福井ツアー。 お知らせ

お知らせ

福井ツアー

赤い風船 安心と信頼の国内旅行• JRコレクション web限定間際出発の 国内旅行• webコレクション web限定のお得なブランド 福井旅行・福井ツアーに 便利なレンタカー 約4,000店舗の営業所から、インターネット上で簡単予約!• 福井旅行・福井ツアーに 便利な高速バス 全国50社以上のお得な高速バスは日本旅行高速バス。 クレジットカードで決済可能!• 旅行情報 北海道• ホテル・旅館の予約 北海道• 甲信越• 方面から探す• 都道府県から探す• 北海道・東北• 甲信越• 九州・沖縄• 観光施設から探す• 観光情報を探す• 北海道・東北• 甲信越• 九州・沖縄• 【旅行特集ページ】• 【海外旅行】•

次の

お知らせ

福井ツアー

福井旅行は何泊何日がおすすめですか? 福井旅行は、1泊2日で国の名勝・天然記念物に指定されている東尋坊や曹洞宗の大本山永平寺などを観光して、に宿泊するコースが定番です。 また、福井県の隣のなどと合わせて、2泊3日で観光する旅行も人気があります。 福井旅行のベストシーズン・おすすめの時期はいつですか? 福井は、春の桜が楽しめる時期や、初夏の新緑を楽しめる時期も魅力的ですが、紅葉が見頃を迎え、越前ガニ漁が解禁する11月は、福井の魅力を満喫できる、おすすめの人気シーズンです。 福井旅行で比較的空いている穴場の時期はありますか? 10月は一般的に行楽シーズンと言われていますが、福井では、越前ガニ漁解禁前ということもあり、旅行代金もお値打ちで比較的空いていると言われています。 福井では越前ガニ以外にも、越前そば・ソースかつ丼といった名物料理が楽しめるので、お得に旅行を楽しみたい方におすすめです。 福井旅行の費用はどのぐらいかかりますか? 東京から新幹線と特急を利用して、あわら温泉に宿泊する1泊2日(夕・朝食付き)のパッケージプランで、約40,000円~45,000円が相場です。 また、東尋坊や福井県立恐竜博物館といった観光地へは、車での移動が便利ですので、レンタカーもあわせて申し込むことをおすすめします。 福井旅行はどのような服装で行けばいいですか? 福井は、6月~9月は半袖で過ごせますが、6月と9月は朝晩は長袖があると良いでしょう。 5月と10月は長袖、4月と11月は長袖に上着が必要です。 12月~3月は厚手のコートが必要で、足元は雪に対応できる靴をおすすめします。 福井旅行の持ち物で必要なものはありますか? 福井は年間を通して雨が多いので、折り畳み傘があると良いでしょう。 夏場は蒸し暑いので晴雨兼用がおすすめです。 また、各観光スポットは歩く箇所が多いので、履きなれた歩きやすい靴で行くことをおすすめします。 福井で外せないグルメはありますか? 福井名物と言えば、越前そばにソースかつ丼など手軽に楽しめるグルメがたくさんあります。 また、お弁当やお土産でも人気なのが、焼き鯖寿司や鯖のへしこです。 そして、毎年11月第1週目に漁が解禁する越前ガニは、全国でもトップクラスのブランド蟹と言われています。 甘くとろけるような貴重な味を是非本場で味わってみてください。 福井への交通手段・所要時間を教えてください 電車の場合、福井駅まで大阪駅から特急「サンダーバード」で約2時間、名古屋駅から特急「しらさぎ」で約2時間10分、東京駅から北陸新幹線と特急を乗り継いで約4時間で到着します。 飛行機の場合、石川県にある小松空港が最寄りの空港になります。 小松空港までは、羽田空港から約1時間10分、福岡空港から約1時間30分で到着し、小松空港から福井駅まではバスで約1時間で到着します。 現地(福井)での交通手段について教えてください 福井では電車や路線バスでの移動が基本ですが、時間を気にせず自由気ままに巡りたい方は、レンタカーを借りるのもおすすめです。

次の

特に野外恐竜博物館バスツアーが最高です!

福井ツアー

会場では実際に「福井の幸福度の高さ」や「住環境の良さ」に興味を持つ人が多く、大きな手応えを感じた企業アンバサダーたち。 そこで、さらに福井で働く・暮らす姿をイメージしてもらおうと、「全国地域仕掛け人市」で出会った方々を福井市に招き、福井市内の企業を回る「企業訪問ツアー」を開催しました。 銀行と地域との新しい関わり方 2016年11月25日、この日集合場所となったハピリン2階の「WiL」には関東からの 参加者が集まりました。 製造業、 IT 企業、大学院在学中など参加者の経歴はさまざまですが、福井の企業や暮らし方に興味を持ち、このツアーの参加を決めた方がほとんどでした。 なかには福井への移住を考えているという人も! まずは福井銀行 地域創生チームの平塚幹夫さんから「福井のまちの今」について教えていただきました。 創業 116年の歴史を持つ 福井銀行は、 福井で暮らす人や企業に深く関わるまちのメインバンク。 そのなかでも平塚さんが率いる「地域創生チーム」では、銀行という枠を超えた取り組みを行っています。 例えば、今後予定されている新幹線開通を見据えたイベントの支援や 森ビルとの福井駅前周辺再開発事業、さらには県が進める超小型人工衛星の開発プロジェクトといったものまで、幅広い事業に積極的に関わることで、地域とさまざまなつながりをつくっています。 業務が細分化されているメガバンクよりも仕事の領域が広いため、銀行の枠を超えたさまざまな経験を積むことができるのは地方銀行ならではの良さだと語ります。 また、部署の枠を超えたコミュニケーションが活発で、立ち話で盛り上がった内容が企画として実現してしまった! ということも福井銀行では珍しいことではないそうです。 銀行が地域で担う役割は今後ますます多岐にわたっていきます。 だからこそ、県外でさまざまな経験を積んできた若い人たちと一緒に福井を盛り上げて行きたい!と、平塚さんは参加者たちに熱く語りかけていました。 11代目の多田和博さんは、かつで 都内のコンピューター関連企業に勤め、味噌とはまったく関係のない仕事に従事していました。 33歳の時に 家業を継ぐことなり、家族とともにUターンしましたが、戻ってきたことで福井の住環境の良さを感じたそうです。 人々の食生活が変化するなか、老舗の味噌屋を守っていくのは簡単なことではありません。 しかし、多田さんは老舗だからこそ「守る」のではなく、常に「チャレンジし続ける」ことを実践しています。 チャレンジを続けるからこそ『昔から変わらない』という評価が生まれる」という多田さんの言葉に、深くうなずく参加者たち。 米五は今後、新店舗の立ち上げや海外への販売網の拡大など新たな挑戦を続けるそう。 積極的に 先頭に立って働く社員たちの姿を見て、参加者たちも今まで抱いていた「老舗」のイメージが大きく変わったかもしれません。 福井から世界で戦える企業を目指す こちらの会社では、「熱転写ラベル」の製造技術に特化し、世界品質のものづくりに挑戦しています。 ユニフォームなどにつけられている「ラベル」が実際どのように作られているのか、その製造現場を見せていただきながら、知識を深めていきました。 熱転写ラベルはどんな素材にもダイレクトプリントができることが強み。 ストレッチ素材やはっ水素材などプリントしにくい難しい素材に挑戦し続け、今では日本を飛び出し海外にも技術指導を行っています。 「最終製品の一部分ではなく、今後は当社の技術を全面に出し、『福井から世界に戦える企業があるんだ』ということをアピールしながら人材採用に力を入れる」と意気込む 代表取締役社長の久保浩章さん。 日本ではダントツ1位、アジアでもナンバー1の熱転写ラベルメーカーを目指したい!と、今後の抱負も語っていただきました。 参加者が感じた「福井のあたりまえな働き方」とは ここまで3つの企業を回りましたが、さらにワークショップでは、新田塚コミュニティ、マルツ電波、永和システムマネジメント、タッセイ、福井県民生協の各社からもそれぞれ企業案内を受けました。 「福井は何もないと思っていたが、今日参加してアツい人がたくさんいるということがわかって良かった。 福井の魅力をもっと知りたいと思った」 「人生の豊かさについて改めて考え直しました。 でも、福井の企業や人を知ることで、何となく感じられた気がする」 など、それぞれの視点で福井の 「働く」ついて、新しい発見があったようです。 働くことは、その先の生きることに直結しています。 今回、参加者のみなさんが福井と新たな接点を持ったことで、「これからどんな生き方をするか」深く考えるきっかけになったのではないでしょうか。 text:石原藍 photo:Fu production).

次の