加古川 バイパス 事故 今日。 加古川バイパス4台玉突き事故で小橋浩二、金哲寿容疑者の顔画像は?現場で事故が多い理由、事故原因も調査 │ オノマトペ

加古川バイパスペシャンコ軽自動車玉突き事故画像、スクラップヤバいしエグい、親子の死体は?

加古川 バイパス 事故 今日

北海道・東北• 東海・甲信越• 近畿・北陸• 中国・四国• 九州・沖縄• 25日午前10時半ごろ、兵庫県加古川市平岡町高畑の国道2号加古川バイパス上り線で、車4台が絡む事故があった。 県警によると、うち軽乗用車1台が前後のトラックに挟まれる形で押しつぶされ、乗っていた30代とみられる女性と子ども2人の計3人が死亡。 残る3台の運転手ら計3人がけがを負ったという。 県警高速隊によると、現場は片側2車線の直線道路の追い越し車線で、ゆるやかな上り坂。 軽乗用車は先頭の大型トラックと、3台目の中型トラックの間に挟まれて大破。 中型トラックの後ろに車を運ぶキャリアカーが衝突したという。 大型トラックの運転手の男性(47)が軽傷を負ったほか、中型トラックの60歳ぐらいの男性運転手と、キャリアカーの男性運転手(50)が病院に運ばれた。 いずれも意識はあるという。 県警は自動車運転死傷処罰法違反(過失運転致死傷)の疑いで捜査している。

次の

加古川バイパス

加古川 バイパス 事故 今日

加古川バイパス 玉突き事故が話題になっています。 この事故で子ども2人を含む3人が死亡しました。 「トラックの間に挟まれ大破した乗用車からの救出活動が依然、続いています」(記者) 警察などによりますと、午前10時半すぎ、加古川市平岡町高畑にある片側2車線の 加古川バイパスで、軽乗用車が前を走っていた大型トラックに衝突したところに、後ろを走っていた中型トラックと大型のキャリーカーが相次いで衝突したということです。 この事故で軽乗用車に乗っていた女性と5歳くらいの女の子、性別不明の子どものあわせて3人が死亡。 後続車両に乗っていた大人2人が病院に運ばれ、軽傷です。 警察と消防は事故の原因を調べています。 (25日13:42) 引用元: 【玉突き事故】トラックに挟まれ軽が大破、女性と子ども2人が死亡 加古川バイパス 大型トラックに軽乗用車、中型トラック、キャリアカーの3台が衝突。 警察は3人の身元の確認を急いでいる。 私も2人の幼児を子育てしていますが、こういう事故を目にすると人ごとのように思えません。 まだ免許を取って1年なので十分注意して運転したいと思いました。 本当に神様はいないのかと思ってしまう。 将来のある者の命を奪って。 職業ドライバーなのに自覚のない奴が多すぎる。 車の中でも大型車は凶器だ。 こんな奴らは単独事故にしてくれ、神様お願い。 軽乗用車が前を走っていたトラックに衝突したところ…ってことは 加害者は軽乗用車で被害者は追突されたトラックでいいのかな? そこにブレーキ踏んでも間に合わなかった後続が突っ込んでしまったという図? 巻き込まれたドライバーと子供、残された父親が不憫 もちろん育児で母親が睡眠不足の可能性もあるけど、これは過酷なトラックドライバーにも通じる話だし やはり余裕をもって安全運転以外ないでしょうね たら・ればを言い出したらキリが無いが、後続のトラックが車間距離を適正に保ち、前方を含めた周囲をしっかり見ていれば、死亡事故にはならなかった可能性もある。 亡くなった小さい子供たちがかわいそうだ 軽自動車は車体が弱いから怖いよ この道無料だから通っていたけどこういうの見ると高速使おうと思う。 トラックと軽自動車じゃ、負けちゃうよね…気の毒に。 残された家族のことを思うといたたまれない。 残された父親を思うと涙が出てくる 映像みて事故の怖さが伝わってきた。 大型車の運転手さんの過失は重大。 軽く扱わないで下さい。 幼い子供とお母さん…胸が痛みます… ご冥福をお祈りします。 お母さんはきっと子供に気をとられて 追突したのかな? さすがにこれでは助からない。 スポンサーリンク.

次の

動画 加古川バイパスでカーチェイス 犯人の名前 顔画像 水色の軽自動車の車種は何?Twitter画像10月14日

加古川 バイパス 事故 今日

今日、兵庫県の加古川パイパスで発生した事故について。 下記が報道内容ですが、なぜトラック運転手が逮捕されるのですか? 逆走してきた車に衝突された側がなぜ逮捕されるのです? トラック運転手は被害者では? 29日午前2時10分頃、兵庫県加古川市野口町の加古川バイパス下り線で、大型トラックと乗用車が衝突し、乗用車を運転していた男性が車外に放り出されて間もなく死亡した。 県警高速隊は、大型トラックの運転手徳武清容疑者(38)(名古屋市南区)を自動車運転過失致死容疑で現行犯逮捕した。 死亡した乗用車の男性はトラックと衝突する前に、同県赤穂市の会社員男性(22)が運転する乗用車に追突。 その後、バックで約400メートル逆走していたという。 同隊は、死亡した男性の身元を調べている。 事故の主たる原因は、 バック400mで走行していた乗用車側にある事は、明白。 しかしながら、 この加古川バイパスのこの付近は、アップダウンはあるものの、 直線の道路。 したがって、異常な状況で走行(バック走行)している車輌の発見は、 容易。 これが遅れたのは、「前方不注意」の可能性有り。 また、この道路は制限速度は、「60km」だったと思うが、 昼間でも、スピード違反が頻繁に行われている箇所。 60km/時で走行していれば、「ひんしゅく」もので すめば、良いですが、煽られる。 直ぐ前に割り込まれる ような箇所。 真夜中で、法定速度で走行していたなんて、到底考えられない。 従って、スピード違反の可能性も有り。 また、人1人が死亡している事実を考えれば、 トラック運転手の身柄を拘束(=逮捕)して、 原因を調査するのは、妥当な措置と思えますが・・・。 トラックがそのバック走行車を発見して、 ブレーキをかけていれば、その乗用車の 運転手は死ななかったかも・・・。 多分2日間以内に、解放されると思いますが・・・・。

次の