教えて下さい 敬語。 「お知らせください」の意味と敬語を解説!類語や英語表現も

「お知らせください」の意味と敬語を解説!類語や英語表現も

教えて下さい 敬語

「お知らせください」の意味は? 「お知らせください」の「知らせる」には、「通知」や「連絡」という意味があります。 そこから「教えてください」と「連絡ください」の二つの意味があります。 「連絡ください」の丁寧な表現 「お知らせください」の意味は「連絡ください」と同じ意味で丁寧な表現です。 「知らせる」の通知などの意味どおりの使われ方です。 「教えてください」の意味でもある 「お知らせください」の「知らせる」の「通知」や「連絡」という意味から派生して「教える」という意味が含まれることがあります。 特に「お知らせください」を使ってなにかを頼む場合、その「教える」という意味が際立ってきます。 そのため「知らせてください」というフレーズが、「教えてください」という意味で使われることがあります。 「ください」は漢字よりもかな使い 「お知らせください」の「ください」をかな表記ではなくて、「下さい」と漢字で書くこともできます。 どちらも丁寧な表現なのですが、敬意を表したいのなら「ください」とかな表記にしたほうがいいでしょう。 漢字で書く「下さい」は「くれ」の丁寧語であり尊敬語で、一方かな表記の「ください」は何かをお願いするときは敬意を表す場合には好まれる書き方です。 よってビジネスでは、「ください」としたほうが無難です。 「お知らせください」の敬語表現 「お知らせください」は敬語だが使い方に注意 尊敬の意味を表す接頭語の「お」に、文末には「ください」がつくことで敬語表現になっています。 つまり「お知らせください」は敬語表現として間違っていないので、目上の人や上司にも使うことができます。 しかしこの接頭語の「お」と「ください」という文末表現を使って作られる尊敬表現を、尊敬語として認めない傾向があることも事実です。 この表現が一般化しているので、「お知らせください」と言われても目上の人や上司が敬意を表されていると感じないことがあります。 そのため「お知らせください」をビジネスシーンで、しかも上司などに使う場合は注意が必要です。 メールにおける「お知らせください」の使い方 「お知らせください」は尊敬表現なのですが、尊敬表現ではないと考える方もいます。 上から目線で書かれていて、命令口調に感じられるのです。 そのため目上の人や顧客などに宛てたメールには「お知らせください」を使うのは気をつけたほうがいいでしょう。 「お知らせくださいますよう、お願い申し上げます」• 「お知らせいただきますと、幸いに思います」 ビジネスではこの例文のような「お知らせください」をさらに丁寧な言い回しを活用することをおすすめします。 「お知らせください」の類似表現 「お知らせください」にはいろいろな類似表現がありますのでご紹介します。 「ご連絡ください」との違い 「ご連絡ください」は「お知らせください」の類似表現ですが、相手が一個人の場合に好まれて使われるフレーズです。 それに対して「お知らせください」は複数人に宛てても使うことができます。 「知らせてください」はぶっきらぼうな印象に 接頭語の「お」がなくなるだけで、表現としては少し雑に聞こえます。 特にビジネスシーンでは「お知らせください」と丁寧な言い方をしたほうがいいでしょう。 文末を言い換えた類似表現は硬い表現になる• 「お知らせくださいませ」• 「お知らせ願います」• 「お知らせ願えますでしょうか」• 「お知らせいただきますようお願いいたします」• 「お知らせくださいますようお願いいたします」 どの例文も「お知らせください」の文末を言い換えた表現ですが、全体的な印象として堅苦しい表現になります。 より丁寧にはなりますが、時にはくどくも聞こえますので、書面一枚につき1フレーズだけを使うようにします。 「お知らせください」の英語表現と例文 「お知らせください」は「Please let me know」 日本語をそのまま英語に置き換えても通じないことがありますが、「お知らせください」は英語に直訳して「Please let me know」で問題なく使えます。 何かをお願いしたいときなど便利に使える表現です。 「Please let me know」を使った例文• 空港に到着しましたら、お知らせください。 If there are any difficulties, please let me know. 何が不都合がありましたら、お知らせください。 Please let me know what we should prepare for it. 準備すべきことがありましたら、お知らせください。 まとめ 「お知らせください」は日常的にもビジネスでもよく使われるフレーズで、目上の人にも使える丁寧な表現です。 しかし命令的に聞こえることもありますから、「お知らせください」を使うときは慎重になるべきです。 また「ください」とかな表記にしたほうが丁寧ですので、ビジネスメールなどにはかな文字で書くのがおすすめです。

次の

教えてください・教えるに関連するビジネスにおける様々な例文集

教えて下さい 敬語

「教えてください」を敬語で何通り言い表すことができますか 社会に出ると今まで知らなかったことが山のように待ち構えています。 最初は面食らってしまいますが、ひとつひとつ知識を積み重ねていかなければいけません。 自分の知らないことや疑問に思っていることを経験のある先輩や上司に教えてもらいたい時、皆さんはどのくらい敬語の種類が思い浮かびますか?! ビジネスシーンでは顔の見えない相手に何かを教わる、アドバイスをもらう依頼をしなくてはいけません。 そんな時にでも大人の礼儀をわきまえた上で、「教えてください」の敬語を使いこなしたいところです。 ここでは仕事をしていると必ず使う敬語「教えてください」の4つの言い方と使い方をご紹介します。 例2)「子供に昨日の宿題をお教え願いませんか」 担任の先生に自分の子供に宿題の内容を教えてあげて欲しいと親御さんからの伝言です。 こちらは「教えてください」と「お願いします」が一緒になった敬語ダブルタッグです。 「教えてください」よりも相手の人をより一層敬っている感じが伝わります。 使う自分と相手の好みにもよるので、「教えてください」と「ご指導ください」を状況と相手を選んで使い分けましょう。 目上の人で専門分野に従事している人や文面で伝えたい場合は「ご指導ください」、一般的なことや仕事内容などを教えて欲しい時や口頭で伝えたい場合は「お教えください」がスマートで自然な印象を与えます。 しかし気を付けなければいけないのが、「ご教授ください」には似た表現「ご教示ください」というものがあるということです。 2つとも似たような響きを持っていますが、それぞれが持つ意味を理解して正しい使い方をしましょう。 「ご教授ください」は、何か特定の専門分野(学問・芸術など)を教えて欲しい場合やそのような専門分野に従事している人に対して使うのに適当な敬語です。 この言葉は「長期間」「継続的」に身に着けるべく事柄に対して使うことができます。 ご指導してくれている先生にも、「引き続きご教授よろしくお願いします」と伝えましょう。 芸術などを小さなお子さんに習わせているお母さんが先生に「子供をよろしくお願いします」という意味合いを込めて使うこともできます。 前項で挙げた「ご教授ください」の方が一般的に多く使われていますが、実際のビジネスシーンなどではこちらの「ご教示ください」を使うのが適しているのです。 専門的かつ長期継続的な事柄を教えて欲しい時に使う「ご教授ください」とは変わり、「ご教示ください」は「教えて欲しいこと」全般を指す時に使えます。 例1)「今月の業務内容をご教示お願い致します」 会社で取り扱われるような内容はほぼ「ご教示お願い致します」でOKです。 一般的な知識を得たい場合は「ご教示」、専門性が高く長期継続型のものは「ご教授」ということを覚えておきましょう。 「教えてください」の敬語はたくさん身に着けておこう ビジネスシーンでも大切なのが人との繋がりです。 顔見知りの人や目上の人と接する機会が多い社会人に大切なのは、相手に好印象を持ってもらえる敬語テクニックです。 特に自分が誰かから何かを得たいと思っている時には、適切な「教えてください」の敬語を使い分けて良い関係づくりを心がけましょう。

次の

「教えてください」の敬語表現!ビジネスで使える表現いろいろ

教えて下さい 敬語

The word "please" makes everything sound polite and when you want someone to teach you something you could ask them "could you please teach me how to say that in English? It is also possible to ask someone to teach you by making a statement like "Please show me how to do that trick". Teach me is potentially a long term proposition;-D We might be better to simply ask to be "shown "how things are done. The idiom Take me through the ropes" or "show me the ropes", goes back to nautical days when we needed to know how to tie up rigging and make strong knots... "Please show me how to do that? should suffice! Could you please teach me how to do this? - If the subject is implied there is no need to go into greater detail. Although if you're asking for someone's help with no context it would be best to say "Could you please teach me how to use the dish washer? " So replace "do this" with the thing you want to learn. Can you please teach me how? - This again is something that if the context is already implied you do not need more specification but if you do need to be more specific just add what you want to learn at the end. "Can you please teach me how the TV works? " Could you please teach me what to do? - This is vaguer than just asking how to learn a task. This is maybe if you need help learning what to do if a fire drill goes off or if there is an emergency. You can use this phrase in most contexts. "Can you please teach me what to do when there is a storm? " Could you please teach me how to do this? (このやり方を教えてもらえますか) 何について話しているか明確な場合は「do this」だけで伝わります。 いきなり聞くような(文脈がない)場合は: "Could you please teach me how to use the dish washer? "(食洗器の使い方を教えてもらえませんか) 「do this」をより具体的にします。 Can you please teach me how? (どうするのか教えてくれませんか) 上の例と同様、文脈があればこれだけで通じます。 具体的に言う必要がある場合は、「how」の後に教えてほしいことを加えます。 "Can you please teach me how the TV works? "(テレビのつけ方教えてくれますか) Could you please teach me what to do? (何をしたらいいか教えてくれませんか) 上の例(何かの仕方を教わる)よりも漠然とした言い方です。 例えば、消防訓練、または緊急時にどうすればいいか教わる場面など。 ほぼどんな文脈でも使えます。 "Can you please teach me what to do when there is a storm? "(嵐のときにどうしたらいいか教えてくれませんか) "Will you teach me how to do that, please? " Will you - You are asking if in the future someone will teach you something. That - This word is used to specify what subject you are wanting to learn. You could also say "Will you teach me how to cook, please? " "Will you teach me how to drive, please? " "Will you show me how to do that? " Show - This is similar to teach, but you are wanting someone to do something in front of you so you see how it is done. Something like taking photos, fishing, tying a knot, etc. For example: "Will you show me how to tie that knot? " "Will you show me how to grill steaks? " "Will you teach me how to do that, please? " そのやり方を教えてもらえませんか? Will you - ~してくれませんかと相手に尋ねる表現です。 That - 習いたいことを指す言葉です。 以下のようにも言うことができます。 "Will you teach me how to cook, please? " 料理を教えてもらえませんか? "Will you teach me how to drive, please? " 運転のしかたを教えてもらえませんか? "Will you show me how to do that? " そのやり方を教えてくれませんか? Show -teachとよく似た意味ですが、写真をとることや、釣り、結び方など、相手に実際に見せて教えるという意味です。 例: "Will you show me how to tie that knot? " その結び方を教えてくれませんか? "Will you show me how to grill steaks? " ステーキの焼き方を教えてくれませんか?.

次の