インフォメーション 意味。 ジャストインフォメーション

インフォメーションの意味とは?

インフォメーション 意味

「シャープレシオ」とは? 「シャープレシオ」とは、 「投資信託などで投資のリスクを取った時に、そのリスクを取らなかった場合よりもリターンがどれだけ大きかったのかを示す投資指標の数字」を意味しています。 「シャープレシオ」の数値が大きいほど、リスク対効果 リターン が大きいことを意味しています。 「インフォメーションレシオ」とは? 「インフォメーションレシオ」とは、 「その投資信託 ファンド のリターンが、日経平均などのベンチマークと比較してどれくらい大きかったのか小さかったのかを示す投資指標の数字」を意味しています。 5以上の数字になるとインフォメーションレシオが高い リスク対リターンが良い という判断になります。 「シャープレシオ」と「インフォメーションレシオ」の違い! 「シャープレシオ」と 「インフォメーションレシオ」の違いを、分かりやすく解説します。 「シャープレシオ」も 「インフォメーションレシオ」も投資信託の投資効率 リスク対リターン に関係する投資用後ですが、 「シャープレシオ」は 「ローリスクの安全資産 主に国債 と比較した場合の投資信託の運用成績の評価指標」になっています。 それに対して、 「インフォメーションレシオ」というのは、安全資産ではなくて 「日経平均株価やTOPIX、JPX日経400などのベンチマークと比較した場合の投資信託の運用成績の評価指標」になっている違いを指摘できます。 一般的に投資信託のパフォーマンスを評価する時は、 「インフォメーションレシオ」よりも 「シャープレシオ」が良く使われています。 まとめ 投資信託のリスク対リターンに関係する 「シャープレシオ」と 「インフォメーションレシオ」の意味の違いを分かりやすく説明しましたが、いかがだったでしょうか? 「シャープレシオ」と 「インフォメーションレシオ」の意味の違いを詳しく知りたい時には、この記事の解説をチェックしてみてください。

次の

情報(インフォメーション)とは

インフォメーション 意味

(インテリジェンスの意味は、インフォメーションと比較すると理解しやすいです) インテリジェンスとは、「 バラバラの状態になっている情報を分析して、意思決定に役立つかたちに作り替えたもの」をいいます。 インテリジェンスの意味は、「インフォメーション」の意味と比較すると理解しやすいと思います。 インフォメーションの意味は単純に「情報」ですね。 一方で、インテリジェンスは「 インフォメーション を意思決定に使えるかたちにしたもの」をいいます。 例えば、あなたが家に帰ってきたら、部屋の中にりんごが10個ちらばって落ちていたとしましょう。 この「りんごが10個落ちている」という情報は 単なる事実ですから、それほど意味がありません。 この状態になっている情報が インフォメーションです。 インフォメーション=バラバラの状態になっている情報• インテリジェンス =バラバラの状態になっている情報を分析し、 意思決定に役立つかたちに組み替えたもの 現代は「情報過多=情報がたくさんありすぎる社会」と言われます。 Googleで検索したり、Youtubeで動画を調べたりすれば世界中の情報に無料でアクセスすることができます。 一方で、そのようにして得られた情報が、実際に私たちの生活の役に立っているか?というと、必ずしもそうでない場合もあるでしょう。 なぜかというと、情報を雑多な状態のままで取り込んでも、それは単なるインフォメーションですから、生活の役に立つかたちになっていないからです。 インフォメーションにたくさんアクセスできるというだけでは、生活そのものを豊かにすることはできません。 重要なことは、たくさんのインフォメーションの中から「本当に役立つもの・必要なもの」を選び出し、実際の生活や仕事に役立つかたちにできること(インテリジェンスにできること)なのです。

次の

「インフォメーション」の意味とは?IT用語や類語表現も解説

インフォメーション 意味

(インテリジェンスの意味は、インフォメーションと比較すると理解しやすいです) インテリジェンスとは、「 バラバラの状態になっている情報を分析して、意思決定に役立つかたちに作り替えたもの」をいいます。 インテリジェンスの意味は、「インフォメーション」の意味と比較すると理解しやすいと思います。 インフォメーションの意味は単純に「情報」ですね。 一方で、インテリジェンスは「 インフォメーション を意思決定に使えるかたちにしたもの」をいいます。 例えば、あなたが家に帰ってきたら、部屋の中にりんごが10個ちらばって落ちていたとしましょう。 この「りんごが10個落ちている」という情報は 単なる事実ですから、それほど意味がありません。 この状態になっている情報が インフォメーションです。 インフォメーション=バラバラの状態になっている情報• インテリジェンス =バラバラの状態になっている情報を分析し、 意思決定に役立つかたちに組み替えたもの 現代は「情報過多=情報がたくさんありすぎる社会」と言われます。 Googleで検索したり、Youtubeで動画を調べたりすれば世界中の情報に無料でアクセスすることができます。 一方で、そのようにして得られた情報が、実際に私たちの生活の役に立っているか?というと、必ずしもそうでない場合もあるでしょう。 なぜかというと、情報を雑多な状態のままで取り込んでも、それは単なるインフォメーションですから、生活の役に立つかたちになっていないからです。 インフォメーションにたくさんアクセスできるというだけでは、生活そのものを豊かにすることはできません。 重要なことは、たくさんのインフォメーションの中から「本当に役立つもの・必要なもの」を選び出し、実際の生活や仕事に役立つかたちにできること(インテリジェンスにできること)なのです。

次の