イギリス 首相。 ベンジャミン・ディズレーリ

ハロルド・マクミラン

イギリス 首相

第二次世界大戦後の首相はクレメント・アトリーから始まる。 現在の首相はテリーザ・メイ(2016〜)。 戦後イギリスの首相と所属政党 首相 政党 クレメント・アトリー 労働党 ウィンストン・チャーチル 保守党 アンソニー・イーデン 保守党 ハロルド・マクミラン 保守党 アレック・ダグラス=ヒューム 保守党 ハロルド・ウィルソン 労働党 エドワード・ヒース 保守党 ハロルド・ウィルソン 労働党 ジェームズ・キャラハン 労働党 マーガレット・サッチャー 保守党 ジョン・メージャー 保守党 トニー・ブレア 労働党 ゴードン・ブラウン 労働党 デイヴィッド・キャメロン 保守党 テリーザ・メイ 保守党 クレメント・アトリー(1945〜1951) 第二次世界大戦が終わりつつあった1945年7月に首相になり、戦後は福祉国家を目指してさまざまな改革を行った。 国内の重要な産業を国有化。 年号 出来事 1949 アイルランド独立 注 チャーチルからアトリーに変わるとき、第二次世界大戦はまだ終わっていなかったが、ドイツはすでに降伏していた。 ハロルド・ウィルソン(1964〜1970、1974〜1976) チャーチルからヒュームまでの保守党に代わって、ウィルソンは労働党の政権を発足した。 スエズ運河より東の地域から軍を撤退させた。 年号 出来事 1967 ポンドの切り下げ マーガレット・サッチャー(1979〜1990) マーガレット・サッチャーはイギリス初の女性首相で、 新自由主義をもとに小さな政府を目指した。 主な国有企業を民営化した。 年号 出来事 1982 フォークランド紛争 デイヴィッド・キャメロン(2010〜2016) 年号 出来事 2016 ブレクジット 在任最後の年、イギリスはEUを離脱するべきかどうかの国民投票が行われ、EU離脱(ブレクジット)が決まった。

次の

ボリス・ジョンソン

イギリス 首相

第二次世界大戦後の首相はクレメント・アトリーから始まる。 現在の首相はテリーザ・メイ(2016〜)。 戦後イギリスの首相と所属政党 首相 政党 クレメント・アトリー 労働党 ウィンストン・チャーチル 保守党 アンソニー・イーデン 保守党 ハロルド・マクミラン 保守党 アレック・ダグラス=ヒューム 保守党 ハロルド・ウィルソン 労働党 エドワード・ヒース 保守党 ハロルド・ウィルソン 労働党 ジェームズ・キャラハン 労働党 マーガレット・サッチャー 保守党 ジョン・メージャー 保守党 トニー・ブレア 労働党 ゴードン・ブラウン 労働党 デイヴィッド・キャメロン 保守党 テリーザ・メイ 保守党 クレメント・アトリー(1945〜1951) 第二次世界大戦が終わりつつあった1945年7月に首相になり、戦後は福祉国家を目指してさまざまな改革を行った。 国内の重要な産業を国有化。 年号 出来事 1949 アイルランド独立 注 チャーチルからアトリーに変わるとき、第二次世界大戦はまだ終わっていなかったが、ドイツはすでに降伏していた。 ハロルド・ウィルソン(1964〜1970、1974〜1976) チャーチルからヒュームまでの保守党に代わって、ウィルソンは労働党の政権を発足した。 スエズ運河より東の地域から軍を撤退させた。 年号 出来事 1967 ポンドの切り下げ マーガレット・サッチャー(1979〜1990) マーガレット・サッチャーはイギリス初の女性首相で、 新自由主義をもとに小さな政府を目指した。 主な国有企業を民営化した。 年号 出来事 1982 フォークランド紛争 デイヴィッド・キャメロン(2010〜2016) 年号 出来事 2016 ブレクジット 在任最後の年、イギリスはEUを離脱するべきかどうかの国民投票が行われ、EU離脱(ブレクジット)が決まった。

次の

猫のラリーはイギリス首相官邸の公務員:No.10キャットのライバルは?

イギリス 首相

経歴 [ ] 首相就任まで [ ] 、で生まれる。 彼の生まれたマクミラン家は出版社を代々経営する一家として有名である。 、を卒業し、にはに入隊して陸軍大尉として従軍した。 では至近距離から銃弾を受けて重傷を負い、この傷は生涯彼の体に残った。 そのため、彼には少し体を斜めにして歩く癖があり、時々痛みに苦しむこともあった。 、議員として政界入りした。 第2次内閣で初めて住宅相として閣僚入りし名声を博す。 にはに就任。 内閣ではに任命されるものの数ヶ月でポストを外され、に異動させられてしまう。 これにより次期首相の芽はなくなったとまで言われたが、このおかげで外相としての責任を負うことを免れている。 首相時代 [ ] 、イーデン首相がでの出兵が国際的に非難を浴び引責辞任する。 後継者問題ではマクミランと外相の2人が有力だった。 しかし、バトラーは長老議員の評判が悪かったこと、またイーデン同様スエズ危機の責任もマイナスとなったため、ソールズベリー卿らの女王への推薦により首相に就任した。 で会談するマクミランとケネディ 外交面では、マクミランはイギリスが大英帝国の夢を捨てて、「小英国」としての一員に相応しい路線を模索した。 イギリスの(EEC)加盟を策するもに拒否され実現せず、結局に(EFTA)を発足させた。 またスエズ危機で冷えこんだアメリカとの関係修復にも力を注ぎ、大統領とは・時代並みの親しい親交を結んだ。 マクミランは第二次大戦中に北総督代理を務めており、ヨーロッパ戦線の最高司令官だったアイゼンハワーとは旧知の仲で非常に馬が合ったという。 さらに、大統領とは親子ほど年齢が違う間ではあったが非常に緊密な関係を保った。 のアフリカ訪問時に有名な「いまや変革の風がこの大陸を吹きぬけている」という演説を行い、アフリカの英領の独立を促すとともにの(人種隔離政策)を批判した。 内政面では、マクミランも戦後の保守党がとったとの混合したを志向してイギリス国内の経済危機を乗り切ろうとし、の総選挙で保守党を勝利に導いた。 しかしその後はと率が昂進し、確実にが国内経済を蝕んでいったことは否めない。 しかしにはなど相次ぐスキャンダルの責任を取って総辞職した。 1986年12月29日、州バーチグローブ(Birch Grove)で死去した。 92歳。 脚注 [ ]• 黒岩徹『イギリス現代政治の軌跡』丸善ライブラリー、1998年 p54・55• 黒岩徹『イギリス現代政治の軌跡』丸善ライブラリー、1998年 p57• マクミランの妻ドロシーは第9代の三女であり、長兄の第10代デヴォンシャー公爵エドワードの長男・ハーティントン侯爵ウィリアム(マクミランから見れば義理の甥)は、ケネディ大統領の姉キャスリーンと結婚しており、縁があった。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 公職 先代: 住宅・地方自治大臣 1951 — 1954 次代: 先代: 1954 — 1955 次代: 先代: 1955 先代: 1955 — 1957 次代: 先代: 1957 — 1963 次代: 党職 先代: 党首 1957 — 1963 次代: 外交職 先代: 新設 北アフリカ総督代理 1942 — 1945 次代: 学職 先代: 学長 1960 — 1986 次代: 先代: 新設 初代 1984 — 1986 次代:• 1782-1783• 1782-1783• 1783• 1783• 1783-1791• 1791-1801• 1801-1804• () 1804-1805• 1805-1806• 1806• 1806-1807• 1807-1809• 1809• 1809-1812• 1812-1822• 1822-1827• () 1827-1828• 1828-1830• 1830-1834• 1834-1835• 1835-1841• 1841-1846• 1846-1851• 1851-1852• 1852• 1852-1853• 1853-1858• 1858-1859• 1859-1865• 1865-1866• 1866-1868• 1868-1870• 1870-1874• 1874-1878• 1878-1880• 1880-1885• 1885-1886• 1886• 1886-1887• 1887-1892• 1892-1894• 1894-1895• 1895-1900• 1900-1905• 1905-1916• 1916-1919• 1919-1924• 1924• 1924-1929• 1929-1931• 1931• 1931-1935• () 1935• 1935-1938• 1938-1940• 1940-1945• 1945-1951• () 1951• 1951-1955• 1955• () 1955-1960• 1960-1963• 1963-1964• () 1964-1965• () 1965-1966• () 1966-1968• () 1968• () 1221頃-? () 1234頃-? 1248以前• 1248-? 1263以前• () 1263-1265• () 1265-1266• () 1266-1268• () 1268-1269• () 1269-1272• 1283以前• 1283以前• () 1283-1305• () 1305-1306• () 1307-1308• 1309-1312• () 1312-1316• () 1316-1323頃• () 1323-1324頃• () 1324-1327• () 1327-1330• () 1330-1331• () 1331-1334• 1338頃-? 1341-? 1363-? () 1375-1377• 1377-1399• () 1410-1437• () 1441-1447• () 1440頃-1450頃• () 1454-? () 1469-1471• () 1471-1483• () 1483-1484頃• () 1485-1524• () 1524-1533頃• 1533-1540• () 1545-1558• () 1559-1566• () 1566-1589• () 1589-1603• () 1603-1606• () 1606-1614• () 1614-1621• () 1621-1628• () 1628-1629• () 1629-1642• () 1642-1643• 1643-1646• () 1646-1660• 1660-1661• 1661-1672• () 1672-1676• () 1676-1689• () 1689-1690• () 1690-1694• 1694-1699• 1699-1701• 1701-1708• 1708-1710• 1708-1710• 1710-1711• 1711-1713• 1713-1714• 1714-1715• 1715-1717• 1717-1718• 1718-1721• 代理 1721• 1721-1742• 1742-1743• 1743-1754• 代理 1754• 1754-1755• () 1755-1756• 1756-1757• () 1757• 1757-1761• 1761-1762• 1762-1763• 1763-1765• () 1765-1766• 1766-1767• 1767-1782• () 1782• 1782-1783• () 1783• 1783-1801• 1801-1804• 1804-1806• () 代理 1806• 1806-1807• 1807-1812• () 1812-1817• () 1817-1823• 1823-1827• 1827• () 代理 1827• () 1827-1828• () 1828-1830• 1830-1834• () 代理 1834• 1834-1835• () 1835-1839• 1839-1841• () 1841-1846• 1846-1852• 1852• 1852-1855• () 1855-1858• 1858-1859• 1859-1866• 1866-1868• () 1868• () 1868-1873• 1873-1874• 1874-1880• 1880-1882• 1882-1885• 1885-1886• 1886• 1886• 1887-1892• 1892-1895• 1895-1902• () 1902-1903• 1903-1905• 1905-1908• 1908-1915• 1915-1916• 1916-1919• 1919-1921• () 1921-1922• 1922-1923• 1923-1924• () 1924• 1924-1929• () 1929-1931• 1931-1937• 1937-1940• () 1940-1943• () 1943-1945• () 1945-1947• 1947-1950• 1950-1951• 1951-1955• 1955-1957• () 1957-1958• () 1958-1960• () 1960-1962• () 1962-1964• 1964-1967• 1967-1970• () 1970• () 1970-1974• 1974-1979• 1979-1983• 1983-1989• 1989-1990• 1990-1993• () 1993-1997• 1997-2007• 2007-2010• 2010-2016• 2016-2019• 2019-2020• 2020-現在.

次の