ミモザ 庭木。 ギンヨウアカシア(ミモザアカシア)の花言葉|色別の意味の違いは?ミモザの日とは?|🍀GreenSnap(グリーンスナップ)

庭木におすすめ!可愛らしい黄色い花を咲かせるミモザの育て方

ミモザ 庭木

観葉植物アカシア(ミモザ)の特徴 マメ科アカシア属のアカシアは世界の温帯気候区に1200種ほどある大きな属です。 そのうちの半分以上がオーストラリアに自生しています。 オーストラリアではワトルと呼ばれるアカシアは樹高が8mほどになり黄土色の花が2月ころから咲き始めます。 低木から高木まで葉の形状も様々です。 通称ミモザと呼ばれ最近ではミモザアカシアとして販売されているものは本来フサアカシアを指します。 それよりもコンパクトな形状のギンヨウアカシアは葉が美しく庭木などに人気です。 ミモザアカシアは3月ころに黄色の小さなポンポンのような球状の花をたくさん密集させて咲き乱れます。 パッと目を引く黄色の花は綿菓子のようで可愛らしく、芳香を漂わせます。 花穂を丸く束ねてリース状に飾ることもできます。 花期以外の時期もシルバーがかった葉が美しく、庭木としても一年を通して楽しめます。 スポンサーリンク アカシア(ミモザ)の育て方 日当たり・温度 日当たりのよい、風通しの良い場所で管理します。 地植えのものはある程度大きくボリュームが出ることも想定して日当たりの良い場所に植え付けます。 風を強く受けやすい場所では風害を受けやすいのでしっかりとした支柱をすることをおすすめします。 耐寒性もあり、関東より西方面では屋外の寒さに耐えます。 鉢植えものも花芽をつけたい場合はしっかりと屋外の日光にあてて風通しの確保できる日当たりのよい玄関やバルコニーが適しています。 水やり 鉢管理のものは土が乾いたらたっぷりと水を与えます。 地植えのものは自然の降雨で十分ですが、夏の雨が少ない時期や乾燥が続くときは水を補います。 土 やせた土でも案外育つので地植えの際もあまり植える場所を選びません。 水はけのよい土が適していますので、配合する場合は赤玉土6、ピートモスもしくは腐葉土3、軽石1程度を配合します。 室内管理ものは市販の観葉植物用の土もよいです。 スポンサーリンク 肥料 アカシアは肥料はあまり必要としません。 与えるとしたら花期のあと6~7月にごく少量施します。 植え替え・植え付け 春~初夏にかけて植え付けます。 植えつけた直後はたっぷりと水をやり支柱を立てます。 鉢植えのものも鉢底から根がみえるような根づまりを起こしているものは植え替えます。 一回り大きな鉢に植え付けることで大きく育ちます。 剪定 花のつき終わった枝は切り戻しをします。 5~7月に全体的に剪定してコンパクトに仕立てます。 夏以降に花芽をつけますので9月以降剪定をすると翌年の花付きが悪くなってしまいます。 四方八方に伸びる品種のものもあるのでバランスを見ながらハサミを入れていきます。 そうすることで台風の強風にも耐えられるようになる上、成長を遅らせて寿命を延ばすことにつながります。 種まき 花が終わった後、サヤが茶色になったら中から種を取り出します。 採取した種はすぐにまくか、翌年の春まで保管します。 種は乾燥に弱いため、密閉したビンなどに入れて保管します。 種まきの適期は3~4月です。 そうして目覚めさせた種をポットに一粒づつまき、種がかくれるくらい5mm程度土をかぶせます。 温度をなるべく一定に保ち、乾燥しないように霧吹きなどで水をあたえます。 なかなか難しい作業ですが、種はたくさん採取できますので試しにやってみてはいかがでしょうか。 病気・害虫 湿度の高い時期、幼い木にうどん粉病が発生することがあります。 菌糸状のカビによる病気で初期は葉に小さな白い斑点ができます。 そのうち葉が徐々に白くなり光合成ができなくなってしまいます。 対策としてはなるべく気づいたら早めに白くなった葉ごと取り除くことです。 また近くに植わっている他の植物にも蔓延しますのでできるだけ場所を移動します。 うどんこ病に効く薬剤なども売っていますが、株全体に蔓延してしまったら回復は難しいので株ごと抜き取ることも考えなくてはなりません。 スポンサーリンク アカシアのアレンジ アカシアのシルバーブルーの葉は美しいので切り葉として飾ることもおすすめです。 ガラスのベースに切った葉を数本水挿しにしたり、葉を他の花を組み合わせてブーケにしてもいいですね。 ドライフラワーにするならやはりミモザの黄色の花です。 花期は次から次へと可愛らしい花をたくさん咲かせますので剪定で出た花穂を束ねてリースやスワッグにする方法をご紹介します。 ミモザのリース• まずリースの土台と麻紐を用意します。 (100円ショップなどで売られています)• リースの土台に麻紐であらかじめ輪っかをつけておきます。 (壁に飾り付けるときに使用)• リースの直径にもよりますが、25cmくらいのものであれば、ミモザの花穂を15cmくらいに切り揃え5本くらいづつ小束にしていきます。 小束を10個くらい作ったらその小束の縛り目が隠れるようにリースの上に試し置きしてみてボリュームやバランスをみます。 乾燥がすすむと縮んでボリュームが減りますので最初はすこし多いかなと思うくらいボリュームを持たせるとよいです。 そうして最後に小束の縛り目をリースの土台に固定していきます。 縛り目を花穂でかくすように重ねてきつく固定していってください。 ワイヤーなどを使ってもよいです。 小束と小束の間をなるべく開けないことが見栄えをよくするポイントになります。 できあがったリースはしばらく平らに2日ほど置いて乾燥させます。 その後壁付けにして飾ってみてください。 アカシア(ミモザ)の種類 プルプレア 出典: 若葉が赤紫色になる品種でギンヨウアカシアよりもコンパクトです。 ブルーブッシュ 出典:SOLSO MARKET 葉が銀白色で美しい品種です。 三角葉アカシア 出典: 三角形の葉がユニークな品種です。

次の

庭木にミモザアカシアを庭に植えたい注意するポイントは

ミモザ 庭木

「ミモザと言えば?」の代表的なミモザ2種類 まずは、ミモザの種類で代表的な2種類から。 「ミモザと言えば?」の主な種類は次の2つです。 ギンヨウアカシア(銀葉アカシア)• フサアカシア(房アカシア) ギンヨウアカシアとフサアカシア。 きっと一度はどこかで聞いたことがありますよね。 それぞれの特長や魅力などについて見てみましょう。 ミモザの種類(1)ギンヨウアカシア(銀葉アカシア) よく見かけるミモザに惹かれる、我が家もあのミモザをシンボルツリーに……と考えるなら、 まず候補に挙がるのがギンヨウアカシアです。 ギンヨウアカシアは名前の通り、 銀色を帯びた葉が魅力的なミモザの種類です。 日本でミモザといえば、ギンヨウアカシア(銀葉アカシア)を指すのが一般的です。 ギンヨウアカシアは、次に紹介するフサアカシアほど大きくなりません。 寒さにも強く、お手入れしやすいというのも、シンボルツリーや庭木として人気を集めり理由の一つです。 葉には細かい切れ込みが入り、まるで小さな羽のよう。 とても繊細な葉姿です。 春風がそよそよと吹けば、ポンポンのような花と繊細な葉も優しくゆらゆら……。 とても情緒があります。 花が咲くのは、3月~4月ごろ。 ふわふわとしたレモンイエローの小花が、枝葉を埋め尽くすほど咲き乱れます。 柔らかな空気の中で咲くミモザは、とても鮮やか。 空からこぼれんばかりに咲く光景は見事です。 ミモザの種類(2)フサアカシア(房アカシア) フランスやイタリアでミモザといえば、フサアカシアのこと。 伸びやかな枝ぶりが見事ですね。 ただし、日本の庭でフサアカシアを育てるというのは、かなりレアなケースです。 なぜなら、 フサアカシアは巨木になりすぎるから。 なんと成長すると、数十メートルという高さになるのだとか。 日本でも、公園などの広場ではフサアカシアを見かけることがあります。 でも、自宅で育てるには大きくなりすぎ……ですよね。 そこで日本では、 小さいうちから花をつけ、大きくなりすぎないギンヨウアカシアがよく出回っているというわけです。 ちなみにフサアカシアとギンヨウアカシアの違いは、樹高以外にもあります。 ポイントは「開花時期」「葉の長さや色」「花の香り」の3つです。 1) 開花時期 フサアカシアは、ギンヨウアカシアより開花時期が早めです。 ギンヨウアカシアの花がお目見えするのは、 春の陽気が漂い始める3月に入ってから。 一方のフサアカシアは、 まだ寒さの残る2月ごろから黄色い花を咲かせます。 もちろん地域差もありますが、おおむね開花時期はこの通り。 フサアカシア・・・・・・・・・・2~4月ごろ• ギンヨウアカシア・・・・・・3~4月ごろ ぜひフサアカシアが植わっている場所を探してみてください。 毎年ひと足先に、ミモザの鮮やかなイエローと出会うことができます。 2)葉の長さや形、触り心地など 葉の長さや形、触り心地も、フサアカシアとギンヨウアカシアを見分けるポイントの一つです。 フサアカシアの葉は、ギンヨウアカシアと比べて格段に長いのが特長です。 ついている小葉の数は倍以上。 見たら、普段見慣れたギンヨウアカシアではないことは一目瞭然です。 こちらがフサアカシアの葉。 とても葉が長く、存在感がありますね。 そしてこちらが、ギンヨウアカシアの葉。 見比べてみると、葉の長さが違いますよね。 葉のつき方が違うのも、お分かりいただけると思います。 ちなみに、フサアカシアとギンヨウアカシアは、葉の触り心地も違います。 フサアカシアは ふさふさと柔らかい葉。 ギンヨウアカシアは見た目の繊細さとはイメージが異なって、 触ると意外と硬く締まっているのです。 つまり葉の違いをまとめると、こうなります。 フサアカシア・・・・・・・・・・長くて、ふさふさと柔らかい葉• ギンヨウアカシア・・・・・・短めで、やや硬く締まった葉 ぜひフサアカシアを見かけることがあったら、葉の様子を観察してみてくださいね。 3) 花の香り ふんわり濃厚な花の香りが感じられるのも、フサアカシアの特長です。 フサアカシアの花の香りは 「蜂蜜とアーモンドミルクを足した香り」と例えられます。 濃厚で甘やかな香りは、ミモザのたっぷりとした黄色とイメージが重なり合いますね。 ヨーロッパでミモザは、香水の原料としても愛されています。 たとえばこちら、『サンタマリアノヴェッラ』の「オーデコロン ミモザ」。 ミモザの香りをまとえば、ヨーロッパの春の風景を思い出し、気分まで明るくなりそうです。 ただ、いわゆるミモザの香り……といえばフサアカシアですが、ギンヨウアカシアにも香りがあります。 パウダリーで青々しいフレッシュな香りは、春の野原を想わせる爽やかさ。 想像しただけで、早春の日差しに包まれているかのような気分になりますね。 ギンヨウアカシアの葉色が違う!ミモザの種類 日本で広く出回っているギンヨウアカシアは、葉色の異なる品種も人気を集めています。 新緑の季節の紫色が印象的な、ギンヨウアカシア・プルプレアを紹介します。 ミモザの種類(3)ギンヨウアカシア・プルプレア プルプレアは、ギンヨウアカシアの一種です。 花だけではなく、葉色でも季節感を……という方は、ギンヨウアカシア・プルプレアがおすすめです。 ギンヨウアカシア・プルプレアの魅力は、何と言っても新芽の時期の葉色です。 枝先についた若い葉は、 濃い赤紫色。 枝元の緑葉とのグラデーションも美しく、庭にアクセントを添えてくれます。 ご近所に、ギンヨウアカシア・プルプレアをフロントガーデンに植えているお宅があります。 もちろん花咲く季節も美しいのですが、春の芽吹きの季節もお見事。 冬が終わりに近づく頃、葉が紫色に染まり出します。 レンガ造りの建物と調和して、ならではの雰囲気です。 夏には銀色がかった色へと変化しますが、その分また、春の芽吹きの季節が愉しみになるミモザです。 知れば知るほど奥深い!ミモザの種類 ここまで代表的なミモザの種類、ギンヨウアカシアとフサアカシアについて見てきました。 次を紹介する前に、ちょっとだけ豆知識を……。 実は ミモザって、本当は「オジギソウ」のことなんです。 オジギソウ??不意に聞いても、ぴんときませんよね。 たしかに「ミモザ」という言葉が入っています。 それに何より、ミモザの葉!オジギソウの葉とそっくりです! これがオジギソウの葉。 そして、こちらがギンヨウアカシアの葉。 これまで気づきませんでしたが、言われてみれば本当によく似ています。 ここまでの話を振り返ってみれば、たしかにギンヨウアカシアとフサアカシア、どちらも「ミモザ」という名前がついていませんでした。 私たちがミモザと聞いて想像するのは、黄色い花。 なぜこのタイミングでオジギソウの話をしたかというと……次から紹介するミモザ3種類は、オジギソウのような葉ではないため。 つまり厳密に言えばミモザではありません。 ただし園芸店では、ミモザとして売られていることもしばしば。 実際に私たちがミモザと聞いて想像する、黄色い花を咲かせます。 オジギソウのような葉ではないものの、逆を言えば葉の形や色が個性的だったり、コンパクトなサイズにまとまるので植えやすかったり。 ミモザを庭に植えるなら、知っておいて損はないミモザの種類です。 ぜひ参考にしてくださいね。 葉の形や色が個性的なミモザ3種類 ここまで前置きしたように、葉の形や色が個性的なミモザもあります。 人気があり、手に入りやすいのは次の3種類です。 パールアカシア(丸葉アカシア)• サンカクバアカシア(三角葉アカシア)• アカシア・ブルーブッシュ 名前から想像できる通り、ちょっと変わった葉の形や色が愉しめるミモザの種類です。 一つずつ特長や魅力を見てみましょう。 ミモザの種類(4)パールアカシア(丸葉アカシア) ユーカリの丸く愛らしい葉が好き……という方なら、パールアカシア(丸葉アカシア)がおすすめです。 パールアカシアの葉は丸みを帯び、ユーカリを想わせる愛らしさです。 白く小さな毛が生えているので、ビロードのような滑らかな質感。 真珠色のような葉色も魅力です。 生育はゆっくり、じっくりタイプ。 樹高の目安は1~2mほど。 どんなに大きくなっても3mと言われています。 こんもりしながら成長します。 剪定すれば小さく楽しむこともできるので、 広いスペースがとれない庭やコンテナでも愉しめますね。 ミモザの種類(4)サンカクバアカシア(三角葉アカシア) ちょっと変わったミモザを植えたい……という方なら、三角葉アカシアもおすすめです。 三角葉アカシアはその名の通り、 ユニークで愛らしい三角形の葉が特長です。 花が咲かない季節は印象的な葉が目立ち、庭のアクセントになりますね。 パールアカシアと同じく、さほど大きくなりません。 葉の形を愉しむ庭木として植えたり、コンテナの寄せ植えに使ったり……。 葉の形が生かせる植え方ができます。 ミモザの種類(6)ギンヨウアカシア・ブルーブッシュ 個性的な葉色がお好みなら、ギンヨウアカシア・ブルーブッシュも人気のあるミモザです。 アカシアブルーブッシュは、シルバーブルーの葉色が印象的。 そしてギンヨウアカシアと比べると、葉の面積が広め。 葉だけのときでも存在感があります。 アカシア・ブルーブッシュは葉が個性的なので、 切り花の添え葉としても活躍してくれます。 すっと伸びる枝の姿も、潔い美しさがありますね。 アカシア・ブルーブッシュは、ぐんぐん伸びるタイプ。 大きく成長すると高さが5mを超えることもあるのだとか。 しっかりとした樹高と、まっすぐ伸びる枝ぶり、そして何より春空を飾る黄色い花が美しく、シンボルツリーとてして人気がある品種です。 ミモザ6種類、一体どれを植えればいい? ここまで人気のミモザ6種類を紹介してきました。 巨木になるフサアカシアは除くとして、シンボルツリーや庭木には、一体どれを選べばいいのでしょうか? そこで「このミモザは、こんな方に!」と整理してみました。 ギンヨウアカシア・・・・・よく見かけるミモザをシンボルツリーに、という方• プルプレア・・・・・・・・・・・葉色でも季節感を愉しみたい方• パールアカシア・・・・・・・ユーカリの丸い葉が大好きな方• 三角葉アカシア・・・・・・・ちょっとユニークなミモザを植えたい方• ブルーブッシュ・・・・・・・潔く洗練された樹木の姿が好きな方 どのミモザを植えようかなとも迷ったら、ぜひ参考にしてくださいね。 ドライにしたときの質感も違います! もう一つ選ぶ基準を挙げるなら、 ドライにしたときの葉の違いです。 自宅にミモザがあれば、リースを作ったりスワッグを作ったり。 ドライにして、長く花を愉しむことができます。 ギンヨウアカシアをドライにすれば、 小葉が連なる繊細な葉姿が愉しめます。 ただし乾燥させると、パラパラと散りやすくなるという面もあります。 パールアカシアや三角葉アカシア、そしてブルーブッシュは、葉のサイズが大きめ。 ドライにすると、その 個性的な葉姿とボリューム感が愉しめます。 鮮やかな黄色が印象的な春の花、ミモザ。 切り花にリースに、スワッグに。 自宅で育つミモザの使い道を考えると、それだけで気持ちが浮き立ちますね。 まとめ シンボルツリーや庭木にするなら、代表的なミモザの種類はギンヨウアカシアです。 ミモザは成長が早く、小さい苗でもぐんぐん伸びます。 しっかりと間隔を空けて、植えてくださいね。 個性的な葉が好きなら、違うミモザを選びましょう。 パールアカシアや三角葉アカシア、ブルーブッシュなど、好みの葉の形や葉色のものを選ぶと愉しいですね。 ライター歴10年以上。 食や健康、美容など、穏やかで美しい日常のための情報を発信しています。 モットーは「読みやすく、分かりやすい」文章。 京都大・文学部卒、2児の母。 最近の投稿• よく読まれている記事• 91,257ビュー• 60,817ビュー• 49,952ビュー• 37,708ビュー• 25,888ビュー• 20,604ビュー• 20,513ビュー• 18,622ビュー• 14,731ビュー• 14,593ビュー カテゴリー• アーカイブ• メタ情報•

次の

ミモザの育て方

ミモザ 庭木

0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! ミモザの特徴と剪定方法とは? 早速、ミモザの特徴・剪定時期・剪定方法について、ここではご紹介していきます。 ミモザことギンヨウアカシアの特徴 ミモザは黄色いフワフワとした花で、とてもかわいらしい見た目をしていますよね。 ミモザは別名「ギンヨウアカシア」「フサアカシア」といい、オーストラリアが原産です。 生育が早く、地植えをすると10メートルほどの高さになる場合があります。 ミモザの剪定は花が咲いた後? ミモザは3月から4月頃に開花します。 剪定する場合は4月頃の開花した後から7月までにおこないましょう。 夏を過ぎると来年に開花する芽が出てきます。 もし剪定して花の芽を取ってしまうと、花が咲かなくなってしまうのです。 また、ミモザは成長が早いですが根は浅いです。 大きくなりすぎてしまうと、根が浅いので風などにあおられて倒木してしまうおそれがあります。 成長して伸びた枝は毎年剪定するようにしましょう。 剪定の方法 剪定する際は、どこでも切っていいというわけではありません。 剪定時期や切り方を間違えてしまうと、形が不自然になってしまったり、枯れてしまったりする場合があります。 正しい剪定方法を把握してきれいに整えられるようにしましょう。 では、剪定する箇所と方法をご紹介いたします。 剪定する枝の選び方とは? 剪定する枝は、長く伸びた古い枝から切るようにしましょう。 枝を伸ばしたままにしてしまうと、長く伸びた枝が折れ始めてしまい、辺りが枝だらけになってしまいます。 また枝を伸ばしたままにしてしまうと、木の内側の風通しは悪くなってしまい全体的に日光が当たりづらくなってしまいます。 ミモザの剪定方法とは? 剪定する際は、新しく伸びてきた短い枝はのこしておきましょう。 古い枝を、根元から切るようにしてください。 また、冬の寒い時期に剪定をおこなうと枯れてしまう場合があります。 ミモザは1年中葉をつけている常緑樹です。 常緑樹は、光合成を毎日のようにおこなっています。 養分を常に作り消費しているため、その栄養をためることができません。 日照時間の短い冬に剪定をおこなってしまうと、光合成をしても少ししか養分を作れずに枯れてしまうことがあるのです。 冬の剪定もやめておきましょう。 剪定が不安なときには 新しい枝と古い枝の区別ができない場合や、自分で剪定するのが不安な方は業者に依頼することをおすすめします。 業者に依頼すると専門的な知識で正確に剪定をおこなってくれます。 弊社ではお電話1本で剪定業者を手配することができます。 24時間365日お電話を受け付けており、迅速に対応いたしますのでいつでもご連絡ください。 0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! ミモザを健康に育てる方法 ミモザを健康に育てるにはいくつかのポイントがあります。 それらのポイントを把握して、きれいなミモザを育てられるようにしましょう。 この章では「ミモザをきれいに育てる方法」「花が咲かない理由」などについてご紹介していきます。 若木のうちは支柱でささえる 若木のミモザは風で折れやすいため、かならず支柱をしましょう。 支柱の種類はさまざまなものがありますが、今回は比較的簡単な「八つ掛け支柱」というものをご紹介いたします。 では、支柱を組み立てるときに必要な道具と方法をご説明いたします。 「八つ掛け支柱」 〇必要な道具• ・杉皮• ・針金• ・シュロ縄 〇組み立て方法 3本~4本の竹をミモザを囲むように斜めに立てかけます。 幹を傷つけないために杉皮を上から巻き、シュロ縄で固定します。 支柱が必要な期間は、苗木の場合で1年程度です。 根が成長するまでは、支柱で幹を支えましょう。 今回は一般的でもっとも知られている支柱の方法を紹介しました。 しかし、「八つ掛け支柱が自分の庭ではうまくできない……」というご家庭もあることでしょう。 そんなときは剪定をしてくれるプロの業者に相談してみることをおすすめします。 あなたに合った支柱を教えてくれるかもしれません。 鉢植えは年に1度植え替え 鉢植えは年に1度くらいのペースで植え替えをしましょう。 ミモザの根は、鉢の中がいっぱいになるほどよく伸びますので、鉢を替える際は少し大きいものを選ぶようにしましょう。 また、根を傷つけると枯れてしまおそれがあります。 植え替える際は土を落とさずに優しく植えてください。 病害虫に注意する 病害虫にも気をつけましょう。 ミモザに発生するおもな病害虫は「イセリアカイガラムシ」「ミノガ」などが挙げられます。 イセリアカイガラムシは植物の樹液をエサとする病害虫です。 また、イセリアカイガラムシの排せつ物が葉などに付着してしまうと、すす病という葉に黒いすすのようなものがこびりつく病気になってしまいます。 早期発見であればイセリアカイガラムシは取り払うことができます。 あまりにも大量発生していたら、専用の薬剤などで駆除しましょう。 ミノガは葉を食べる病害虫で、夏の時期に発生しやすいです。 そのままにしてしまうと、大量に増えてしまうため、発見したらすぐに取り除いて薬剤を撒くなどの駆除をおこないましょう。 ミモザの花が咲かない3つの原因 ミモザを植え始めや育てているなかで、花が咲かないという悩みをかかえてはいませんか?それには3つの原因があります。 原因を改善して花を咲かせられるようにしましょう。 植えてから3年程は開花しない ミモザを苗の状態から育てると、花が咲く大きさに成長するまでにおよそ1年~3年かかります。 また、花の数が少ない時期があります。 それはミモザの株が生長中のため花が少ないだけです。 ですので、花が少ないからといって肥料や水やりを多くすることはやめましょう。 肥料が多いと自力で成長する力が弱くなってしまいます。 また、水を多く与え過ぎてしまうと根腐りを引き起こしてしまう原因にもなります。 生育環境が悪い ミモザを育てている環境が悪いと、開花にも影響してしまいます。 日光が当たらない場所、極端に水や肥料が少ない場所、鉢が小さい、などの環境では花が咲きにくいです。 剪定の時期を間違えた 花に適した剪定時期はそれぞれ異なります。 ミモザは4月~7月の間に剪定をおこないましょう。 剪定時期を間違えて、花が咲かないといったことがないように注意しましょう。 ミモザの花をきれいに咲かせるなら 自分で剪定をおこなったとき、もし間違ってしまうと花が咲かなかったり、形が悪くなってしまったりしないか不安になりますよね。 そのようなときは専門の知識を持つ業者に相談してみましょう。 業者に依頼すると、専門の道具や知識で正しく剪定をおこなってくれます。 さらに、今後どのように育てていけばいいのかなどをアドバイスしてくれる業者もいます。 弊社では24時間365日お電話を受け付けており、早朝でも深夜でもご相談いただけます。 ぜひご連絡くださいませ。 0120-949-075 0120-667-213 日本全国でご好評! 24時間365日受付対応中! 現地調査 お見積り 無料! 剪定の業者選びと費用相場 実際に業者に依頼するとき、どのような業者を選んだらいいのか把握しておきたいですよね。 また剪定の際に発生する費用も、あらかじめ知っておくと業者選びの参考になります。 この章では、「業者選びのポイント」「剪定費用」などについてご紹介していきます。 業者選びのポイント 業者選びの際は以下の点に注目して、自分に合った業者を選ぶようにしましょう。 口コミを確認 口コミを見て第三者の意見を参考にしてみましょう。 その業者が実際どのような対応をしてくれるのかを把握することができます。 相談ができる 些細な疑問や相談にも親身になって丁寧に対応してくれる業者なら、安心して作業を任せることができるでしょう。 適切な説明がある 剪定作業や費用についての詳細な説明があると、どのような作業をどれほどの時間や料金でおこなってくれるのか把握することができます。 そのように具体的な内容を説明してくれる業者は信頼することができますよね。 見積りをしっかりおこなう 見積もりを取ることで、剪定にかかる費用を事前に把握することができます。 また、追加料金がないかどうかも聞くと、より安心できますよね。 剪定費用の相場はいくら? 剪定の費用は業者によって異なりますが、主に「時間制」と「単価制」があります。 時間制は、「剪定の際に1時間いくらで」という形です。 単価制は、「剪定をする木の本数や敷地の大きさでの料金」となります。 時間制や単価制以外にも、業者の出張費、材料費、ゴミ処理費用などがかかる場合もあります。 費用を比較したい場合は、いくつかの業者から見積りを取る、相見積りをしましょう。 平均的な剪定料金は低木で1本3,000円ほど、中木で1本6,500円ほどです。 あくまでも平均ですので、参考程度に把握しておきましょう。 まずは電話相談をしてみよう 剪定をご検討されている方に向けて、弊社に電話していただければ剪定のプロである業者を手紹介することができます。 ご相談は24時間365日お電話で受け付けており、早朝でも深夜でも対応が可能です。 また、現地でのお見積り作成なども無料でおこなっておりますので、ご安心してご利用いただけます。 ぜひご連絡くださいませ。 ですが、剪定といってもなにをおこなえばいいのかわからないですよね。 ミモザの剪定をおこなうには、まずミモザの特徴を把握しておきましょう。 特徴を把握することによって、正しく剪定をおこなうことができます。 剪定する場合は4月頃の開花した後から7月までにおこないましょう。 夏を過ぎると来年に開花する芽が出てきます。 もし剪定して花の芽を取ってしまうと、花が咲かなくなってしまうのです。 また、ミモザは成長が早いですが根は浅いです。 大きくなりすぎてしまうと、根が浅いので風などにあおられて倒木してしまうおそれがあります。 成長して伸びた枝は毎年剪定するようにしましょう。 枝を伸ばしたままにしてしまうと、長く伸びた枝が折れ始めてしまい、辺りが枝だらけになってしまいます。 また枝を伸ばしたままにしてしまうと、木の内側の風通しは悪くなってしまい全体的に日光が当たりづらくなってしまいます。 古い枝を、根元から切るようにしてください。 また、冬の寒い時期に剪定をおこなうと枯れてしまう場合があります。 ミモザは1年中葉をつけている常緑樹です。 常緑樹は、光合成を毎日のようにおこなっています。 養分を常に作り消費しているため、その栄養をためることができません。 日照時間の短い冬に剪定をおこなってしまうと、光合成をしても少ししか養分を作れずに枯れてしまうことがあるのです。 冬の剪定もやめておきましょう。

次の