高度経済成長 いつ。 戦後の好景気や高度経済成長の内容がよくわかりません|地歴公民|苦手解決Q&A|進研ゼミ高校講座|ベネッセコーポレーション

高度成長政策(こうどせいちょうせいさく)とは

高度経済成長 いつ

【解説】 高度経済成長とは,経済成長率がとても高いことをいいます。 日本では戦後1955〜73年の約20年にわたり,経済成長率(実質)年平均10%前後の高い水準で成長を続けました。 ここでは,高度経済成長の背景と高度経済成長の始まりから終わりまでの経過を確認しましょう。 高度経済成長政策は次の佐藤栄作内閣にも受け継がれた。 お客様の意思によりご提供いただけない部分がある場合、手続き・サービス等に支障が生じることがあります。 また、商品発送等で個人情報の取り扱いを業務委託しますが、厳重に委託先を管理・指導します。 個人情報に関するお問い合わせは、個人情報お問い合わせ窓口(0120-924721通話料無料、年末年始を除く、9時~21時)にて承ります。 (株)ベネッセコーポレーション CPO(個人情報保護最高責任者) あとから紹介制度のやり方 入会後に、ご紹介者の情報を登録することもできます。 入会フォームの「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」にチェックを入れてください。 Webでお申し込みをする場合 「入会申し込みページ」の「支払方法等の選択」内にある「ご紹介者」の欄で、 「入会後に、ご紹介者の情報を登録する」を選び、そのまま次の画面に進んでください。 Web画面のデザインはイメージです。 変更する場合があります。 お申し込みの際にご登録いただいたメールアドレスに、手続き完了のメールをお送りしますので、プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、お手続きをお願いします。 どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。 電話でお申し込みをする場合 ご入会のお申し込みをいただく際、オペレーターが「ご紹介者はいらっしゃいますか」とおうかがいします。 入会完了 あなたと、あなたのお友だち・ごきょうだいに「教材」をお送りしますので、 プレゼント申し込み手続きを行う代表者を決め、0120-332211(9:00~21:00年末年始除く 通話料無料)までお電話ください。 どちらかお一人がお手続きをすれば、お二人分のプレゼントをお届けします。 どちらかお一人がお手続きするだけでOKです。 「進研ゼミ高校生向け講座」は、進研ゼミ高校講座・小論文特講を指し、これらの受講経験者への進路調査 2019年度入試 による数字です。 「旧帝大」とは、北海道大、東北大、東京大、名古屋大、京都大、大阪大、九州大のこと、「早慶上理」とは、早稲田大、慶應義塾大、上智大、東京理科大のこと、「MARCHG」とは、明治大、青山学院大、立教大、中央大、法政大、学習院大のこと、「関関同立」とは、関西大、関西学院大、同志社大、立命館大のこと、「日東駒専」とは、日本大、東洋大、駒澤大、専修大のこと、「産近甲龍」とは、京都産業大、近畿大、甲南大、龍谷大のことです。 「現役」のみの合格実績を掲載。 既卒生や進研模試のみの受験者は一切含みません。 受講期間3か月以上に相当する受講経験者で集計。 大学名は、2019年度入試時点のものです。 複数の大学・学部・学科・方式に合格している方は、複数の合格者数として集計。 【有料オプション教材】小論文特講は、受講費一式で16,500円 一括払い・税込。 web講義・問題、ハンドブック、添削7回分。 小論文特講だけでもご受講いただけます。 お申し込みはから。 2019年12月17日に2021年度「大学入学共通テスト」にて予定されていた国語・数学の記述式問題の導入見送りの発表が文部科学省よりございました。 現在「進研ゼミ高校講座」よりお届けしているご案内について、12月17日以前の入試情報でお届けしているものがございます。 今後お届けするご案内・教材については、最新の入試情報を踏まえてお届けできるように努めてまいりますので、ご理解のほど何卒よろしくお願い申し上げます。 なお、ベネッセコーポレーションでは、新大学入試の最新情報をわかりやすく解説する「教育セミナー」(参加費無料)を全国で開催しております。 これから新入試に向けて頑張る高校生のみなさま・保護者の方に、ぜひ、ご活用いただけますと幸いです。 詳しくはをご覧ください。

次の

高度経済成長

高度経済成長 いつ

たしかにそうですよね。 簡単に言うと、たくさん物を生産して、そのものを買う人がいるとなると経済は回りますよね。 そしてたくさんの物を生産するために働き手が必要で、その分給料も支払われ一人一人の経済力もアップしていきますよね。 ざっくりした説明はこんな感じでしょうか。 さて、実際に日本が経験した高度経済成長期について、説明していこうとおもいます。 日本の高度経済成長 まず日本はいつ高度経済成長があったのか。 1950年代から1970年代を日本では高度経済成長期と言われています。 さて日本がどのように高度経済成長が始まり終わったのか、見ていきましょう。 第二次世界大戦が終戦後日本経済は敗戦のダメージもあり、苦しい状況にありました。 なぜなら各地が空襲で壊滅的な状況であり、そして海外からの復員や引き揚げがあり、物不足や悪性のインフレが発生していたのです。 日本は戦争で負け何もかも取られてしまったんですから経済がうまく回っているはずがないですよね。 ですがここで、東西冷戦の深刻化が起こります。 アメリカが日本の経済を復興させ 反共の防衛にしようとするのです。 そこで日本は1948年に 経済安定九原則を発表します。 それに基づいて、 1ドル=360円の単一為替レートを設定し、インフレの克服そして輸出の増進を実現させて、日本経済を自立させようとするのです。 この単一為替レートのおかげで、その後の日本の輸出を後押しする大きな要因となるのです。 さらに、1950年に朝鮮戦争が勃発。 これはアメリカを中心とする国連軍と、ソ連、中国から支援を受けた北朝鮮軍が衝突します。 こちらもCHECK この戦争期間中、アメリカは日本を前線基地とし、武器や弾薬の製造、自動車や兵器の修理など様々な特需をもたらしたのです。 特需景気が発生し、1951年には 工業生産、実質国民総生産、実質個人消費などが戦前の水準までに戻りました。 ここでアメリカが日本を前線基地として選ばれたことが、大きな要因であり、ラッキーだったなと思います。 このようにして日本の経済は復興を遂げたのです。 日本政府も言われっぱなしではなく、特需景気中に、独自で動いており、積極的に産業政策をし、重点産業に国家資金を投入しつつ設備投資を行っていました。 そのおかげもあり、朝鮮戦争後も輸出業は好調を継続し、好景気が続きました。 またこれに加え、1950年末から1960年にかけて、エネルギー源が石炭から石油に転換するエネルギー革命が起こります。 当時、中東から安値で輸入できたため、主要エネルギー源の転換も経済の拡大の大きな助けとなりました。 このように、大きく分けて3つ。 製造業と企業の発展 さて生産が回復しても その製品を運ばなきゃ売れません。 その結果、輸送機械である自動車は発達するわけですが、車あっても道路なければ中の商品も車もヤバいことになっちゃうかもしれない。 そこで、全国各地で 道路網が整備され始めます。 1965年には 名神高速道路が、1969年には 東名高速道路が開通し高速走行に耐えられるような国産自動車の質の向上をもたらしました。 また、1964年にはオリンピックということもあって、 東海道新幹線が開通し鉄道の電化が全国的に進みます。 自動車については、自動車が交通手段の主力となるモータリゼーションが進行し、自家用車の急速な普及によりマイカーの時代が到来します。 1955年は7万台だったのに対し、1970年には529万台に到達しています。 またこれまで財閥として日本の経済を支えていましたが、旧財閥グループも吸収合併を進めていくようになり、1964年には三菱重工の再合併、1970年には新日本製鉄手裏剣が創立されるなど大型企業の合併が進みました。 さらに国際競争に備えて、様々な業種にわたる大企業が銀行を中心に 企業集団を形成し始めます。 そこで、日本企業は終身雇用制と年功序列型賃金を定着させることによって、働いてくれる人が自分とこの会社にいてくれるように、帰属意識を育成アップする一方で、高配当よりも自社の成長を優先する長期的な経営戦略に立って、会社経営をする所謂日本的経営が行われていき、安価で安い日本の製品は飛ぶように売れていくようになり 日本の経済成長を支えていったのです。 しかし、始まりもあれば終わりもあります。 次はどのように高度経済成長が終わってしまったのか、見ていきましょう。 日本の高度経済成長のおわり 簡単に言ってしまえば、高度経済成長を支えた3つの要因が崩れたことが日本の高度経済成長の終わりを迎えたと言っても過言ではないでしょう。 1971年、当時アメリカ大統領ニクソンにより、金・ドル交換停止を発表しいわゆる ニクソンショックが起こります。 これにより、単一為替レートが崩壊し、 急速な円高となり輸出業が低迷していきます。 そして、負の連鎖のように、政府が輸出が低迷すると景気が後退するという懸念から、設備投資の落ち込みという事態を招いてしまいます。 さらに1973年に 第四次中東戦争が起こります。 OAPEC アラブ石油輸出国機構 は戦争を有利に進めるため原油価格の引き上げ、そして、供給制限までもかけてしまいます。

次の

日本の歴史を知ろう!「高度経済成長」と「バブル景気」の違いを解説

高度経済成長 いつ

第二次世界大戦後の1954年12月から1973年11月までの19年間に、日本の経済が飛躍的に発展した時期を指します。 高度経済成長は1950年代前半に起こった朝鮮戦争の特需に始まり、東京オリンピック・ベトナム戦争・大阪万博の特需を経て、 1968年に国内総生産(GNP)が資本主義国家で世界第二位へと達しました。 高度経済成長は1973年の第四次中東戦争をきっかけに発生したオイルショックにより終わったとされています。 経済の奇跡 Wirtschaftswunder 第二次世界大戦後から1970年代前半にかけて起こった、西ドイツおよびオーストリアの経済成長です。 経済の奇跡が起こった背景には、ドイツの通過がライヒスマルクからドイツマルクに変更されインフレ(インフレーション)が終わったこと、 朝鮮戦争による特需、東ドイツや周辺国からの移民や難民を比較的安い賃金で労働させることができたなどがあげられています。 栄光の30年間 Trente Glorieuses 第二次世界大戦後から1973年代にかけて起こった、フランスの経済成長です。 第一次世界大戦後から人口が減少を始めたフランスでは、周辺国からの移民を多く受け入れ炭鉱や自動車工場で働くことを行ったため、 国内の工業の生産量が上がり経済発展を遂げました。 栄光の30年間は1973年のオイルショックと共に終了したとされています。 また、栄光の30年間終了に伴い今まで労働していた移民の仕事がなくなったため、多くの問題が発生しました。 メキシコの奇跡 Mexican miracle 1940年代から1970年代にかけて起こったメキシコの経済成長です。 メキシコの奇跡の背景には国内の製品を保護するために輸入品に高い関税をかけたこと、 農業・エネルギー・インフラに政府が多くの投資を行ったことなどがあり経済発展を遂げました。 ギリシャの奇跡 Greek economic miracle 1950年から1973年にかけて起こったギリシャの経済成長です。 ギリシアの奇跡背景には通貨ドラクマの切り下げ、対外投資、観光資源の開発、都市開発などのインフラへの投資と開発などがありました。 イタリアの奇跡 miracolo economico 1958年から1963年にかけて起こったイタリアの経済成長です。 この間国内総生産(GDP)は年6. 3%で成長したといわれています。 スペインの奇跡 Spanish miracle 1959年から1973年にかけて起こったスペインの経済成長です。 スペインの奇跡の背景には、観光資源の開発、高速道路などのインフラの整備、機械・繊維・薬品などの化学産業や自動車産業・鉄鋼業・造船業の 発達などがありました。 漢江の奇跡 1960年代後半から1970年代にかけて起こった韓国の経済成長です。 朝鮮戦争により国内の産業は壊滅的で有った韓国は、ベトナム戦争への参戦や日本とアメリカからの経済援助 (日本からの援助は現在の額で約4兆5千億円)・技術援助により発展しました。 この間にサムスン(三星)、ヒュンダイ(現代)などの財閥も作られ、京釜高速道路が開通しました。 その後の韓国はソウルオリンピックも成功させ、1997年のアジア通貨危機まで経済成長を続けました。 イボワールの奇跡 1960年代から1970年代にかけて起こったコートジボワールの経済成長です。 1960年8月にフランスから独立後、フランスからの支援と初代大統領フェリックス・ウフェ=ボワニの安定した政治により 年平均8%の経済成長を遂げました。 インフレ対策や、鉄鋼・化学製品・エネルギー資源への政策を行い、年平均10%の経済成長を遂げました。 東アジアの奇跡 1965年から1997年にかけて起こった日本、香港、台湾、大韓民国、シンガポール、マレーシア、タイ王国、インドネシアの経済成長で、 この「東アジアの奇跡」の間に東アジア23カ国は国民総生産(GNP)が約5. 「東アジアの奇跡」が起こった要因は、円高ドル安の経済、経済成長の要因は国内への投資、日本やアメリカからの援助、各種工業の発展、 輸出産業の発展などよるものとされています。 中国の経済発展の要因は、安価な労働力が豊富であり世界各国の企業が中国に生産拠点を増やしたことによるものとされ、 中国は「世界の工場」などとも呼ばれています。 また、レアメタルやレアアースなどの豊富な資源や、株式や各種金融商品への投資、不動産の価格上昇なども要因のひとつとされています。

次の