イエロー サブマリン 意味。 イエロー・サブマリン

イエロー・サブマリン

イエロー サブマリン 意味

映画『イエローサブマリン』 プロット 平和で音楽を愛するペパーランドという国が海の底にありました。 人々は音楽にかこまれて幸せな日々を過ごしていたのですが、突然何者かに侵略されてしまいます。 侵略者はブルー・ミーニーズという大の音楽嫌いな青鬼たち。 突然の侵略にたちまち国は音楽や活気をしまいます。 唯一、脱出できた指揮者のフレッドは黄色い潜水艦イエローサブマリンに乗って遥か彼方にあるリヴァプールに助けを求めに旅立ちました。 リヴァプールに着いたフレッドはビートルズ(サージェント・ペパーズ)の面々に事情を話し、奪われてしまった生気を取り戻すためにフレッドとビートルズはペパーランドを目指し、いざイエローサブマリン出航! Talk in rhyme 韻文 フレッドとビートルズ(サージェント・ペパーズ)の面々はペパーランドへの旅の途中、イエローサブマリンが故障してしまう事態に陥ります。 修理ができずに困っていたら不思議なクリチャー、ジェリミーがあっという間に直してくれました。 ジェリミーはビートルズに会うなり自己紹介して言います。 Ad hoc, ad loc and quid pro quo. So little time, so much to know. アドホック・アドロック・アンド・クウィッド・プロ・クウォ 時間はほとんどないのに、知らなきゃならない事だらけさ。 ひとりで何でも熟せてしまうと多才ぶりをアピールするジェリミー・ヒラリー・ブーブ博士。 見た目は人間と動物がまざったようなクリチャーです。 でも、ひとりぼっちで寂しいから出会った人に自分の才能をアピールするものの、結局誰にも相手にされないから、いつもひとりぼっちのままのようです。 Ad hoc, ad loc and quid pro quo. とは アドホック・アドロック・アンド・クウィッド・プロ・クウォ この御まじないみたいなフレーズは何でしょう?• Ad hoc とは、ある目的にちょうど使える道具か何か(代用できるもの)を意味しています。 例えば、台所でドライバーが必要になって探しても見つからないのでキッチンナイフをドライバー替わりに使うとか。 cit. 意味は「いまここで言ったことを調べてみて」。 quid pro quo とは、「~する代わりに、~して。 」という見返りを求めるようなフレーズです。 例えば「背中を掻いてあげるから、わたしにもして。 」つまり、『持ちつ、持たれつ』という意味。 このフレーズは響きの似てる言葉を一定のリズムにのせてペラペラペラっと早口に語っています。 フレーズ自体にはさして意味はないのですが、会話の前後にリズム感を加えるために韻文を早口でまくし立ててスピード感を出しているわけです。 自分は才能あふれる存在なんだとアピールするジェリミー。 でも、それじゃ逆にみんなから変な奴だと思われて相手にしてもらえないだろうに…たしなめるビートルズのジョン。 never to read my review 「自分への評価など決して読まない」 つまり、「どう思われようと気にしない」という意味.

次の

イエロー・サブマリン航海記

イエロー サブマリン 意味

 ザ・ビートルズの7作目のスタジオアルバム「 Revolver」に収録されている曲です。 『』との両A面シングルとして、1966年8月にリリースされています。 アニメ映画「 イエロー・サブマリン」のテーマソングにもなりました。 リンゴ・スターがメインボーカルをとっている曲の中で、唯一シングルとなった曲です。 歌詞の意味と解釈 ポール・マッカートニーが子供向けに書いた曲といわれ、歌詞ではおとぎ話のような「架空の 黄色い潜水艦での生活」がのびのびと描かれています。 リンゴ・スターの素朴なボーカルも味わいがあり、間奏のコーラスや効果音もメンバーが楽しみながら録音していたようです。 アート性の高いアルバム「 Revolver」の中でこの曲だけ浮いている気はしますが、曲単体としてみれば、ビートルズの懐の深さを感じる名曲だと思います。 彼は話してくれたんだ 潜水艦の中にある国の暮らしを So we sailed on to the sun Till we found the sea of green And we lived beneath the waves In our yellow submarine 僕らは太陽に向けて出港した 緑の海を目指して。 僕らは波の下で暮らしていた 黄色い潜水艦の中で We all live in a yellow submarine Yellow submarine, yellow submarine We all live in a yellow submarine Yellow submarine, yellow submarine 僕らはみんな、黄色い潜水艦の中で暮らしてる イエローサブマリン、イエローサブマリン And our friends are all aboard Many more of them live next door And the band begins to play 友達もみんな乗り込んで にぎやかに並んで暮らしてる バンドも演奏を始めるのさ ・ aboard 乗って ・ live next door 隣に住む We all live in a yellow submarine Yellow submarine, yellow submarine We all live in a yellow submarine Yellow submarine, yellow submarine 僕らはみんな、黄色い潜水艦の中で暮らしてる イエローサブマリン、イエローサブマリン Full steam ahead Mister Boatswain, full steam ahead Full steam ahead it is, Sergeant Cut the cable! Drop the cable! Aye-aye sir, aye-aye Captain! Captain! 「全速前進、甲板長、全速前進」 「全速前進します、軍曹」 「ケーブルを切れ!ケーブルを落とせ!」 「アイアイサー」 「キャプテン!キャプテン!」 As we live a life of ease Everyone of us Everyone of us has all we need Has all we need Sky of blue Sky of blue and sea of green Sea of green In our yellow In our yellow submarine Submarine, ha-ha! 気楽な生活を送って 誰もがみんな、満ち足りて 青い空に、緑の海 僕らの黄色い潜水艦の中 We all live in a yellow submarine Yellow submarine, yellow submarine We all live in a yellow submarine Yellow submarine, yellow submarine We all live in a yellow submarine Yellow submarine, yellow submarine 僕らはみんな、黄色い潜水艦の中で暮らしてる イエローサブマリン、イエローサブマリン 収録アルバム アルバムジャケットを押すと アマゾンのページへ移動します。 Revolver(1966年) カテゴリー•

次の

映画『イエローサブマリン』に登場するひとりぼっちのあいつ、ジェリミーに学ぶ韻語をつかった英語の早口言葉

イエロー サブマリン 意味

映画『イエローサブマリン』 プロット 平和で音楽を愛するペパーランドという国が海の底にありました。 人々は音楽にかこまれて幸せな日々を過ごしていたのですが、突然何者かに侵略されてしまいます。 侵略者はブルー・ミーニーズという大の音楽嫌いな青鬼たち。 突然の侵略にたちまち国は音楽や活気をしまいます。 唯一、脱出できた指揮者のフレッドは黄色い潜水艦イエローサブマリンに乗って遥か彼方にあるリヴァプールに助けを求めに旅立ちました。 リヴァプールに着いたフレッドはビートルズ(サージェント・ペパーズ)の面々に事情を話し、奪われてしまった生気を取り戻すためにフレッドとビートルズはペパーランドを目指し、いざイエローサブマリン出航! Talk in rhyme 韻文 フレッドとビートルズ(サージェント・ペパーズ)の面々はペパーランドへの旅の途中、イエローサブマリンが故障してしまう事態に陥ります。 修理ができずに困っていたら不思議なクリチャー、ジェリミーがあっという間に直してくれました。 ジェリミーはビートルズに会うなり自己紹介して言います。 Ad hoc, ad loc and quid pro quo. So little time, so much to know. アドホック・アドロック・アンド・クウィッド・プロ・クウォ 時間はほとんどないのに、知らなきゃならない事だらけさ。 ひとりで何でも熟せてしまうと多才ぶりをアピールするジェリミー・ヒラリー・ブーブ博士。 見た目は人間と動物がまざったようなクリチャーです。 でも、ひとりぼっちで寂しいから出会った人に自分の才能をアピールするものの、結局誰にも相手にされないから、いつもひとりぼっちのままのようです。 Ad hoc, ad loc and quid pro quo. とは アドホック・アドロック・アンド・クウィッド・プロ・クウォ この御まじないみたいなフレーズは何でしょう?• Ad hoc とは、ある目的にちょうど使える道具か何か(代用できるもの)を意味しています。 例えば、台所でドライバーが必要になって探しても見つからないのでキッチンナイフをドライバー替わりに使うとか。 cit. 意味は「いまここで言ったことを調べてみて」。 quid pro quo とは、「~する代わりに、~して。 」という見返りを求めるようなフレーズです。 例えば「背中を掻いてあげるから、わたしにもして。 」つまり、『持ちつ、持たれつ』という意味。 このフレーズは響きの似てる言葉を一定のリズムにのせてペラペラペラっと早口に語っています。 フレーズ自体にはさして意味はないのですが、会話の前後にリズム感を加えるために韻文を早口でまくし立ててスピード感を出しているわけです。 自分は才能あふれる存在なんだとアピールするジェリミー。 でも、それじゃ逆にみんなから変な奴だと思われて相手にしてもらえないだろうに…たしなめるビートルズのジョン。 never to read my review 「自分への評価など決して読まない」 つまり、「どう思われようと気にしない」という意味.

次の