カウント グリ シュナック。 メイヘム

ブラックメタル、インナーサークル

カウント グリ シュナック

ドイツ・シュロトハイム公演 2015年8月 基本情報 別名 The True Mayhem 出身地 結成時 現在 ジャンル 活動期間 - - - 現在 レーベル Posercorpse Music 公式サイト メンバー Vo Ds B テロック G 旧メンバー メイヘム( Mayhem)は、ので結成された・。 後にに拠点を移している。 初期ブラックメタルシーンの中核的な存在であり、ブラックメタルサウンドの一形態を確立したという点において、、と並ぶバンドである。 その狂暴な音楽性のみならず、のの自殺、およびバンドの中心人物であった(Euronymous)が(Varg Vikernes)に殺害された事件によって悪名高い。 テロック G 2015年 に()、トルルス()、グレン・ラーセン()、エスペン・モーテンセン()によって結成される。 バンド名はのMayhem with Mercyという曲から付けられた。 このラインナップでのメイヘムは1984年に解散している。 同年、デストラクター(オイスタイン・オーシェト(後にユーロニモスと名乗るようになる)、ギター・ボーカル)、(ベース)、マンハイム(ドラム)により新たに結成され、正式に活動を始める。 に1stデモ『Pure Fucking Armageddon』をリリース。 同デモではユーロニモスがボーカルを執ったが、同年には専任のメシア ボーカル が加入。 ユーロニモスは専任となる。 その後、短期間でメシアは脱退し、マニアック ボーカル が加入。 にはミニアルバム『Deathcrush』がのPosercorpse Musicより発表される。 同ミニアルバムには、メシアがボーカルを執った音源とマニアックがボーカルとを執った音源が混在している。 この頃はまだヴェノムや影響下のを完全には脱していなかった。 リリース後には、マニアックとマンハイムが脱退する。 この脱退を受けて、キッティル・キッティルセン ボーカル 、トルベン・グルエ ドラム が加入するが、この2名は短期間で脱退する。 に(ドラム)と(ボーカル)が加入する。 デッドはのメンバーも在籍していたスウェーデンのバンドの元メンバーであった。 メイヘムではライヴでの過激なパフォーマンスに加え、コープスペイントと呼ばれるブラックメタル特有の死化粧のパイオニアとしてその名を馳せていたが、にショットガンで頭を撃って自殺した。 デッドはに参加することはなかったが、に、にので行われたライヴの模様を収めた『Live in Leipzig』がからオフィシャルでリリースされた。 またには、デッドの遺体を最初に発見したユーロニモスが撮影したとされるデッドの自殺体写真がジャケットであることで有名な、1990年、ノルウェーのでのライブを収録したハーフ・オフィシャル・ライブアルバム『』が初版されている。 また、デッドの自殺と同時期に、ネクロブッチャーがメイヘムを脱退した。 ネクロブッチャーはデッドと親しく、デッドの自殺が脱退の要因ではないかといわれている。 これにより、ベースとボーカルが空席となってしまう。 『De Mysteriis Dom Sathanas』のレコーディングに入っても正式メンバーは定まらず、セッション・メンバーとして、ボーカルに当時のメンバーでもあった人の、ベースにの カウント・グリシュナック を加えてのにて録音を行う。 、1stアルバムのレコーディングに携わったヴァルグ・ヴィーケネスによりユーロニモスが殺害されるという事件が起こる(両者間の個人的な金銭トラブルに加え、飽くまでブラックメタルはアンダーグラウンドであるべきと徹底するユーロニモス、それに反して大手音楽レーベルとの契約締結を果たしたヴァルグ、双方の齟齬から次第に発生していった不仲が主な原因とされる)。 これによりバンドは解散状態となるが、初のフルアルバムとなる『』は5月、亡きユーロニモス自身が立ち上げたカルトレーベル、から無事発売された。 同アルバムがデスライク・サイレンス・プロダクション最後のリリース作品となった。 このアルバムはブラックメタル史に名を刻む大傑作として知られており、多くのブラックメタルバンドに多大な影響を与えている。 中心メンバーであったユーロニモスの死去によりバンドは一度解散したものの、1994年にヘルハマー(ドラム)を中心に、(ギター)、ネクロブッチャー(ベース)、マニアック(ボーカル)の4人により再結成される。 その後、のから1997年にEP『Wolf's Lair Abyss』をリリース。 その後、Misanthropy Recordsがし、のに移籍する。 移籍後、にライヴ・アルバム『Mediolanum Capta Est』をリリースする。 それから間もなく、のに移籍。 2000年に6年ぶりのフルレンス・アルバム『A Grand Declaration of War』をリリース。 同アルバムは、でから日本盤がリリースされた。 また同年にフランスので行われたライヴが、翌にライヴDVD『European Legions - Live in Marseille』としてリリースされた。 同がメイヘム初のオフィシャル映像作品となった。 また同DVDを・音源化した『Live in Marseille 2000』も500枚限定でリリースされた。 同CDは、後に300枚限定で再リリースされた。 また、同DVDと同タイトルのコンピレーションアルバム『European Legions』が同年にリリースされている。 また、2001年には一度マニアックが脱退を表明した。 この脱退表明自体は、撤回されマニアックは残留したものの精神的に不安定な状態が続いた。 からは各メンバーがサイドプロジェクトを始動させるなどして、ライヴ活動を行わなくなり解散説が流れたりした。 に3rdアルバム『Chimera』をリリース。 リリースに伴うヨーロッパツアーの後、2004年6月にマニアックは脱退し、現在は、1stアルバムでセッションボーカルを務めたアッティラ・シハーが後任として加入している。 アッティラ加入後も、活動は活発化せずライヴはたびたびキャンセルされるなど不安定な状態が続き目立った活動はなかなか行われなかった。 このため、再び解散説が流れたりもした。 からようやく活動を活発化させ、ライブ活動も盛んに行うようになる。 に4thアルバム『Ordo Ad Chao』をリリース。 、ブラスフェマーが「メイヘムでやるべきことはすべてやり尽くした」との理由により脱退。 ブラスフェマーは脱退後、に移住し、バンド、Ava Inferiでの活動に専念している。 ブラスフェマー脱退後、正式なギタリストの加入は無く、2名のライヴ・ギタリストを加えて活動を継続していたが、にテロック ギター が加入した。 6月、5thアルバム『Esoteric Warfare』をリリース。 同アルバムは、『エソテリック・ウォーフェア~密儀戦乱』とが付けられ、より日本盤がリリースされる。 この日本盤はメイヘム初の日本プレス盤となる。 とブラックソーンによるギタープレイは90年代のブラックメタルのスタイルを確立したものとして評価されている。 のFenrizはインタビューでこう答えている。 「 彼らのギタープレイは から着想を得たものだ 」そして、「彼らの作ったリフは 90年代に現れた幾多ものブラックメタルバンドにとって、新たな秩序となったんだ。 」と語っている。 メンバー [ ] 現メンバー [ ]• : (1993、2004- ) はセッション参加。 に正式加入。 : (本名 Jan Axel Blomberg、1988- )• : テロック Teloch 2011- 旧メンバー [ ]• ボーカル: トルルス Truls 1983-1984• ボーカル: メシア Messiah 本名 Billy Nordheim、1986-1987• ボーカル: キッティル・キッティルセン Kittil Kittilsen 1988• ボーカル: 本名 Per Yngve Ohlin、1988-1991• ボーカル: マニアック Maniac 本名 Sven-Erik Kristiansen、1987、1994-2004• セカンド・ギター: ブラックソーン Blackthorn 本名 Snorre Westvold Ruch、1992-1993• ギター: Blasphemer 本名 Rune Ericksen、1995-2008 にも参加。 現在はのバンド、のリーダー。 ベース: グレン・ラーセン Glenn Larsen 1983 - 1984• ベース・ボーカル: オカルタス Occultus 本名 Stian Johannsen、1991• ベース: 本名 Varg Vikernes、1993 レコーディング時のセッションメンバー• ドラム: エスペン・モーテンセン Espen Mortensen 1983-1984• ドラム: マンハイム Manheim 本名 Kjetil Manheim、1984-1987• ドラム: トルベン・グルエ Torben Grue 1988 ライヴ・メンバー [ ]• : アレクサンデル・ノルドグレン Alexander Nordgaren 1997-1998• ギター: サンラブ Sanrabb 2004• ギター: イヒザーグ Ihizarg 2004-2005• ギター: シルマエス Silmaeth 2008-2011• ギター: モルフェウス Morfeus 2008-2012 で活動• ギター: Charles Hedger 2012- タイムライン [ ] 詳細は「」を参照 スタジオフルアルバム [ ]• 1994年 狂魔密儀 De Mysteriis Dom Sathanas タイトルはラテン語で直訳すると「主サタンの神秘について」の意。 ジャケットの建物はといい、とはアルバムのリリースに合わせてこの聖堂を爆破する計画をたてていたといわれている。 2000年 グランド・デクラレイション・オヴ・ウォー A Grand Declaration of War• 2004年 キメラ Chimera• 2007年 オルド・アド・チャオ Ordo Ad Chao• 2014年 エソテリック・ウォーフェア~密儀戦乱 Esoteric Warfare デモ・EP [ ]• 1986年 Voice of a Tortured Skull (デモ)• 1986年 Pure Fucking Armageddon (デモ)• 1987年 破滅死 Deathcrush (EP) 本EPの一曲目に収録されている楽曲"Silvester Anfang" ドイツ語で「新たな年の始まり」の意 はドイツの音楽家、によってかかれた曲である。 が約束もなしに彼の自宅を訪問し、その後親しくなってから送ってもらった曲だという。 1997年 ウルフズ・ライアー・アビス Wolf's Lair Abyss (EP)• 2009年 Life Eternal EP 3000枚限定リリース。 EPだが、DVDケースサイズでスリップケース、仕様となっている。 収録曲は、1stアルバム『 De Mysteriis Dom Sathanas』のラフミックスヴァージョン5曲。 の、Saturnus Productionsからリリースされ、がした。 ライヴアルバム・コンピレーションアルバム [ ]• 1993年 ライヴ・イン・ライプツィヒ Live in Leipzig (ライヴアルバム)• 1999年 Mediolanum Capta Est (ライヴアルバム)• 2001年 European Legions (コンピレーション)• 2001年 ライヴ・イン・マルセイユ2000 Live in Marseille 2000 (ライヴアルバム) 500枚限定。 に300枚限定で再発。 再発盤は独占販売。 映像作品 [ ]• 2001年 European Legions - Live in Marseille ライヴDVD• 2002年 The Studio Experience ボックスセット• 2008年 Pure Fucking Mayhem 日本公演 [ ]• 2008年 EXTREME THE DOJO Vol, 20• 2010年• 2014年• 2017年 注釈 [ ]• ライブ音源7曲とプリ・プロダクション5曲が収録されており、ライヴ音源はで行われたライヴの音源である。 2001年リリースの、 European Legions - Live in Marseilleを音源化したもの。 脚注 [ ]• - sputnikmusic・2015年7月31日閲覧。 All Media Guide. 2015年7月31日閲覧。 "狂魔密儀" [CDライナー]. メイヘム 『De Mysteriis Dom Sathanas』のアルバム・ノーツ : ANTI-MOSH-006. 2000年. "グランド・デクラレイション・オヴ・ウォー" [CDライナー]. メイヘム 『Grand Declaration Of War』のアルバム・ノーツ : MAR 00578. "キメラ" [CDライナー]. メイヘム 『Chimera』のアルバム・ノーツ : SOM084. "ライヴ・イン・マルセイユ2000" [CDライナー]. メイヘム 『Live in Marseille 2000』のアルバム・ノーツ : SOM042-OBI. "オルド・アド・チャオ" [CDライナー]. メイヘム 『Ordo Ad Chao』のアルバム・ノーツ : SOM150. Sharpe-Young, Garry. 2016年1月27日時点のよりアーカイブ。 2013年6月23日閲覧。 Ganderson, Adam September 2009. 's Secret History of Black Metal. 16—18. Cuesta, Emilio May 2005. Parabellum『Tempus Mortis』のアルバム・ノーツ. Stockholm, Sweden: Blasfemia Records. motion picture. Variance Films.. 2009年• Kory Grow:. コンラッド・シュニッツラー公式サイト 2011年12月16日11時40分更新 外部リンク [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するメディアがあります。 (英語)• (英語)• (英語)• (英語).

次の

バーズム

カウント グリ シュナック

ヴァルグ・ヴィーケネス(2009年) 基本情報 別名 カラシニコフ Kalashnikov 1988 ウルク=ハイ Uruk-Hai 1988 - 1991 出身地 ジャンル 活動期間 - - レーベル シモフェン・プロダクションズ () ベロボーグ・プロダクションズ 公式サイト メンバー 、、、、 バーズム Burzum、バーザム、又はブルツムとも表記される、英語発音: 、ノルウェー語発音: ノルウェー語: は、 Varg Vikernes による・のプロジェクト・バンド。 から前身のプロジェクトの下、楽曲の作成を始めているが、音源自体は現在の名前に改名後の1st『Burzum』が最初にされた作品となる。 バンド名はの『』に登場する国・における ()()で「闇」を意味する burz に複数形の接尾辞 -um を足したものである。 また Count は一般には「伯爵」の意だが、ヴァーグ自身の主張によれば、語源であるの Comtes 仲間 を意識しているという。 このプロジェクトバンドは、ノルウェーの初期ブラックメタルシーンで活動し、ブラックメタルにおいて最も影響力のあるバンドの一つとなった。 ヴィーケネスは、1月から3月の間に、最初のアルバム4枚分の楽曲をレコーディングしている。 しかし、これらすべてがリリースされるまでにはかなりの時間を要することになった。 この判決による服役中に、ヴィーケネスが小型のしか持ち込みを許可されなかったことから、2枚のアルバムをレコーディングしている。 ヴィーケネスはの信奉者として有名で、的色彩の強いの一種である Wotanism や Odalism の信奉者でもあるが、バーズムで扱うテーマはもっぱら指輪物語とからヒントを得ており、ヴィーケネスはバーズムを政治・宗教的信条の宣伝としては使っていない。 また、ヴァーグはメタル、ひいてはロックが黒人音楽にルーツを持つことを否定的に捉えているが、メタル自体に対しての否定はしていない。 バーズムは、前身のバンドとレコーディング時のサポートメンバーを除けばヴィーケネス以外のメンバーが在籍したことはなく、今までに一度もを行ったことはない。 ヴィーケネス自身も、ライヴを行うことには興味がないと発言している。 メンバー [ ]• セッション・メンバー [ ]• Euronymous : ギター 1stアルバム『Burzum』の「War」で、2ndアルバム『Det Som Engang Var』のイントロとアウトロのギターを担当した。 また、同アルバムの「Dungeons of Darkness」ではを鳴らす際にサポートしている。 エリック・ランスロット Erik Lancelot :ドラムス 極短期間セッションメンバーとなったが、バーズムでの活動は実質的には無かった。 略歴 [ ] ヴィーケネスの経歴などについてはを参照 初期 1988 - 1992 [ ] ヴィーケネスは、に カラシニコフ Kalashnikov というバンドをヴィーケネスに加えて、との3名で結成し、音楽活動を開始している。 このバンド名は、ヴィーケネスの好きな・の愛称(設計者の)から採られている。 このバンドは、すぐに ウルク=ハイ Uruk-Hai というバンド名に変更された。 こちらのバンド名はの『』に登場する亜人種の名前から採られた。 こちらにも引き続き2名のメンバーが参加していたが、ウルク=ハイは徐々にリハーサルすら行うことはなくなっていたようである。 からにかけて、ヴィーケネスはとして、バンド、 ()に参加。 この時期に、ウルク=ハイも、活動を休止となっている。 同バンドには、後にを結成するメンバーがいた。 ヴィーケネスは、オールド・フューネラルのEP『Devoured Carcass』に参加するが1991年に脱退した。 脱退を機に、ウルク=ハイを バーズム Burzum に変更して、活動を本格化させる。 この時点で、バーズムはソロプロジェクトバンドとなっている。 2本のデモテープ(『Demo I』、『Demo II』)のレコーディングから間もなく、ヴィーケネスはノルウェーのブラックメタルシーンとのつながりを深めていく。 この2枚のデモがのから注目され、オーシェトが立ち上げた・と契約を結ぶ。 契約から間もなく、ヴィーケネス(バーズムでは カウント・グリシュナック Count Grishnackh のを使用)は、セルフタイトルアルバム『Burzum』をレコーディングしている。 ヴィーケネスのウェブサイトに掲載されている自伝によれば、ヴィーケネスは、可能な限りひどい音質でレコーディングすることを目論んでいた。 もっとも、1stアルバムは聴くに堪えうる音質になっている。 バーズムのデビューアルバムはにデスライク・サイレンス・プロダクションからリリースされた。 収録曲の内、「War」ではがリードギターを演奏している。 ヴィーケネスは、バーズムでは一度もライヴ活動を行ったことはないと述べているが、一時期、ライヴにも興味を持っていたとされる。 そのため、短期間ながらの Samoth がベーシストとしてバーズムに参加したことがある。 結局、サモスは1stEP『Aske』の2曲に参加したのみであった。 また、エリック・ランスロット Eric Lancelot がドラマーとして一時期バーズムにセッションとして参加したとされるが、結局バーズムの音源には一切参加せず、サモスと同じくライヴも行われていないため、一切バーズムの音源に関わっていない。 その後、ヴィーケネスがライヴで演奏することに興味を失ってからは、彼は「セッションミュージシャンを必要としなくなった」。 そのため、サモスとランスロットは間もなくバーズムから離れている。 この時期には、ユーロニモスとの関係が悪化し、ヴィーケネスはデスライク・サイレンス・プロダクションを離脱。 自主レーベル・シモフェン・プロダクションを設立している。 には、前年にレコーディングされた2ndアルバム『Det Som Engang Var』を同レーベルからリリースした。 獄中 1993 - 1999 [ ] 、ヴィーケネスはユーロニモスを。 に警察に逮捕された。 結局、ヴィーケネスはこのに加えて、数件のなどで起訴されている。 ヴィーケネスに判決が下る前日の、バーズムの3rdアルバム『Hvis Lyset Tar Oss』がリリースされた。 同アルバムの音源自体は、1992年にレコーディングされていたものである。 ヴィーケネスの服役中、バーズムは4thアルバム『Filosofem』をにリリースしている。 同アルバムの音源は、1993年3月に録音されている。 この音源は、ヴィーケネスが刑務所に収監される前に録音された最後の音源である。 ヴィーケネスが逮捕された後にリリースされた音源は、ティツィアーナ・ストゥーピア Tiziana Stupia によって、バーズムの音源をリリースするために立ち上げられた ()からリリースされている。 には、それまでのバーズムの音源をおさめた・ボックスセット『1992-1997』がリリースされている。 、オフィシャルサイトを通じて Burzum の活動停止を宣言した。 釈放後 2009 - [ ] ヴィーケネスはに釈放された。 釈放されてから間もなく、ヴィーケネスはバーズムの新しい楽曲の作成を始めている。 ヴィーケネスによれば、いくつかのレコード会社がバーズム11年ぶりの新作アルバムのリリースに興味を示したという。 この新アルバムは元々『Den hvite guden』(「白き神」の意)とタイトルされていたが 、最終的に『Belus』に変更された。 同アルバムは、ヴィーケネスの自主レーベル・ベロボーグ・プロダクション Byelobog Productions からにリリースされた。 また、同年中にヴァルグ・ヴィーケネスの1990年代初頭の人生を題材にした映画が公開されるとアナウンスされた。 この映画は、主に『ブラック・メタルの血塗られた歴史』 Lords of Chaos からインスピレーションを受けており、同名で作成されるとされていた。 ヴィーケネスは、この映画にも、ベースとなるとされた映画にも軽蔑の意を示している。 に、8thアルバム『Fallen』をリリース。 さらに同年には、1stアルバム『Burzum』から2ndアルバム『Det Som Engang Var』までの楽曲をリレコーディングしたコンピレーションアルバム『From the Depths of Darkness』をリリースしている。 翌3月には、9thアルバム『Umskiptar』をリリースした。 同年、「Back to the Shadows」とタイトルされた楽曲がヴィーケネスの公式チャンネルに投稿された。 ブログの記事において、ヴィーケネスはこの「Back to the Shadows」が、バーズムとしてリリースする最後のブラックメタルの楽曲となると述べている。 、11thアルバム『The Ways of Yore』をリリースした。 歌というよりは、嘆き、泣きながらの絶叫といったヴォーカルである。 途中何の歪みのない声でぼそりとつぶやいたり、ウォー……と気だるそうな声で歌っているが、いずれにせよとても暗い曲調である。 生々しく物騒で、鬱々とした世界が読み取れる。 4th『Filosofem』ではヴォーカルや、ギターの歪みがとても強く、1st~3rdアルバムとはまた雰囲気の違う仕上がりとなっている。 だが、が「絶望論」というのも頷けるほど暗く、絶望的な心情を読み取ることができる。 1stアルバムのように、意図的に音質を悪くし、不気味で生々しく過激なブラックメタルを「 プリミティブ・ブラックメタル」とも呼ぶことがある。 また、絶望的でリアルな精神病の世界(鬱など)をあらわした音楽を「」ということもある。 この様な鬱な音楽のジャンルを確立したのがBurzumといっても過言ではないだろう。 ヴァルグがに収監された後に録音された後期の2枚のアルバムは完全なアルバム となっている。 これは刑務所の独房内にの持ち込みを禁止され、小型のの使用のみ許されたためである。 とはいえ、投獄前に製作されたアルバム、『Filosofem』の全6曲中の後半3曲もシンセを多用したインスト曲で構成されており、仮にユーロニモスのがなかったとしても、同じような方向性に向かった可能性が高い。 再始動後の Belus ではシンセサイザーによるインストゥルメンタル曲はなく、初期の作風に回帰している。 ただ、ヴォーカルはDarkthroneのTransilvanian Hungerのようになっており、典型的なプリミティブ・ブラックメタルになっている。 どのアルバムにも共通して言えるのは、シンプルなフレーズを何度も繰り返すことだろう。 また、アルバムのには、著名な画家の絵が用いられていることが多い。 3rdアルバム『 Hvis Lyset Tar Oss』と4thアルバム『Filosofem』のディスクジャケットには、ノルウェーの、 の絵が用いられている『 Hvis Lyset Tar Oss』には『 Fattigmannen』 1894-95 、『Filosofem』には『 Op under Fjeldet toner en Lur』 1900 が用いられ、それぞれのの中で用いられている絵もテオドール・キッテルセンのものである。 2ndアルバムと、3rdアルバムの日本盤はより発売されていたが、現在はになっており入手は困難である。 ただし、後に輸入盤に・を付けた日本国内仕様のものがから発売されており、そちらの入手は容易である。 ヴァルグは90年頃によく聞いていた音楽として、の89年リリースのデモテープとのHammerheartやBlood. Fire. Death、Old FuneralのAbduction Of Limbs、Pestilenceを挙げている。 92年頃からはのWithin The Realm Of A Dying Sunなども聞いていたという。 一方で、しばしば影響が指摘されるはBurzumを始めるまで聞いたことすらなかったと述べている。 ディスコグラフィー [ ] アルバム [ ] 以下、日本国内で発売されたことのある作品については〔 〕内に日本語タイトルを付記。 Burzum 1st Album• Aske Mini Album• 同年 Det Som Engang Var 2nd Album 〔トイズファクトリー盤:『涅槃宮』、輸入盤日本国内仕様:『無常の門』〕• Hvis Lyset Tar Oss 3rd Album 〔トイズファクトリー盤:『白昼夢』、輸入盤日本国内仕様:『虚無光』〕• Filosofem 4th Album 〔輸入盤日本国内仕様:『絶望論』〕• Belus 7th Album 〔輸入盤日本国内仕様:『ベリウス』〕• Fallen 8th Album 〔輸入盤日本国内仕様:『フォールン』〕• Umskiptar 9th Album 〔輸入盤日本国内仕様:『北欧神の化身』〕• The Ways Of Yore 11th Album コンピレーション・アルバム [ ]• 1998年 1992-1997• 2008年 Anthology• From the Depths Of Darkness Self-cover Album 〔輸入盤日本国内仕様:『フロム・ザ・ディプスズ・オブ・ダークネス』〕 コンピレーション参加作品 [ ]• 1998年 Presumed Guilty ("Et Hvitt Lys Over Skogen" 収録)• 2004年 Fenriz Presents... The Best of Old-School Black Metal ("Ea, Lord of the Deeps" 収録) トリビュート [ ]• 2002年 Visions• 2003年 A Man, a Band, a Symbol• 2003年 Wotan Mit Uns! 2005年 The Tribute• 2005年 Burzum Tribute Atakk• 2006年 Triumph und Wille• 2007年 Lost Freedom• 2008年 A Hungarian Tribute to Burzum: Life Has New Meaning• 2009年 Tribute to Burzum: When the Night Falls — Bethlehem Struluckt• 2010年 A Tribute to Varg Vikernes: Born to Be White• 2012年 Forsvunnet Filosofem: A Tribute to Burzum 脚注 [ ]• burzum. org. 2013年5月25日閲覧。 原文ママ。 正確なラテン語は comes, comitis。 マイケル・モイニハン、ディードリック・ソーデリンド『ブラック・メタルの血塗られた歴史』島田陽子訳、メディア総合研究所、2008年。 2005年. motion picture. Canada• dagbladet. no 2009年7月4日. 2013年5月25日閲覧。 burzum. org 2009年12月. 2013年5月25日閲覧。 2009年11月. burzum. org. 2013年5月25日閲覧。 2009年12月. burzum. org. 2013年5月25日閲覧。 burzum. org 2011年1月. 2013年5月25日閲覧。 burzum. org. 2012年2月4日時点のよりアーカイブ。 2013年5月25日閲覧。 外部リンク [ ]• (英語)• Burzum Study Group LLC (英語)•

次の

メイヘムとは

カウント グリ シュナック

ヴァルグ・ヴィーケネスの基本情報 ヴァルグ・ヴィーケネス 、 、1973年2月11日 - は、ノルウェーのミュージシャン、作家、殺人犯、元受刑者。 出生名は、クリスティアン・ラーション・ヴィーケネス であり、後に に改名している。 また、現在の法的な名前は、ルイ・カシェ。 音楽活動では、カウント・グリシュナック Count Grishnackh と名乗っている。 日本では、カウント・グリシュナックか、名前の英語読みのヴァーグ・ヴァイカーネスと書かれる事が多い。 1991年にソロプロジェクトのバーズムを結成し、ノルウェーの初期ブラックメタルシーンでの中心的な存在となる。 伝えられるところによれば、1992年、少なくともノルウェーのキリスト教の教会の3棟の焼失に、ノルウェーブラックメタルシーンのメンバーらと共に関わっていたとされる。 1993年初頭、ヴィーケネスはバーズムのアルバム4枚分の楽曲と、メイヘムの1stアルバム『De Mysteriis Dom Sathanas』のレコーディングに携わっている。 同年8月10日に、メイヘムのギタリスト、ユーロニモス オイスタイン・オーシェト が刺殺され、ヴィーケネスが殺人罪で逮捕・起訴された。 1994年5月、ヴィーケネスはユーロニモスの殺人と教会への放火罪によって、懲役21年の判決を受けた。 ヴィーケネスは、ユーロニモスの殺人については正当防衛を主張し、教会への放火については自身の責任を否定している。 刑務所に収監されている間、"オダリズム"の信奉団体・Heathen Frontに加入し、ゲルマン民族のペイガニズムに関する本を数冊出版している。 更に、ヴィーケネスはダーク・アンビエントアルバム2枚をバーズムのアルバムとしてリリースている。 約15年の服役を経て、ヴィーケネスは2009年初頭に仮釈放された。 釈放後、ヴィーケネスは妻子とともにフランスに移住。 移住後は音楽活動を再開し、作家活動も続けている。 ヴィーケネスは作家活動を通じて、ネオ=フェルキシュ・イデオロギー オダリズム の奨励を行っている。 このイデオロギーは、白人ヨーロッパ人が再び取り入れるべき"ヨーロッパ人本来の価値観"という考えを基礎にしている。 そこには、伝統的なペイガニズムの要素も含まれている。 そして、ヴィーケネスは や社会保守主義、 を主張している。

次の