闇 営業 芸人 死亡。 芸人も犠牲者?吉本興業、闇営業蔓延の裏に“多額マージン抜き&仕事分配不足”問題

お笑い芸人による闇営業問題

闇 営業 芸人 死亡

6月7日発売の「FRIDAY」(講談社)がスクープした、カラテカ 入江慎也による「反社会的勢力との闇営業疑惑」である。 その内容とは、2014年12月に開かれた大規模詐欺グループの忘年会に、雨上がり決死隊の 宮迫博之、ロンドンブーツ1号2号の田村亮らが出席したというもの。 その間を取り持ったとして、入江はすでによしもとクリエイティブ・エージェンシーを解雇。 宮迫や田村亮ら人気芸人も「金銭は受け取っていない」としつつも、SNSやラジオで謝罪することとなった。 続く6月14日発売の「FRIDAY」誌上でも、同じ詐欺グループを率いる首謀者の誕生日会に入江やムーディ勝山、くまだまさしらお笑い芸人たちが参加していたことが、写真とともに掲載された。 さらに6月18日発売の「FLASH」(光文社)では、「ノーギャラだったというのは嘘。 宮迫さんは100万円を受け取ったはず」といった趣旨の関係者証言も報じられている。 では、それでも芸人らは「反社会的勢力だとは知らなかった」という通り一遍の説明でうやむやにしてしまうのだろうか? お笑い業界に詳しいある放送作家は、次のように語る。 ただ、そのパーティーに呼ばれた芸人たちは、本当に知らなかったかもしれないです。 たとえば宮迫さんや田村亮さんは『金銭は受け取ってない』と強調していますが、実際、彼らぐらいのキャリアがあって、わざわざ闇営業のギャラほしさに忘年会に出席したとは考えづらい。 酒の勢いでパーティーに参加したというのが実際のところではないかと僕は思いますけどね。 また、2014年末といえば、入江さんが『イリエコネクション』という会社を立ち上げようと奔走していた時期と重なります。 そんな話を聞いて、おれらもひと肌脱ごうと、先輩芸人らが加勢したとも考えられます。 今回の件で、ほかにも動画ネタや金銭授与の証拠が隠されているなら、吉本興業は先回りにして、宮迫さんたちですら解雇してますよ。 だって、あの島田紳助さんですら切ったわけですから(島田は2011年に芸能界を引退)。 それぐらい、今や大企業となった吉本興業は黒社会と一線を引くことにこだわっているんです。 宮迫さんや亮さんは確かに売れっ子ですが、彼らをクビにしても、その穴を埋められる芸人はほかにもゴロゴロいる。 しかし、入江さんは脇が甘すぎた。 詐欺グループだと知らないわけがないし、そんな場所に事務所を通さず芸人仲間を連れて行き、写真を撮られまくってたわけですから、今まで明るみに出なかったほうが奇跡ですよ。 とはいえ、入江さん経由でパーティーやら忘年会で闇営業をしていた芸人はほかにもたくさんいますから、彼らはいつそれが明るみに出るんじゃないかと、戦々恐々としてるそうですよ」 入江を切る絶好のタイミングだった 同じく闇営業をしていたという芸人・楽しんごは、3月末によしもとクリエイティブ・エージェンシーを解雇済み。 入江事件から広まった一連の闇営業問題に対し、「闇営業なんてみんなやってるわ!」とSNSで声を荒げてみせた。 では実際問題、闇営業というものはそこまで広く行われているものなのか? 吉本興業に近いあるスタッフはこう話す。 「パーティーでの余興だけでなく、どこぞの社長との会食終わりにタクシー代をもらう、セレブの誕生日会に参加して謝礼をもらうなど、広い意味での闇営業には、多くの芸人が関与しているのは間違いない事実。 特に吉本所属の芸人が圧倒的に多いのですが、それは、よく知られている通り、吉本の若手芸人は給料だけではとても食べていけないから。 吉本の場合、ひとりのマネージャーが30人ほどの若手を担当することさえ珍しくないので、マネージャーが担当芸人のすべてを熱心に売り込んでくれる可能性など極めて低く、となれば若手自らが仕事を取ってくるケースのほうが多い。 そのため、事務所を通すのがバカらしくなってくるのも当然で、そこにイリエコネクションを立ち上げた入江という先輩がいたら、頼ってしまうのも仕方ないと僕は思います。 年商1億円ともいわれたイリエコネクションは、企業PRやコンサルがメインの会社で、当然ながら夜の付き合いも多かったと聞きます。 彼が得意とする社長人脈に芸人人脈を絡ませ、利益を得る……入江さんはある意味、誰も損しないマッチングビジネスだと勘違いしてたんでしょうね。 しかし吉本内にも、若手に平気で闇営業を斡旋するイリエコネクションをよく思ってない人間がいて、今回の一件は入江さんを切る絶好のタイミングだったのかもしれません」.

次の

【闇営業芸人一覧メンバー】宮迫博之、田村亮ら芸人11人を謹慎処分|LDs

闇 営業 芸人 死亡

話題になっている上岡龍太郎さんのコメントは、 1987年から1998年まで放送されていた深夜トーク番組「 パペポTV」で語られたものです。 当時の上岡龍太郎さんは47歳。 今年2019年3月20日で77歳の誕生日を迎えられました。 今の若い世代にはピンとこない名前かもしれませんが、 上岡龍太郎さんは「芸は一流、人気は二流、ギャラは三流。 恵まれない天才、私が上岡龍太郎です」といううたい文句で、 大阪のテレビ界の人気を席巻していた 超人気芸人です。 上岡龍太郎がパペポTVで語ったコメントの内容とは?【動画】 吉本芸人の闇営業に関連して話題となっている上岡龍太郎さんの コメントでは、 芸人と暴力団やヤクザとの癒着について触れられています。 芸人っていうのは、なんやゆうたら落ちこぼれ人間です。 社会のはみ出し者、アウトロー、いわば暴力団と一緒です。 ですから我々とヤクザは一緒。 それから芸人とヤクザが癒着したらあかんゆうけど嘘あんなの。 根が一緒だから癒着もなにも、元々同じタイプの人間やからね。 上岡龍太郎さんのコメントより 上岡龍太郎さんのコメントはさすが言葉選びが話題性に富んでいるな~という感じですが、 これを言い換えればつまり「 芸人もヤクザも共通する部分があって、だから癒着(闇営業)も起こる」ということでしょうか。 さらに上岡龍太郎さんは上のコメントに続けて、芸人とヤクザの共通点をこのように語っています。 できるだけ楽したい、みんなと一緒のことはしたくない、それでいてチヤホヤしてほしい、お金はようけもらいたい。 ほとんどこうゆう考え方の人間が芸人かヤクザになるんですね。 ただ向こうは腕が達者で、こっちは口が達者だったってゆうだけの話。 上に生えている木が違うからみんな違うって思てるけど根はおんなじですから。 上岡龍太郎さんのコメントより なるほど、この考え方から行くと芸人と暴力団など反社会組織とのつながりや闇営業は、 同業者の集まりといったところでしょうか。 似た者同士付き合いやすい部分があるのかもしれません。 上岡龍太郎さんの コメント動画 全編はこちらをご覧ください! 上岡龍太郎のコメントに対する世間の反応は? 上岡龍太郎の闇営業や芸人と暴力団の癒着に切り込んだコメントには多くの反響が寄せられています。 ネット上では闇営業や癒着の良し悪しは別の問題としつつも、「 本質を突いてると思う」「 さすが天才芸人」といった約30年前のコメントに対する驚きの声が挙がっていますね。 やはり上岡さんはすごい。 こんなに尊敬できる芸人さんは他にいないと思う。 本質を理解している。 だからこそ、すっぱりと辞めれたんですね。 — 西の国から KacheXy パペポ懐かしい!当時はホンマにおもしろかった。 上岡龍太郎よかったわー— ボス pinturihhiko まあね、言い得て妙。 あの頃、あの「横山やすし」師匠も生きていらっしゃったからなあ。 確かに言っていることには妙なリアル感がある。

次の

お笑い芸人による闇営業問題

闇 営業 芸人 死亡

「事務所に内緒でやるなんて、相当悪いことしやがって……」って思っている方、それも違います。 事務所を通さない直営業を認めるかどうかは事務所によって考え方とか判断が違うんです。 例えば僕が所属するサンミュージックの場合は、契約書にも書いてある通りダメなんです。 ところが吉本興業さんや他の事務所では、グレーゾーンだったり、金額によってはOKだったり、報告だけすればいいところもあります。 直営業を認める会社がある理由はほかにもありますよ。 例えば10万円で飲み屋でネタをやる仕事があったとして、事務所を通すと半分の5万は事務所に持っていかれ、コンビだと2人分の税金が取られて残るのは4万円。 分けると2万円ずつしか入らないんです。 だから会社によっては、「10万円ぐらいなら小遣いとしてもらいな」って言うところも実際にあるんです」 さらに、吉本興業ホールディングスの大﨑洋会長が「Business Insider Japan」の取材に応えたコメントを引用すると、「 芸人、アーティスト、タレントとの契約は専属実演家契約。 それを吉本の場合は口頭でやっている。 民法上も、口頭で成立します」と発言している。 そこには、どうも「直の営業禁止」とは言及されていないようだ。 なぜなら、大﨑会長は「 闇営業という言葉を、今回のことで初めて知りました。 要は会社を通さない仕事で、ぼくが入社したときからあって、いまもある。 どしどしやりなさいとは言わないが」と述べている(BUSINESS INSIDER JAPAN 7月13日)。 どうやら、直の営業は、現役お笑い芸人が認識している芸能界のサブカルや慣習に照らしても、特にアウトではないということが、これらのコメントから伺える。

次の