喪中 の 人 へ の 挨拶。 喪中の人への挨拶の言葉はなんて言ったら・・

【年賀状】範囲は?マナーは?喪中のすべてを徹底解説!

喪中 の 人 へ の 挨拶

喪中とは、故人の夫・妻・子どもと父母・義父母・祖父母などの家族や血のつながりのある人同士または婚姻関係でつながりを持つ親族などが亡くなった時、その死を受けて、悲しんで一定の期間、喪に服すことをいいます。 喪中の範囲とは 故人との続柄によって、喪中には下記のような範囲があります。 喪中は一般的には2親等までとされていますが、特に親しければ親等に関係なく喪に服しても問題はありません。 喪中の範囲は ・0親等 夫、妻 ・1親等 父母、配偶者の父母、子供 ・2親等 (自分の)兄弟・姉妹、兄弟・姉妹の配偶者、祖父母、孫 (配偶者の)兄弟・姉妹、兄弟・姉妹の配偶者、祖父母 ・3親等 (自分の)曾祖父母、伯叔父母、伯叔父母の配偶者、おい、めい (配偶者の)曾祖父母、伯叔父母、伯叔父母の配偶者 喪中の期間は 喪中の期間中ですが、新年の挨拶はどのようにすればいいのでしょか。 喪中の時は原則として初詣や年始の挨拶は控えるべきです。 しかしどうしても新年の挨拶しなければならない状況になった時には、どんな言葉がいいのでしょうか。 そんな状況の時は、一般的な「新年の挨拶であるあけましておめでとうございます」は使用せずに、「昨年はお世話になりましたや本年もよろしくお願いします」などの言葉を使って行うようにしましょう。 喪中の時にはこんなことも気をつけたい 喪中の時に近所の人や友人、職場では、あけましておめでとうございますは使用しない挨拶が大事なことは理解できましたが、日頃お世話になっている人への新年の挨拶と手みやげで注意することはありますか。 喪中の時に日頃お世話になっている人への新年の挨拶と手みやげでのマナーとしては、「新年の挨拶はあけましておめでとうございます」は使用しない挨拶はあたり前で、注意しなければならないのが訪問して手みやげを渡す日です。 一般的には 喪中の時に日頃お世話になっている人への新年の挨拶と手みやげは、一般的に年賀は正月三が日の間に渡すものとされています。 この正月三が日過ぎれば手みやげ持参で訪問していいと判断しがちですが、喪中の時の新年の挨拶と手みやげは、正月三が日過ぎてもまだお正月に飾る門松などが残っているので門松を飾っておく期間の松の内が明けた1月8日以降に訪問して渡すのがマナーです。 喪中の挨拶の文例 下記にあいさつの文例を紹介します。 ・喪中につき年頭のご挨拶をご遠慮させていただきます ・喪中につき年末年始のご挨拶をご遠慮申し上げます ・喪中につき年末年始のご挨拶を失礼させていただききます ・喪中につき、勝手ながら新年のご挨拶は差し控えさせていただきます ・服喪中につき新年のご挨拶をご遠慮申し上げます ・〇〇が他界しましたので、年始のご挨拶をご遠慮いたします ・喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます 喪中の結びの挨拶の文例は 下記に喪中である事の説明文の例を紹介します。 そのため喪中である事の説明文には、死因などを記載や病気の病名などは記載しないのが一般ですので注意しましょう。 喪中の結びの挨拶の文例は 喪中の結びの挨拶の文で大事なのが行頭の一字下げはせず、敬意を表すために句読点は入れないことです。 以下喪中の結びの挨拶の文例を紹介します。 ・皆様が健やかなる新年をお迎えになりますよう心よりお祈り申し上げます ・本年中に賜りましたご厚情に感謝致しますと共に皆様に良き年が訪れますようお祈り申し上げます ・生前賜りましたご厚情に深く感謝いたします。 と共に明くる年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます ・本年中の御厚情に深く御礼申し上げます。 明年も変わらぬご交誼のほどをお願い申し上げます なお、以上の喪中はがきの文例は下記リンクを参考に紹介しました。 ここでは、複数の身内がなくなった場合の喪中はがきの書き方について説明します。 複数の身内がなくなった場合の喪中はがきに記載する順番は、年齢順ではなく、亡くなった順番に記載します。 文例としては下記のようになります。 一般的な文例 ・喪中につき新年のご挨拶を失礼させていただきます。 年末の時の喪中の挨拶メール 喪中の人へ年末の挨拶で、年末の挨拶の最後に使う「良いお年を」という言葉を使ったメールを送っても大丈夫なのですか。 「良いお年を」の言葉は良いお年をお迎えくださいが正しい言い方です。 今年もあと少し気を抜かずにがんばろうとの意味と来年も1年元気で過ごせますようにとの意味を含んでいます。 その意味を持つ「良いお年を」はお祝い言葉ではないので、喪中の人へ年末の挨拶として使うことは特に問題はありません。 正月の時の喪中の挨拶メール 新年を迎えた正月に新年の挨拶をしたいけど喪中の相手にはどのような挨拶メールをすればよいのでしょうか。 またこちらが喪中と知らない相手から挨拶メールが届いて時にはどんな返信メールが正しいのでしょうか。 どちらの喪中の場合も「あけましておめでとうございます」などの新年を祝う言葉は避けた「お世話になりました今年もどうぞよろしくお願いします」といった言葉が入ったメールが無難です。 また事前に自分が喪中になる場合は年内に喪中のため新年の挨拶は控えせてもらいますといったメールを送るようにしましょう。 新年の時の喪中の挨拶メール 喪中に新年を祝う年賀状や挨拶メールが届いた時には、どのように返信を送ればよいのでしょうか。 喪中に新年を祝う年賀状や挨拶メールが届いた時の返信は、お正月に飾る門松を飾る期間である松の内が明けた1月8日以降に寒中見舞いといったかたちで遅くても1月中に返信することが正解です。 文面としては寒中見舞い申し上げますの文章ではじまり、年賀状や挨拶メールをいただいたことへの感謝の言葉に新年の挨拶を控えた理由の詳細(誰が亡くなった)の文章と最後に今年もよろしくお願いしますといった言葉で締めた文章で返信しましょう。 結婚した時の喪中の挨拶メール 家族や血のつながりのある人などを亡くして悲しんでいる喪中の人に出す喪中のはがきはどんなものがいいのでしょか。 選び方と作成のポイントについて説明します。 喪中のはがきを作成するときに何に気をつければいいのでしょうか。 喪中はがきは、官製はがきを使っても私製はがきでも特に規定はないのでどちらでも構いません。 官製はがきを喪中はがきとして使用する時には、郵政はがき・郵便はがき・通常はがきとも呼ばれている郵便局やコンビニ、スーパーなどで販売されている官製はがきの印刷されている切手の絵柄に注意が必要です。 カラフルで派手な切手は控えて地味なヤマユリ・山桜・胡蝶蘭などの絵柄を選ぶことが大事です。 また、自分で作った私製はがきを使う場合は、通常の切手ではなく、郵便局で販売している慶弔用切手をはること忘れないようにしましょう。 喪中の挨拶は 喪中の挨拶を含めて喪中はがきには、どんな文章を書けばいいのでしょうか。 一番大事なのが喪中であることを知らせる言葉を使うことです。 喪中はがきは、拝啓・敬具などの頭語と結語や、季節の挨拶である時候の挨拶も不要で、喪中はがきは最初に「喪中につき」の言葉ではじめるのが一般的な書き方です。 次に喪中であることを知らせる言葉よりも小さな文字で、亡くなった方との続柄・亡くなった方のお名前、年齢、亡くなった日、亡くなった方との続柄などを記載して誰がいつ亡くなったのかがわかるような情報を届けます。 そして日頃の感謝の言葉や今後のお付き合いや支援をお願いする言葉などを書き、次に喪中はがきが先方に届く月を記載(一般的には11月、12月)、差出人住所・氏名を書いて完成です。 喪中はがきの書き方で注意すること 喪中はがきには、「喪中につき」の言葉ではじめり、亡くなった方との続柄・亡くなった方のお名前、年齢、亡くなった日、日頃のお付き合いへの感謝、差出月、差出人住所・氏名と書いていきますが、この喪中はがきに書いた文章には句読点を使わないようにしましょう。 では、なぜ喪中はがきの文書に句読点を使わないかと言うと、文章に句読点使う人は学のない人というように思われていた時代があったことが関係しています。 句読点を使わないのは相手に敬意を表すためとされ、表彰状・会葬礼状・喪中はがきなどの文章には句読点は付けていません。 喪中挨拶の期間は ここでは友人・知人から喪中はがきが来た時の返信の仕方について説明します。 喪中はがきは友人・知人の身内に不幸があり、新年の挨拶を控えますという連絡であり、特にその連絡に返信する必要はありません。 なにか返信するとすれば年明けのお正月に飾る門松を飾る期間である松の内が明けた1月8日以降に寒中見舞いとして身内に不幸のあった友人・知人を気遣う文面で送るようにしましょう。 また、遠方住んでいる親しい友人でどうしても返信したいのなら次にのよう文面がおすすめです。 「故人が亡くなったとの知らせに驚いております」といった知らせがしっかりと届いていることを示す内容と故人のご冥福をお祈り申し上げますと共にお体に気をつけて、ご自愛いただきたいと友人の身体に気を使った内容にすれば相手に気持ちが伝わります。 喪中挨拶のマナーやはがきの書き方理解しましょう!.

次の

喪中の人に新年の挨拶はダメですがよいお年をと言うのは大丈夫ですか?...

喪中 の 人 へ の 挨拶

「良いお年を」はOK その年の最後には「 良いお年を」と挨拶をしますよね。 これは使ってもOKな挨拶です。 確かに、喪中で悲しんでいる人にかけるには少し悩む言葉かもしれません。 その理由は、「良いお年」が新年をお祝いしているような印象を抱くからではないでしょうか? しかし本来、「良いお年を」の後には「お迎えください」という言葉が続きます。 意味は「ご無事で年を越してくださいね」になります。 新年ではなく年内の無事を祈る言葉なんです。 昔は年の瀬になると、大掃除・仕事の残り・家計の精算などやらなければならない事が山積みでした。 そんな大仕事をトラブル無く終えて無事に新年を迎えましょう、という気持ちが「良いお年を」には込められています。 喪中に慎むようなお祝いの意味は含まれていないのです。 「良いお年を」の言い換え挨拶は? とはいえ「良いお年」を「来年はいい年にしよう」と間違えてとらえる人も少なくありません。 今年の不幸が際立ってしまう、と気にするかもしれませんね。 その場合は 「 今年もお世話になりました。 来年もよろしくお願いします」 という挨拶だけにしておいてはいかがでしょうか。 これならお祝い要素を感じさせるものはありません。 「あけましておめでとう」はNG 「あけましておめでとう」は喪中の相手に言うべきではありません。 完全なお祝いの言葉ですからね。 新年のムードに流されてうっかり口にしそうですが、気を付けたいものです。 「あけましておめでとう」の言い換え挨拶 新年の挨拶としては 「 昨年はお世話になりました。 今年もよろしくお願いします」 がいちばんすっきりと口にできます。 年末の言い換えとあまり変わりませんが、お祝いフレーズを含まない喪中の方への挨拶には最適です。 あけましておめでとう• お祝い申し上げます• お世話になりました• 感謝しています• 再会を楽しみにしています• よろしくお願いします メールや年賀状ならともかく、口頭で「お祝い申し上げます」なんて言う人はまずいないですよね。 実質、おめでとう以外の挨拶で喪中NGはないと考えていいでしょう。 これまでの感謝やこれからの良い関係のお願いなどは問題なく言うことができます。 仕事上の挨拶はおめでとうもアリ ビジネス上のお付き合いでは喪中も関係なく挨拶します。 自分が喪中、取引先の相手が喪中でも「あけましておめでとう」は普通に使います。 なぜなら、お互いはそれぞれ会社の代表者として挨拶をしているから。 喪中なのは個人的な事情なので、この場合は公私を分けて考えます。 では、相手企業の社長が亡くなった場合はどうか? このケースでもおめでとうは普通に使えます。 基本的に会社そのものが喪中になることはありません。 社長の家族は喪に服しますが、社員まで影響は受けないからです。 家族経営の会社は例外 例外があるとすれば、取引先が 家族経営の小さな会社の場合です。 たとえば、大黒柱である社長のお父さんが亡くなったら会社全体で喪に服すことがないとはいえません。 会社として喪中はがきを出すこともあります。 いくら会社に喪中はないとはいえ、このケースでおめでとうを言うのは控えたほうがいいです。 空気を読んでケース・バイ・ケースに対応しましょう。 ビジネスとはいえ、同じ会社で顔なじみの上司・部下・同僚が喪中ならおめでとうを控えます。 この場合は会社同士ではなく個人の付き合いという意味合いが大きいからです。 喪中側だけ挨拶を控えるべき? 喪中の人からお祝いの言葉を使うべきではない。 でも、こちらからおめでとうを言うのはいいんだ。 という考えがあります。 たしかに喪中の本質からすると、周りの人からのおめでとうを禁止する必然性はありません。 なので、喪中を知らずにうっかり挨拶したり年賀状を出してしまっても気に病まなくて大丈夫です。 しかし、喪中を知っているならやはりおめでとうは控えるべきです。 悲しみに暮れているところにおめでとうを言われてもいい気はしません。 そもそも、自分がお祝いを口にできないのにおめでとうと言われても返事に困りますよね。 厳密な喪中のルールより、相手を悪い気にさせない・困らせない思いやりの方を大切にしたいものです。 喪中で「おめでとう」と言われたらどう返事する? 反対に自分が喪中でおめでとうを言われても気にしてはいけません。 誰もが事情を知っているわけではないですからね。 知らない人は悪気なく新年の挨拶をしてきます。 でもそこで「すみません、私は喪中なので…」と返すのは空気を悪くするようでおすすめできません。 この場合は 「 昨年はお世話になりました。 本年もよろしくお願いします」 「 〇〇さん、こんにちは。 今年もよろしくお願いします」 とさりげなくおめでとう抜きの挨拶を返しましょう。 まとめ.

次の

喪中の挨拶マナー|年末・新年・メール・LINE・文例・返事・会社|終活ねっと

喪中 の 人 へ の 挨拶

葬儀後 作成日:2019年12月03日 更新日:2020年01月24日 喪中の挨拶状で使える文例集!メールでの挨拶文も紹介• この記事は小さなお葬式が書いています 身内が亡くなった場合などは、年賀状などの代わりに喪中の挨拶を送ります。 はがきやメールなどの送り方はさまざまですが、マナーや正しい書き方がわからない方もいるのではないでしょうか。 そこでこの記事では、身内の不幸があったときの挨拶を失礼なく送れるように、文例を交えてマナーをご紹介します。 この記事を読めば、喪中挨拶に備えられるでしょう。 日本は礼儀が重んじられる国のひとつなので、喪中のときも相手からの印象を崩さないようにすることが大切です。 【もくじ】 ・ ・ ・ ・ ・ ・ 喪中の挨拶状に使える挨拶文の文例とは? 喪中など故人が関係する状況では、シリアスな礼儀作法が大切です。 失礼があると相手から悪い印象を受けるだけでなく、故人への不敬にもなりえますので丁寧に守りましょう。 故人の状況や葬式の形式、宗教などの関係でも送るべき挨拶文が変化します。 以下に代表的な状況をご紹介するので、あてはまる例にあわせて挨拶文を作りましょう。 個人の事情に関わる死因などは記載する必要がありません。 長期間の闘病があった場合は「かねてから療養中でした 続柄 である 故人名 が」というように記してもよいですが、その場合も 病名の記載は不要です。 交通事故や災害などで複数人が同時に亡くなることも想定されます。 また葬儀の事業者側でも家族葬への特化が多くなっています。 家族葬をした場合は「葬儀は近親者のみで執り行いました」などと明記しましょう。 キリスト教の場合 日本にもキリスト教信者を意味する「クリスチャン」が多く暮らしています。 しかし、キリスト教に喪中の概念はありません。 喪中ハガキを出してもよいですし、出さなくても失礼にはあたりません。 自身がキリスト教であるからといって、それにあわせた特別な喪中挨拶の書き方は不要です。 ただし年賀状同様、 クリスマスカードは自粛しましょう。 気になる人は、クリスマスカード交換を遠慮したいという意思表示として喪中はがきを送ることもできます。 ビジネス関係なので、家族よりも丁寧な言葉遣いで書かなければいけないと考えてしまいがちです。 しかし法人の場合は、 家族関係を示す族柄が会社内での立場に書き変わるだけで、特別な文章を求められない傾向があります。 メールで喪中を知らせる際の挨拶文の例とは? 時間の都合などで喪中はがきを買いに行く余裕がなく、メールで喪中挨拶を済ませたいと考える人もいるでしょう。 挨拶ははがきで送るのが慣習とされますが、最近では「喪中メール」と呼ばれる方法も一般的になっています。 しかし、文章への気遣いが必要であることははがきと変わりません。 次に友人と目上の方、それぞれを相手にした場合にわけて、メールでの喪中挨拶の正しい文例をご紹介します。 友人に送る場合 件名: 喪中につき新年挨拶を遠慮いたします 相手 さん、 自身の名前 です。 私のことは大丈夫なので、来年もよろしくお願いします。 返信不要です 普段から気兼ねなく付き合っている友人であれば、メールやLINEなどでフランクな文章で送ってもよいでしょう。 相手が読みやすいように シンプルにまとめることが大切です。 目上の方に送る場合 件名:年賀欠礼のご通知 相手 様 自身の氏名 です。 今年〇月に 故人 が他界いたしました。 つきましては新年の挨拶をご遠慮いたします。 来年も変わらぬご厚意をよろしくお願い申し上げます。 健やかな新年を迎えられるようお祈りいたします。 なお 返信はご無用です 会社の上司など目上の方に喪中メールを送る場合は、一定のマナーに気を遣いましょう。 メールははがきよりもカジュアルなイメージが強いですが、故人が関係する状況では礼儀が欠かせません。 メールであっても 敬語をきちんと使う配慮が大切です。 そもそも喪中の挨拶状とは何か? 喪中の基準や挨拶状の定義がよくわからない方もいるでしょう。 一般的に 近親者が亡くなってから1年間は喪に服す期間となり、年賀状を送る側としても受け取る側としても自粛するのが慣習です。 年賀状を送らないことを記載して、 年賀欠礼状といわれる挨拶状を送りましょう。 一般的に年賀欠礼状は 喪中はがきを使用します。 毎年年賀状のやり取りをしている故人と親しかった方が年賀状を作成する前に、挨拶状を送ることが重要です。 また、葬儀の際にお世話になった方や、故人の死をお伝えしたい相手に対しても挨拶状を使用できます。 郵便局が年賀状の引き受けを始めるのは毎年12月15日からであり、 松の内である1月7日までに届くようにする必要があります。 スムーズに喪中であることを伝えるためには、 12月14日までに喪中挨拶を済ませることをおすすめします。 喪中でも正月の挨拶回りはするべき?挨拶の仕方は? 喪中の際は、正月の挨拶回りは控えるのが慣習です。 家に鏡餅や門松などを飾るのも自粛すべきであり、初詣など神社へのお参りも行わずおせち料理も食べません。 これらはすべて祝いごとであり、喪中の雰囲気とあわないためです。 ただし、 お年玉の受け取りだけはマナー違反になりません。 地域や仕事などにより喪中でも挨拶回りをする必要がある場合は、相応のマナーを守りつつ進めましょう。 挨拶時の注意点について 自身が喪中なら、お祝いを連想させるワードは避けましょう。 「あけましておめでとう」などは使わないのがマナーです。 「 昨年もお世話になりました。 今年もどうぞよろしくお願い申し上げます」など、フラットな挨拶に終始しましょう。 「去年」という言葉は「人がこの世を去る」と連想させる 忌み言葉であり、喪中に関係なく非礼とされます。 必ず前の年は「昨年」と表現しましょう。 職場内での挨拶について 仕事上の付き合いに喪中を問わない考え方が多く見られるため、いつも通り挨拶回りをする人もいるようです。 その場合でも自身から「あけましておめでとう」など、めでたい言葉は避けるようにしましょう。 「 昨年はお世話になり多大な感謝を申し上げます。 今年も精一杯仕事に精進しますので、よろしくお願いいたします」など普通の挨拶に終始します。 逆に喪中の職場仲間や上司に挨拶をするときも「あけましておめでとう」は禁句なので気をつけましょう。 取引先での挨拶について 多くの場合、取引先は自身の個人的な家族と関係ありません。 こちらが喪中であってもお祝いの言葉を述べましょう。 取引先を立てる意味でも「あけましておめでとう」とは伝えておくのが礼儀です。 その後に、「 本日、こちらでは仕事始めとなりました。 本年もよろしくお願い申し上げます」などと締めます。 取引先の会長が亡くなったなど、相手側が喪中の場合はお祝いの言葉は禁句です。 状況に応じて言葉を使い分けましょう。 よくある質問 Q:喪中の挨拶状を出しそこねた場合どうすればよいの? A:諸事情や忘れていたなどの理由で、喪中はがきを出せなかった場合は 寒中見舞いで対応しましょう。 寒中見舞いや暑中見舞いは喪中の相手にも出したり受け取ったりできます。 寒中見舞いは、 松の内の1月7日の翌日から、立春である2月4日ころまでに先方へ届くように送ります。 Q:喪中の挨拶状はどの範囲まで送る? A:喪中の挨拶状は、毎年年賀状を出している相手や故人との交流が深かったり、故人と共通の知り合いであったりする人には出した方がよいです。 すでに身内の不幸を知っている親族や、葬儀に参加した人には出す必要はありません。 あくまでも葬儀の参加者でなく、 親族でもないがお世話になっている相手に喪中挨拶をするのが慣例です。 Q:喪中の挨拶状は薄墨で書くべき? A:挨拶状を書くときの墨を気にする方もいるようですが、 墨の濃さに規定はありません。 薄墨はグレーに近く、色が濃いと黒墨と呼ばれます。 黒い方が喪中らしいという考えもあるなか、控えめさを出すために薄墨を選ぶ人も多くいます。 いずれにしても相手が読みやすいようにきれいな字を心がけるとよいでしょう。 ただし、高齢者などの視力が強くない人には薄墨だと読みづらい場合があるため、一定の配慮は必要です。 Q:喪中の挨拶状は縦書きと横書きはどちらが適切? A:一般的に喪中はがきは 縦書きが適切です。 横書きは、メールや手紙などのようにカジュアルな印象になります。 特に目上の方に送る場合は縦書きのほうが無難でしょう。 日本語は昔から上から下、行は右から左へ進める前提で作られてきました。 そのため、喪中挨拶などの伝統的なイメージのある場面では、 書き物は縦に示すのが原則です。 キリスト教のように、欧米文化が色濃く反映された生活をしている人は、横書きの文書で喪中挨拶を済ませる場合があります。 キリスト教では横書きでも失礼にあたりません。 Q:欠礼状を送ってきた相手にも喪中の挨拶状を送る? A:自身が喪中と伝えるのが大切なので、欠礼状を送ってきた相手にも挨拶状を送りましょう。 欠礼状は、 新年のご挨拶の遠慮を願うための文書であり、年賀状とは性質が異なります。 お互いに欠礼状を送り合うことはマナー違反にならないので、喪中はがきを控える必要がありません。 ただし、先方にも不幸があったのは事実なので、 お悔やみの言葉を添えておくことが大切です。 Q:喪中の挨拶状で近況報告をしても大丈夫? A: 近況報告は行わないのがマナーです。 喪中はがきは自身が喪中であることを示し、新年の挨拶を控えるようお願いするためのものであるため、近況報告はその定義から外れます。 引越しや結婚、誕生日などよい知らせは、身内の不幸が関わる挨拶に載せないのが礼儀です。 ただし、喪中であっても 寒中または暑中見舞いでは近況報告ができます。 まとめ 喪中の挨拶状には主に喪中はがきがあり、新年の挨拶の自粛をお願いするために送ります。 故人の状況や送る相手などにより正しい文章も変わるので、マナーに気をつけながら送りましょう。 喪中はがきを送るのが遅れて、事情を知らない相手から年賀状が届くことを避けるのが大切です。 受け入れが始まる 12月15日より前には、ひととおりの関係者に喪中はがきを送りましょう。 葬儀に関するお問い合わせは「小さなお葬式」へ 葬儀に関するご準備は事前に行うことが大切です。 いざという時困らないように、葬儀全般に関する疑問は、「小さなお葬式」へお問い合わせください。 24時間365日専門スタッフがお客様のサポートをさせていただきます。

次の