韓国 焼酎 種類。 韓国で人気の酒焼酎の種類や度数は?!飲み方は小さなグラスで一気!

韓国で人気の酒焼酎の種類や度数は?!飲み方は小さなグラスで一気!

韓国 焼酎 種類

— 2018年 7月月21日午後9時31分PDT チャミスルを製造販売しているのは日本でも有名な眞露 ジンロ を作っている眞露酒造。 1998年、男っぽい強いお酒というそれまでのイメージを覆すべく「チャミスル」を販売しました。 また、日本より一足先に満19歳から飲酒ができるようになる韓国。 19歳の誕生日を迎えたらまずやってみた事が「 チャミスルを呑むこと」という若者もたくさんいます! 出典: また、ドラマや映画などでもよく出てきますが、緑色の瓶が定番です。 日本で飲まれている焼酎は蒸留式のものが多いのに対し、韓国の焼酎は希釈式。 希釈式の焼酎は澄んだ味と柔らかい後味と強めの甘味が特徴で、キンキンに冷してストレートで飲むのが最も美味しいと言われています。 小さなショットグラスに入れて一気に飲み干す! それこそが韓国式焼酎スタイルです。 チャミスルも販売当初は23度でしたがリニューアルする毎に徐々に度数が下がり、2006年には「焼酎が最も美味しい度数」として20. 1度に辿り着きました。 チャミスルクラシックはそんなチャミスルの最高に美味しい度数を保った商品です。 チャミスル フレッシュ 2006年8月に販売されてからわずか2ヶ月半で1億本を売り上げました。 9度とアルコール度数が大きく下がったので、飲みやすく翌日にも残りづらい。 そして味もスッキリ爽やかになりました。 ワインブームなどで焼酎離れした女性や若者層の人気を取り戻すことに成功しました。 現在はチャミスル=チャミスルフレッシュになりつつあります。 チャモンエイスル ピンクグレープフルーツ 2015年に販売開始。 女性に親しんでもらえるようにアルコール度数も低めの13度です。 甘酸っぱくほどよい苦味のあるピンクグレープフルーツの風味が広がって飲みやすいので、ついつい止まらなくなります。 チョンポドエイスル マスカット 2016年に販売されました。 こちらもアルコール度数は13度。 マスカットの爽やかな甘味を感じられ、夏にピッタリな味わいです。 炭酸で割るのもオススメです。 イ・ヨンエ.

次の

【韓国焼酎】チャミスルとは?原料や度数、カロリーや飲み方は??

韓国 焼酎 種類

韓国の焼酎は… 一方で、 韓国の焼酎は1つの原材料から造られるということはありません。 1つは甲類焼酎といって、味わいに原材料特有のクセの出ない焼酎です。 甲類焼酎は、酎ハイや、サワーなどを作るときに使われ、日本ではそのまま飲むということはそんなに多くはないです。 鏡月や宝焼酎、大五郎などの焼酎は甲類焼酎にあたります。 もう一つは、乙類焼酎と言って、有名なもので言えば芋焼酎の「黒霧島」や、麦焼酎の「佐藤」などがあります。 これらは、ロックや水割り、お湯割りなどでよく飲まれ、多くの方に馴染み深い焼酎は、基本的には乙類焼酎という種類の焼酎になります! 韓国焼酎は希釈式焼酎 韓国でも、焼酎の造られ方は基本的には変わらず、「希釈式焼酎」と「蒸留式焼酎」の2種類の焼酎があります。 「希釈式焼酎」とは日本でいう甲類焼酎、「蒸留式焼酎」とは日本でいう乙類焼酎のことです。 日本と違うのは 、韓国では「希釈式焼酎」つまり甲類焼酎が多く、よく飲まれる種類の焼酎ということです! なぜなのか?それは、そもそも日本と韓国の焼酎の風味などに違いがあるからです。 韓国の焼酎の特徴 韓国焼酎や飲みやすさがうり! 日本の焼酎は飲みにくい?! 「甲類焼酎は味気がない」「乙類焼酎はクセがある」なんて印象を持たれている方も多いのではないでしょうか? これは、あながち間違いではなく、日本の焼酎はそのように造られています。 韓国の焼酎はというと… 一方で韓国の焼酎は「希釈式焼酎」であっても、すっきりとした甘さを持ったものが多いです。 独特なクセのない味わいを持った焼酎とも言えます。 また、最近では果実味を持たせた、さらに飲みやすい焼酎も多く造られています! アルコール度数も… また、日本の焼酎ではアルコール度数が25度前後が一般的なのに対し、 韓国の焼酎はアルコール度数が20度前後が普通です。 これは 韓国特有の飲み方で、現地では飲み会などで普通にされる飲み方です! 爆弾酒とは、少し大きめのグラスにビールを注ぎ、そのあとにショットグラスに注がれた韓国焼酎を注いで飲むという飲み方です。 オイソジュとは、 焼酎に千切りにしたきゅうりを入れて、焼酎を楽しむ飲み方で、まろやかでさっぱりとした味わいを楽しむことができます! 日本でも、焼酎に梅干しなどを入れて飲むことがありますが、感覚的にはそんな感じです。 「とにかく美味しい!」と日本で絶賛されている飲み方なので、ぜひ一度試してみてくださいね! 韓国焼酎の人気おすすめ7選 チャミスル.

次の

韓国焼酎の人気おすすめ7選も紹介【韓国と日本の焼酎の違いも解説】

韓国 焼酎 種類

【韓国の焼酎】チャミスルとは? 『チャミスル』とは、韓国の焼酎の一つ。 『JINRO』というお酒で有名な韓国の企業【ハイトジンロ株式会社】の グループ会社【眞露株式会社】が販売するお酒です。 有名なお酒で『マッコリ』もあります。 まさに国民に最も愛されている焼酎と言えます。 と、難しい話をしてしまいましたが簡単に言うと、 【日本の焼酎】は原料の風味や良さをそのまま残し、しっかり味わうお酒 【韓国の焼酎】はろ過して不純物を取り除き、すっきり飲みやすいお酒 と思っていただくとわかりやすいかと思います。 【韓国の焼酎】チャミスル 原料や度数、カロリーや糖質は? 韓国の焼酎の原料は、麦飯、さつまいも、廃糖蜜、タピオカなど、複数の穀物を混合しています。 日本の焼酎は「芋」「麦」「米」など、一つの穀物で作られることが多いですよね。 詳しくは下ので説明しているので参考にしてみてください。 【韓国の焼酎】チャミスル 飲み方 チャミスルの飲み方をご紹介します。 チャミスルに限らず、韓国焼酎全てに当てはまる飲み方なので、参考にしてみてください。 「まろやかでさらに飲むやすくなる」と人気です。 混ぜるお酒や比率によっては、今まで出会えなかった美味しいお酒に出会える可能性を秘めています。 チャミスルもグラスもキンキンに冷やして飲む、これが最高。 料理にも非常に合うお酒のため、お酒だけを楽しむというよりも、 料理と一緒に楽しむお酒です。 【韓国の焼酎】チャミスルの種類 チャミスルの種類をご紹介します。 チャミスルフレッシュ 出典: スタンダードで一番人気のチャミスル。 元祖チャミスルとして、本来の味を楽しむことができます。 すっきりとした味わいで飲みやすく、チャミスルフレッシュで 物足りなくなった人にオススメ。 アルコール度数 20. 取り扱いがあるスーパーではほとんどが「チャミスルフレッシュのみ」の取り扱いです。 (私もいつもスーパーで買っています) 『JINRO』や『マッコリ』ほどは置いていない印象で、 取り扱いのないスーパーの方が多いです。 【韓国の焼酎】チャミスルに合う韓国料理は? チャミスルは料理にもぴったり! チャミスルのスッキリとした味わいが、特に韓国の辛い料理やコッテリ系の料理に 非常に合い、食事が進むこと間違いなしです。 逆に目上の方からお酒を受ける時は、必ずグラスを両手で持って受けます。 日本では普通の行為ですが、韓国では葬儀で注ぎ足しの文化があるため、 失礼にあたります。 まとめ 最後までご覧いただきありがとうございました。 今回は【韓国の焼酎】とその代表的なお酒【チャミスル】についてご紹介しました。 男女問わず飲みやすい『チャミスル』 ぜひ飲んでみてくださいね。

次の