確定 申告 会社 員。 千葉県市川市の税理士が教える確定申告 !会社員でも必要かも?

会社員・公務員も確定申告は必要?確定申告と年末調整はどう違うのか [確定申告] All About

確定 申告 会社 員

税理士をお探しの方 この記事のポイント• 会社員でも、2カ所以上から給与をもらっている人や年収2000万円超の人は確定申告が必要!• 医療費控除、寄附金控除、雑損控除は年末調整では計算されないので申告するとお得!• 自分が確定申告するべきか分からない場合には、税務署か税理士に相談してみよう 会社員などの給与所得者は、原則として確定申告をする必要はありません。 通常、会社員の場合には、毎月給料から所得税が源泉徴収されていて、会社が年末に年末調整を行うことで、所得税の納税手続きが完了しているからです。 しかし、会社員でも、副業などの収入が20万円を超える人や2カ所以上から給与をもらっている人、給与が2,000万円以上の人などは、確定申告を行う必要があります。 また、医療費控除、寄附金控除、雑損控除は年末調整では計算されないので、これらの控除に該当する人は、確定申告をすると税金が戻ってくる可能性があります。 ・ 確定申告とは 確定申告とは、個人や法人が所得税を納めるために税務署に申告する手続きです。 ただし、確定申告はすべての人が行わなければならない手続きというわけではありません。 例えば会社員などの給与所得者は、勤務する会社が代わりに申告・納税を行ってくれるので、原則として自分自身で確定申告を行う必要はありません。 さらに年末に年末調整を行って、それまで納めてきた所得税が多すぎたり少なすぎたりしないよう、徴収した所得税との過不足を調整しています。 ) 年末調整の際には、1年間に支払った給与と社員が届け出た家族の数や生年月日、支払っている生命保険料や損害保険料などに基づいて1年分の所得税の額を計算し、徴収した所得税との過不足を調整するなどの作業を会社がまとめて行ってくれているのです。 ・ 会社員でも確定申告が必要な人 前述した通り、会社員は、原則として自分自身で確定申告を行う必要はありません。 しかし、以下のようなケースでは、確定申告を行なう必要があり、もし申告をしないでいると、無申告加算税というペナルティが科されてしまいます。 確定申告をすると得する人は、意外と多いのですが、それを知らないまま確定申告をしなかったため、恩恵を受けられないのは大変もったいないことです。 まずは、自分が確定申告すべきか否かについて確認し、該当する場合には、忘れずに申告をするようにしましょう。 所得税は、1年間の合計所得に対して課税されるからです。 この所得は収入から経費を差し引いた額なので、まずは経費がいくらかかったのか、所得金額がいくらになるかを確認することが必要です。 例えば商品を仕入れて売った場合には、仕入れの金額や送料などが経費になりますし、執筆業の場合には、調査のために購入した書籍などが経費になります。 なお、講演や執筆などの仕事の場合には、所得税が報酬からすでに源泉徴収されていることが多いので、その場合には確定申告することで払い過ぎた所得税が還付されることがあります。 ) なお、副業について確定申告をすると「会社に知られてしまうのではないか」と心配する方もいらっしゃると思います。 この場合、確かに確定申告をすると原則として副業の所得に対する住民税額が会社に通知されますので、副業のことが会社に知られることになります。 サラリーマンの場合には、住民税は特別徴収であり、給与から天引きされるのですが、確定申告をすると、原則として副業の所得も合わせた住民税額が会社に通知されるからです。 後日税務署から副業分の住民税の納税通知書が届くので、案内に従って、自分で納付しましょう。 ただし、副業による収入が会社などからの給与所得の場合には、特別徴収でまとめられてしまうため、その場合には、会社に副業の件が知られてしまうことになります。 つまり、年末調整で行う社会保険料控除や配偶者控除などの計算がされていないので、自分で確定申告を行って所得控除を行わなければならないのです。 この際、所得が給与所得だけのケースであれば、税金が還付されるのがほとんどでしょう。 なお、確定申告しなければならない所得は、すべての給与、配当所得、不動産所得、原稿料、株式の売却益などです。 副収入で20万円以下の場合には、本来確定申告する必要はありませんが、すべての所得を合計した結果、確定申告が必要となった場合には、たとえ20万円以下の所得についても申告する必要がありますので、注意しましょう。 ただし、利子所得(預金などの利息)や、上場株式の配当(ただし、大口株主や申告分離課税を選択した場合には申告する必要があります)、非上場株式の少額配当、株式の売却(この場合は、上場株式を証券会社の源泉徴収ありの特定口座で売却している場合)などの所得は、申告する必要はありません。 そこで、給与を得ているすべての会社から源泉徴収票をもらって給与を合算し、給与所得を計算し直して自分で確定申告をする必要があります。 ただし、メインで働いている会社の給与以外の所得と退職所得以外の所得が20万円以下であれば、確定申告をする必要はありません。 不動産の譲渡所得は、譲渡した年の1月1日時点で、その不動産を所有していた期間によって税率が異なります。 5年を超える土地・建物等は「長期譲渡所得」、5年以下の土地・建物等は「短期譲渡所得」となります。 そして、「短期譲渡所得」で税率は39%(所得税30. 63% 住民税9%)、5年を超えていれば「長期譲渡所得」になり税率は20%(所得税15. 315% 住民税5%)となります。 そして、長期譲渡所得のなかでも10年を超えている場合には、税率は14%となります。 譲渡した不動産が自分の住んでいるマイホームであった場合には、譲渡益が3,000万円までは税金がかかりません。 さらに、マイホームを売却して損失が出た場合には、確定申告をすると給与などほかの所得から控除することができます。 また、住宅ローンが残っているマイホームを売却して損失が出た時の特例は「特定のマイホーム所の譲渡損失の損益通算及び繰越控除の特例」といいます。 これらの特例を使うと、損失額をその年の給与所得等から控除できます。 そして、その年の所得から控除しきれなかった損失額は、最大3年間繰り越して控除することができます。 ただし、これらの特例を使うための要件は厳しく定められているので、適用されるか否かの判断は困難です。 特別控除を適用したい場合には、税理士に相談するようにしましょう。 公的年金などの収入が400万円超の人、400万円以下でも、その他の雑所得が20万円超えの人は、確定申告をする必要があります。 年金所得を確定申告する際、医療費控除や雑損控除があれば、払い過ぎた所得税が還付されます。 なお、給与をもらいながら年金を受け取る場合、給与の額によっては年金が調整され、支給が一部または全部ストップされることがあります。 これを在職老齢年金制度といいます。 しかし、住宅を購入する場合に贈与を受けた場合には、「住宅取得等資金贈与の非課税の特例」を利用すると贈与税がかかりません。 基礎控除100万円と限度額700万円を足した810万円までが非課税になります(省エネ等住宅の場合は1,310万円まで)。 必要となる要件は数多くあって分かりにくいので、早めに税理士に確認するとよいでしょう。 源泉徴収税額は、月々の給料から控除されますが、その給料は「年間を通して受け取った」と仮定した場合の所得税をベースに、計算しています。 このような場合には、多くのケースで税金を払い過ぎているので、年の途中で退職して再就職していない人は、確定申告をすると所得税が戻るケースが多いです。 なお確定申告をすれば、改めて市区町村に住民税の申告をする必要はありません。 確定申告をしないと損する人 所得控除とは、所得金額から控除できる金額のことですが、医療費控除、寄附金控除、雑損控除の3つは、年末調整で計算されません。 ですから、これらの控除に該当する人は確定申告をすると税金が戻ってくることになります。 確定申告によって所得税が戻る場合には、最高で5年間は確定申告をすることができますので、早めに確認をするようにしましょう(ただし、確定申告をしていなかった年度に限ります)。 年末調整では医療費控除はされないので、確定申告をしなければ税金はもどってきません。 もれなく確定申告をするようにしましょう。 なお、医療費控除は、自分の医療費だけでなく家族の医療費をすべて合計して申告することができます。 株取引で損をした場合には、翌年以降の株式の売却益から損失を控除できるので、確定申告をして損失を繰り越した方がよいでしょう。 控除しきれなかった損失は繰り越して、翌年以降3年間の利益から控除することができます。 この制度を利用するためには、損失となった年度でも確定申告をする必要があります。 ただし、すべての住宅ローンが対象となるわけではありません。 親から借金した場合は、返済期間が10年未満の場合には、住宅ローン控除の対象にはなりません。 また、土地だけ購入した場合も、対象となりません。 会社員の場合は、最初の年に確定申告をすれば、翌年からは務めている会社の年末調整で引き続き控除を受けることができます。 下のチャートで寡婦(寡夫)控除を適用できるかチェックしてみましょう。 住宅や家財に損害を受けた場合には、税金を軽減する制度があり、雑損控除(所得控除)と災害減免額(税額控除)のどちらかの控除を受けることができます。 両方適用することはできません。 また、合計所得が1,000万円を超える人は、雑損控除のみの適用となります。 個人住民税の還付金額は限度があるので、所得金額や寄附金額によっては、寄附金全額が戻るわけではありません。 なお、寄附金控除は「納税者が国や地方公共団体、特定公益増進法人などに対し、『特定寄附金』を支出した場合には、所得控除を受けることができる制度です。 なお、専業主婦は所得税や住民税を納めていないので、「納税者」ではありません。 いくらふるさと納税をしてもその他の寄附を行ったとしても、税制上のメリットを得ることはできません。 ・ まとめ 以上、会社員でも確定申告する必要がある人、しないと損する人についてご紹介いたしました。 税法は複雑で自分でやらないと損をするケースがあるので不安な場合は税理士に相談することをおすすめします。 自分で確定申告書の作成をする方は以下の記事で必要な書類や手続きを紹介しています。 併せてご覧ください。 ・ 税理士をお探しの方 顧問税理士を探してる方は、無料で使える税理士検索freeeで2000以上の事務所の中から経歴、エリア別、ITに強いかや女性等の様々な条件で希望に合う税理士・会計士・社労士の に出会うことができます。 また、コーディネーターによる「税理士紹介サービス」もあるので併せてご利用ください。 税理士の報酬は事務所によって違いますので、「 」で、税理士選びの金額の参考にしていただければと思います。

次の

会社員・公務員も確定申告は必要?確定申告と年末調整はどう違うのか [確定申告] All About

確定 申告 会社 員

大半の会社員の方は、年末調整によって所得税額が確定し、納税も完了するので確定申告は必要ありません。 しかし、会社員(給与所得者)でも、次のいずれかに該当する人は、原則として確定申告をしなければなりません。 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人• 1か所から給与の支払いを 受けている人で、給与・退職所得 以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人• 2か所以上から給与の支払いを 受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与・退職所得 以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人• 同族会社の役員などで、その同族会社から貸付金の利子や資産の賃貸料などを受け取っている人• 災害減免法により源泉徴収の猶予など受けている人• 源泉徴収義務のない者から給与等の支払を受けている人• 退職所得で正規の方法で計算した場合に、その税額が源泉徴収された金額より多くなる人 役員が受け取る役員報酬は、従業員と同様に、給与所得になります。 原則として、役員・会社員は、以下に該当している場合には、確定申告は必要ありません。 1か所のみから給与等の支払を受けている• その収入金額が2,000万円以下である• 給与所得及び退職所得以外の所得金額の合計額が20万円以下 しかし、同族会社の役員が、その同族会社から給与のほかに以下を受け取っている場合には、これらの所得金額が20万円以下であっても確定申告が必要になります。 また、その役員と特殊な関係にある人の場合も同様です。 貸付金の利子• 不動産の賃貸料 など 同族会社の役員とは、法人税法に規定する同族会社である法人の役員のことです。 役員と特殊な関係にある人とは、その役員の親族又は親族であった人などです。 なお、会社からの給与等の収入金額が年間2,000万円を超える人については年末調整を行いませんから、ほかの所得がない場合でも確定申告が必要です 会社員(給与所得者)は、その勤務先から支給される給料や賞与以外にも、労働基準法に規定されている各種の手当の支給を受ける場合があります。 この各種手当の課税関係は次のとおりです。 「休業手当」(労働基準法第26条) 使用者の責に帰すべき事由により休業した場合に支給される「休業手当」は、給与所得です。 「休業補償」(労働基準法第76条) 労働者が業務上の負傷等により休業した場合に支給される「休業補償」など、労働基準法第8章 災害補償 の規定により受ける療養のための給付等は、非課税所得です。 就業規則などに従って、労働基準法に定める割合を超えて支給される付加給付金についても、労働基準法上の給付では補てんされない部分に対応する民法上の損害賠償に相当するものであり、心身に加えられた損害につき支払を受ける慰謝料として非課税所得です。 なお、「休業補償」以外にも「療養補償」や「障害補償」などが規定されています。 1か所から給与等の支払を受けている会社員(給与所得者)で、その収入金額が2,000万円以下の場合は、原則として確定申告は不要となります。 この場合でも「給与所得及び退職所得以外の所得金額」が20万円を超えるときなどは、確定申告をする必要があります。 保険料を自分で負担し、満期保険金を受領したときには、原則として一時所得となります。 他に一時所得がない場合には、以下の金額が一時所得の金額になります。

次の

会社員でも確定申告が必要な場合とは?

確定 申告 会社 員

副業で確定申告が必要なケースは? 会社員が副業をしている場合、確定申告が必要となるのは以下のケースです。 1 1か所から給与の支払を受けている人で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人 2 2か所以上から給与の支払を受けている人で、主たる給与以外の給与の収入金額と給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円を超える人 (注)給与の収入金額の合計額から、雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外の各所得控除の合計額を差し引いた金額が150万円以下で、給与所得及び退職所得以外の所得の金額の合計額が20万円以下の人は、申告の必要はありません。 所得の金額とは、副業の収入から経費を引いた金額のことです。 そのため収入が20万円を超えていたとしても、経費を引くことで20万円以下となれば、確定申告をする必要がなくなります。 小さな規模の副業であっても、かかった経費を把握するために領収書などはきちんと取っておきましょう。 2 については少しわかりにくいですが、副業が給与所得であった場合、給与の収入とその他の所得を合計して20万円を超えたら確定申告が必要となります。 この場合、20万円以下であれば、確定申告は不要と思ってしまいますが、そうではありません。 副業を含めた給与収入の合計額から所得控除(雑損控除、医療費控除、寄附金控除、基礎控除以外)を引いた金額が150万円を超えていたら、副業が20万円以下であっても確定申告をしなければなりません。 つまり本業の所得だけで150万円を超えているなら、副業の給与がいくらであっても確定申告は必須ということです。 副業の種類によって変わる確定申告 あなたの副業が何であるのかによって、確定申告のやり方が変わってきます。 下記のどれに当てはまるのか確認しましょう。 給与所得 アルバイトやパートなどで給与として収入を得ている場合は、給与所得となります。 この場合、副業先の会社からも源泉徴収票が出ますので、 確定申告では、本業、副業、両方の源泉徴収票を用意します。 給与所得の場合は、確定申告書A(給与所得者用の申告書)を使います。 雑所得 原稿料や講演料、印税、アフィリエイトの収入、フリマやオークションでの販売収入、FXや仮想通貨取引で得た利益など、給与以外の多くの副業がこのカテゴリーとなるでしょう。 これら1年間の収入と必要経費を計算しておきましょう。 必要経費は物販であれば仕入れ代金や送料、他にも消耗品や通信費、交通費も経費にできます。 事業所得 事業所得とは、事業として営んでいる人のその事業から生ずる所得を言います。 雑所得と事業所得の厳密な区別はありませんが、 継続的に収入を得ている、規模が大きくなっている場合は事業所得として申告すると青色申告が利用でき、雑所得で申告するよりもおトクになる場合があります。 譲渡所得 株の取引で利益を得た場合は、譲渡所得として申告します。 ただし、取引している口座によって、確定申告が必要な場合、しなくてもいい場合があります。 源泉徴収ありの特定口座とNISA口座は確定申告をする必要がありません。 源泉徴収なしの特定口座や一般口座の場合は、利益が20万円を超えた場合は確定申告をする必要があります。 不動産所得 会社員をやりながら不動産収入を得る「サラリーマン大家」が副業という人もいるでしょう。 アパートやマンション、駐車場の貸付によって得られる所得は不動産所得となります。 賃料などの収入から必要経費を集計して所得の金額を計算します。 建物は年々価値が減るため、その減った価値を減価償却費として必要経費とすることができます。 確定申告のやり方 1.必要な書類の準備 ・源泉徴収票 ・支払調書(報酬としての支払いがあった場合に発行されます。 支払われた金額と源泉徴収された税額が記載されています) ・経費となる領収書 ・その他控除(医療費控除、寄附金控除、雑損控除などがある場合)のための領収書 ・マイナンバーカード(個人番号の記載あり) ・通帳 2.確定申告書の作成 申告書の作成にはいくつかの方法があります。 税務署に赴いて申告書をもらって作成する方法、国税庁のHPから申告書をダウンロードして作成する方法、国税庁のHPの『確定申告書等作成コーナー』にアクセスして作成する方法です。 ここではより簡単な『確定申告書作成コーナー』で作成する方法を説明します。 3.作成手順 から提出方法を選び作成します。 入力方法を選択して作成を開始しますが、質問に「はい」「いいえ」と答えて、回答に応じて表示される画面に入力するだけで申告書を作成できる便利な方法もあるので、自分で確定申告書に記入することに慣れていない方は利用してみるとよいでしょう。 4.提出方法 e-Taxを利用すれば、その場で電子申告ができます。 ただし、ICカードリーダーが必要だったり、事前申請が必要となるなど、前もって準備をしておかなければなりません。 印刷して郵送で提出する場合は提出期限に注意する必要があります。 確定申告の期限は3月15日となっており、消印日付が提出日となります。 期限ギリギリの場合は、郵便局の窓口に出向いて消印の記録が確認できる特定記録郵便や簡易書留で提出するとよいでしょう。 副業を会社に知られたくない場合は 会社員の場合、住民税の支払いは特別徴収として給料から天引きされます。 そのため、確定申告をすると、副業の所得に対する住民税額も会社に通知されてしまいます。 会社に副業をしていることを知られたくない場合は、自分で住民税を払う普通徴収を選びましょう。 確定申告は手間がかかって面倒といったイメージがありますが、インターネット環境があれば、思った以上に簡単に申告書が作成できます。 e-Taxの登場で、自宅から即時提出も可能となりました。 会社員が副業をするケースは今後ますます増えていくことでしょう。 確定申告をすることで、今まで会社がやってくれていたために無頓着になりがちだった税金についての理解が深まるかもしれませんね。

次の