俺 だけ レベル アップ な 件 108。 【登場人物まとめ】俺だけレベルアップな件(日本語表記/英語表記/先行話分)

【俺だけレベルアップな件】ハンター強さランキングTOP8!!ハンター最強決定戦!

俺 だけ レベル アップ な 件 108

韓国版では、日本と韓国が逆に描かれており、当サイトではそれに準拠して記述しておりますが、日本版が発売され次第、随時更新しております。 右京出陣 本土の南側のいたるところで、丸二日かけてアリの討伐が行われた。 さらにアリは、中国の海域にも飛んでいく。 待機していた戦艦は、飛来するアリを撃退しようとしていた。 が、船長は1人の男に任せるという。 甲板には、腰に剣を2本携え、髪を結う1人の屈強な男の姿が。 男は剣を抜き、剣を振るう。 X型の波動がアリ目掛けて飛んでいき、一気に殲滅した。 *** その頃、 スカベンジャーギルドの社長、トーマスアンドレがパンツ一丁でソファへとくつろぎながら、旬とベルの戦いの様子を見ていた。 部屋には秘書と見られる女性が。 アンドレは、右京と旬の接点は、彼の兄である隼人を旬が殺した可能性があることだと告げる。 秘書は、もし2人が戦うことになったらどうするかと尋ねた。 トーマスは、右京はギルドの貴重な財産。 自分の財産に傷をつけるものは、例え政府であっても許さないと答え、手にしたリモコンを破壊したのだった。 モンスター語を操る謎の男 架南島レイド3日目の夜。 騎士団ギルドが魔法石の回収と事態の収集のために架南島へと上陸した。 騎士団ギルド社長のジョンスが、世の中には運がない奴がいると突然口にした。 彼は元々オリンピックで金メダルを目指すスポーツマンだった。 オリンピック出場を前に、突然の覚醒によって出場ができなくなってしまったという。 だが、彼は新しい夢を抱く。 それは、この国に最高のギルドを作ると言う夢だった。 部下のユンテは、この話を何度も聞かされているようで呆れ顔だ。 そんななか、 彼らの目の前に謎の男が静かに近づいてきた。 屈強な肉体に、どこかの民族衣装のようなものに身を包んだ男。 今この場には、騎士団ギルドと協会の関係者しかいないはず。 ジョンスは男に、身分を明かすよういい、そうしなければ発砲すると忠告する。 すると男は、謎の言葉を発した。 (も、モンスター語!?) その時だった。 何者かが指を鳴らすと、ジョンス達は意識を失う。 それは、男の側にいたアイスエルフと思しき白髪で顔が青い男の仕業だった。 彼は、ここで騒ぎを起こす必要はないので、彼らには眠ってもらうと告げた。 男たちが手をかざすと、なんとゲートが現れる。 2人の男たちは、その中へと姿を消したのだった。

次の

俺だけレベルアップな件108話最新話ネタバレ【韓国/英語版翻訳】|マイコミック|漫画のネタバレや無料で読む方法を紹介!

俺 だけ レベル アップ な 件 108

前回のあらすじ 魔人バランがスキルを使用して地獄の軍隊を呼び出し、旬も君主の領域内に影の兵士を呼び出し応戦します。 バランが口から気絶効果のある稲妻を放ち、旬には免疫の効果でデバフが効かないものの影の兵士には効果がある様子。 魔法を止める為にワイバーンに攻撃するもバランの剣で弾かれ、追い打ちの稲妻で窮地に。 タスクの貪欲のオーブで強化された火竜の賛美歌が稲妻を逸らせ、更にワイバーンを倒します。 ボスが地上に降りて近寄ってくるという所で終わりました。 87話のネタバレ [時折、マナを消費しない特定のスキルがある。 支配者の手と影の兵士がその例だ。 支配者の手は物理オブジェクトを制御し、影響を与えることができる。 熟練度は対象の重量によって異なるが、マナを消費しない。 また、「影の兵士」はすでに保存した兵士を召喚しているから、それはマナを必要としない。 しかし、彼らが敵によって破壊されたとき、それは別の話だ。 破壊された兵士は再生するためにマナを消費し、マナが残っていない場合、兵士は影に戻る。 だから、マナの最大値を増やすために知能ステータスを増やすことが重要になる]とナレーションが入ります。 旬が、しかし彼の戦闘能力とマナは両方とも計り知れない。 彼の兵士の背後にある原則は何だ?破壊された兵士が再生しないなら、ヤツは絶えず大量のマナを消費して再召喚する必要がある!と考えます。 そして口から稲妻を吐き出します。 【牙はスキルを使用しています:保護の賛美歌】と表示されタスクがこれを受け止めます。 旬が、徐々にマナを失っていく。 ヤツは俺に補充する隙を与えてくれない!上位の兵士を再生するためのマナ消費はさらに大きい。 しかし、彼らの助は必要だ。 マナが完全に使い果たされる前にこの戦いを終わらせなければならない!と考えます。 バランの剣がアイアンの顔に刺さり、稲妻でやられてしまいます。 イグリットが飛び掛かりますが、片手で剣を押さえられ、口からの稲妻であえなく敗退。 その隙をついて旬が攻撃します。 【スキル:急所突きを有効化】 しかしバランは剣でこれをガードします。 それを見て旬は、急所突きを受け流した?!と考えてしまいます。 その隙にバランが旬の頭を鷲づかみして持ち上げ、剣で刺そうとしますが、復活したアイアンとイグリットが斧と剣でこれを阻止。 その隙に旬が二本の短剣でバランの左腕を刺し、更にイグリットの剣がバランの右腕を刺します。 が、バランが雄叫びを上げながら自身を中心に稲妻を放ち旬は後ろに吹き飛ばされます。 バランは両手に短剣を召喚し、旬も両手に短剣を握ると、物凄い速さで激突。 バランが短剣で攻撃しますが旬はこれをガードし、急所付きで反撃しますが、バランもこれをガードします。 物凄い攻防の様子。 バランが口から稲妻を放とうとし、旬は、この距離で?!と考え、短剣二本をクロスさせこれを受け止め、どうにか上に弾きますが、短剣も一緒に弾き飛ばされ、くそっ、短剣が…!と考えます。 バランが両手の短剣で攻撃しますが、旬はこれをかいくぐり、素手でバランの手を押さえます。 そして、なんてすごい力だ!と考えていると、バランがまた口から稲妻を放とうとし、また?こいつのマナに制限はないのか?と唖然としますが、バランの頭に何かがぶつかります。 弾き飛ばされる槍。 旬は、!! エジルが投げた様子。 バランがエジルの方を向き、旬が、今がチャンス!すべての筋力ステータスと共に、支配者の手の力を!と考えます。 【スキル:支配者の手を有効化】 バランの両手をもぎ取ります。 旬が「これで終わりだ!」と言ってバランのアゴに渾身のアッパーカット。 バランの首が吹き飛び後ろに倒れ込む様子。 エジルが「水篠卿…」とつぶやきます。 【魔王バランを倒しました】 【バランの魂を得ました】 【通常のクエスト:悪魔の魂の収集(パート2)が完了しました】と表示されます。 エジルが「水篠卿!」と言いながら駆け寄り、旬も座り込みながら「エジル。 行ってあなたの父親に知らせて。 ラディス一族は今や一位です」と言うと、エジルが涙を浮かべながら「水篠卿…私の一族はラディールです」といいます。 【レベル:97】 ———————————————————— と言うところで87話は終了です。

次の

【俺だけレベルアップな件】ハンター強さランキングTOP8!!ハンター最強決定戦!

俺 だけ レベル アップ な 件 108

前回の107話では、右京がアリの殲滅に参加していることが判明。 手にした2本の刀を駆使し、アリを一掃する。 一方、架南島の魔法石の回収と事態の収集にやってきた騎士団ギルド。 そこでなんと、モンスター語を操る謎の人物と遭遇するが、一瞬で意識を奪われてしまう。 男たちが手をかざすと、ゲートが現れる。 2人の男は、その中へと姿を消したのだった。 韓国版では、日本と韓国が逆に描かれており、当サイトではそれに準拠して記述しておりますが、日本版が発売され次第、随時更新しております。 架南島討伐作戦の犠牲者の葬式 架南島討伐作戦の犠牲者の葬式へと足を運ぶ旬。 そこには、多くの報道陣も駆けつけていた。 架南島レイドが終わり、現実でもネットでも騒がしくない場所はなかったと言う。 架南島討伐作戦は、S級になってから初めて公に姿を見せたレイドだったのだ。 ネットでは、旬についての書き込みが相次いだ。 デビュー戦ということもあり、彼を讃える声が多かったが、彼が早くレイドに参加していれば、犠牲を抑えられたのはという批判もあがった。 旬は花を手向け、泣き続ける彼の家族の姿を横目で見ると、黙ってその場を去る。 すれ違いざま、白川は、1人の英雄では戦争は終わらせられるとは思ってなかったと言う。 だが、今回の件で必ずしもそうではないかもしれないと思ったといい、彼にお礼の言葉を口にした。 旬は何も言い返すことなく、そのまま通り過ぎる。 そこで向坂と目が合うが、彼女は頬を赤くして視線を逸らした。 第4回架南島討伐作戦。 4,801人のハンターが参加し、計96人が死亡。 決して少ないとはいえないが、4回にわたる作戦のなかで、最も死亡者が少ない結果となった。 アメリカハンター局が旬に接触 旬は、後藤会長と話していた。 彼は、ギルドを作成することを会長に打ち明け、S級ハンターはギルドを立ち上げるには免許がいらないこと、電話一本であとは協会側が手配してくれることを聞いていた。 すると後藤は、架南島に結界のようなものを貼っていなかったかと尋ねる。 事後処理を担当した人員が意識を失う事件が発生したと言うのだ。 旬は知らないと答える。 派遣員たちが何と言ってるのか聞くと、意識を失う直前のことを全く覚えてないと言っているそうだ。 頭を抱える会長に、黒服のSPが声をかける。 すると後藤は、ゲストが到着したと言い、お礼を言ってその場を離れた。 *** 旬が帰ろうと車に手をかけると、何者かに声をかけられる。 彼は、アメリカハンター局に務めるアダムホワイトだと名乗ると、名刺を手渡した。 新オフィスに案内された時に、諸菱が言っていた人物が彼だと気づいた旬。 アダムは、旬に伝えたいとっておきの情報があるという。 そして、副局長が直接会いたいと言っており、良ければ会わないかと尋ねた。 旬は、その情報の信憑性もわからないので、考えたあとで連絡すると断り、車へと乗り込む。 旬は驚き、シートベルトにかけていた手がピタリと止めるのだった。 旬と同じ成長するハンター・セルナー夫人 アダムの車に乗せられ、とある場所へと連れてこられた旬。 副局長はマイケルコーナーと名乗り、2人は握手を交わした。 部屋へと案内され、席へ座る3人。 するとマイケルは、単刀直入に米国移民書類を旬に提示した。 本来、処理するには2年かかるが、旬の場合はたった1秒。 一言で済むと言うマイケル。 旬は、情報のためにやってきたと言い、能力を上げることなんて本当に可能なのかと、白々しく尋ねる。 するとマイケルは、その能力を持つ人物がここに来ていると言い、セルナー夫人を部屋へと案内するよう部下に告げた。 部屋へと入ってくるその人物を見た旬は、目を見開くのだった。

次の