21 火 低気圧が日本海を移動する模様。 南〜南東風が入りやすくなる見込み。 大きなサイズ変化は期待出来ず、スモールコンディションが予想される。 22 水 〜23 木 梅雨前線が本州付近に停滞気味となる模様。 東よりの風が入りやすくなる見込み。 引き続き、大きなサイズ変化は期待出来ず、風の影響が気になることが予想される。 24 金 梅雨前線が北上する影響で南よりの風が強まる見込み。 風を考慮すると南部が狙い目だが、大きなサイズ変化は期待出来ない。 ロングや小波に対応出来るボードを用意した方が楽しめそう。 常に最新の情報を参考にしてください。

次の

気象庁 | 気象警報・注意報 | 鹿嶋市

鹿嶋海上予報

伊豆諸島北部では、19日夕方まで土砂災害に警戒してください。 梅雨前線が、東シナ海から伊豆諸島付近を通って日本の東へのびています。 一方、日本海には高気圧があって東へ移動しています。 東京地方は、晴れや曇りとなっています。 19日は、前線上の伊豆諸島付近に低気圧が発生し、関東の東へ進むでしょう。 一方、日本海から高気圧が緩やかに張り出す見込みです。 このため、晴れますが、午後は湿った空気の影響で次第に曇りとなり、雨や雷雨となる所があるでしょう。 伊豆諸島では、雨や雷雨となり、激しく降る所があるでしょう。 20日は、前線は伊豆諸島付近を次第に南下しますが、湿った空気や気圧の谷の影響を受けるため、曇りで、昼過ぎからは雨や雷雨となる所がある見込みです。 【関東甲信地方】 関東甲信地方は、晴れや曇りで、伊豆諸島では雨の降っている所があります。 19日は、前線上の伊豆諸島付近に低気圧が発生し、関東の東へ進むでしょう。 一方、日本海から高気圧が緩やかに張り出す見込みです。 このため、曇りではじめ晴れる所もありますが、午後は湿った空気の影響で雨や雷雨となる所があり、激しく降る所もある見込みです。 伊豆諸島では雨で雷を伴って激しく降る所があるでしょう。 20日は、前線は伊豆諸島付近を次第に南下しますが、湿った空気や気圧の谷の影響を受けるでしょう。 このため、曇りで、雨や雷雨となる所がある見込みです。 関東地方と伊豆諸島の海上では、19日はうねりを伴い波が高く、20日は波がやや高いでしょう。 また、所々で霧が発生しています。 船舶は高波や視程障害に注意してください。

次の