日経平均 予想。 日経平均臨時入れ替え予想、ソニーFHに代わり日本取引所やSBIなど採用候補に◇ 投稿日時: 2020/05/20 10:20[みんなの株式]

コロナショック!日経平均の底値を大予想(16時も更新)|シンプル・トレード

日経平均 予想

また米国では、が過去最高値を更新するなどハイテクセクターへの物色が続いており、その流れからやなどが買われたことがを下支えし、結局はこれまでのレンジ相場が継続することとなりました。 その他、個別銘柄を見ると、がによるTOB(株式公開買付)の発表を受けて急伸する一方で、は下方修正が嫌気されました。 来週の日経平均株価もレンジ相場が続く見通し! マイクロソフトやネットフリックスなど米国の主要企業の決算に注目 【来週の日経平均株価の想定レンジ】 2万2200円 ~ 2万2700円 来週(7月13日〜17日)のは、今週に引き続き2万2000~2万2700円辺りのレンジ相場が続くと考えられます。 ただし、ETFの分配金支払いの影響が終わったほか、日銀のETF買い入れのタイミングが見極めづらくなっていることから、売り方にとっては売り込みづらい状況になるでしょう。 そのため下値の堅さが意識されやすく、レンジ上限を意識したスタンスになりそうです。 レンジ上限を試すカギを握るのが、来週から本格化する米国企業の決算発表です。 やなど主要な金融株のほか、やの決算が発表されますので、日本市場もこれらの決算を受けた米国市場の影響を受けやすいでしょう。 そのほか、米国では、新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感が上値の重荷になると思われますが、一方では経済指標については予想を上回る内容が続いており、「押し目買い」の意欲は強そうです。 なお、 米国の金融株が決算をきっかけに値動きを見せてくるようですと、日本の金融株への波及が期待されます。 その場合は、 日経平均株価を押し上げてきたハイテク関連銘柄などの「グロース株」から「バリュー株」へのシフトも意識したほうがいいでしょう。 【今週の値上がり率・値下がり率・出来高ランキング】 大戸屋ホールディングスが+49. 95%で値上がり率トップ! ここからは、今週、値動きが目立った個別銘柄を見ていきましょう。 今週の値上がり率ランキング1位は、でした。 は7月9日、大戸屋ホールディングスに対して株式公開買い付け(TOB)を行うと発表。 保有比率を現在の約19%から約51%まで引き上げて子会社化することを目指すとしたことで、TOB価格の3081円にサヤ寄せする展開となりました。 値上がり率ランキング2位は。 米国のSOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)が高値を更新するなど、半導体関連の物色が続いている状況の中、高値更新が続くレーザーテック(6920)が1万円超えの「値がさ株」であるため、株価的に手掛けやすいサムコに矛先が向かったようです。 値上がり率3位のは、膠着感の強い相場展開が続く中、個人投資家を中心とした値幅取り狙いの資金が集中しました。 6~8円の間で推移していた株価は、7月7日には一時15円まで急伸する場面も見られました。 ただし、資金の逃げ足も早く、その後は調整する流れとなりました。 一方、値下がり率ランキング1位は。 子会社のクレアが手掛けるダチョウ抗体を配合したウイルス対策製品の販路拡大を手掛かりとして先週まで急伸していましたが、今週に入って利益確定の流れが優勢になりました。 値下がり率2位のは、ワクチン輸送専用の保冷庫に海外から注目が集まり、6月上旬の500円割れ水準から6月22日には2399円まで急伸していました。 しかし、その後はそれまでの上昇に対する利益確定の流れが続いています。 95 2 +44. 68 3 +42. 86 4 +42. 65 5 +38. (2020年7月10日時点) 業種 市場・コード 株価 予想PER 実績PBR サービス業 東1・2491 2938円 26. 3倍 7. 94倍 ECサイトの運営支援など、集客回復に向けた需要に期待 アフィリエイト(成果報酬型広告)と販売促進を軸とするソリューションを展開しています。 経済活動再開に向けた動きが続く中、ECサイトの運営支援など集客回復に向けた需要が期待されます。 また、ソフトバンクグループ(9984)傘下であるため、グループ再編への思惑も手掛かり材料になります。 株価は3月の安値1171円を底値に、上昇する25日移動平均線を支持線とした値上がりが継続しています。 (2020年7月10日時点) 業種 市場・コード 株価 予想PER 実績PBR 電気機器 東1・6807 1392円 18. 6倍 0. 92倍 「5G」の本格普及によるスマホ市場の回復に期待 「コネクタ事業」「インターフェース・ソリューション事業」「航機事業」の3つの事業をグローバルに展開しています。 自動車市場は世界的な販売台数の減少の影響が警戒されますが、次世代自動車へのシフトから先行きの需要回復が想定されます。 また、「5G」の本格普及により、スマホ市場の回復も今後は期待されてくるでしょう。 株価は緩やかな上昇が継続中。 足元では一時的な調整が見られますが、75日移動平均線が下値支持線として機能しています。 (2020年7月10日時点) 業種 市場・コード 株価 予想PER 実績PBR 石油・石炭製品 東1・5019 2248円 133. 6倍 0. 58倍 「有機EL」関連の一角として押し目を狙いたいところ 石油元売り大手で、原油相場の不安定な動きが影響して株価は低迷しています。 一方で、米国のアップルは、2020年後半に発売するスマートフォン「iPhone」の全新機種に有機ELパネルを採用する方針と報じられました。 出光興産は、有機ELディスプレイの発光素材のうち最も技術難度の高い青色発光素材で強みを持っていることに加え、東レ(3402)と世界最高レベルの発光効率と寿命を達成した新素材を開発しています。 「有機EL」関連の一角として押し目を狙いたいところです。 【2020年7月2日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. 15).

次の

日経平均の予想レンジ

日経平均 予想

FRB はゼロ金利政策を少なくとも 2022年末まで継続すると表明しました。 また、米国債などを月 1200億ドル買い入れ、購入ペースを維持するとしています。 ECBは、民間銀行が中央銀行に預け入れる際のマイナス金利を -0. さらに、企業の資金繰り支援として、社債や CPなどの買い取り枠を 20兆円まで拡大しました。 160• 293• 296• 300• 306• 296• 294• 305• 300• 299• 297• 296• 302• 278•

次の

投資家Mの日経平均予想と相場観

日経平均 予想

また米国では、が過去最高値を更新するなどハイテクセクターへの物色が続いており、その流れからやなどが買われたことがを下支えし、結局はこれまでのレンジ相場が継続することとなりました。 その他、個別銘柄を見ると、がによるTOB(株式公開買付)の発表を受けて急伸する一方で、は下方修正が嫌気されました。 来週の日経平均株価もレンジ相場が続く見通し! マイクロソフトやネットフリックスなど米国の主要企業の決算に注目 【来週の日経平均株価の想定レンジ】 2万2200円 ~ 2万2700円 来週(7月13日〜17日)のは、今週に引き続き2万2000~2万2700円辺りのレンジ相場が続くと考えられます。 ただし、ETFの分配金支払いの影響が終わったほか、日銀のETF買い入れのタイミングが見極めづらくなっていることから、売り方にとっては売り込みづらい状況になるでしょう。 そのため下値の堅さが意識されやすく、レンジ上限を意識したスタンスになりそうです。 レンジ上限を試すカギを握るのが、来週から本格化する米国企業の決算発表です。 やなど主要な金融株のほか、やの決算が発表されますので、日本市場もこれらの決算を受けた米国市場の影響を受けやすいでしょう。 そのほか、米国では、新型コロナウイルスの感染拡大への警戒感が上値の重荷になると思われますが、一方では経済指標については予想を上回る内容が続いており、「押し目買い」の意欲は強そうです。 なお、 米国の金融株が決算をきっかけに値動きを見せてくるようですと、日本の金融株への波及が期待されます。 その場合は、 日経平均株価を押し上げてきたハイテク関連銘柄などの「グロース株」から「バリュー株」へのシフトも意識したほうがいいでしょう。 【今週の値上がり率・値下がり率・出来高ランキング】 大戸屋ホールディングスが+49. 95%で値上がり率トップ! ここからは、今週、値動きが目立った個別銘柄を見ていきましょう。 今週の値上がり率ランキング1位は、でした。 は7月9日、大戸屋ホールディングスに対して株式公開買い付け(TOB)を行うと発表。 保有比率を現在の約19%から約51%まで引き上げて子会社化することを目指すとしたことで、TOB価格の3081円にサヤ寄せする展開となりました。 値上がり率ランキング2位は。 米国のSOX指数(フィラデルフィア半導体株指数)が高値を更新するなど、半導体関連の物色が続いている状況の中、高値更新が続くレーザーテック(6920)が1万円超えの「値がさ株」であるため、株価的に手掛けやすいサムコに矛先が向かったようです。 値上がり率3位のは、膠着感の強い相場展開が続く中、個人投資家を中心とした値幅取り狙いの資金が集中しました。 6~8円の間で推移していた株価は、7月7日には一時15円まで急伸する場面も見られました。 ただし、資金の逃げ足も早く、その後は調整する流れとなりました。 一方、値下がり率ランキング1位は。 子会社のクレアが手掛けるダチョウ抗体を配合したウイルス対策製品の販路拡大を手掛かりとして先週まで急伸していましたが、今週に入って利益確定の流れが優勢になりました。 値下がり率2位のは、ワクチン輸送専用の保冷庫に海外から注目が集まり、6月上旬の500円割れ水準から6月22日には2399円まで急伸していました。 しかし、その後はそれまでの上昇に対する利益確定の流れが続いています。 95 2 +44. 68 3 +42. 86 4 +42. 65 5 +38. (2020年7月10日時点) 業種 市場・コード 株価 予想PER 実績PBR サービス業 東1・2491 2938円 26. 3倍 7. 94倍 ECサイトの運営支援など、集客回復に向けた需要に期待 アフィリエイト(成果報酬型広告)と販売促進を軸とするソリューションを展開しています。 経済活動再開に向けた動きが続く中、ECサイトの運営支援など集客回復に向けた需要が期待されます。 また、ソフトバンクグループ(9984)傘下であるため、グループ再編への思惑も手掛かり材料になります。 株価は3月の安値1171円を底値に、上昇する25日移動平均線を支持線とした値上がりが継続しています。 (2020年7月10日時点) 業種 市場・コード 株価 予想PER 実績PBR 電気機器 東1・6807 1392円 18. 6倍 0. 92倍 「5G」の本格普及によるスマホ市場の回復に期待 「コネクタ事業」「インターフェース・ソリューション事業」「航機事業」の3つの事業をグローバルに展開しています。 自動車市場は世界的な販売台数の減少の影響が警戒されますが、次世代自動車へのシフトから先行きの需要回復が想定されます。 また、「5G」の本格普及により、スマホ市場の回復も今後は期待されてくるでしょう。 株価は緩やかな上昇が継続中。 足元では一時的な調整が見られますが、75日移動平均線が下値支持線として機能しています。 (2020年7月10日時点) 業種 市場・コード 株価 予想PER 実績PBR 石油・石炭製品 東1・5019 2248円 133. 6倍 0. 58倍 「有機EL」関連の一角として押し目を狙いたいところ 石油元売り大手で、原油相場の不安定な動きが影響して株価は低迷しています。 一方で、米国のアップルは、2020年後半に発売するスマートフォン「iPhone」の全新機種に有機ELパネルを採用する方針と報じられました。 出光興産は、有機ELディスプレイの発光素材のうち最も技術難度の高い青色発光素材で強みを持っていることに加え、東レ(3402)と世界最高レベルの発光効率と寿命を達成した新素材を開発しています。 「有機EL」関連の一角として押し目を狙いたいところです。 【2020年7月2日時点】 【証券会社おすすめ比較】 手数料、取引ツールetc. 資金が少なく、複数の銘柄に分散投資する初心者の個人投資家にはおすすめだ。 さらに、2016年度 JCSI 日本版顧客満足度指数 調査で、証券業種の第1位を獲得! その使い勝手は、チャート形状で銘柄を検索できる「チャートフォリオ」を愛用している株主優待名人・ 桐谷さんも「初心者に特におすすめ」と太鼓判を押す。 また、デイトレード限定で手数料が無料になる「一日信用取引」、手数料が激安になる「一日先物取引」など、 専業デイトレーダーにとって利便性の高いサービスも充実している。 投資信託の数は約2700本と業界トップクラス。 投資信託が100円以上1円単位で買えるので、投資初心者でも気軽に始められる。 さらに、 IPOの取扱い数は、大手証券会社を抜いてトップ。 PTS取引(私設取引システム)も利用可能で、一般的な取引所より有利な価格で株取引できる場合もある。 海外株式は、米国、中国、ロシアのほか、アセアン株式も取り扱うなど、とにかく 商品の種類が豊富だ。 米国株が、2019年7月の値下げにより売買手数料が最低0米ドルから取引可能になったのも魅力。 低コストで幅広い金融商品に投資したい人には、必須の証券会社と言えるだろう。 「2020年 オリコン顧客満足度ランキング ネット証券」では、5年連続13度目の 1位を獲得。 貯まったポイントは、楽天スーパーポイントやJALマイルに交換可能。 楽天スーパーポイントは、国内現物株式や投資信託の購入にも利用できる。 また、取引から情報収集、入出金までできる トレードツールの元祖「マーケットスピード」が有名で、数多くのデイトレーダーも利用。 ツール内では 日経新聞の記事も無料で読むことができる。 さらに、投資信託数が2000本以上と多く、米国や中国、アセアンなどの海外株式、海外ETF、金の積立投資もできるので、 長期的な分散投資がしやすいのも便利だ。 小型株中心に売買する人には、魅力的な値段設定と言える。 米国株も最低手数料5ドル(税抜)から買えるので、非常にお手軽だ。 多彩な注文方法や 板発注が可能な高機能無料ツール「マネックストレーダー」など、トレードに役立つツールもそろっている。 中でも、日本株、米国株、先物取引について ロボットの投資判断を日々配信する「マネックスシグナル」は、スイングトレードのときに参考にしたい。 毎月5000円の掛金から始められる 低コストなiDeCoサービスも行っている。 買付時の売買手数料が無料というユニークな料金プランで、買付+売却のトータルで比較すると 業界最低水準の売買手数料となっている。 スマホに特化した証券会社でパソコンから取引には対応していない、その分、アプリの取引画面はシンプルで初心者でも直感的にわかりやすいデザインになっている。 また、300銘柄に限って1株単位での売買が可能で、その売買手数料が日中なら約定金額の0. 05%と 単元未満株取引の売買手数料としては格安なのも大きなメリット。 現物株は、1約定ごとの「一律(つどつど)プラン」でなら、約定代金5万円以下なら売買手数料が50円。 さらに、 信用取引の売買手数料はなんと0円で、 その手数料の安さは株主優待名人・桐谷さんのお墨付き。 口座開設から40営業日(約2カ月)までは、現物株、先物・オプションの取引手数料が無料になるキャンペーンも長年にわたって実施中。 無料の取引ツール「livestarR2」は高機能化が進んおり、特殊注文機能も完備。 低コストで株や先物取引をアクティブにトレードしたい人にはもちろん、売買頻度の少ない初心者や中長期の投資家にもおすすめの証券会社と言えるだろう。 信用取引の売買手数料と買方金利・貸株料も最安値レベルで、 一般信用売りも可能だ! 近年は、各種ツールや投資情報の充実度もアップしており、売買代金では5大ネット証券に食い込むほど急成長している。 商品の品揃えは、株式、先物・オプション、FXのほか、CFDまである充実ぶり。 CFDでは、各国の株価指数のほか、原油や金などの商品、外国株など多彩な取引が可能。 この1社でほぼすべての投資対象をカバーできると言っても過言ではないだろう。 com証券のおすすめポイント】 国内株式と外国株のトレードに特化したネット証券で、 最大のメリットは売買手数料の安さ。 1約定5万円までなら50円(税抜)で売買可能! 大手ネット証券と比較すると、 約定金額が大きいほど割安度が高い。 また、 売買手数料の1%分のポイントが貯まるのもメリットだ。 取引ツールは、シンプル機能の「DMM株 STANDARD」と高機能な「DMM株 PRO」の2種類。 スマホ用アプリも「かんたんモード」と「ノーマルモード」を使い分ける形になっており、 初級者から中上級者まで、あらゆる個人投資家にとってトレードしやすい環境が整っている。 2019年2月からIPOの取り扱いもスタート。 委託販売のみなので割当数は少なめだが、 口座に資金がなくてもIPOの抽選に申し込めるのは大きなメリットだ。 新規口座開設で1カ月間手数料無料。 また、口座開設完了者の中から抽選で毎月10名に2000円がキャッシュバックされる。 口座開設手続きが期間に迅速で、 最短で申し込んだ当日に取引が可能になる点も便利。 また、大手証券会社だけあって、 投資情報や銘柄分析レポートが充実しており、専門家による数多くの調査レポート動画も視聴可能。 さらに、 IPO取り扱い数がトップクラスなのも大きなメリット。 特に主幹事数が多いので、本気でIPO投資をするならぜひ口座を持っておきたい証券会社だ。 会社やレジャーなどの外出先でも株価のチェックや取引をしたい人には、 スマホ用株アプリ「野村株アプリ」が便利。 【関連記事】 ZAiオンライン アクセスランキング• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. 頼藤 太希(2020. 10)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2020. ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2020. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. ザイ・オンライン編集部(2019. 16)• ザイ・オンライン編集部(2019. 15).

次の