うつ病の症状顔つき。 うつ病の症状

うつ病 心だけでなく体の症状にも注意

うつ病の症状顔つき

うつ病がどうして起こるのか、まだ十分に解明されていませんが、現在わかっている原因として、 「心理的なストレス」、「脳内の変化」、「なりやすい体質」の3つがあります。 これら3つの原因が重なって、うつ病を引き起こしていると考えられます。 うつ病は心の病と思われがちですが、じつは脳の病気でもあります。 心理的なストレスとは、過労や対人関係のトラブル、離婚や死別といった生活上の問題が原因となるストレスですが、そうした心理的なストレスがきっかけとなり、そのストレスで脳の働きのバランスが崩れることで、うつ病が発症すると考えられています。 脳にはたくさんの神経細胞があり、さまざまな情報を伝達していますが、その働きで「感情」が生まれます。 最近の研究では、ストレスを受けることで脳の一部の神経細胞の形に変化が生じ、それによって感情や考え方にゆがみが起きるのではないかと指摘されています。 うつ病では、さまざまな心の不調や体の不調が現れます。 体の不調としては、睡眠障害や疲労感・倦怠(けんたい)感、首・肩のこり、頭が重い、頭痛などがあり、心の不調としては、意欲・興味の減退、仕事能力の低下、抑うつ気分、不安・取り越し苦労などが挙げられます。 うつ病は、精神科や精神神経科の専門医でも診断が難しい病気です。 他の病気のように血液検査や画像検査などで異常を見つけることができないため、詳しい聞き取りを行って診断をつけることになります。 うつ病を診断するときに特に重要なのが、「憂うつな気分」と「何に対しても興味が持てない」という2つの症状です。 この2つのうち、どちらかひとつでも、ほとんど一日中、ほとんど毎日、2週間以上続いている場合、うつ病の可能性が高いと考えます。 体の不調は本人も感じやすく、人にも伝えやすいのですが、心の不調は自覚するのが難しいこともあって、受診時に体の症状を訴える人が多いようです。 眠れなかったり、食欲がなかったり、息切れしたりといった症状も、うつ病が原因で起こっている場合もあります。 憂うつな気分や意欲・興味の低下など、うつ病に似た症状を起こす病気は、うつ病のほかにもいろいろあります。 精神疾患としては、「不安症」や「パーソナリティ障害」、「適応障害」などがあります。 また、脳や体の病気で、うつ症状が現れることがあります。 最近、うつ病と間違われることが多くなっているのが「認知症」です。 うつ病なのか認知症なのかを見分けるには、詳しい問診を行い、場合によっては画像検査も行います。 うつ病は認知症に移行しやすいこともわかっているため、高齢者のうつ病の治療は大切です。 脳の血管が詰まって「脳梗塞」になると、脳の働きが悪くなるため、うつ症状がみられることがあります。 その場合、症状が急に現れるのが特徴で、言葉が出にくい、物の見え方がおかしいといった脳梗塞独特の症状がないかをチェックする必要があります。 また、「甲状腺の病気」などでもうつ病に似た症状が出ることがあります。 うつ病は本人が気づきにくい病気です。 うつ病に関する知識がないと、症状が現れているのにうつ病に気づかないこともあります。 また、重症になると、脳の働きが低下し、病気であることを認識できなくなります。 重症になる前に、医療機関を受診して治療を行うためには、家族や周囲の人が気づくことがとても大切です。 ただし、無理に受診を勧めると、本人がよけいに落ち込んでしまう原因になりうるため、サインを正しくとらえて本人に具体的に伝えることが大切です。 周りの人が気づきたいうつ病のサインとしては、「口数が少なくなる」「イライラしている」「朝や休日明けに調子が悪い」「遅刻、欠勤が増える」「だるさを訴える」「身辺整理をする」などが考えられます。 本人に直接伝えづらい場合には、家族や親しい友人、その人が信頼している人から伝えてもらってもよいでしょう。 職場であれば産業医に相談できます。

次の

うつ病になると顔の表情はどうなる?元うつが説明する顔つきの特徴まとめ

うつ病の症状顔つき

監修:産業医科大学 名誉教授 中村 純 先生 うつ病の症状は、こころとからだの両方にあらわれます。 からだの症状は、こころの症状に比べるとわかりやすいものですが、うつ病が原因で、からだの症状が起きているとはなかなか判断されにくいものです。 こころの症状 こころの症状でよくあるものは、「抑うつ気分」と「意欲の低下」です。 抑うつ気分• 気分が落ち込む、特に朝の抑うつ気分が強い• 悲しい気持ちになる• 憂うつだ• 何の希望もない 思考力の低下• 集中力が低下し、仕事の能率が落ちた• 些細な決断ができない• 注意力が散漫になって、人のいうことがすぐに理解できない 意欲の低下• 今まで好きだったことや趣味をやる気になれない• 友人や家族と話すのも面倒だし、話していてもつまらない• テレビや新聞をみてもおもしろくない• 身だしなみやおしゃれに関心がわかない• 不安や落ち着きのなさ(焦燥感)でじっとしていられない• 毎日生活に張りが感じられない からだの症状 うつ病のからだの症状は、1つではなくいろいろな症状があらわれます。 眠れないことに加えて、頭痛がする、食欲が出ないなどです。 そしてこのような症状があるにもかかわらず、いろいろな検査をしても原因がわからないということがよくあります。 からだの不調に加えて、よく考えてみると「毎日が楽しくない」、「何をしてもつまらない」、「とにかく憂うつだ」など、こころの症状もある場合は、早めに医師に相談することが大切です。 睡眠の異常• 眠れない(入眠困難)• 朝、目覚ましよりも早く目が覚める(早朝覚醒)• 夜中に何度も目を覚ます(中途覚醒)• 寝た気がしない(熟眠障害) 食欲の低下 (ときに増加)• 食欲がない• 何を食べてもおいしくないし、食べるのも億劫• ダイエットをしていないのに、体重が1か月で数キロも減った• 甘い物が欲しくなり、過食になり体重が増加することもある (食欲や体重は増加する場合もあります) 疲労、倦怠感• からだがだるい• 疲れがずっと残っている• ひどく疲れる• からだが重い ホルモン系の異常• 月経の不順• 勃起の障害• 性欲の低下 その他の症状• 頭痛(頭に鍋をかぶったようなすっきりしない鈍い痛み)、頭重感• 肩、背中、四肢関節などさまざまな部位が痛む• 心臓がドキドキする(動悸がする)• 胃の痛み• 息苦しさ、窒息感 なぜ、うつ病でからだの症状があらわれるのでしょうか? うつ病では、さまざまなからだの症状があらわれるため、多くの方にうつ病という自覚がなく、何らかのからだの病気があるのではと考えて、内科などを受診する人が少なくありません。 実際に、うつ病患者さんの半数以上がはじめて病院に行くときには、精神科ではなく内科を受診していたという報告があります 1。 1)三木 治:心身医学42(9):585,2002 では、なぜ、うつ病でからだの症状があらわれるのでしょうか? それは、心配事があればお腹がキリキリする、緊張すると胸がドキドキするというように、こころとからだはつながっているからです。 うつ病は、精神的に落ち込む病気ですが、そのこころの不調がからだにもあらわれているのです。 また、うつ病は気分の不調をきたすだけでなく、神経やホルモン、免疫などに影響を及ぼし、これらが複雑にかかわりあって、いろいろなからだの症状があらわれると考えられています。 これを心身相関といいます。 さらに、うつ病になると「不安になりやすい」、「物事を悪くとりやすい」という状態になるため、普通だったら見過ごす程度のからだの不調も、とても大きく感じてしまうのです。 逆の症状があらわれることもあります。 眠れない、食欲がない、落ち込んでいるという症状はうつ病でよくある症状ですが、ときに逆の症状があらわれることがあります。 (過眠)• 朝も遅くまで寝ている• いつもよりよく食べるようになった• やけ食いにも似ている• 夜中によく食べている• イライラしている• じっとしていられない• ソワソワした感じ 注意:特に高齢者のうつ病では、不安や焦燥感(イライラしたり、あせったりする)が強く出て診断が遅れることもあります。 上記の症状の他にも気になる症状があらわれた場合は、医師または薬剤師にご相談ください。

次の

行動、話し方、表情、体調に表れる!うつ病の見逃せないサインとは?

うつ病の症状顔つき

うつ病は、思いのほか見逃されやすい病気です。 その理由のひとつに、うつ病を発症しやすい性格の方には、自分の辛さを他の人に表現することを避けたり、手助けを求めることを控えようとする傾向が見られることです。 うつ病にかかると、過度ともいえる自責の念や、判断力の低下といった症状を招きます。 こうしたことは患者にとって、さらにひとりで病気を抱え込む結果につながります。 人間関係のトラブルや、病気やその他の理由による体調の変化。 死別、離婚、失恋といった喪失体験。 人事異動、引越し、出産などの環境の変化。 こうしたことが強いストレスとなり、うつ病発症の原因となります。 うつ病の主な症状 うつ病のおもな症状を、改めておさらいしておきましょう。 「自分という人間には価値がない」という思いが強い。 思考力や集中カが低下している。 仕事や日常生活において、作業能率が落ちている(あるいは、そう感じる)。 ストレスが、これらの、うつ状態を招くことは、誰にでも起こりうることですが、症状が2週間以上続いて、日常生活に支障をきたしているようなら、うつ病の可能性があります。 うつ病の発症には、脳内の神経の変調が関係しています。 個人の心の弱さが原因ではありません。 早めに受診して、かかりつけ医に相談しましょう。 うつ病のサイン うつ病の方の場合、ご自身がうつ病であることを認めたがらない、あるいは、病医院の受診をためらう傾向にあります。 このため、うつ病の早期治療のためには、ご家庭や職場など、周囲の人が、ささいなことでも、うつ病のサインを見逃さないことが必要です。 ご家族の方は次の点を注意してください。 ため息をつくことが多くなった。 うつ病患者の約半数の方が、自殺を考えるといわれています。 遺書を書くなどの行動や自殺をほのめかすような言動に気づいたときは、急を要します。 このときにはまず、その辛い心境をしっかり聞いて受け止め、理解すること。 そして、『大切な存在だから、死なないで欲しい』と率直に、はっきり伝えます。 このようなときでも、本人が病医院を受診したくないという場合は、ご家族の方が本人に変わって病医院を訪ねて相談してみるのもよい方法です(注意:本人以外の受診の場合は、健康保険は適用されません)。 うつ病は、治療が必要であること。 治らない病気ではないこと。 そうしたことを、患者本人、そして周囲の人が、しっかりと心に留めて、病気の治療と共に、問題解決へと歩んでいきましょう。

次の