パラメトリック イコライザー。 パラメトリックイコライザーを導入しました

WARM AUDIO ( ウォームオーディオ ) >EQP

パラメトリック イコライザー

イコライザーの役割と種類 イコライザー(以下EQ)は本来、フラットな特性を再現する目的で使わる機能です。 カーオーディオで音楽を再生する空間は、広さ、大きさ、材質などの条件から、ホームオーディオに比べて周波数特性は大きく乱れやすいことは間違いありません。 ごく一般的なホームオーディオのように四角四面な空間でさえ、音の反射や吸収による特性の乱れから、フラットな特性を実現する事は困難な作業となります。 カーオーディオでは二乗倍的な特性の乱れがある事は容易に想像がつくのではないでしょうか。 カーオーディオ用の高級DSPでは31バンドグラフィックイコライザー、左右前後独立調整、パラメトリックイコライザー機能など、盛りだくさんの補正機能が採用されています。 この機能を使いこなす為にはイコライザーによる調整の基本を押さえる事に加え、調整の基準とする音源(音楽ソフト)の聴こえ方を熟知している必要があります。 ヘリックスDSP PRO MK IIのEQ調整は、31バンドのグラフィックイコライザーのようでありながら、全バンドともパラメトリックイコライザー機能を備える強者だ。 音楽の内容を熟知する為には、先に何度か述べている通り、如何に詳細に聴きこんでいるかが重要です。 例えば、何楽章のヴァイオリンの出だしは、その時の静寂感、次に出てくる音の間合い、等、何回となく聴きこむ事で理解できて来る音楽の情報がとても重要な判断のポイントとなるのです。 私の事で恐縮ですが、私のフェイバリットソフトにホリーコールトリオの「ドント・スモーク・イン・ベッド」と言うタイトルのCDソフトがあります。 このソフトは1993年の発売ですでに24年が経つ古いタイトルです。 その演奏や録音状態は発売当時から素晴らしく多くのオーディオファイルや評論家、音楽誌等から評価されたCDタイトルで今なお多くの音楽、オーディオ愛好者を魅了するソフトです。 私はこのCDを初めて手にしてから同じタイトルをすでに5枚購入しています。 1枚は国内盤、他4枚はオランダ盤の輸入CDソフトです。 筆者がリファレンスに使用している音源「ドント・スモーク・イン・ベッド/ホリー・コール・トリオ」。 これまでに日本盤1枚(左)と、オランダ盤4枚を購入している。 何故これ程に同じタイトルを手に入れているかと言いますと、かつて私がアルパインにおいてこのCDソフトをカーオーディオの音質調整時の基準ソフトとして使ったり、カーオーディオコンテストのジャッジの為の判断ソフトして使ったりしていました。 CDソフトは長い時間が経つと、読み取り面の傷やクスミ、データ面の酸化等から記録されているデータの読み取り精度が下がり、読み取り誤差を発生させます。 当然そうしたディスクは、音が徐々に劣化してきて、しまいにはパサパサというノイズが混じる音になります。 このような事から、ある程度劣化したと判断する度に新しいディスクを調達した結果、都合5枚の同じタイトルを買う事となった訳です。 このタイトルのある曲は優に2,000回以上聴いていると自信持って言えます。 一筋縄ではいかないカーオーディオのEQ補正 話をイコライザーに戻しましょう。 イコライザーなどの補正には、基準として判断材料になる音楽ソフトが不可欠というお話でした。 そのソフトの鳴り方をチェックするためには、基準となる再生装置、ホームオーディオやDAP等で「こんな感じの音のはず」がチェック出来ることが重要です。 ここでお話するイコライザーとは、特性をフラットにして音質を整えるとても重要な項目で、前回までの解説と重複しますが、使わないで済めばベストです。 例えばですが、EQはお化粧みたいなもので、スッピンで美人は最高、薄化粧は色っぽい、厚化粧は下手をするとケバイ感じになる。 事があります。 敢えて書かせて頂きました。 さて、それでは実際のイコライザーの調整です。 シンプルな発想ですが、車にマイクを置いて、ピンクノイズ(ザー音)やインパルス(ピッピッ音)で周波数特性を測定し、そのグラフから逆特性をイコライザーで作る。 よくある説明ですね。 車室内の音響特性は、ここに記した直接音と反射音の干渉をはじめ、定在波、走行ノイズによるマスキング、不要共振の干渉など、スピーカーユニットからの出音とは違う要因で思った通りの音にならないことが多い。 イコライザーの調整だけでは解決できないことも……。 EQ補正のセオリー では、どのように補正を行うのがいいのでしょう? 具体的な手法を解説いたします。 前回までの記事で、何らかのフィルターをかけるとフィルターをかけた周波数より高い周波数帯域の位相回転が起こるとお話致しました。 イコライザーはピーキングフィルター(チャネルディバイダーではビべリングフィルター)の集合体ですから、周波数の補正は低い周波数帯域から調整するのが基本となります。 低い周波数帯域から補正するとそれ以上の周波数帯域の位相特性が変化する為、補正帯域以上の周波数特性は位相回転し、測定時の特性とは既に違っているのです。 この変化により測定時にあったピークディップは消えたり増えたり別の周波数に偏移する可能性もあります。 このような変化を音を聴き取りながら順次高い周波数へ調整を重ねていきます。 DSPによっては、チャンネルごとにミュート(消音)機能を備えるモデルもあるので、活用してスムースに作業を進めていきたい。 ここで、イコライザーに使われるフィルターの種類について触れておきます。 基本的に、グラフィックイコライザーと言われる周波数帯域を分割し特定周波数を中心にゲインの上げ下げを行うイコライザーです。 一般的にパラメトリック機能を付加するとDSPのパワーを大きく必要とする事からバンド数を減らす設定とすることが一般的です。 これはDSPの演算処理で、SN比やダイナミックレンジを確保するために、各社ともにHi Bit処理を行う仕組みを採用していますが、DSPのゲインを上げる方向で調整するとそのハイビット化で加算された桁数を食い潰してしまうのです。 周波数特性のピークやディップを整えるほか、音質調整機能として活用できるイコライザー。 その場合には急なイコライザーカーブはなるべく作らないようにし、なだらかなカーブで調整するように心がけたい。 ここまでDSPの調整要素3項目に絞り解説させていただきました。 この調整要素が満足のいく結果であればシステムのパフォーマンスはご満足いただける音に達しているのではないかと思います。 ここまで調整要素で満足できない結果であれば、再度繰り返し音の煮詰めを行う必要があります。 場合によってはスピーカーの取付けなど、ハードウェアの再調整からスタートする必要があるのかもしれません。 いずれにしても、ウィークポイントがどこにあり何をすべきかを明確にする事がカーオーディオライフをより楽しめるものにする事は間違いありません。 愛車のカーオーディオシステムに満足しているあなたも、ぜひ、より再現性の良いシステムトライしてみてください、さらなる音の世界にいざなわれることでしょう。 もっと具体的なDSP調整方法が知りたい方のために、本シリーズの記事を継続していく予定です。 お楽しみに。 筆者プロフィール 中村重王:プレミアムオーディオメーカー「ラックス(現ラックスマン)」、カーオーディオメーカー「アルパイン」を経てフリーとなる。 アルパインでは jubaシリーズやF 1 statusといったハイエンドモデルにも参画。 いっぽうでカーオーディオプロショップの教育係としても腕を振るった経験を持つ。

次の

高音質音楽再生ソフト「JRiver Media Center」の設定(DSP スタジオ)についてまとめてみた!

パラメトリック イコライザー

「音声信号の特定の周波数帯域を強調・減少させる音響機器」 と出てきます。 音声を強調・減少させるならば単にボリュームの上げ下げなのでは?と思いますが 「特定の周波数帯域」というのがポイントのようです。 音はその高さで周波数が違いますので、例をあげるならば...... が、オーディオミキサーなどの 音声機材にもイコライザー機能が付随していることが多いようです。 またイコライザーは音声収録時だけでなく、音声視聴時にも好みの音に調整するために オーディオ再生機にも搭載されています。 本格的なオーディオセットはもちろんのこと、 再生ソフトウェアにもイコライザーは搭載されています。 そう「iTunes」などにも イコライザーはついています。 そして編集の段階でもイコライザーは使えます。 今回はビデオ編集ソフト「EDIUS」に ついているイコライザーを使います。 イコライザーは特定の周波数を調整する機能です。 そこで 周波数ごとに強弱を調整できるスイッチが並んだ造りになっている ものをグラフィックイコライザーと呼ぶようです。 ではもうちょっと分かりやすく派手な 効果もおまけで試してみましょう。 そこで 「リバーブ」です。 リバーブ。 あまり聞き覚えのない言葉な気がしますが、その機能はいわば 「カラオケのエコー」です。 音が細かく反響しているような演出を加えて、音が鳴っている空間の広さを感じさせる 機能をオーディオ的にはリバーブと呼ぶようです。 EDIUSには実はリバーブ、という名称のオーディオフィルターはありません。 ですが「ディレイ」のフィルターで同じ効果を得ることができます。 「ディレイ」は時間差、みたいな意味の通り、山彦のようなもっと感覚の大きい 反響を意図した言葉ですが、詳細設定で遅延時間を短くすることでリバーブの 効果になります。 (オーディオ的には、カラオケのエコー機能は本来リバーブと呼ぶべきで、 エコーという言葉は山彦のような時間差の大きい反響を示すようです。 ややこしい...... のでついつい効果をかけすぎると、後で聞いた時に違和感を覚えることも多いようです。 適量にリバブらせましょう。 いかがでしょうか?イコライザー機能、設定しているスタッフが未熟なことも あり効果が分かりにくいかも? ・ナレーションは、破裂音などの強い部分が抑えられ、ノイズが減ってまとまり良く ・ハーモニカも、音の強すぎる部分が丸くなり、タンギングのノイズも減ってマシに ・リバーブは利かせ過ぎかも。 でも讃美歌なのでまあありかも。 曲や狙う演出で適宜調整を スタッフ自身としては以上のような感想です。 結構手持ちの機材やソフトについているイコライザー。 触ったことのなかった方も ぜひ使ってみてください。 音楽再生時に使うのも面白いですよ。 キャプチャ王国ブログでは、今後も動画作成や映像音声配信に便利な機材や機能を 紹介していきます!•

次の

パラメトリックイコライザーを導入しました

パラメトリック イコライザー

EQ(イコライザー)とは EQ(イコライザー)は、周波数別に音量を変化させることのできるエフェクトです。 低音だけを大きくする、 高音だけを小さくする、 そういった効果があります。 EQはもともと電話の音質改善のために開発された技術です。 実際に音楽制作に取り入れられるようになったのは、もう少しあとのことです。 当時、今のようなデジタルでの録音技術は当然なく、 テープでの録音が主流でした。 テープは再生するたびに劣化し、 高域の周波数がだんだん落ちます。 イコライザーは、その落ちた高域の補正に使われていました。 現在でも、周波数の補正に使われていますし、 もっと積極的に音作りの手段の1つとして活用することもあります。 EQの役割 イコライザーの役割は、 特定の周波数帯域をカット、 またはブーストすることです。 ミックスをしていると ある音が他の楽器とぶつかっていたりすることがあります。 そんな時は、ぶつかっている帯域をカットすれば、 聴きやすいミックスが出来上がります。 EQの種類 イコライザーには大きく分けて、2つの種類があります。 グラフィックイコライザー 基本的に、普段よく目にするイコライザーは、グラフィックイコライザーです。 フェーダーが周波数別に横に並んでおり、 フェーダーを上げたり、下げたりすると そのフェーダーに対応した周波数の音量が上がったり、下がったりします。 ポイントは、調整できる周波数帯が決められていることです。 カーステレオやオーディオ機器なんかで多く搭載されています。 パラメトリックイコライザー パラメトリックイコライザーは、調整したい周波数を自由に指定できるイコライザーです。 グラフィックイコライザーは1つの周波数帯に対して、 調整できることは、基本的に音量の1つのみです。 それに対しパラメトリックイコライザーは、 調整したい周波数帯、調整する周波数帯域の幅、音量など 多くのことが調整でき、自由度が高いです。 DTMなどで基本的にパラメトリックイコライザーしか使いません。 EQのパラメーター EQのパラメータを眺めていると パラメーターが「LPF」や「LMF」などの略語で書かれており、 見ただけでは分かりづらいかと思います。 そこで、重要なパラメータを解説しておきます。 Q:イコライザーで調整する周波数帯域の幅 EQは引き算で使う イコライザーは基本的に引き算、カットの方向で使用します。 むやみにブーストしてはいけません。 特定の音を持ち上げるよりも その周辺の音をカットして 相対的に強調させた方がいいです。 全ての音を足す方向で音作りをすると 単体の音ではいい音に聴こえても ミックスの段階で必ず躓きます。 コップの大きさ以上に水が入って 溢れてしまっているイメージです。 音は重なるほどに、ごちゃごちゃしてきますし、 それなりの技術がなければ、 引き算で調整することが正しい選択と言えるでしょう。 と言いながら、 時にはブーストすることが必要なこともあります。 楽器別ポイント周波数 楽器はそれぞれに違った特性を持っています。 周波数帯域の広い楽器、狭い楽器など それぞれに合わせた周波数調整が必要です。 弾き方や楽器によって変わってくるので 一概には言えませんが いくつかを紹介しておきます。 イコライザーに限っていえば、 最終的に音を聴いて、 周波数構成が想像できるようになることを目指しましょう。 また繰り返しにはなりますが、 カットするところは、 しっかりカットするということも必要です。 単体の音ではよくないと感じても 音が混ざると、足りない周波数が補完されてなのか いい音に聴こえたりすることもあります。 そういった経験を積み、耳を育てることが いい音楽を作るためには必要です。

次の