す や 顔 文字。 かわいい顔文字500選(*ฅ́˘ฅ̀*)!見てるだけでニッコリしちゃう可愛い顔文字(ˊo̴̶̷̤ ̫ o̴̶̷̤ˋ)

誰の顔で作る? iPhone「ミー文字」の作り方と送信方法

す や 顔 文字

オススメしている感じ、伝わりますか? 1. 「笑」カテゴリ 嬉しい気持ち・楽しい気持ちを表現した顔文字のカテゴリです。 このカテゴリの顔文字は、使いやすいものが多いと思います。 ハッピーな気持ちを表す時なら、大体どれをチョイスしても大丈夫でしょう。 多少自虐的な笑い顔も含まれるので、そこの使用に注意ですね。 「キャラ」カテゴリ 動物やキャラクターなどの顔文字が多いカテゴリです。 特定の動物を顔文字に使いたい、などの時に最適です。 「かわいい」カテゴリ 「キャラ」カテゴリと似た顔文字の分類ではありますが、中でも「かわいい」に特化した顔文字のカテゴリです。 かわいさ演出にはもってこい!? ギスギスした内容の文も、この顔文字を添えることでちょっとは雰囲気が和らぐかもしれないですよ。 せめて文字だけでもかわいくしたい!そう思ってるあなた。 人のかわいさって、そんなところから始まるんです。 「挨拶」カテゴリ 「挨拶」にはなっていますが、おはようやおやすみに使える顔文字だけではありません。 相手にひとこと言いたい時や、ちょっと自分の気持を表現したい時にも使える顔文字を含むカテゴリです。 A:仕事忙しくて、 待ち合わせ30分くらい遅れそう。 ごめん m. 「照れ」カテゴリ ちょっと照れてる時にも、すごい照れてる時にも、照れてるように見せたい時にも使える顔文字のカテゴリです。 照れてる時だけじゃなく、喜んでいる時にも使える顔文字も多くあります。 照れたら顔文字で気持ちをぶつけよう。 「激しい」カテゴリ 感情が振り切れた時に使いたくなるような顔文字はもちろんですが、いつもよりちょっとだけ強めに感情を表したい時に使える顔文字もあるカテゴリです。 たまには激しい顔文字だって使いたくなる時もあります。 「キモい」カテゴリ 生理的に受け付けない、という気持ちを表したい時の顔文字もあるし、キモい顔文字もあるカテゴリです。 でも、ほぼ「かわいい顔文字」のようなものもあるし、意外と普通の会話に使える顔文字多し、です。 他人の笑い声が私のエネルギー。 「ラブ」カテゴリ 「愛」この一言に尽きるカテゴリです。 恋人同士、夫婦間はもちろん、友達同士、親子間などなど、愛がある関係はたくさんあります。 文章にちょっと顔文字を添えるだけで、グッと愛情が伝わりやすくなりますよ。 ハートがたくさん使われていて、赤やピンクが入るので、カラフルな見た目になるのも特徴の1つです。 「特殊」カテゴリ 「特殊」となってはいますが、滅多に使うことのない変わった顔文字ばかり、ということではありません。 何の動物に見えるかは見る人次第、というような顔文字が所属するカテゴリです。 実は、使いやすい表情など多いですよ。 「うごき」カテゴリ 何かを投げる、走るなどの動作を含む顔文字のカテゴリです。 他のカテゴリにも動作を含む顔文字はありますが、他よりも動作が激しめのものが多いです。 遅刻確定。 ゚ 動きの多い顔文字は、文章に勢いが出ます。 「焦り」カテゴリ ちょっとのドキドキからかなりの動揺まで、焦った時に使える顔文字が集まっているカテゴリです。 そんな時こそ、顔文字を打ち込んで冷静を取り戻すのです。 「しょぼん」カテゴリ 自分が落ち込んでる時にも、誰かが落ち込んでるのを慰める時にも使える顔文字のカテゴリです。 楽しい顔文字も大事だけど、こういう顔文字も大事です。 そんな時にはSimejiをダウンロードして顔文字で表現してみましょう。 たくさん落ち込んだら後は浮上するだけ! 13. 「くそねみ」カテゴリ とにかく眠い時に使いたい顔文字のカテゴリです。 人間生きていれば眠くなるものです。 仕方ない。 「悲」カテゴリ 辛い気持ちを表現した顔文字のカテゴリです。 泣き顔がほとんどです。 「しょぼん」カテゴリよりもさらに滅入ってる気持ち、泣いている状態などを表す時に使うカテゴリです。 そんな時にはSimejiをダウンロード! 15. 「怒」カテゴリ 怒った顔文字のカテゴリです。 ちょっとイラッとした時から、怒髪天を突くレベルの怒りにまで対応。 ゴルァ!!! ゴルァ!!! ふつふつと湧き上がる怒りに、 自分を抑えきれなくなったら、顔文字で気持ちを表現してみて。 あなたの心の平穏のためにも、Simejiをダウンロード! 16. 「驚き」カテゴリ ぽかんと口を開けて見ちゃうような驚きから、思わず声を張り上げて驚いちゃうような時まで使える、驚いた顔文字のカテゴリです。 単純にびっくりした顔文字もあれば、相手を煽るような顔文字もありますよ。 煽りのご使用は計画的に。 ゲッ! 「ライン」カテゴリ 名前の通り、いろいろな線があるカテゴリです。 模様だけで構成された線から、顔文字が入った線までいろいろ。 単純な装飾、区切り線、顔文字の1つなど。 用途色々です。 使い方はアナタ次第。 まずはSimejiをダウンロード!.

次の

誰の顔で作る? iPhone「ミー文字」の作り方と送信方法

す や 顔 文字

今回の記事で必要な物一覧 今回の記事の流れ 1. 物体検出APIで、写真の顔、お札を囲んでみる 2. 文字認識APIを使って、文字を読み取る 3. 撮った写真、メッセージをメールで自動送信 4. プッシュ回数に応じて、機能を変えるカメラにする 5. まとめ 1. 物体検出APIを使って、写真の顔、お札を囲んでみる 既にカテゴリ認識として、食べ物、風景やファッションなどを検知できていると思いますが、それに追加して、顔やお札などを抜き出せる物体検出APIも付け加えます。 このAPIを使用できるようページから、機能を追加しておいて下さい。 この物体検出では、体の部位や日本の通貨を特定する事ができます。 また検出したものの画像中の位置も取れるので、どこに何が写っているかも写真中にマップする事もできます。 これまでのプログラムに、物体APIのURLと、体を特定するbodyPart、お札のcurrencyというmodelを追加します。 cv2. putText img, message. 6, 255, 0, 0 , 1, cv2. 全体のプログラムは一番最後にまとめて付けています。 引き続き、文字認識APIの方も見ていきます。 文字認識APIを使って、文字を読み取る 更に追加で、画像中に文字がある場合に、それを抜き出す文字認識APIを使っていきます。 文字認識APIのURL、モデル名は以下のようなものです。 いくつか、不思議な文字を読み取ってしまっていますが、「電子工作」や「読み上げ」「おしゃべり」など正確に検出してくれています。 撮った写真、メッセージをメールで自動送信 カメラで色々な解析写真を撮る事ができるようになりましたが、その画像をいちいちチェックするよりも、メールで自分のアドレスに送るようにしましょう。 面白い写真が撮れたら、Twitterなどでシェアするのもいいかもしれません。 ラズパイにメール関連のライブラリを導入し、メッセージと画像をGmailで送れるような機能をつけていきます。 この部分はプログラムを流す際パラメータにして、メールを送る、送らない、を指定できるようにしておきます。 まずラズパイに、シンプルなSMTPサーバーのsSMTPをインストールします。 設定は、ssmtp. confというファイルに自分のGmailアカウントなどを登録します。 gmail. こちらのからアプリ用のパスワードの生成をし、それをAuthPassにセットできます。 次に、画像添付も含めたメールの送信に、Muttというメールクライアントを使います。 これをラズパイにインストールし、sSMTPと共に使います。 以下コマンドでmuttをインストールします。 その後ラズパイのホーム以下に. muttrcという設定ファイルを作り、そこにメールサーバーなどの情報を定義します。 com 送信者メールアドレス さあ、設定が終わったら、ラズパイからmuttコマンドでメールを送ってみましょう。 txt" テストで、これまで撮った写真を使って実行してみると、こんなメールが飛んできました。 カメラがメールを送ってくれるというのはちょっと面白いかもしれませんね。 ちゃんと日本語にも対応してくれています。 それでは最後にこれらをまとめて、カメラから使えるようにします。 プッシュ回数に応じて、機能を変えるカメラにする これまで追加した画像解析を、カメラのボタンを押した回数に応じて、切り替えるようにします。 シングル・プッシュなら1: カテゴリ認識(風景や料理など)、ダブル・プッシュなら2: 物体(人やお金)、そして三回連続押したら3: 文字認識を行うような形です。 それぞれに対応したurl、モデル名を、jsonで定義しておきます。 また、前回使ったaplayでの発話機能をtalk message ファンクションにして、これから何の解析を行うのか、カメラ自身にしゃべってもらいます。 pyになります。 以前からの追加部分をそれぞれ、物体検出は黄色、文字認識は青、それ以外の部分は緑でハイライトしています。 三回連続で押すと、文字解析をしてくれます。 色々なものを撮ってみて下さいね。 まとめ 今回はカメラに、物体検出API(顔、体、お札)と文字認識APIを追加しました。 これで風景や料理などの他に、人の顔や看板の文字なども認識できるようになりました。 顔や文字を認識した部分を囲う事もできるようになったので、より画像認識の精度が見て取れると思います。 また、ラズパイにメールサーバー機能を付けて、メッセージと画像を添付して、Gmailを送信できるようにもしました。 カメラのシャッターを押した回数に応じて、写った文字や情景、人の存在などを、話したり、メールで送ったりしてくれます。 かなり未来のカメラのようになって、面白く使えるのではないでしょうか? では次回は、このカメラに耳も付けて、人の話を聞くことが出来るようにします。 話しかけた内容に応じて、写真を撮る内容を変えてくれたら、もうAIカメラと呼んでもいいでしょう! それでは、お楽しみに! 【「ラズパイでAIカメラを自作しよう!」記事一覧】 第5回 顔や文字などを読み取って、自動でメールする.

次の

2ちゃんねる顔文字辞書・2chアスキーアート・AAアイコン素材 MatsuCon

す や 顔 文字

もちろん、自分に似せるだけでなく、家族の顔をつくったりオリジナルのユニークな顔も作成できるので、家族や友人とミー文字で遊ぶのも楽しいでしょう。 iPhone X以降のモデルを使っている人は、ぜひミー文字の作り方と使い方をマスターしておきましょう。 ミー文字を作成する方法 1[メッセージ]アプリを起動する iPhoneのホーム画面で[メッセージ]をタップして、[メッセージ]アプリを起動します。 2アニ文字のアイコンを選択する [メッセージ]アプリが起動したら、[アニ文字]アイコン(猿アイコン)をタップします。 3アニ文字の選択画面が表示された アニ文字の選択画面が表示されたら、右方向にスワイプします。 4[新しいミー文字]を選択する [新しいミー文字]をタップします。 5ミー文字の「肌の色」と「そばかす」を選択する ミー文字の作成がはじまりました。 まずは「肌の色」を選択します。 17種類の基本色から選びますが、下のスライダーで微調整することも可能です。 「そばかす」を選択したら、[ヘアスタイル]をタップして次の工程に進みましょう。 6ミー文字の髪型を設定する ヘアスタイルの選択に進みます。 髪の毛の色を選び、下のイラストの中から髪型を選択します。 ヘアスタイルが決まったら、[顔の形]をタップして進みます。 7ミー文字の顔の形を設定する 「年齢」と「あご」をそれぞれ選択して顔の形をつくります。 選択が終わったら、[目]をタップして進みましょう。 8ミー文字の目を設定する 次は「目」の設定です。 目の色を選択した上で、瞳の形を選びましょう。 設定が完了したら、[眉毛]をタップして進みます。 9ミー文字の眉毛をつくる 眉毛の色と形を選択します。 終わったら、[鼻と唇]をタップして進みます。 10ミー文字の鼻と唇をつくる ミー文字の鼻の形と、唇の色と形を選択しましょう。 続けて[耳]をタップして次の工程に進みます。 11ミー文字の耳を設定する 耳の形とイヤリングを選択して、[顔ひげ]をタップして進みます。 12ミー文字の「顔ひげ」を設定する 「もみあげ」と「ひげ」の設定画面で、それぞれ選択したら、[眼鏡類]をタップして進みます。 13ミー文字のメガネをつくる メガネの設定は、フレームやレンズの色、メガネの選択します。 今回はメガネをかけないので設定していませんが、メガネの色や形はかなり細かく設定できます。 続けて[帽子類]をタップして進みましょう。 14ミー文字の帽子を設定する ミー文字の作成も、いよいよ最後の工程です。 ミー文字にかぶせる帽子の色や形を選択しましょう(今回は帽子をかぶせないので設定していません)。 選択が終わったら、[完了]をタップします。 以上で、ミー文字の作成手順の解説は終了です。 ここでは引き続き、ミー文字の送信手順を解説します。 ミー文字を送信する方法 1ミー文字を選択して録画を開始する 作成したミー文字をアニメメッセージを作成するには、アニ文字の選択画面でミー文字を選択した状態で、[録画]ボタンをタップします。 2録画を終了する 録画を終了するには[停止]ボタンをタップします。 3ミー文字を送信する 録画が終了すると、作成したアニメメッセージの再生(プレビュー)が始まります。 ミー文字を送信する際は、[送信]ボタンをタップしましょう。 4ミー文字が送信された ミー文字がメッセージで送信されました。 close 閉じる.

次の