命の母 副作用 乳がん。 エクオールのサプリの効果は?エクオールのサプリは命の母がオススメ

タモキシフェン錠の効果と副作用【乳がん治療薬】

命の母 副作用 乳がん

【このページ記事】• 私はサプリや薬を飲んでもホットフラッシュに1時間に1回なっていたので症状が酷くて本当に死にそうでした。 どうにか更年期障害の期間が終わって救われました。 夜中に寝ていても2時間に1回ホットフラッシュが出てしまい、暑くて目が覚めてしまう。 パジャマや下着が汗でびっしょりで毎回交換しています。 1日に10回以上の発汗があります。 生理は5ヶ月前からなくホルモン治療をしたら改善しました。 しかし不正出血がありHRTが出来なくなり他の治療の方法を模索中です。 ホットフラッシュ3年の期間が経ちますが、未だに滝のような汗が1時間止まらなくなります。 汗が出る前の頭から全身に広がる苦しさが苦痛です。 10年間続きました。 頻度が多かったピークは始まって5年のころで毎日でした。 ホットフラッシュは一般的に発症する年齢は、閉経前後の1~10年で平均では2年の期間と言われています。 頻度としては上記のランキングの口コミのように更年期障害が酷い女性は1時間に1回、軽度なら週に2~3回の割合です。 ホットフラッシュの深刻な症状が続く時間は平均で5分で長いと30分以上とも言われています。 症状がならない女性から重度まで様々なので一概に更年期障害は一括りで言えないのが難しいのが特徴です。 ホットフラッシュの第一選択肢は女性ホルモン投与が効きます 更年期障害で現れる症状で、不眠やイライラや汗を大量に掻くホットフラッシュでは発症するメカニズムの原因が異なっていて、女性ホルモン投与が不可欠なものがあります。 ホットフラッシュは血管運動神経症状(エストロゲン欠落)で、ホルモンの減少が原因ですので注射や病院のプレマリンのような薬を飲むことが最善の方法になります。 薬局で販売している命の母やルビーナは分類では漢方薬なので西洋医学とは異なり効き目の有効性については断言しきれないと日本産科婦人科学会の更年期ガイドラインに記載されています。 通院してHRTの注射を頻繁にしたり、薬を処方されたりすることで実感として改善されることが多いのですが副作用の症状が現れるので敬遠してしまう女性が多いです。 ホットフラッシュにホルモン投与の治療が合わない女性の口コミが多い 病院に更年期障害で婦人科を受診して認定されると、一番効果がある治療の方法として医師に紹介されるのはホルモン療法で女性ホルモンを経口か注射で取り入れるものです。 女性ホルモンの低下を改善する直接補うホットフラッシュの対策の治療なのでサプリメントより効果は期待できるのですが、副作用がきつく合わない人が多く途中で無断で通院を辞めてしまいます。 次に勧められるのは、漢方薬なのですが、「桂枝茯苓丸料」「加味逍遙散料」などが「のぼせ」の熱くなる症状には即効で効くようになっています。 漢方薬は更年期障害のホルモン低下を根本的に治すものではなく、ホットフラッシュの症状だけを軽減させる働きなので、実感できなく作用が弱いと感じる人も多く合わない場合もあります。 ウォーキングを欠かさず毎日することで更年期障害のホットフラシュを薬やサプリよりも治療の効果があるという記事がイギリスの大学の研究で分かったようです。 運動をすることで血圧と脳内に流れ込む血流を低下させる効果がありホットフラッシュの急な発生を対策させれるとのことです。 ホットラッシュの原因は自律神経失調症と同じで、血流を自分でコントロールできなくなり血圧が急に高くなったり、頭に血が流れ込んだりする症状です。 更年期障害の薬ではなく自律神経失調症の薬を飲むことでホットフラッシュが治療できたというネットの口コミも数多くあります。 自律神経失調症も必ず治療できる薬というものはなく、うつ病の薬に近い抗不安薬などが処方されやすいです。 ブラックコホシュというハーブの一種が更年期サプリとしてランキングを見ても効果があると言われてきましたが、厚生労働省のホームページでブラックコホシュは毎日飲んでも効果がないと断定されていました。 キンポウゲ科の植物でインディアン時代の医療用の薬草として使われていて、進んでいるアメリカでブラックコホシュの成分が人気があったのですが、更年期サプリとホットフラッシュには関係ないと結論付けれました。 ホットフラッシュによる寝汗を緩和させることができないだけでなく、肝機能障害や様々な副作用の恐れがあるので注意ということです。 更年期サプリを飲むことでイライラやホットフラッシュが治ったという素晴らしい口コミもありました。 その女性は症状が酷くダメもとで市販のサプリを飲んだら改善したとのことです。 しかし、ホットフラッシュがサプリの対策のお陰で無くなったと同時に下半身の性欲もなくなり、濡れなくなって夜の夫婦生活が苦痛で困っているとのことです。 産婦人科で処方された更年期障害の漢方薬である加味逍遥散を二か月飲んでいたら、3キロも太ってしまったのは薬のせいなのか。 症状は2ヵ月ですがホットフラッシュが治療したとは思えない程度で漢方薬では難しいのか。 薬局にある更年期の市販薬やサプリは全部が漢方薬 ホットフラッシュに悪い影響を及ぼすのは、アルコール、煙草、カフェインです。 また長期間に渡るストレスを貯めることも良くありません。 更年期障害でホットフラッシュになる原因は、自律神経の調整が上手に機能しないことで、頭部に血が流れたり末端に血が行かなかったりする仕組みです。 自律神経失調症のお薬とランキング上位の更年期サプリが似ているのは、症状の原因がどちらも自律神経の伝達にあるからです。 米国内分泌学会(ENDO)が発表した内容で、夜間にホットフラッシュになる頻度が多い女性ほど、うつ病になる傾向が強いと警告を出しています。 脳内の伝達物質のセロトニンなどが正常に働かないのが更年期障害によるホットフラッシュの原因になります。 ホットフラッシュだけなら良いですが、睡眠中に発生することで不眠症になり日中の疲れが取れなくなり二次障害を引き起こす原因にもなります。

次の

乳がん母さんの明るい共病30|岡江久美子さんの死、絶対避けたい医療崩壊~その2~

命の母 副作用 乳がん

Contents• エクオールのサプリメントはどれが良い? 「更年期にはエクオールがよい」と、最近はよく目にします。 テレビでも紹介されて、すっかりお馴染みですね。 も色々なメーカーから出ています。 エクエル• エクオール+ラクトビオン酸• キレイ・デ・エクオール• 小林製薬エクオール• ノムダスエクオール• フルミーエクオール しかしエクオールのサプリメントは、ちょっと試してみるには決して安いものではありません。 ネットの口コミをあれこれ見て、どれが良いのか、本当に効果があるのか吟味しました。 エクオールサプリメントの口コミ 良い口コミ• ホットフラッシュや発汗が激減した。 以前のようにキビキビと動けるようになった。 よく眠れるようになった。 肩こりが改善された。 肌の調子が良くなった。 気分の落ち込みを感じなくなった。 悪い口コミ• 合わないのか、飲むと吐き気がする。 高いのに効果を感じられない。 1ケ月飲み続けたが何も変わらない。 粒が大きくて飲みこめない。 (エクエル) 小林製薬のエクオールに決めた理由 効果を感じる・感じないには個人差があるようです。 自分がどうかは、実際に飲んでみないとわからないですね。 悩んだ結果、私が選んだのは小林製薬のエクオールです。 一粒の大きさが約8mmと飲みやすいサイズで、一日1粒なので続けやすい。 他に比べて低価格というのが決め手になりました。 この値段ならダメでも諦めがつく。 低価格だけど、信頼できるメーカーの製品である。 節約主婦ならではのこんな理由で小林製薬のエクオールを飲み始めました。 小林製薬エクオールを使った結果 女性ホルモン不足は色々な不具合を引き起こします。 管理人も「ほてり」「急な汗」「イライラ」に悩まされていました。 しかし小林製薬のエクオールを飲み続けている今は、毎日が良い調子です。 エクオールを飲んでいると• 変な汗をかかない• 顔が熱くならない• 気分が落ち着いている• イライラしないので家庭内が平和• 肩こりがマシ• よく眠れる• 疲れにくい• 肌の乾燥がマシ あくまで個人の感想ですが、こんな変化を感じています。 エクオールの効果はいつから実感できる? 私の場合、飲み始めて1週間くらいで「ほてり」や「急な汗」への効果を実感しました。 さらに続けるうちに、頑固な肩こりがマシになり、夜もよく眠れるようになりました。 ちなみに一般的には、エクオールの効果は飲み始めてから1~3カ月くらいで感じられるようです。 小林製薬《命の母》エクオールの成分 主成分(一日量) 発酵大豆イソフラボン(エクオール含有)28mg その他成分(〃) ブラックコホシュエキス 12. 0mg 酵素処理ヘスペリジン 31. 3mg テアニン 25. 0mg 発酵大豆イソフラボン イソフラボンはエストロゲン(女性ホルモン)と構造が似ていて、エストロゲンに似た働きをします。 更年期で減ったエストロゲンの代わりをしてくれるので、更年期の女性が一番摂りたい成分です。 ブラックコホシュエキス ブラックコホシュはハーブの一種で、更年期の女性向けサプリメントとして北米では最もよく使われています。 ハーブティーとして飲むと苦みがあるので、サプリメントとして使われることが多いです。 ホットフラッシュ、発汗といった更年期の症状に効果があるという報告が多数あります。 酵素処理ヘスペリジン ヘスペリジンはミカンの皮などに含まれるポリフェノールの一種で、漢方薬「陳皮」の有効成分です。 ヘスペリジンの作用としては、• 毛細血管の強化• 血流を改善• 冷えを改善• 血中中性脂肪の低下• 血中コレステロール値の改善• 花粉症を予防• 骨粗鬆症を予防 などが報告されています。 酵素処理ヘスペリジンは糖転移ヘスペリジンともいい、ヘスペリジンの水溶性と吸収性を高めたものです。 テアニン テアニンは緑茶に含まれるアミノ酸の一種です。 緑茶に含まれるアミノ酸の半分以上がテアニンです。 お茶を飲んだときにリラックスした気分になるのは、テアニンの効果だと言われています。 リラクセーション効果の他に、脳神経細胞を保護する作用も報告されています。 更年期の女性をしっかりサポートしてくれる成分 更年期の症状といえば「不定愁訴」というくらい様々な症状があります。 ほてり、急な汗、イライラなどの症状も悩ましいですが、今は気にならなくても将来的な骨粗鬆症、、虚血性心疾患の危険性なども無視できません。 そもそもこれらの症状はエストロゲンが減ることで起こりますから 「減ったエストロゲンの代わりになるイソフラボン(エクオール)を積極的に摂りましょう。 」 ということなのです。 小林製薬のエクオールには、イソフラボン(エクオール)にプラスして、更年期対策に嬉しい成分がたっぷり入っています。 これは、日本人が大豆製品から摂っているイソフラボンの95パーセンタイル値から設定されています。 また、厚生労働省の「」にもありますが、 特定保健用食品(サプリメント含む)としての大豆イソフラボンの安全な一日上乗せ摂取量の上限値は30mg(大豆イソフラボンアグリコン換算値)とされています。 小林製薬エクオールの発酵大豆イソフラボン(1日量)28mg(エクオール2mg、イソフラボンアグリコン26mg)です。 これは一日あたりの摂取目安量の範囲内ですので、安心して毎日飲み続けてよいでしょう。 欧米では更年期の女性に最も売れているブラックコホシュですが、胃の不快感や胸やけの報告が少数ある以外、特に副作用はありません。 ブラックコホシュを摂取しても子宮内膜の肥厚は見られません。 乳がんのホルモン療法の副作用対策にブラックコホシュを併用する研究が実施されています。 管理人のようにガンが心配でホルモン補充療法をしない人でも、ブラックコホシュを避ける理由はありません。 酵素処理ヘスペリジン ミカンに含まれるポリフェノールで副作用はないと言われています。 ヘスペリジンはの分泌を促進するとか、抗がん作用があるなどの文献は多数ありますが、副作用に関しての報告は見当たりませんでした。 テアニン テアニンには発がん性はありません。 非常に高用量のテアニンをラットに投与した実験で、毒性はみられませんでした。 テアニンは非常に安全なアミノ酸です。 まとめ あの独特のネーミングセンス、テレビCMでおなじみの小林製薬ですが、実は100年以上の歴史がある真面目な製薬会社なのです。 製薬会社ですから研究・開発にも力を入れています。 エクオールの含有量は2mgと少なめですが、その他にも更年期の女性をサポートする成分がしっかりと入っています。 製品の品質も、製薬会社のクオリティで安心です。 身近な製品を多く出している会社なので、続けやすい価格で提供されているのも魅力です。 いよいよ閉経…という時期になり、 管理人はエクオール2mgでは足りない感じがして、今は他の製品に切り替えています。 それでも、高い品質&お手頃価格なのは確かです。 更年期はじめのモヤモヤ症状、ホットフラッシュや汗などに悩んでいる女性にぜひオススメしたいサプリメントです。

次の

命の母aの効果・効能や副作用について解説

命の母 副作用 乳がん

私の場合、リュープリンとトレミフェンを使っていました。 トレミフェンが「タモキシフェン」にあたり、 リュープリンが「ゾラデックス」になります。 私が治療を受けたのは30代に入ってすぐでしたので、 ご参考になるかどうはわかりませんが、 トレミフェン(タモキシフェン)で酷い更年期症状が 出るとは思い難いです。 私の場合ですが、年齢的に若かったせいもあるのか、 リュープリンで生理を完全に止めていたので、 その副作用(更年期障害)凄まじいものでした。 ホットフラッシュに真冬に、全裸でクーラーをかけて寝ていました。 また、欝状態も酷いもので、フラフラで毎月、リュープリンを 止めようと思っていました。 また、体重は、15〜20キロほど増えました。 医師と相談の上、 「トレミフェンが太る要因かも知れないから、そちらだけ止めよう」 と言われましたが、多少、体重が減った程度であまり変わりませんでした。 個人差がある問題が、感想としてはタモキシフェンのみであれば、 更年期障害にあたる症状はあまり出現しない様に感じておりますが。 ユーザーID: 7511602418• 私の場合 くまさん はじめまして。 ありがとうございます! 副作用が強いほうが、なんとなく効くような気がして質問させていただいた次第です。 体重も毎日はかってみます。 ありがとうございました! ひまわりさん はじめまして。 ありがとうございます! 副作用が出るとしても、やっぱり1か月くらい飲んでから、なのかもしれないですね・・・。 次の生理がくるか否かも、目安の1つですね。 しばらくのあいだ、注意深くからだの様子を見ていきます。 ひまわりさんもご自愛くださいね・・・! くまさん、ひまわりさん、 貴重なご経験を聞かせていただいて、本当にありがとうございました! タモキシフェン単独治療の方で「副作用感じない」という方も、いらっしゃるのでしょうか? 引き続き、お待ちしております。 よろしくお願いいたします。 ユーザーID: 6173482285• 私の場合ですが 2年半前に乳がん手術を受け、その後放射線治療、終了後からノルバテックスのみの ホルモン療法を続けています。 私の場合は、ノルバテックスを飲み始めても生理は止まらず、ちょっと感触は違うものの、毎月必ずやってきましたし、更年期のような症状も気になるようなことはありませんでした。 ところが年齢的に普通に更年期障害を感じる今日この頃になり、この2カ月程度はホットフラッシュをはじめ、あらゆる症状が一気にやってくるようになりました。 おそらく、ホルモン療法で反応しやすい人、あまり感じない人など個人差が大きいのだろうと思います。 友人で同じくノルバテックスを飲んでいる人は、生理が1年に1回になった、けれど他は何も変化なく、すこぶる元気、と言っています。 なのであまり怖がることなく、治療を完治することを目指したほうがよいかもしれませんね! ユーザーID: 4981740815• ひめママさんへ、トピ主です 50代ですが、いいでしょうか?少しでもご参考になればと。 ノルバ服用開始後1週間目: 頭痛、ホットフラッシュ 2週間目: 手指の関節がぎしぎし 3週間目: だるい:しかし頭痛はなくなる 4週間目: だるいのに加えて、朝起きるのがしんどくなる。 欝っぽい症状がでる。 ホットフラッシュは相変わらずだが、これは我慢できる範囲。 手指のぎしぎしも気にならなくなる。 この時点で担当医と会って話しました。 とにかく、 信じられないようなだるさ、それに朝の気分などが、 ちょっと欝っぽくて、このまま続けるのが心配になったのです。 「仕事(フルタイム)をするならノルバは続けられない」 「ノルバを続けるのなら、仕事はやめねばならない」 とお医者さんに伝えました。 それで、迷わずやめることにし、その後(1年になります)無治療です。 とにかくひどかったので。 疲れ、だるさ、かなり一般的な副作用のようです。 残念ながら。 副作用が強く出る人のほうが効く、とも聞きますが… ユーザーID: 5231159711• 50代さんへ、トピ主です わたくしも、トピ主さまと同じく、タモキシフェン単独治療です。 今までの書き込みを読むと、すでに解決済みであろうかと思われますが、わたくしも薬を飲み始めて今日で2〜3週間程度になります。 みなさまの書き込みを参考にしつつ、わたくしもまだ副作用は特に目立って出てきてませんが(夏のせいか、汗が尋常じゃない。 てなことくらいです。 )、2〜3ヶ月後にも新たに症状が現れるんですね。 わたくしも、まだこの先、なにか症状が出るかもしれないので、リアルタイムで書かせてもらってもよいですかね? 3ヶ月のズレはありますが、トピ主さまとタモキシフェンのスタート時期が近いので、今後ともよろしくお願いいたします ユーザーID: 0456249630• あまり感じません トピ主さんと同じ42歳で閉経前です。 タスオミン単独のホルモン療法を始めて4ヶ月になります。 ホットフラッシュなどの副作用らしい副作用は感じていません。 月経は出血量が大幅に減った感じがしますが、 周期が乱れがちだったのがなぜか服用後は安定。 体重増加は心配ですが、今のところ変化はありません。 以前と比べると気分の浮き沈みが激しくなったような気がしていますが、 副作用と言うほど辛いものではありません。 このままの感じで治療が続けられればよいと思っていますが 治療開始後かなり時間が経ってから副作用が出ることもあるみたいなので ちょっとドキドキしています。 副作用は本当に個人差がありますね。 ユーザーID: 8354865634• アッキさんへ、トピ主です アッキさん、こんにちは! コメントありがとうございます! お返事が遅くなって、申し訳ありません! タモキシフェン単独治療の方は少ないのかなぁ?と少し不安を感じていたので 同じTAM単独治療の方がおられて、ホッとしました。 私は、5月6日からノルバデックスの服用を始めて、4か月経過しました(9月17日現在) 生理の方は、 5月 有り(飲み始める前に) 6月 有り 7月 無し 8月 有り 9月 まだ と、こんな感じです。 ホットフラッシュも、今までのところ、ありません。 もしよろしければ、アッキさん是非、「リアルタイムで」お書きいただきたいです! 患者さん同士の情報は、とっても参考になりますし、有益だと思いますので どうか今後とも、よろしくお願いいたします! ユーザーID: 2066794532• きてぃさん、コメントありがとうございます! お返事が遅くなり、申し訳ありません! 私も5月6日からのノルバデックス単独で、4ケ月経過しました。 (ほとんど同じ時期ですね?) 体重は、減らなくなりました! ホルモン治療のせいか、単なる加齢のせいか、わかりませんが 手術前(1月)は43キロ、今は48キロです(泣) 毎朝1時間くらい歩いてますが・・・。 「なんとなく悲しくなったり」という、情緒不安定みたいなのはありますが それも、薬のせいかどうかは微妙ですねぇ・・・ (普通のときでも、そういうの、あったので) 去年の9月に婦人科検診を受けたので、 またそろそろ行こうかな?と思っています。 血栓症は今のところ、大丈夫みたいです。 長い治療になると思いますので、のんびりした気持ちで過ごして行きたいですね。 「タモ単独治療中はエストロゲンの測定を」トピ主です トピ主なおです。 タモ単独治療中にアクシデントがあったので、書き込みます。 タモキシフェン単独治療、5か月経過後、 E2(エストラジオール:エストロゲンの一種)を測定したところ、増えてしまっていました。 乳がんの治療として、私の場合、逆効果でした。 タモキシフェン単独治療の方は、 女性ホルモン(E2、FSH、LH、プロゲステロンなど)を、測定されることをおすすめします。 (血液検査でわかります。 保険もききます。 ) あくまでも私の場合で、もちろん個人差があると思いますが、 調べてみて、何も問題なければ、それにこしたことはないですし。 私の場合、 タモキシフェンが卵巣を刺激しすぎて エストロゲンが通常より多く増えてしまっていたようです。 ですので今は、タモキシフェン休薬中で、ゾラデックスを開始する予定になっています。 ユーザーID: 6173482285• 私もタモキシフェン単独治療を2年間いたしました 私も手術、放射線治療後37歳のときにタモキシフェン単独治療を2年間いたしました。 生理は規則的にきてましたし身体的には何も変わらず、精神的にのみうつっぽくなりましたのが半年後くらいからです。 今45歳ですが、更年期の練習だったと思います。 仕事も子育ても普通に続けましたの。 トピック主さんのご質問からそれますが、毎月の薬代が高額で1年後くらいに薬代が高いので服用やめたいと医師にそうだんしたところ、それではジェネティックでと処方され薬代が3分の一だったのには驚きました。 最初から言ってほしかったと記憶しております。 とにかくホルモン受容性+のかたには良く利く薬らしいですが、主治医が、「うつで自殺したくなるくらいならやめたほうがいい」言っておりました。 あまりにもひどいときは主治医とそうだんして一時的にやめるとかという方法もあると思います。 がんばってくださいね。 ユーザーID: 2768269711.

次の