人権 作文 高齢 者。 スラスラ書ける人権作文の書き方!?手が止まっている方必見!!

【佳作】 高齢者の生活と現在の工夫

人権 作文 高齢 者

中学生の夏休みの宿題としてよく出されるのが人権作文です。 法務省が毎年秋に実施している「全国中学生人権作文コンテスト」に向けての取り組みなので、地域を問わず全国的に夏休みの宿題として出されることでしょう。 でも実は、日常の学校生活や社会生活、ニュースなどで経験したり見聞きしていることの中に、人権に関係している出来事はたくさんあります。 思っているよりも、結構身近なテーマなのです。 とはいえ、人権って何? 何を書けばいいの? どうやって? と、頭の中は???だらけかもしれません。 人権作文の書き方を、基本的なところから少しずつひも解いていきましょう。 人権とは? そもそも、人権って何でしょう。 文字通り、人の権利(human rights)ですが、もう少し具体的に説明すると、 人間が人間らしく生きていく権利で、すべての人が生まれた時から平等に持っている権利です。 言い換えると 「すべての人が生命と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利」 とも言えます。 世界のどこに生まれても、肌の色や目の色が何色でも、性別が何であれ、どんな人でも、誰にも命を驚かされることなく、自由に、そして幸せを求める権利があるのです。 小さい子どもに説明するならば「命を大切にすること」「みんなと仲良くすること」と言えるでしょう。 この権利は、「世界人権宣言」として1948年に国連(国際連合)によって採択されました。 人権が広く認知されている今の社会に生きていると人権は当たり前にあるもののようにも思えますが、実は、人権宣言が採択されてからまだ70年も経っていないんですね。 私たちは、自分以外の人を差別し、その人の権利や自由を奪うことはでません。 その権利や自由を奪ってしまうことが「人権侵害」であり、私たちの身近なところでも、日本国内のいろいろな場所でも、世界のあちこちでも、この人権侵害が起きているのです。 人権作文とは? 人権作文とはつまり、人権をテーマに自分が経験したことや、感じたこと、考えていることを自由に書いた作文です。 中学生は、これからの社会を担っていく世代。 その中学生に、人権作文を書くという作業を通して、人権の大切さを理解してもらうことが大きな目的の一つです。 そして、年に1回入賞作品をメディアを通して発表することで、多くの人にもあらためて人権に目を向けてもらい、人権意識を根付かせていこうという、社会的啓発の意味合いもあります。 法務省の募集要項には、作文の内容について 「日常の家庭生活、学校生活、グループ活動あるいは地域社会との関わりなどの中で得た体験を通じて、基本的人権の重要性、必要性について考えたことなどを題材としたものとする」 と書いてあります。 つまり、「いつもの生活中で、人権って大切だよね、人権って必要だね、など、人権について考えた体験や経験を題材にして書きましょう」ということです。 では、どんな問題やテーマが人権にかかわってくるのかを次で具体的に見ていきましょう。 人権作文にはどんなテーマ(ネタ)や問題がある? いまの社会では、どんな人権問題があるでしょうか。 法務省の人権擁護局のWebサイトを参考に、中学生に身近なところから具体的に見ていきます。 それぞれの説明を参考に、ピン!とくるテーマ(ネタ)を見つけてみてください。 ピン!とこなくても、なんか気になるな、というものもチェックしておくといいですよ。 親から子への人権侵害• HIV感染者、ハンセン病患者などの感染症のある人への差別• 犯罪被害者に対する人権侵害• 刑を終えて出所した人への差別• 性同一性障害、性的嗜好のある人への差別• <いじめ> 今年に入ってからも、いじめを理由に自殺した中学生のニュースを目にしたことが少なからずあると思います。 いじめは、子供の間だけでなく、大人の間でもあったりします。 いじめそのものをテーマにすることはもちろん、自分はいじめに加わっていなかったとしても、「いじめを知っているのに、黙って見ていて何もしないことはどうなのか」という切り口もいいでしょう。 人権作文に必要なのは具体的な体験 テーマ(ネタ)が決まったら、次はそのテーマ(ネタ)にもとづいた 「具体的な体験、経験」 を見つけます。 具体的な体験や経験がない作文は、とても薄っぺらな印象を与えてしまいます。 体験が入ることによって 「こういう経験をしたから、こう思っているのか」 「この経験が、この人をこうさせたんだね」 と、読んでいる人に理解してもらいやすくなるだけでなく、読んでいる人も、自分が体験したことのように感じることができるため、共感も得やすくなるのです。 「でもそんな経験なんて、ないし…」 と思っている人も、安心してください。 体験はなにも、特別なものでなくていいのです。 誰もが日常で経験するような小さなこと。 これで十分なのです。 例えば・・・• 電車の中で杖をついたおじいさんが立っているのに、優先席に座っている人たちが誰も席を譲らない場面に遭遇した• 駐車場の車椅子の方専用駐車場に、車椅子じゃない人が駐車していた• 何か意見を言ったら「女のくせに」と言われた• 顔に火傷の跡が残っている人を見て、思わず顔を背けてしまった 等々、振り返ってみると思い出すことがあるかもしれません。 それでももし、「ない!」というのであれば、• 気になったテーマをインターネットで検索する• 誰かに話しを聞きにいく ——の2つにトライしてみましょう。 気になったテーマをインターネットで検索する 例えば、「虐待 子ども 死亡 ニュース」で検索すると、検索結果の上位に、いろいろなニュースが上がってきます。 「外国人 差別 ニュース」「戦争 子ども ニュース」 など、検索する時に「ニュース」というキーワードを加えると、比較的新しい出来事を見つけることができます。 自分に経験がなければ、検索で見つけたニュースを見て、自分が人権について感じたことをテーマにしていけばいいでしょう。 誰かに話しを聞きに行く 家の近くに、障害者や高齢者が通う施設などがあれば、そこに話しを聞きに行くのも一つの手です。 直接本人に話しを聞けなくても、施設の職員の方に「どんな差別や人権侵害があるのですか?」と聞いてみると、いろいろ教えてくれるはずです。 施設がなくても、自分の生活の範囲にいる外国人の方や、近所の高齢者など聞くのもいいですね。 意外と、じぶんのお母さんや、おじいちゃんおばあちゃんなども、いろいろな経験を持っているものです。 積極的に質問してみましょう。 誰かの経験を聞いて、じぶんが感じたこと。 <カギかっこで始める> 作文を誰かの言葉、カギかっこで書き始めると、読む人をグッと引きつけます。 書こうとしている体験談に、誰かの言葉が関係しているのであれば、その言葉をカギかっこで引用して書き始めるといいでしょう。 <場面の描写で始める> —冷たい雨が降っている朝だった。 みんなが駅の中へと急ぐ中、車椅子の人が段差を登れずに立ち往生していた —ある日、ネットに友達の写真がアップされていた。 よく見ると…… <短い文で始める> —私の祖父は、右手の指が1本少ない。 —アメリカから、転校生が来た。 書き出しが決まれば、その後はスムーズに体験したできごとを書いていけるはずです。 書き出しをちょっと、工夫してみましょう。 2.1を通して、どんなことに気づき、何を思ったのか 体験を書いたら、その経験を通して「自分」がどう思ったのか、何を感じたのか、そこをしっかりと書いていきます。 なぜなら、同じように体験したとしても、どう受け止めるかは人それぞれ違うからです。 大切なのは「自分が」どう思ったか。 「もし自分だったら…」と、体験したことを自分に引き寄せて考えてみるのも一つのやり方です。 人にどう思われるか、などと気にせずに、思ったことを堂々と、そして素直に書きましょう。 変に気取ったり、いい子ぶらないほうが読み手に伝わります。 3.どんな社会、未来にしていきたいか、という提言 そして結論には、社会への提言を書くといいでしょう。 これまでに書いてきた体験談も、自分が思ったことも、いずれも個人的な、もしくは限られた範囲の話です。 でもそこには、必ず普遍性があるはずです。 個人的な体験でも、それは障害者全体に通じる話だったり、立場さえ少し違えば、私たち誰もが経験し得ることだったりするはずです。 最後のまとめとなる部分なので、自分の言葉で、気持ちを込めて書き上げましょう。 人権作文の書き方のヒントにご利用ください。

次の

高齢者の権利擁護とは

人権 作文 高齢 者

我が国の総人口に占める65歳以上人口の割合(高齢化率)は27. 3%に上り(平成28 2016 年10月現在)、既に超高齢社会となっています。 加齢に伴う判断能力の低下や身体機能の減退には個人差があり、仕事や社会参加の意欲を持ち、実際に活躍している高齢者もたくさんいます。 一方、意欲があるにもかかわらず、年齢を理由に社会参加の機会を奪われるケースも少なくありません。 また、介護の負担や家庭の経済状況の変化等から、高齢者と家族の間の人間関係のバランスが崩れ、介護や世話をしてもらえなかったり、暴力的な行為を受けたりする等の高齢者虐待が大きな問題となっています。 府内における平成27 2015 年度の養介護施設従事者等による虐待事案は34件、養護者による虐待事案に関する相談・通報受理件数は2,693件、うち市町村が虐待と判断した事案は1,434件に上ります。 平成18 2006 年4月に「高齢者虐待の防止、高齢者の養護者に対する支援等に関する法律」が施行され、全市町村で高齢者虐待対応の窓口の設置や地域包括支援センターの設置等が進められました。 大阪府では、市町村の高齢者虐待対応力の向上を図るために、市町村や地域包括支援センターの職員に対する研修を階層別(初任者、現任者、管理職対象)に実施するとともに、支援困難事例に対応する市町村への助言及び弁護士、社会福祉士の専門職チームの派遣、市町村での取組状況等の情報交換の場の設定等、市町村における高齢者虐待防止体制整備への支援を行っています。 また、養介護施設等での高齢者虐待防止の支援として、施設職員の高齢者虐待への理解の促進、施設内での虐待防止研修の実施促進等を図るため、養介護施設従事者等を対象とした高齢者虐待防止研修を実施しています。 また、介護保険施設等における身体拘束ゼロに向けた自主的な体制整備の取組を推進するため、標準マニュアル作成等の支援を行っています。 その他、毎年度開催している集団指導において「身体拘束ゼロ推進マニュアル」に基づき啓発を行うとともに、高齢者の尊厳を基本とするケアの質的向上を目的とした研修会を実施しています。 認知症高齢者等にやさしい地域づくりを推進していくため、社会全体で認知症の人を支える基盤として、認知症に関する正しい知識と理解をもって、地域や職域で認知症の人やその家族を手助けする認知症サポーターの養成を進めています。 一人暮らしの高齢者や認知症高齢者、障がいや疾病を有する高齢者等の中には、財産や金銭を搾取されるといった権利侵害の事例も見受けられます。 実体のはっきりしない事業への投資を勧誘したり、投資詐欺の被害者に被害回復を装って新たな投資商品を購入させたりする等、高齢者を狙った悪質な手口のトラブルが依然として多く発生しています。 また、被害者の83%が60歳以上と、高齢者の個人資産がターゲットとなっており、特に「オレオレ詐欺」、「還付金等詐欺」、「金融商品等取引名目の詐欺」の被害者は、60歳以上の女性が多くなっています。 大阪府消費生活センターでは、「消費のサポーター」(情報提供ボランティア)によるミニ講座の実施や生活情報誌「くらしすと」、府政だより等を通じて、被害を未然に防止するための様々な情報を提供しています。 また、高齢者の被害の未然防止には、周囲の人々の見守りが不可欠であるため、福祉部との連携により福祉関係従事者への見守りの視点の啓発を行うとともに、コンビニエンスチェーン4社を通じ、府内のコンビニエンスストア約3,000店舗に店主・従業者向けの高齢者見守りハンドブックの配付を行いました。 8 82. 2 27. 9 72. 1 32. 0 68. 0 〜29歳 0. 0 0. 0 0. 0 0. 0 0. 0 0. 0 30〜39歳 0. 0 0. 0 0. 0 0. 1 0. 0 0. 0 40〜49歳 0. 1 0. 1 0. 1 0. 6 0. 6 0. 9 50〜59歳 0. 3 1. 0 0. 2 1. 3 1. 2 3. 5 60〜69歳 1. 9 9. 4 4. 1 15. 9 5. 8 7. 5 70歳〜 15. 6 71. 6 23. 5 54. 3 24. 4 56. <警察庁統計データに基づく> 高齢社会を豊かに活力あるものとしていくためには、高齢者が生きがいを持って暮らし、それぞれの豊かな経験を生かして参加できる社会としていくことが必要です。 )の総称であり、振り込め詐欺のほか、金融商品等取引名目、ギャンブル必勝法情報提供名目、異性との交際あっせん名目等の詐欺があります。 〔オレオレ詐欺〕 親族を装うなどして電話をかけ、会社における横領金の補填金等の様々な名目で現金が至急必要であるかのように信じ込ませ、動転した被害者に指定した預貯金口座に現金を振り込ませるなどの手口による詐欺 〔還付金等詐欺〕 市区町村の職員等を装い、医療費の還付等に必要な手続を装って現金自動預払機(ATM)を操作させて、口座間送金により振り込ませる手口による電子計算機使用詐欺 〔金融商品等取引名目の詐欺〕 架空又は価値の乏しい未公開株、社債等の有価証券、外国通貨等について、電話やダイレクトメール等により虚偽の情報を提供し、購入すれば利益が得られるものと誤信させ、購入を申し込んできた被害者に有価証券等の購入名目で現金を口座に振り込ませるなどの手口による詐欺 このページの作成所属.

次の

人権作文の中学生向け例文!4枚・3枚での障害者の人権作文まとめ方!

人権 作文 高齢 者

中学生の夏休みの宿題としてよく出されるのが人権作文です。 法務省が毎年秋に実施している「全国中学生人権作文コンテスト」に向けての取り組みなので、地域を問わず全国的に夏休みの宿題として出されることでしょう。 でも実は、日常の学校生活や社会生活、ニュースなどで経験したり見聞きしていることの中に、人権に関係している出来事はたくさんあります。 思っているよりも、結構身近なテーマなのです。 とはいえ、人権って何? 何を書けばいいの? どうやって? と、頭の中は???だらけかもしれません。 人権作文の書き方を、基本的なところから少しずつひも解いていきましょう。 人権とは? そもそも、人権って何でしょう。 文字通り、人の権利(human rights)ですが、もう少し具体的に説明すると、 人間が人間らしく生きていく権利で、すべての人が生まれた時から平等に持っている権利です。 言い換えると 「すべての人が生命と自由を確保し、それぞれの幸福を追求する権利」 とも言えます。 世界のどこに生まれても、肌の色や目の色が何色でも、性別が何であれ、どんな人でも、誰にも命を驚かされることなく、自由に、そして幸せを求める権利があるのです。 小さい子どもに説明するならば「命を大切にすること」「みんなと仲良くすること」と言えるでしょう。 この権利は、「世界人権宣言」として1948年に国連(国際連合)によって採択されました。 人権が広く認知されている今の社会に生きていると人権は当たり前にあるもののようにも思えますが、実は、人権宣言が採択されてからまだ70年も経っていないんですね。 私たちは、自分以外の人を差別し、その人の権利や自由を奪うことはでません。 その権利や自由を奪ってしまうことが「人権侵害」であり、私たちの身近なところでも、日本国内のいろいろな場所でも、世界のあちこちでも、この人権侵害が起きているのです。 人権作文とは? 人権作文とはつまり、人権をテーマに自分が経験したことや、感じたこと、考えていることを自由に書いた作文です。 中学生は、これからの社会を担っていく世代。 その中学生に、人権作文を書くという作業を通して、人権の大切さを理解してもらうことが大きな目的の一つです。 そして、年に1回入賞作品をメディアを通して発表することで、多くの人にもあらためて人権に目を向けてもらい、人権意識を根付かせていこうという、社会的啓発の意味合いもあります。 法務省の募集要項には、作文の内容について 「日常の家庭生活、学校生活、グループ活動あるいは地域社会との関わりなどの中で得た体験を通じて、基本的人権の重要性、必要性について考えたことなどを題材としたものとする」 と書いてあります。 つまり、「いつもの生活中で、人権って大切だよね、人権って必要だね、など、人権について考えた体験や経験を題材にして書きましょう」ということです。 では、どんな問題やテーマが人権にかかわってくるのかを次で具体的に見ていきましょう。 人権作文にはどんなテーマ(ネタ)や問題がある? いまの社会では、どんな人権問題があるでしょうか。 法務省の人権擁護局のWebサイトを参考に、中学生に身近なところから具体的に見ていきます。 それぞれの説明を参考に、ピン!とくるテーマ(ネタ)を見つけてみてください。 ピン!とこなくても、なんか気になるな、というものもチェックしておくといいですよ。 親から子への人権侵害• HIV感染者、ハンセン病患者などの感染症のある人への差別• 犯罪被害者に対する人権侵害• 刑を終えて出所した人への差別• 性同一性障害、性的嗜好のある人への差別• <いじめ> 今年に入ってからも、いじめを理由に自殺した中学生のニュースを目にしたことが少なからずあると思います。 いじめは、子供の間だけでなく、大人の間でもあったりします。 いじめそのものをテーマにすることはもちろん、自分はいじめに加わっていなかったとしても、「いじめを知っているのに、黙って見ていて何もしないことはどうなのか」という切り口もいいでしょう。 人権作文に必要なのは具体的な体験 テーマ(ネタ)が決まったら、次はそのテーマ(ネタ)にもとづいた 「具体的な体験、経験」 を見つけます。 具体的な体験や経験がない作文は、とても薄っぺらな印象を与えてしまいます。 体験が入ることによって 「こういう経験をしたから、こう思っているのか」 「この経験が、この人をこうさせたんだね」 と、読んでいる人に理解してもらいやすくなるだけでなく、読んでいる人も、自分が体験したことのように感じることができるため、共感も得やすくなるのです。 「でもそんな経験なんて、ないし…」 と思っている人も、安心してください。 体験はなにも、特別なものでなくていいのです。 誰もが日常で経験するような小さなこと。 これで十分なのです。 例えば・・・• 電車の中で杖をついたおじいさんが立っているのに、優先席に座っている人たちが誰も席を譲らない場面に遭遇した• 駐車場の車椅子の方専用駐車場に、車椅子じゃない人が駐車していた• 何か意見を言ったら「女のくせに」と言われた• 顔に火傷の跡が残っている人を見て、思わず顔を背けてしまった 等々、振り返ってみると思い出すことがあるかもしれません。 それでももし、「ない!」というのであれば、• 気になったテーマをインターネットで検索する• 誰かに話しを聞きにいく ——の2つにトライしてみましょう。 気になったテーマをインターネットで検索する 例えば、「虐待 子ども 死亡 ニュース」で検索すると、検索結果の上位に、いろいろなニュースが上がってきます。 「外国人 差別 ニュース」「戦争 子ども ニュース」 など、検索する時に「ニュース」というキーワードを加えると、比較的新しい出来事を見つけることができます。 自分に経験がなければ、検索で見つけたニュースを見て、自分が人権について感じたことをテーマにしていけばいいでしょう。 誰かに話しを聞きに行く 家の近くに、障害者や高齢者が通う施設などがあれば、そこに話しを聞きに行くのも一つの手です。 直接本人に話しを聞けなくても、施設の職員の方に「どんな差別や人権侵害があるのですか?」と聞いてみると、いろいろ教えてくれるはずです。 施設がなくても、自分の生活の範囲にいる外国人の方や、近所の高齢者など聞くのもいいですね。 意外と、じぶんのお母さんや、おじいちゃんおばあちゃんなども、いろいろな経験を持っているものです。 積極的に質問してみましょう。 誰かの経験を聞いて、じぶんが感じたこと。 <カギかっこで始める> 作文を誰かの言葉、カギかっこで書き始めると、読む人をグッと引きつけます。 書こうとしている体験談に、誰かの言葉が関係しているのであれば、その言葉をカギかっこで引用して書き始めるといいでしょう。 <場面の描写で始める> —冷たい雨が降っている朝だった。 みんなが駅の中へと急ぐ中、車椅子の人が段差を登れずに立ち往生していた —ある日、ネットに友達の写真がアップされていた。 よく見ると…… <短い文で始める> —私の祖父は、右手の指が1本少ない。 —アメリカから、転校生が来た。 書き出しが決まれば、その後はスムーズに体験したできごとを書いていけるはずです。 書き出しをちょっと、工夫してみましょう。 2.1を通して、どんなことに気づき、何を思ったのか 体験を書いたら、その経験を通して「自分」がどう思ったのか、何を感じたのか、そこをしっかりと書いていきます。 なぜなら、同じように体験したとしても、どう受け止めるかは人それぞれ違うからです。 大切なのは「自分が」どう思ったか。 「もし自分だったら…」と、体験したことを自分に引き寄せて考えてみるのも一つのやり方です。 人にどう思われるか、などと気にせずに、思ったことを堂々と、そして素直に書きましょう。 変に気取ったり、いい子ぶらないほうが読み手に伝わります。 3.どんな社会、未来にしていきたいか、という提言 そして結論には、社会への提言を書くといいでしょう。 これまでに書いてきた体験談も、自分が思ったことも、いずれも個人的な、もしくは限られた範囲の話です。 でもそこには、必ず普遍性があるはずです。 個人的な体験でも、それは障害者全体に通じる話だったり、立場さえ少し違えば、私たち誰もが経験し得ることだったりするはずです。 最後のまとめとなる部分なので、自分の言葉で、気持ちを込めて書き上げましょう。 人権作文の書き方のヒントにご利用ください。

次の