つかまる ドライバー。 つかまるボールを打つ! つかまるドライバーって何だろ?

スライスに悩むゴルファーが選ぶべきドライバー7つのポイント|初心者ゴルフナビ

つかまる ドライバー

つかまるドライバーショットの練習 擦るようなスライスショットの原因は• インパクトでの体の開き• インパクトでのフェースの開き• インパクトでの右足体重• ヘッドが走りにくいスイング です。 大事なのはインパクトですが、インパクトを修正するためには、スイングの一連の流れを修正する必要があります。 正しい体重移動 ミスショットの原因のほとんどが右足体重のスイングです。 つまり正しい体重移動ができないことがミスショットを誘発しています。 ドライバーのスライスショットも右足体重のままではいつまで経っても直りません。 正しい体重移動の練習方法については以下のページで詳しくご紹介しています。 まずは練習場で正しい体重移動を意識的に練習してください。 地道な練習ですが、ドライバーショットだけでなく、ゴルフスイング全般において重要なことです。 フィニッシュは左に振り抜く ゴルフのスイング軌道は、打ち出す方向に直線的なスイングではありません。 まるく弧を描くスイング軌道が理想的です。 特にシャフトの長いドライバーは弧を描くスイングになります。 まるい弧を描くスイングをするためには、フィニッシュを意識します。 フィニッシュを打ち出し方向ではなく、左側に打ち出すことを意識してスイングします。 ダウンスイングから左に振り抜くことを意識するだけで、綺麗な弧を描くようにスイングできて、自然とヘッドが返りボールがつかまるようになります。 右手の親指と人差し指は握らない スライスショットが出たりミスショットが出るときは、大体右手が悪さをしています。 ほとんどの人にとって右手は利き手になるので、意識しなくても力が入っていたり右手で調節しようと体が動きます。 右手の力みはスイングプレーンを乱すし、再現性の高いスイングの弊害になります。 スライスショットも右手の力みがあります。 右手の力みを無くすためには、右手の親指と人差し指を握らないスイングが有効です。 基本的には練習でやる内容ですが、本番でスライスショットが出たりダフリが出てしまう場合は、 思い切って本番でも親指と人差し指を外してみましょう。 力みが入らずつかまるショットが打てるようになるはずです。 スイング前に重い棒で素振りをする ドライバーだけを振っていると、軽いドライバーでさえ重く感じることがありませんか?ドライバーが重く感じる状態では、どんなに頑張ってもグッドショットは打てません。 対策としては、ドライバーショットの前に重い棒で2,3回素振りをすることです。 実際のスイングではドライバーが軽く感じられて、自然と左に振り抜くショットが打てるようになるはずです。 重い棒といいましたが、おすすめは 「アザスゴルフのドライバット」です。 ゴルフの素振り用のバットで、グリップはゴルフのグリップになっています。 これを本番ラウンドでも持参して、ドライバーショットの前に軽く素振りしてみてください。 ドライバーショットが簡単になりますよ。 つかまるドライバーおすすめ3選 さて、ここまでつかまるドライバーショットの練習方法をご紹介しましたが、ドライバーの中にもつかまりやすいドライバー、つかまりにくいドライバーがあります。 もともとスライスショットで悩んでいる人は、つかまりやすいドライバーを選んだ方がいいでしょう。 最新のおすすめ3選をご紹介します。 ブリヂストン「JGR」 重心角が大きく、ブリヂストンの中でもつかまりやすさを重視したドライバー。 今流行の高い弾道でどこまでも伸びるドライバーショットを実現します。 適度につかまるドローショットは、一度打つとやみつきになる飛距離です。 キャロウェイ「ビッグバーサ」 元祖つかまり重視のドライバーといえば、キャロウェイのビッグバーサシリーズ。 重心角と重心深度によって、より簡単により飛距離の出るドライバーを実現しています。 シニア向けとのコンセプトですが、スライスショットに悩む人なら誰でも扱えるドライバー。 特にヘッドスピードのあまり出ない人にはおすすめの1本です。 グローレF2 広く深くなった貫通型スピードポケットとCGウェイト位置最適化によって、スイートエリアを大きくとってミスショットに強いドライバーです。 特に、新重心設計の採用により重心アングルを大きくした影響で、構えやすくつまりやすいドライバーとして気持ちのよい飛びを実現しています。 つかまり重視のおすすめドライバーのまとめ 今回は、つかまるドライバーショットの練習と、つかまり重視のおすすめドライバーをご紹介しました。 ご紹介したドライバーなら、どのドライバーでも簡単につかまって飛距離のでる力強いショットが打てるようになるはずです。 3本の中なら違いはそれほどないので、あとは好みのメーカーや見た目で選んでもいいでしょう。 ゴルフのスコアアップのためには、つかまるドライバーショットは必須です。 つかまるショットで飛距離が出ると、スライスしてOBになることもないし、2打目3打目が簡単になってゴルフがかなり楽になります。 ドライバーを変えて練習でちょっと意識するだけで、つかまるショットは打てるようになりますよ。 よく読まれている人気記事• 300件のビュー• 200件のビュー• 200件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• 100件のビュー• カテゴリー• おすすめゴルフグッズ.

次の

やさしくつかまる高反発 「プロギア SUPER egg ドライバー」(1/5)|マーク金井の試打インプレッション|GDO ゴルフギア情報

つかまる ドライバー

スライスの原因は、インパクトの瞬間フェースが開いていること スライスとは、打ち出されたボールが、大きく右に曲がっていくボールのことです。 初心者ゴルファーはもちろん、ある程度ベテランになっても悩み続けている人が多いのがスライスです。 特に、ドライバーで大きくスライスすると、O. になったり、2打目が打ちづらい場所にボールが行ったりして、スコアが悪くなってしまいます。 スライスはいったいなぜ起こるのでしょうか。 当たり前のことですが、ゴルフボールは物理法則に従って飛んでいきます。 ボールを飛球線の後方から見て、右から左へこするような回転を与えると、ボールにはスライス回転がかかり、ボールは右に飛んでいきます。 スイング的には、アウトサイド・インというスイング軌道の時にスライス回転がかかりやすくなります。 また、インパクトの瞬間に、フェースがスイング軌道に対して開いていると(右を向いていると)ボールにスライス回転がかかります。 アウトサイド・インのスイング軌道を直すには、以前このコーナーで紹介した「スライスの原因は千差万別!それぞれに合った対策法で改善しよう」を参考にしてみてください。 しかし、スイングがある程度改善されたからといって、主に上級者が使うクラブ、ボールがつかまりづらいクラブを使えば、弾道はたちまちスライスしてしまいます。 クラブを換えるだけでスライスを改善することができるよう、これから7つのポイントを紹介します。 スイングを変えずに、クラブでスライスを直す7つの要素: フェースから見える要素 スライスしにくいドライバーとは、いったいどのようなドライバーなのでしょうか。 先ほど、「インパクトの瞬間に、フェースが開いているとスライスする」と書きました。 つまり、「インパクトの瞬間に、フェースが開きにくいドライバー」を使えば、スライスがなくなったり、軽減されたりするのです。 どのようなドライバーが「インパクトの瞬間に、フェースが開きにくい」のでしょうか。 ポイントは7つあります。 順番に説明していきましょう。 この数字が小さいほど、フェースが返りやすく、インパクトの瞬間にフェースが開きにくくなります。 ここ数年発売されたドライバーの重心距離の平均は38ミリ前後といわれていますので、それよりも重心距離が短いドライバーをチョイスするといいでしょう。 重心距離は、最近ではクラブのカタログや商品のホームページなどに記載されていることが多いです。 また、クラブヘッドのクラウンを上から見たときの面積(投影面積といいます)が大きいほど重心距離が長くなる傾向が強いので、上から見たときに小さく見えるドライバーの方が重心距離が短く設計されていることが多いです。 ヘッドのソールのヒール側(シャフト側)を地面につけたままトウ側を上げていくとフェースが少しずつ左を向いていくのが分かるでしょうか(ショートアイアンなどで試してみてください)。 それが、アップライトな状態です。 つまり、つま先上がりのライ(地面)から球を打つと左に行きやすいのと同じ理屈で、ライ角がアップライト(数字が大きい)になるほど、ボールがつかまりやすく、スライスしにくくなります。 ドライバーでいえば、60度以上のものがアップライトといえるでしょう。 最近では、ヘッドとシャフトの挿入角を変えることで、自分でライ角を調整できるモデルも増えてきています。 ライ角は、カタログなどで数値が明記されている場合が多いのでチェックしてみてください。 また、少し余談になりますが、同じ理屈で、ティーアップを高めにしてもスライスしにくくなります。 ただしこちらは、若干の技量は必要になるでしょう。 スイングを変えずに、クラブでスライスを直す7つの要素: トウから見える要素 次に、トウから見える要素について解説します。 クラブのカタログなどに載っている場合もありますが、重心深度が深いドライバーは、重心角が大きくなっています。 ですから、重心深度が分からないときは重心角を参考にするといいでしょう。 重心角とは、ドライバーのシャフト部分を机などの上に置いてヘッドが自由に動く状態にした時に、フェースが垂線に対してどのくらい上を向くかを表す数字で、重心角が大きいほど、ヘッドが返りやすくなります。 最近のドライバーの重心角の平均は20度前後といわれています。 なので、重心角が20度以上のモデルを探してみましょう。 ショートアイアンになればなるほど左に行きやすくなるのと同様、ドライバーもロフト角が大きいと球がつかまりやすくなります。 弾道が高すぎるなど別の悩みがなければ、ロフト角が大きめのドライバーにしてスライスを軽減するのも一案でしょう。 ヘッドスピードやスイングタイプ、持ち球などにもよりますが、スライサーの人にはロフト角10度以上がおすすめです。

次の

2018年最新 スライスしないつかまりの良いドライバーのまとめ オススメのゴルフクラブ ゴルフ特集記事 中古 ゴルフクラブ ・ ゴルフ用品 | 激安中古クラブ市場

つかまる ドライバー

プロギアのレッドドライバーはつかまるフックフェース! プロギアのレッドドライバーは、 460CCのヘッドに長めの46インチシャフトでフックフェースにつかまりの良いアップライト設計。 まさにスライサーにおすすめのドライバーです。 総重量が270グラム前後(装着シャフトによって違います)で振りやすく、プロギア特有の弾くフェースで飛距離性能も高め。 つかまりは言うまでもなく、 ミスヒットにも強いのでドスライスのゴルファーにおすすめのドライバーです。 スイング軌道が良くなればドローボールを打つ事も可能かも!? ただし、総重量が軽いので体力のある方が打つとつかまり過ぎてドフックやチーピンが出るかもしれません。 それぐらいつかまるドライバーです。 きれいなブルーのヘッドはややフックフェースでアップライト設計。 見た目的にもつかまる要素が満載なので、スライサーが安心して構えられます。 また、ボールが上がりやすくやさしいので、 スライスの度合いを減らすだけでなく、飛ばしたいゴルファーにもおすすめのつかまりの良いドライバーです。 曲がり幅の少ないスライサーにおすすめのつかまるドライバー タイトリストのドライバーと言うと、ゴルフ上級者が使用しているイメージを持つ方が多いですが、 VG3ドライバーは やさしさを追求したモデルでつかまりが良くミスヒットに強いのが特徴です。 弾道調整機能が付いていて基本的にはつかまりが良いモデルですが、スライスの度合いが強い方はつかまるように調整してお使いください。 タイトリストVG3ドライバー(2016年モデル)は「 スライスの度合いが減ればもう少し飛ぶのに」と思っている方におすすめのドライバーです。 VG50装着モデルでクラブの長さが46インチで、総重量が282グラムなので少し軽いと感じる方はVG60をお試しください。 グローレF2は見た目的にもカッコ良いつかまるドライバー グローレF2ドライバーは、 女子プロ、シニアプロの間で高い使用率を誇るグローレFドライバーの後継モデルで、今回のF2はシャフトを柔らかくする事によってつかまりが良くなっています。 ソールのフェース寄りある溝(スピードポケット)の効果で、左右だけでなく下目にヒットした時でも高初速の打ち出しが可能。 さらに前作よりもスウィートエリアを20%もアップ。 クラブの長さは46インチと少し長めで、ヘッドスピードが上がりやすく、キャリーボールで飛ばせるのが特徴です。 グローレF2ドライバーは、クラブを変えただけでは変わらないでしょ?と思っている スライサーの方に試していただきたいドライバーです。 技術が上がってからもシャフトを変えれば使えるし飛ぶヘッドなのでおすすめです。 つかまる(スライスしにくい)ドライバーの特徴 つかまりが良くてスライスしにくいドライバーは以下の特徴があります。 重心角が大きい• ライ角が大きい• ロフト角が大きい このような特徴のあるドライバーを使えば、クラブの機能性でスライスを軽減することが出来ます。 重心角が大きい 重心角は、ヘッドの返り易さに大きく関係する数値です。 重心角が大きい方がヘッドがターンしやすくなるのでつかまりが良くなります。 簡単に言うと重心深度が深くて、重心距離が短いヘッドは重心角が大きくなります。 ライ角が大きい ライ角は、シャフトの傾きの角度の事です。 角度が大きい方がフェースが左を向きやすくなるのでつかまりが良くなります。 ロフト角が大きい ロフト角はアイアンと同じで、角度が大きくなるほどつかまりが良くなります。 表示上は、10. 5度とか書いてあるドライバーでも本当のロフト角(リアルロフト)は12度とかのドライバーも有ります。 ボール初速が上がるドライバーは、ミスヒットした時でも飛距離が落ちにくい特徴があるので、ミート率の悪いゴルファーにおすすめです。

次の