横浜 市立 市民 病院 移転。 横浜市立市民病院

新しい横浜市立市民病院は病棟地下に駐車場 バイク駐輪場も広い

横浜 市立 市民 病院 移転

感染症患者の個室などを充実させた(横浜市) 市は移転後、現在の市民病院を新型コロナの軽症や無症状の陽性患者(約200人)を受け入れる宿泊療養施設として活用するという。 4月24日、報道陣に新病院を公開した。 延べ床面積は約7万9600平方メートルで、現病院の1. 8倍に拡大した。 病床数は650床で同数だが、1室あたりの人数を現在の最大6人から、新病院は4人に減らし、手術室や救命救急センターの病床などを増やした。 感染症対策では、現在は2人部屋もある感染症病棟(26床)を全て個室化。 感染症専用の入り口や専門外来、陰圧に対応した新生児集中治療室(NICU)なども整備した。 がん患者などを想定した「外来化学療法室」や、陣痛・出産・回復期を同じ部屋で過ごす「LDR」に対応した分娩室などを充実させた。 石原淳病院長は「新病院は感染症にも強い病院となった。 新病院の機能をフルに生かしたい」と述べた。

次の

新しい横浜市立市民病院は病棟地下に駐車場 バイク駐輪場も広い

横浜 市立 市民 病院 移転

感染症患者の個室などを充実させた(横浜市) 市は移転後、現在の市民病院を新型コロナの軽症や無症状の陽性患者(約200人)を受け入れる宿泊療養施設として活用するという。 4月24日、報道陣に新病院を公開した。 延べ床面積は約7万9600平方メートルで、現病院の1. 8倍に拡大した。 病床数は650床で同数だが、1室あたりの人数を現在の最大6人から、新病院は4人に減らし、手術室や救命救急センターの病床などを増やした。 感染症対策では、現在は2人部屋もある感染症病棟(26床)を全て個室化。 感染症専用の入り口や専門外来、陰圧に対応した新生児集中治療室(NICU)なども整備した。 がん患者などを想定した「外来化学療法室」や、陣痛・出産・回復期を同じ部屋で過ごす「LDR」に対応した分娩室などを充実させた。 石原淳病院長は「新病院は感染症にも強い病院となった。 新病院の機能をフルに生かしたい」と述べた。

次の

新しい横浜市立市民病院は病棟地下に駐車場 バイク駐輪場も広い

横浜 市立 市民 病院 移転

感染症患者の個室などを充実させた(横浜市) 市は移転後、現在の市民病院を新型コロナの軽症や無症状の陽性患者(約200人)を受け入れる宿泊療養施設として活用するという。 4月24日、報道陣に新病院を公開した。 延べ床面積は約7万9600平方メートルで、現病院の1. 8倍に拡大した。 病床数は650床で同数だが、1室あたりの人数を現在の最大6人から、新病院は4人に減らし、手術室や救命救急センターの病床などを増やした。 感染症対策では、現在は2人部屋もある感染症病棟(26床)を全て個室化。 感染症専用の入り口や専門外来、陰圧に対応した新生児集中治療室(NICU)なども整備した。 がん患者などを想定した「外来化学療法室」や、陣痛・出産・回復期を同じ部屋で過ごす「LDR」に対応した分娩室などを充実させた。 石原淳病院長は「新病院は感染症にも強い病院となった。 新病院の機能をフルに生かしたい」と述べた。

次の