マイクロ ストリップ ライン。 マイクロストリップラインの作り方を教えて下さい。

「宮崎技術研究所」の技術講座「電気と電子のお話」7.2.(1)

マイクロ ストリップ ライン

セラミック材料など加工できない材料に最適です。 表面にタッチすれば測定できます。 周波 数が800MHz から14GHz において比誘電率が概ね1 から40 で誘電体損失の比較的小 さい材料および極薄シート材料の比誘電率および誘電正接を測定する測定器・システムです。 なお、本測定法については、2006 年度European Microwave conference で発表しました。 Suzuki, "Microwave measurement of complex permittivity of thick plate by placing the material under test on a microstripline resonator" Eu Mc 21 -4, 2006, Manchester, uk. 5mm, 0. 9A 共振器(校正用共振器含む) 周波数 900MHz 用 50x150mm R-2A 共振器(校正用共振器含む) 周波数 2GHz 用 30x80mm R-5A 共振器(校正用共振器含む) 周波数 5GHz 用 10x30mm R-10A 共振器(校正用共振器含む) 周波数 10GHz 用 10x20mm DMP-41 共振法プログラム (複合誘電体変換ソフト、比誘電率、誘電正接 計算ソフト) CM06D-AA-1000 同軸ケーブルアセンブリ(1m 周波数により、適切なケーブルをご提案いたします(2本)。 VNA ネットワークアナライザ ご希望の場合には適切なものをご提案いたします。 PC Windows PC ご希望の場合には適切なものをご提案いたします。 試料をのせると共振周波数は低くなります。

次の

マイクロ・ストリップ・ライン の設計 MstripCalc

マイクロ ストリップ ライン

しかし、実際には、のが高くなると、抵抗が増加します。 これは、信号の周波数が高くなると、は、の表面だけを流れるので、実質的に、抵抗が増加してしまうからです 図 7. 2-2。 図は、マイクロストリップラインと呼ばれる、信号線における、電流の分布です。 図で、赤は、電流密度が高く、紫は電流密度が低いことを表しています 虹の色と同じ順序です。 周波数が高くなると、電流は、表面だけを流れていることが分かります。 電流密度 とは、電流に垂直な単位面積当たりの電流の強さのことです。 この例は、マイクロストリップラインですが、表皮効果は、全てのなどに見られる現象です。 なお、IH クッキングヒーターは、図に示すように、鉄 の鍋であることが、必要です。 ガラスや陶器は、勿論のこと、銅やアルミの鍋も使用できません。 抵抗自体が、周波数特性を持っているのでは、ありませんが、見かけ上、抵抗が、周波数特性をもっていることに、なります。 信号線が、短いときは、信号線は、抵抗成分だけとみなして差し支えありませんが、信号線が長くなると、だけとは、みなすことができなくなり、成分と、成分とが、効いてくるからです。 信号線の周波数特性を、考慮する必要がある場合であっても、信号線の長さが、それほど長くないときは、信号線の周波数特性は、集中定数系で、近似して表すことが、できます。 しかし、信号線が長いと、その周波数特性は、分布定数系とみなす、必要がでてきます。 これに対して、 分布定数系 分布系 とは、システムを、時間だけでなく、 長さと時間とを独立変数とする 偏微分方程式で表すことが、必要なシステムです。 2-5 のように表すことができます。 これは、 と同じです。 これは当然のことです。 このことは、対数グラフの性質から、減衰量が、ほぼ、周波数の平方根の比例して、増加していることを意味します。 理論的にも、信号線の減衰量 dB 表示 は、周波数の平方根に比例します。 、一定になった領域は、ほんの僅かしか、示されていませんが、周波数の低い方に、ずっと、延びています。 ただし、この減衰量が一定になる領域は、同軸ケーブルを、通常使用する範囲よりも、周波数が低い領域です。 2-9 も、大雑把に言うと、と同じ形です。 同軸ケーブルは高周波用、電話ケーブルは低周波用と言われていますが、周波数特性の形が、異なるのでは、ありません。 電話ケーブルのほうが、の絶対値が、同軸ケーブルよりも、高いと言うことです。 しかし、通常は、同軸ケーブルよりも、低いで使用しますから、使用周波数範囲での減衰量は高くは、ありません。 これは、信号線を囲む、絶縁層やシース 参照 による、損失が大きくなり、この分が加算されるからです。 電話ケーブルは、元々は、低周波用ですから、絶縁や、シースの材質は、高周波用では、ありません。 電話ケーブルであっても、必要な特性が満足されるなら、たとえば、短距離、高い減衰量が許容される場合などでは、高周波で使用することが、できます。 なお、必要な特性とは、単に減衰量だけでなく、クロストークなど、各種の特性が、満足されることが必要です。 のによって、の波形は、歪みます。 ただし、信号に含まれるが単一、すなわちであれば、周波数特性によるが大きくても、信号の振幅が小さくなるだけです。 波形の変化はありません。 しかし、信号波形がのときは、角の部分にを含んでいます。 電線の周波数特性によって、高い周波数成分が減衰しますから、が単一であっても、角が丸くなります 図 7. 2-10。 なお、この実験では、電線の入り口で、すでにある程度角が取れた波形ですが、傾向は分かると思います。 信号は、一定の速度で、ケーブルを伝わります 参照。 図で、 a の 1 のパルスは、 b では 2、 c では 3、 d では 4 と、進んでいます。 電線が長いので、信号が電線を伝わるのに要する時間が大きく、対応する波形が、図の橙色の線のように、ずれています。 また、周波数特性が激しいので、信号周波数の高いところと低いところとで、信号のが大幅に異なっています。 このため、では、信号周波数の変わり目のところで、大きなトランジェントが発生しています。 2-12。 その、1 撚りの長さを、ツイストの ピッチ といいます。 ツイストペアケーブルは、普通のケーブル 平行ケーブル とくらべて、優れた特性を持ったケーブルです。 高周波では、同軸ケーブルの方が優れた特性を持っていますが、ツイストペアケーブルは、かなり広い周波数帯域にわたって、使用可能です。 平衡な特性を持ったケーブルは、実用上ツイストペアケーブルだけなので、ツイストペアケーブルのことを、 平衡ケーブル とも呼んでいます。 完全に平衡であるためには、往復の線が、物理的に同じ場所を通らなければなりません。 しかし、これは不可能です。 最も平衡に近いケーブルが、ツイストペアケーブルなのです。 平衡だということは、2 本の線の、往きと復りが、完全に対等である、ということです。 2 本の線が対等であると、たとえば、外部からのの影響を受けません。 ツイストペアケーブルは、これに近いのです 図 7. 2-13。 図で、外部からの一様な 変化 によって発生するは、ツイストペアケーブルでは、打ち消されますが、平行線では、加算されています。 一つは、電話ケーブルです。 電話ケーブルは、同一ケーブル内の、クロストークを打ち消すために、互いのピッチを変えてあります。 これに対して、たとえば、コンピュータケーブルと呼ばれているケーブルでは、ピッチが揃っています。 電話ケーブルは、長距離を引くケーブルですから、クロストーク対策が重要です。 しかし、コンピュータケーブルは、短距離が前提ですから、クロストークの大きさは、無視できます。 電話ケーブルのピッチは長く、コンピュータケーブルでは短くなっています。 信号やノイズの周波数が高いということは、波長が短く、信号やノイズの周波数が低いということは、波長が長いと言うことです。 ツイストのピッチは、この信号やノイズの波長を考慮して、作られています。 2-16。 カッドでは、第 1 種線心と第 2 種線心、第 3 種線心と第 4 種線心とをペアにして使用します。 カッドを使用するのは、よりも、ケーブル径を細くでき、も、ツイストペアケーブルより小さくなるからです。 カッドは、他のカッドに対しては、ツイストペアケーブルと同等の性質を有し、も小さいのです。 しかし、同一カッド内の他のペア線に対しては、そのような効果は、ありません。 インターネットの検索 グーグル でも、ケーブルで検索すると、上位には、ケーブルテレビ会社のホームページが、並びます。 ロープウェイの方が、多分、建設費が安いのでしょうが、子供達の人気も、ロープウェイの方が上です。 一方コードという言葉もあります。 ただし、コードは、cord と code がありますから、それによって、意味が異なります。 電気の コード は、cord の方で、こちらは、紐のことです。 楽器の弦も cord です。 は、高周波に使用できますが、電話用ですから、高周波の特性は、規定されていません。 LAN ケーブルは、高周波の特性が規定されています。 LAN ケーブルを、 図 7. 2-18 に示します。 図で、XX BASE-T というのは、LAN そのものの規格で、XX の数字は、伝送速度を表します。 カテゴリ Y の Y は、ケーブルの種類を表します。

次の

伝送路の仕組み[6]ー プリント基板(PCB)伝送線路

マイクロ ストリップ ライン

セラミック材料など加工できない材料に最適です。 表面にタッチすれば測定できます。 周波 数が800MHz から14GHz において比誘電率が概ね1 から40 で誘電体損失の比較的小 さい材料および極薄シート材料の比誘電率および誘電正接を測定する測定器・システムです。 なお、本測定法については、2006 年度European Microwave conference で発表しました。 Suzuki, "Microwave measurement of complex permittivity of thick plate by placing the material under test on a microstripline resonator" Eu Mc 21 -4, 2006, Manchester, uk. 5mm, 0. 9A 共振器(校正用共振器含む) 周波数 900MHz 用 50x150mm R-2A 共振器(校正用共振器含む) 周波数 2GHz 用 30x80mm R-5A 共振器(校正用共振器含む) 周波数 5GHz 用 10x30mm R-10A 共振器(校正用共振器含む) 周波数 10GHz 用 10x20mm DMP-41 共振法プログラム (複合誘電体変換ソフト、比誘電率、誘電正接 計算ソフト) CM06D-AA-1000 同軸ケーブルアセンブリ(1m 周波数により、適切なケーブルをご提案いたします(2本)。 VNA ネットワークアナライザ ご希望の場合には適切なものをご提案いたします。 PC Windows PC ご希望の場合には適切なものをご提案いたします。 試料をのせると共振周波数は低くなります。

次の