くせ毛 強さ。 くせ毛でお悩みの男性へ!オススメのシャンプーと髪の洗い方を紹介!

くせ毛の強さに合わせてつくるシャンプー【MEDULLA メデュラ】

くせ毛 強さ

髪の悩みで多いのが「くせ毛」。 うねりやボリュームが出るためまとまりにくく、お出かけ前に大変な思いをしているという方も多いのではないでしょうか。 今回は、くせ毛の種類やその原因、さらに改善方法についても詳しくご紹介していきます。 毛根や毛穴が歪んでいることで、そこから生えてくる髪も歪んでしまうこともあります。 また、くせ毛の原因には先天的なものと後天的なものがあると考えられています。 先天的なくせ毛 先天的なくせ毛は遺伝の影響だと考えられています。 先天的なくせ毛を直毛に直すことはできないと考えられているので、ストレートパーマや縮毛矯正で髪質を一時的に変えるのが一般的な対処法となります。 なお髪質や毛穴の形状などによってくせの強さがさまざまですが、くせ毛の種類としては次の4つのパターンに分けられます。 ・波状毛 波打つようにうねったくせ毛。 このくせ毛は日本人に一番多いといわれています。 同じ波状毛でも大きな波状や細かい波状など髪質などによって見え方が変わります。 湿度が高いと髪の毛が膨らんでいくといった特徴があります。 ・連珠毛(連球毛) 一定の間隔で太くなったり細くなったり、数珠をつなげたような形で、くせ毛というよりは毛髪の形状が変形している状態です。 ストレートのように見えるのですが、艶が出にくく手触りがよくないのが特徴です。 髪の毛の細い部分が切れやすいため、縮毛矯正が難しいといわれているタイプです。 ・捻転毛 髪の毛がらせん状にねじれてうねっているくせ毛。 髪の毛が細くて柔らかい人に多いです。 くせが弱いとストレートのようにも見え、くせが強いとクルクルとカールした立体的な形状になります。 立体的なくせの場合は髪が絡みやすくボリュームが出やすくなるのが特徴です。 ・縮毛 縮れている髪の毛になります。 硬い髪質で水分を弾きやすくパサパサしているのが特徴です。 毛髪同士が馴染みにくいためボリュームが出やすいのも特徴です。 ストレートパーマや縮毛矯正といったケアを定期的にしないとくせが目立ちやすいタイプです。 ヘアケアを怠ったことによる毛穴・毛根の歪み ケアを怠り頭皮の汚れが毛穴に詰まることで毛穴の形が歪むことが考えられます。 また、逆に洗浄力の強いシャンプーで洗いすぎて頭皮に必要な脂分まで除去してしまい、それを補おうと皮脂の分泌量が増えることで毛穴が詰まってしまうこともあるとされています。 いずれもくせ毛の原因になりえます。 毛穴に汚れが詰まるほどケアを怠ると細菌が繁殖し、炎症を起こしたり頭皮が硬くなったりすることもあります。 そうすると頭皮の血行が悪くなり必要な栄養が行き届かなくなることから、健康な髪の成長に影響を及ぼす懸念があります。 ホルモンバランスの変化 ストレス・不規則な生活・睡眠不足・栄養バランスの偏りなどを要因として、あるいは体の成長期・妊娠出産によるホルモンバランスの乱れや変化で髪質が変わることもあります。 ほかにも、間接的にホルモンバランスの乱れが血行不良を促して頭皮への血流が悪くなり、髪が細くなってくせが強くなることもあるとされています。 ダメージによるくせ毛 カラーリングやパーマを何度も繰り返すと、髪にダメージが蓄積してタンパク質が流れ出てしまい髪の毛の空洞化が進んでいくこともあります。 空洞化した部分は健康な髪と比べて水分を失いやすく、そのためうねりが出やすくなってしまうことがあります。 こうした乾燥状態が続くと髪はうねりはじめ、くせ毛になりやすくなってしまいます。 また頭皮が垂れ下がることによって 毛穴や毛根が歪み、くせ毛になるとも考えられています。 シャンプーを選ぶ際は、アミノ酸系シャンプーなど洗浄力があまり強すぎないのを選ぶようにしてください。 また、すすぎが不十分だとシャンプー剤が頭皮や毛穴に残ってしまう可能性もありますのでしっかり流すことも大切です。 最近では頭皮ケアができるシャンプーやトリートメントなどもありますので、担当の美容師さんなどに相談してみるとよいでしょう。 正しい髪の洗い方については、以下の記事も参考にしてください。 ・ドライヤーを正しく使う ドライヤーで乾かすときは、髪の根本から乾かすことを意識します。 乾かすときは髪の上から下に向かって、くせが伸びるように髪を軽く引っ張って乾かすと、髪がボリュームダウンして艶も出やすくなります。 ただし同じ部分にずっとドライヤーを当て続けないようにしてください。 頭皮からも15~20㎝程離すようにして、ドライヤーを動かしながら、髪全体の乾き上がりが同じタイミングになるのがベストです。 ・頭皮マッサージ 頭皮が硬くなって血流が悪くなると健康な髪が生えにくくなり、髪にうねりが出たり髪が細くなったりする原因になりえます。 健康な髪を生やすためには頭皮環境が重要です。 頭皮マッサージをすることで頭皮が柔らかくなり、血行が促進されて髪質の改善が期待できるとされています。 頭皮マッサージのやり方については、以下の記事も参考にしてください。 ・生活習慣 規則正しい生活習慣を心がけることは、髪にも良い影響をもたらします。 22時~深夜2時はお肌のゴールデンタイムといわれ、この時間には睡眠をとっていることが肌の健康に良いとされています。 髪はもともと肌の一部なので、このゴールデンタイムは髪にも当てはまります。 また、髪にいいとされる栄養素はタンパク質・カルシウム・ビタミンA・亜鉛・鉄分・オメガ3脂肪酸などです。 食材でいえば卵・牡蠣・緑黄色野菜・鶏肉・乳製品・豆類などをおすすめします。 こういった栄養をバランスよくしっかりとるように意識しましょう。 生活習慣が髪に与える影響については、以下の記事も参考にしてください。 くせをなくしたいなら縮毛矯正 縮毛矯正とは、薬剤と熱の力でくせを伸ばして固定させる施術です。 まず髪に薬剤をつけて髪のタンパク質の結合を離します。 次にストレートアイロンなどで熱を加えながらくせを伸ばします。 最後に別の薬剤をつけて、髪のたんぱく質を再び結合させます。 原理はストレートパーマと同じですが、技術プロセスは手がかかっています。 ねじれや縮れなど強いくせ毛で悩んでいる人、まったくくせのないまっすぐな髪にしたい人などに向いています。 さらに、髪のボリュームをダウンする効果もあります。 縮毛矯正のメリットは、強いくせでも綺麗なストレートになることです。 一度施術した部分はストレートのまま半永久的に保たれます。 一方でデメリットは、薬剤も熱も加えるので髪への負担が大きいこと。 ストレートパーマより施術費が高く、施術時間も長くなります。 また髪が伸びてきたとき、くせ毛の部分とストレートの部分の境目が不自然になることもあります。 ただし最近の縮毛矯正には、ダメージを抑えつつ自然に髪を伸ばせるものもあります。 担当の美容師さんに相談するとよいでしょう。 縮毛矯正の一般的な費用は15,000円~20,000円ほど。 店舗によっては特殊な縮毛矯正を施すところもあり値段も変わるため、特に初めての店舗に行く際は事前に確認しておくと安心です。 くせをいかしたいならストレートパーマ ストレートパーマとは、縮毛矯正のように熱は使わず、薬剤の力だけで髪をまっすぐにする施術です。 薬剤を髪につけてタンパク質の結合を離し、ブラシなどでくせを伸ばしてから再度薬剤をつけて結合を元に戻します。 縮毛矯正とストレートパーマの違いを簡単にいうと、熱処理で強制的にストレートな髪にするかしないか(アイロンを入れるか入れないか)という点です。 ストレートパーマはくせを抑える効果が縮毛矯正より弱いので、くせを活かしてボリュームを抑えたい人や、大きな波状のくせ毛の人などにおすすめです。 くせ毛だけでなく、パーマを落としたい人や髪のボリュームをダウンさせたい人などにも施術されます。 ストレートパーマのメリットは、仕上がりが自然なことです。 縮毛矯正と違い熱処理をしないので髪へのダメージも比較的少なくなります。 反面、強いくせやうねりはまっすぐにならないことが多く、時間が経つとくせが戻ってくることがデメリットです。 ストレートパーマの一般的な費用は10,000円~15,000円ほど。 ただし縮毛矯正同様、ストレートパーマも店舗によって値段はさまざまなため事前に確認しておくとよいでしょう。 なお、ストレートパーマと縮毛矯正を同義として呼んでいる場合もあるため、実施を検討する場合はどのような技術を行うのか、確認しておくことをお勧めします。

次の

くせ毛のメカニズムと原因lその理由を知ることでくせ毛改善に役立ちます

くせ毛 強さ

好印象を与えるヘアスタイルとは? 仕事やビジネスシーンにおいて 相手に与える印象はとても大切です。 服装も大事ですが、人はまず顔を見るので ヘアスタイルに気を配る必要があります。 ビジネスシーンで好感度が上がるヘアスタイル 人に好印象を与えるヘアスタイルは以下のような髪型が挙げられます。 ナチュラルなショートカット• ツーブロックショート• ゆるいウェーブがあるショートカット 逆にヘアスタイルに無頓着なボサボサヘアや、前だけ気を配って後ろに寝癖がついたままの髪はだらしない印象を与えます。 またくせ毛をコテで伸ばしていたり、大量のスタイリング剤でガチガチに固めたりした髪の毛は女性からの好感度が下がってしまいます。 好印象を与えるショートカットスタイルは くせ毛や天然パーマの性質を活かして作ることが可能です。 くせ毛のタイプ くせ毛にはいくつかのタイプがあります。 くせ毛のタイプを知っておくと、イケメンになるためのくせ毛を活かしたヘアスタイル決める際に役立ちます。 うねったくせ毛:波状毛 髪が緩やかにうねっている波状毛タイプは、日本人男性に多くみられるくせ毛です。 濡れている時の髪はまっすぐですが、乾くと広がって膨張する点が特徴的です。 うねった髪が全体的に広がるのでセットしにくいくせ毛のタイプです。 ねじれたくせ毛:捻転毛 髪がねじれた状態のくせ毛が捻転毛タイプです。 ねじれてウェーブ状になった髪が重なり合って広がりやすくなります。 波状毛は濡れていると髪はまっすぐですが、捻転毛は濡れてもウェーブがかかっている点が特徴的です。 捻転毛は髪質が柔らかい人に多くみられるくせ毛のタイプで、くせ毛の中でもクセの付き方が比較的弱いタイプといえます。 縮れたくせ毛:縮毛 日本人にはあまりみられませんが、 強い縮れ毛が特徴的なくせ毛が縮毛タイプです。 縮毛タイプは髪質が硬いようにみえますが、 デリケートで刺激に弱く痛みやすいケースが多いといえます。 凹凸したくせ毛:連珠毛 指で髪をつまんでスライドさせると凸凹している状態の髪が連珠毛タイプです。 1本の髪に太い部分と細い部分があるのでダメージに弱く折れやすいタイプです。 くせ毛を活かすおすすめのヘアスタイル6選 前述した好感度の高いヘアスタイルはくせ毛や天然パーマがあるからできないということはありません。 清潔感のあるツーブロックショートヘアや優しい雰囲気が出る 軽いウェーブのかかったショートヘア。 こういったヘアスタイルは、くせ毛や天然パーマを活かすことができるヘアスタイルです。 くせ毛と天然パーマを活かすことができるおすすめのヘアスタイル6選をセットの仕方と一緒に紹介していきます。 ツーブロックショートヘア:くせ毛との相性が抜群 くせ毛は鏡で見えにくいサイドと後ろのセットが面倒だと思っている人が多いのではないでしょうか。 ツーブロックは サイドと後ろが短めにカットしてあるのでセットに手間がかかりません。 トップはくせ毛や天然パーマを活かしリーゼント風に長めに残したり、好みで短めにカットしたりすることができます。 ツーブロックショートのセットの手順です。 髪全体をしっかり濡らしてタオルドライする• ドライヤーで前髪を上げながらシルエットを作る• トップが短めの場合、トップを立ち上げながらマットワックスを髪になじませる• トップが長めの場合、手にワックスを広げ前髪を後ろに流していく• 最後に全体的なシルエットを整える ベリーショートヘア:清潔感を出す くせ毛の動きが強い部分をカットしたベリーショートはセットに時間や手間がかかりません。 清潔感と爽やかさを出すことができるおすすめのヘアスタイルです。 くせ毛を活かしてスタイリングができる適度な長さをトップに残しているのがポイント。 このおかげで、通常のベリーショートよりもソフトな印象を与えることができます。 ベリーショートのセットの手順です。 髪全体を濡らしタオルドライでしっかり水分を取る• ドライヤーをあてて前髪を立ち上げる• ジェルを髪の毛の中間から毛先につけてなじませる• 最後に全体のシルエットを整える マッシュショートヘア:優しい印象 ゆるやかなウェーブのあるくせ毛や天然パーマには、優しい印象を与えるマッシュなショートスタイルがおすすめです。 前髪やトップは自前のくせ毛を活かして重めに残すと柔らかいイメージを作ることができます。 マッシュショートは 黒髪のままでも決まりやすい髪型なので、会社に入ったばかりの 新入社員にもおすすめのヘアスタイルです。 マッシュショートのセットの手順です。 髪の根本まで全体的に濡らしてしっかりタオルドライする• トップから前髪をドライヤーで乾かしながら指で伸ばす• ハードワックスを髪の毛の中間から毛先になじませる• ワックスは後ろからつけて最後にトップのボリュームとシルエットを整える• サイドが広がらないように気を付ける ナチュラルショートヘア:柔らかい髪質に最適 髪質が柔らかく毛先にウェーブのあるくせ毛におすすめのヘアスタイルがナチュラルショートです。 サイドと後ろにツーブロックを隠して施すことで全体的なボリュームを落としています。 トップ部分にだけボリュームが出るカットを入れることでまとまりのあるヘアスタイルになります。 ナチュラルショートのセットの手順です。 ワックスを適量取り手に広げて前髪と顔周り以外の髪になじませて立ち上げる• 手に残ったワックスを前髪の毛先につける• 立ち上がっている毛を下ろして全体的にシルエットを整える• 再びワックスを少量手に広げる• 髪に動きをつけたい箇所を指でつまんだり束感を出したりして調整していく 七三分けショートヘア:落ち着いた大人の雰囲気 落ち着いた大人の雰囲気を出したいのであれば、 ゆるめのくせ毛を活かした七三分けがおすすめです。 前髪はくせ毛を活かして長めに残しサイドと後ろは短くカットします。 七三分けヘアは安心感や信頼感につながる爽やかな印象のあるヘアスタイルです。 七三分けヘアのセットの手順です。 髪を濡らしタオルドライする• ドライヤーで前髪を後ろに流しながらゆるく七三分けをつける(分け目をきっちりとつけない)• 乾いたらワックスを手に広げ前髪以外になじませる• シルエットが整ったら手に残ったワックスで前髪を整える ミディアムヘア:天然パーマのウェーブを活かす 短すぎるショートカットが苦手な場合は、 天然パーマのウェーブを活かしたミディアムヘアがおすすめです。 くせ毛がある部分をカットするのではなく、さらに パーマを加えて全体的に自然なウェーブで動きを出すヘアスタイルです。 ミディアムヘアのセットの手順です。 髪を濡らしてタオルドライする• 髪をドライヤーで7割ほど乾かす(水分を残すことでパーマの動きが出やすくなる)• ワックスを手に広げ髪を立ち上げながら全体になじませる• 前髪やサイドの毛先は指でつまみながらまとめる• 髪にワックスがなじんだら立ち上がった髪を下ろしながら全体のシルエットを整える• パーマの動きを強くしたい場合は髪の水分をさらに残しておく くせ毛のための正しいケア:シャンプーのやり方 くせ毛を活かしたヘアスタイルは 健康な髪であることが第一条件です。 傷んでいたりパサついたりした髪の毛では、くせ毛を活かしたヘアスタイルでイケメンになることはできません。 また効率よく髪型をセットするためにも まとまりやすい健康な髪を維持することが大事です。 間違ったヘアケアがやっかいなくせ毛を作り出している可能性もあります。 くせ毛のクセをできるだけ軽減する正しい方法で髪をケアしましょう。 髪を洗う前にブラシで髪の汚れを浮かす 髪を濡らす前にブラッシングすることで髪の根元の汚れを表に浮かすことができます。 ブラッシングを行わないでシャンプーをすると髪の根元に溜まった汚れまできれいに落とすことができません。 またシャンプー前にブラッシングで絡んだ髪をほぐしておくと洗髪の際に摩擦が起きにくく 髪へのダメージを軽減することができます。 シャンプーの前の予洗いで汚れを落とす シャンプーをつける前に髪をぬるま湯で予洗いすることで、ブラッシングで浮かせた汚れの大半を落とすことができます。 予洗いで80%ほどの汚れを落とすことができるため泡立ちもよく 少量のシャンプーですませることができます。 洗髪に使用する お湯が熱すぎると髪の油分を流し過ぎてしまうためパサつきの原因となります。 38度ほどのぬるま湯を使用しましょう。 また 水圧が強すぎるシャワーは頭皮に負担がかかるので適度な水圧で洗うようにしましょう。 シャンプーは頭の筋肉をほぐすイメージで ぬるま湯で汚れを洗い流したらシャンプーを使います。 髪の汚れはほとんど落ちているので髪をゴシゴシ洗う必要はありません。 髪の毛ではなく 頭皮の下にある筋肉をほぐすイメージで、手のひらや指で頭皮を押しながら頭全体をマッサージしていきます。 頭皮をマッサージすることで 頭の血行がよくなり毛穴に詰まった汚れも落ちるので健康な髪を維持することができます。 シャンプーを手のひらに伸ばす• 予洗い後の濡れた髪にシャンプーをつけ優しく泡立てていく• 後頭部にある後頭筋を親指を使ってほぐす• 頭の横にある側頭筋を手のひらでほぐす• 生え際にある前頭筋を指の腹でほぐす• 両手をクロスさせ頭皮を摩擦させないように頭頂部を引き上げる• 洗い残しが多い耳周りも指の腹でしっかり洗う• 最後に頭全体をほぐす すすぎで泡を完全に洗い落とす シャンプーが終わったら 泡を完全に洗い流すことが大事です。 頭皮にシャンプーが残っていると毛穴が詰まってフケの原因となったり生えてくる髪に影響が出たりしてしまいます。 また 髪の生え際は特にシャンプーの泡が残りやすい場所です。 泡が残ったままタオルで拭いてしまうと吹き出物や肌トラブルが起きるので、 すすぎはしっかり行うようにしましょう。 タオルドライで髪の水分を十分に取り除く すすぎが終わったらタオルドライで髪の水分を取り除きます。 シャンプーの時と同じく タオルドライの際も髪をゴシゴシ拭かないことが大切です。 濡れた髪は表面にあるキューティクルが開いているので髪がダメージを受けやすい状態になっています。 摩擦を与えると乾燥や傷み、切れ毛などのトラブルにつながるので タオルで優しく水分を取ることを心がけましょう。 タオルで頭を覆い頭をできるだけこすらないよう髪を押さえながら水分を取る• 手のひらで押さえながら全体的な水分を取り指の腹で頭皮を押さえながら髪の根元の水分も取り除く• ドライヤーで乾かす時間を短縮させるためにもタオルドライで水分をできるだけ取り除く 自然乾燥はNG!ドライヤーですぐに乾かす 濡れた髪は放っておくと乾燥しやすくパサついてしまいます。 タオルドライが終わったらすぐにドライヤーで乾かすようにしましょう。 くせ毛は乾燥しやすい髪質なので、自然乾燥で乾かすと髪がさらに膨張しまとまりが悪くなります。 髪は熱に弱いのでドライヤーをあてる際には ドライヤーを髪から15cmほど離し、温度が高い風で同じ場所だけを乾かさないよう注意しましょう。 紫外線対策も忘れずに 髪は紫外線からもダメージを受けます。 紫外線は髪を乾燥させるので髪にハリがなくなります。 髪のケアとして紫外線対策も行わなければくせ毛を活かしたヘアスタイルを作ることができません。 忙しい男性には髪の紫外線対策として UVカット機能のある髪用の日焼け止めスプレーがおすすめです。 髪にスプレーするだけなので簡単に紫外線から髪を守ることができます。 くせ毛のための正しいケア:スタイリング剤の落とし方 くせ毛を活かしたヘアスタイルは、 髪型を整えるためにジェルやワックスのようなスタイリング剤を使用します。 スタイリング剤がついたままシャンプーしても泡立ちが悪いのです。 さらに、スタイリング剤や髪の汚れを落とそうとゴシゴシ洗ってしまうので髪にダメージを与えてしまいます。 ヘアケアの一環として 正しいスタイリング剤の落とし方を覚えておきましょう。 シャンプーでの二度洗いは避ける スタイリング剤を落とすために髪をシャンプーで二度洗いしている男性が多いのではないでしょうか。 洗浄力のあるシャンプーで 髪を二度洗いすると必要以上に皮脂を落としてしまい頭皮や髪の乾燥を引き起こします。 また二度シャンプーをすることで髪のツヤを保つ キューティクルが剥がれてしまう可能性があります。 シャンプーでの二度洗いは髪に大きなダメージを与えてしまうので控えましょう。 シャンプー前にぬるま湯で落とす シャンプーの前にぬるま湯で予洗いすると髪のほとんどの汚れを落とすことができますが、一緒に スタイリング剤も落とすことができます。 ハードタイプのようなキープ力が高いスタイリング剤はぬるま湯だけでは落ちません。 ですが、ソフトタイプのスタイリング剤であればぬるま湯でほぼ落とすことができます。 熱い温度のお湯の方がスタイリング剤は落としやすいですが、髪と頭皮に刺激を与えてしまうので 38度ほどのぬるま湯を使用しましょう。 シャンプー前にコンディショナーで落とす ぬるま湯では落としにくいハードタイプのワックスを使用している場合は、シャンプー前に コンディショナーを使って落とすことができます。 リンスやコンディショナーの主な成分は油分ですが、スタイリング剤の油分と混ざり合うことでスタイリング剤が落ちやすくなります。 髪をぬるま湯で予洗いしたらシャンプーの前にコンディショナーを髪になじませる• 指で髪をほぐしながらスタイリング剤を落としていく• 髪が全体的にほぐれたらしっかり洗い流す• シャンプーで洗う くせ毛にはおすすめできないスタイリング剤専用のシャンプー シャンプーの前にぬるま湯の予洗いやコンディショナーで落とす工程が面倒だと感じる場合は、 スタイリング剤を落とすシャンプーが便利です。 シャンプーにスタイリング剤を落とす洗浄成分が入っているので シャンプーだけでスタイリング剤も落とすことができます。 しかしスタイリング剤を落とすシャンプーは洗浄力が高くなるので刺激が強く髪が乾燥しやすくなります。 そのため 乾燥しやすいくせ毛にはぬるま湯やコンディショナーで落とす方法が適しているといえます。 くせ毛のためのシャンプーの選び方 正しいヘアケアを行うには 健康な髪をキープできるシャンプーやトリーメントを使うことが大切です。 乾燥を防ぐシャンプーを選ぶ くせ毛は乾燥しやすいという特徴があり、パサついて広がるのでセットがしにくくなってしまいます。 乾燥を防いで髪の潤いを保つシャンプーを選ぶようにしましょう。 保湿力のあるシャンプーを使用すると髪だけでなく頭皮の保湿もアップします。 頭皮は乾燥が進むとフケにもつながるので 保湿に優れたシャンプーでケアすることが大切です。 刺激が少ないシャンプーを選ぶ 洗浄力が強いシャンプーは洗い上がりはさっぱりしていますが、 髪の潤いに必要な油分も洗い落としてしまうため髪のツヤを奪ってしまいます。 また髪だけでなく 頭皮にも刺激が強いのでかゆみなどのトラブルの原因となることがあります。 メンズ用は洗浄力の高いシャンプーが多いですが、髪や頭皮の健康を考えるのであれば 洗浄力があまり高くないシャンプーを選ぶ必要があります。 アミノ酸系のシャンプーは洗浄成分としてアミノ酸成分が配合されています。 刺激も洗浄力も弱いので髪や頭皮に優しく、手触りのよい髪に仕上げてくれるシャンプーです。 くせ毛に使えるグッズ:豚毛・猪毛のブラシ くせ毛を活かしたヘアスタイルをクールに決めるためには 髪のクセを最小限に抑えるグッズを使うことも必要です。 猪毛や豚毛が使用された天然毛のブラシは毛に多少の油分と水分が含まれているため 静電気が起きにくく髪に優しいブラシです。 猪毛のブラシは毛に弾力性があるので髪にボリュームがあっても 毛の根元からしっかり髪をとくことができます。 豚毛のブラシはソフトな毛が特徴的で 髪への摩擦を極力抑えることができます。 髪に優しくダメージが少ないので 髪質の柔らかいくせ毛に使えるブラシです。 くせ毛に使えるグッズ:タングルティーザー くせ毛は髪の毛の絡まりが気になりますが、タングルティーザーは 髪の絡まりや引っかかりやすい髪に効果的なブラシです。 髪が絡まりやすく指が通りにくいと、くせ毛を活かしたヘアスタイルのセットがしづらくなります。 またシャンプー前のブラッシングで髪が引っかかると髪が抜けたり切れたりしてしまいます。 髪にできるだけ負担を与えないブラシを使うことが大切です。 くせ毛に使えるグッズ:低温設定があるドライヤー くせ毛を活かしたヘアスタイルは 40度〜60度の低い温風を使った方が作りやすくきれいに仕上げることができます。 また髪を乾かす際にも 低温で乾かすことにより髪へのダメージを最小限に抑えることができます。 ドライヤーを新しく買い替える場合は 低温設定が可能なドライヤーをチェックしてみましょう。 まとめ 男性の くせ毛を活かすおすすめのヘアスタイルを紹介しました。 くせ毛や天然パーマを活かして好感度の高いヘアスタイルができるということが分かっていただけたのではないでしょうか。 くせ毛を活かしたヘアスタイルは、 まとまりのよい健康な髪を維持しクセを最小限に抑えることでセットしやすくなります。 くせ毛に使えるグッズを利用し正しいケアを心がけることで印象のよいイケメンになることができます。 くせ毛を活かすおすすめのヘアスタイル6選を参考に、自分の髪質とくせ毛に合ったベストなヘアスタイルに挑戦してみましょう。

次の

長年のくせ毛でも前髪は作れますか?

くせ毛 強さ

どうしてすぐ痛むの? 気になりますよね。 さて、パサパサで艶がないくせ毛やチリ毛をなんとか 上手にケアできないのでしょうか? くせ毛の乾燥は• ブラシやドライヤーの使い方• 静電気への対策• シャンプーの見直し などなどで改善が期待できます。 また、馴染みのない方法かもしれませんが、 ナイトキャップを使うとつ改善できる可能性があるそうです! ナイトキャップがどんなものかと言うと…、 これですね。 「お仕事って大変なんだな…」 と、社員の声が聞こえてきましたが、これも皆さんのお役に立てるコンテンツをつくるため。 きっといつかわかってもらえると信じています。 さて、今回の内容は• くせ毛が乾燥しやすい原因• 簡単にできる対策方法 などなど。 また実際に ナイトキャップを使用してみて、ビフォーアフター写真とともにまとめてみました。 さらに、 顕微鏡を使えばもっと効果がわかりやすいんじゃないか? と、いうことでビフォーアフターを顕微鏡で観察できるか試して見ました! 簡単にできるくせ毛の乾燥対策はどんなものか? 果たしてナイトキャップにはどんな結果があるのか? くせ毛の乾燥で悩んでいる人はぜひ参考にしてみてくださいね! くせ毛が乾燥しやすい原因は? まず、 くせ毛が乾燥しやすい原因を知りましょう。 くせ毛は髪質がデリケート くせ毛の人は、ちょっとしたことでも傷みやすく、 そもそもの髪質がとても乾燥しやすいというリスクを負っています。 ちょっと詳しく解説しますね。 髪のうねりにより髪と髪同士で摩擦が起こり、そのダメージによりキューティクルが剥がれ、その 剥がれたキューティクルから水分が失われやすくなっています。 また、髪のうねり・捻りにより直毛の人よりも髪同士の間で空間ができがちなので、 髪が空気に触れる表面積が大きく、これまた水分がより蒸発しやすいという特徴が。。。 髪の水分が失われる事で髪の乾燥が進み、コルテックスの水分バランスが崩れ、よりくせ毛がひどくなるので、乾燥を防ぐ事がすごく大事なのです。 ちなみに、クシでといたら絡まったり引っかかったりすることがほよく起こっていませんか? 酷いと途中でプチ・・・と切れたり。。。 くせ毛は1本の毛の中でも細いところと太いところが入り混じっています。 そのためクシやブラシでといても引っかかりやすく、切れ毛や枝毛でパサパサに! 摩擦ダメージが大きい 前述したように、くせ毛でうねった髪は、 髪同士で擦れ合ったり、服やタオルでの摩擦抵抗を大きくするため 髪の表面のキューティクルが剥がれやすい傾向が! そのため髪がパサパサに乾燥しやすいです。 キューティクルは外からのダメージを防いでくれる役割も持っているので、そのキュ-ティクルが剥がれてしまうと、鎧を付けずに丸裸で矢が降り注ぐ戦場に飛び込んでいるようなものなのです。 「トリートメントを使ってみよう」 「艶がないからとりあえず艶が出るスタイリング剤を使おう」 「パサパサしてるからワックスやヘアクリームを塗っておこう」 これらのものがありますね。 もちろん効果が出るのならそれでOKです! でも、これだけで 効果を実感しにくいのならどうしましょうか? せっかく手入れをしているのに、効果が出ない。 もし髪の乾燥やパサパサ、くせ毛が進行してしまったらちょっと悲しいですね。 どうしたらくせ毛が艶々に潤うようになるのか。 パサパサ乾燥 改善に効果が期待できる方法をお伝えしていきます! 【対策】くせ毛の乾燥やパサパサ髪を防ぐ方法はコレ さて、どうしたらくせ毛の乾燥やパサパサを防げるのか? ちなみに今からお伝えする方法は、かなり地味な方法です 笑 秒速でくせ毛の乾燥がツヤツヤになる! そんな夢みたいな方法ではないものの、効果は期待できますので、ぜひトライしてみてくださいね! まずは髪を切る! もし、お手入れをおろそかにしていたのなら 、枝毛や切れ毛の蓄積で毛先がボロボロになっているかもしれません。 まずは、 枝毛や切れ毛をカットするべく髪を切りましょう。 そのままにしておくと枝毛は進行しする可能性が大です! ボロボロな部分はまず切るのが一番。 「傷みを修復するトリートメント」と書かれた市販のヘアケア用品使っても今ある枝毛は消えません。 なるべく多く切ったほうがいいですが、どうしても髪形を変えたくないという人は美容師さんに「枝毛だけ切ってください」とオーダーしてみましょう。 美容師さんは枝毛だけを選別してカットしてくれるはずです! 関連記事 髪のとき方 くせ毛の人は、次にご紹介する髪のとき方を試してみてくださいね。 まず、目の荒いざっくりしたクシで毛先だけを先にとき、徐々に中央から、そして最後に根元からクシを通します。 次に、目の細かいコームもしくはブラシでときます。 この時も同様にまずは毛先だけを先にとき、順番に根元の方にずらしてといていきます。 いきなり目の細かいコームやブラシで根元からギューっととくようなことはしない方が懸命です。 毛が絡まって、キューティクルが傷つき、パサパサ髪へ一直線です。 ドライヤーのあて方 内側や根元も含めて、しっかりと乾かしましょう。 ドライヤーの風は、上から下に向けてあてるようにし、根元から毛先に風が流れる道を作るようにすると熱のダメージが少なくてすみます。 手で湿り気を確認しながら、 内側や根元までしっかり乾かしてください。 濡れた髪は傷つきやすくてくせ毛の人は絶対にNGです。 内側や根元から傷むと髪が広がりやすくなり、さらにパサパサな印象を与えてしまいます。 特に男性は、ある程度乾いたら満足してドライヤーを終了してしまう人が多いようですが、濡れたくせ毛を侮ってはいけません。 関連記事 紫外線対策 髪に 紫外線が当たらないよう特に春~夏は帽子をかぶるのがおすすめです! なるべく直射日光があたらないように日陰を歩いたり、地下を通るようにするといった工夫をしてみるのもいいですね! こうした日々の努力で随分紫外線がよりカットできます。 春夏にこれらに気をつけて紫外線対策をして過ごすと、秋冬の髪の乾燥やパサパサが予防できるので、かなりオススメです。 また、塗れた髪はキューティクルが開いており、そこに紫外線を浴びるともろにダメージが加わります。 一気に傷みますので、繰り返しになりますが、「塗れたくせ毛を侮ってはいけません」のパート2です! 雨上がり、プールのあと、シャワーのあとなどはしっかりと乾かしておきましょう。 静電気対策 冬の静電気対策でおすすめなのが、下着や服、マフラー、帽子などの素材で化学繊維のものを身に着けないことです。 綿や麻をはじめ、自然素材のものをつけるように変えると、静電気はかなり軽減されます! 保湿力のあるシャンプーを使う 日々のヘアケアグッズも見直してみましょう。 シャンプーのボトルの裏面に成分表記が記載されていると思うのですが、ここで注目してほしいので「水の次に表記されている成分」。 じゃあどんな界面活性剤がダメかというと、それは「ラウリル硫酸ナトリウム」「ラウレス硫酸ナトリウム」といった、「硫酸」が付く成分を含んでいるシャンプー。 これらは石油系界面活性剤と呼ばれるもので、洗浄力が強いので汚れをしっかり落としてくれるのですが、洗浄力が強すぎるので髪や頭皮の必要な油分を取りすぎてしまい、乾燥をより促進させていまいます。 じゃあどんなシャンプーが良いのかというと、、、、それは「アミノ酸シャンプー」です。 最近じゃすっかりメジャーですよね。 くせ毛の人のシャンプーの選び方の基準についてはこちらで詳しく解説しているので、チェックしてみてくださいな。 ナイトキャップはくせ毛改善に効果があるのか?試して見た! 「メンズのくせ毛乾燥対策に ナイトキャップが効果がある」 そんな情報をキャッチしましたので、 本当に効果があるのか実験してみました! ナイトキャップというのは、寝るときにかぶる帽子のこと。 ツバや縁取りがなく、シンプルなキャップです。 柔らかい素材でできているので、着けたときに圧迫されることもなく、長時間着用できました! ナイトキャップがくせ毛の人にオススメな理由 ナイトキャップは寝るときに着用すると、髪の広がりや乱れを防いでくれるので、寝ている間に髪が布団でこすれたり、髪同士がからまったりすることがなく、 摩擦ダメージが最小限に抑えられるそうです。 この辺りから、くせ毛の人にはかなりオススメできると思います。 また、私たちの体は 寝ている間に成長ホルモンを分泌します。 これは細胞を生み出したり、修復したり私たちの体の成長に関わるホルモンで、もちろん頭皮や髪にも影響しています。 この成長ホルモンの影響で、睡眠中は特に頭皮の細胞の一連の働きが活発になります。 この時に ナイトキャップで保温と保湿をすると、成長ホルモンとの相乗効果で、頭皮が潤い、頭皮のターンオーバーが正常化されるようになります。 頭皮が元気になれば、元気な髪を産み出せるようになり、パサパサした髪もしっとり艶やかに! このような理由から、 ナイトキャップを使用すればキューティクルが整い、乾燥対策につながるとのことです。 次に ナイトキャップを被って一晩ねてみます! 一晩おいた結果… 最近髪を切ったばかりなのでわかりにくいですが、普段よりも寝癖は収まっていますね。 ナイトキャップは保温効果があると前述しましたが、頭が暑くなったりといった事は特に感じなかったので、もし寝起きのスタイリングが大変!と悩んでいる人はナイトキャップはアリかもしれません。 あと、メンズ用の割とかっこ良いナイトキャップもありますよ。 まずノリでプレパラート ガラスの板 に観察したい毛を固定! これで1〜2日間放置してノリを乾燥させます! プレパラートから毛をゆっくり取り除いて、乾いたノリの形を観察するとキューティクルの状態が見えるそうです。 毛を取り除く前に、 のぞいて見ると… ・ ・ ・ ・ ・ 正直なところ、 安物の顕微鏡を買ってしまった為、今回のやり方で顕微鏡で観察をしても明確な違いが確認できませんでした。 しかし実際にナイトキャップを使用してみた感覚としては、寝癖おさまるし翌日のセット時に髪がまとまっててセットしやすい気がしたので、まあ対策としてはアリなのかな? でも、対策としてはやっぱり YOU TOKYOのシャンプーが一番ですね!!(ダイレクトマーケティング).

次の