ジャニー喜多川 性犯罪者 内容。 法廷で元ジュニアが証言したジャニー喜多川社長による性的虐待|LITERA/リテラ

ジャニー喜多川の少年愛裁判の裏事情とは?最高裁敗訴で掘った記録が認定

ジャニー喜多川 性犯罪者 内容

2019年7月9日に ジャニー喜多川さんが亡くなってからというもの、メディアでは連日のようにジャニーさんの生前の輝かしい功績や事務所タレントとの心温まる絆が報じられてきました。 その陰で 表立っては報じられないジャニーさんの「 性犯罪者 」について 真相 を求める声が高まっています。 実はジャニーさんの 同性愛や ホモセクハラが話題となったのは 1999年のこと。 2004年 には最高裁の判決で少年への 同性愛行為 が認定されています。 かなり前のことなのでジャニーさんにそんな「闇」があったことを初めて知ってショックを受けた方も多いのではないでしょうか? ここでは改めてジャニー喜多川さんの 少年愛裁判の内容や裏事情を確認してみたいと思います。 ジャニー喜多川は少年らが逆らえばステージの立ち位置が悪くなったり、デビューできなくなる状況に乗じて セクハラを行っていること• 合宿所などで少年らの日常的な 飲酒、 喫煙を認めていること• 学校に行けないような 無理なスケジュールを課していること• ジュニア4人が起こした 万引き事件の報道を封印したこと• フォーリーブスのメンバーに対して非道なことをしていること• 関西出身のジャニーズは 給与などの面で冷遇されていること• かねてより所属タレントは 給与が少ないなど冷遇されていたこと• チケット購入の際、手数料がかかるなど ファンを無視したファンクラブを運営していること。 ジュニアと付き合っている ファンに対し脅したこと• マスコミはジャニーズ事務所を恐れ、 追従していること 出典:『芸能界スキャンダル大戦争』(鹿砦社) ジャニーズ事務所はこういった週刊文春の告発に対して記事が 名誉毀損であるとして、 文春に対し 1億円の損害賠償 を要求する 民事訴訟 を起こしたわけです。 二審判決は 東京高裁で2003年7月15日に出されました。 ここで初めて ジャニーさんの所属タレントへの 同性愛行為 が公式的に 認定 されました。 その結果一審判決での同性愛部分に関するジャニー側の 勝訴は取り消され、 文春側に命じられた損害賠償額は 120万円に 減額されたわけです。 第一審では証言に立った少年の説明があやふやだったため文春側のボロ負けになったのですが、 第二審では新たな 証拠能力の高い証言者 が現れて、ジャニーさんの同性愛行為が認めらたそうです。 また、1995年の時点でジャニーズ事務所とやり合っていた出版社である 「鹿砦社」の 松岡利康社長 も、この文春裁判でアドバイスをするなど水面下で協力していたと言われています。 二審判決ではジャニーさんの「 人生最大の汚名」が認められてしまったので、 ジャニー側は損害賠償額を不服という理由で最高裁に上告しました。 しかし2004年2月24日の最高裁の最終判決でジャニー側の訴えは棄却され(藤田宙靖裁判長)、 ジャニーさんの少年への 同性愛行為 の認定が確定し、ジャニー側の敗訴となりました。 ちなみにサイゾーウーマンによると一連の少年愛裁判でジャニーズ側の 代理人を担当したのは、 矢田次男という弁護士なのだそうですが、 この矢田弁護士はもともとジャニーズと仲が悪いことで有名な事務所「 バーニング」のお抱え弁護士だったとのこと。 ジャニーさんの少年愛裁判以後は、ジャニーズ事務所顧問弁護士として2009年のSMAP 草彅剛さん泥酔事件や、2018年のTOKIO 山口達也さんの強制わいせつ事件も担当しているようです。 芸能人絡みの弁護に強いということで、高額な報酬でもってジャニーズ事務所に一本釣りされた可能性もありそうですね。

次の

ジャニーさん、グループ戦略は“苦悩”から生まれた 郷ひろみ退所が分岐点― スポニチ Sponichi Annex 芸能

ジャニー喜多川 性犯罪者 内容

Contents• 【文春】ジャニー喜多川の少年愛が生み出した偉大な「審美眼」 ジャニー喜多川さんといえば、「原石」を見つけ出す天才。 偉大なプロデューサーとして知られています。 記事の中で、ジャニーさんと親交があった、「異能の男 ジャニー喜多川」などの著書がある作家の小菅宏さんは、ジャニー喜多川さんの才能についてこう語っています。 「 丸坊主で身長が一五〇cmもなかった東山さんに、ジャニーさんが渋谷の交差点で声をかけたことは、今でも語り草です。 嵐の二宮和也もオーディションでは、リュックを背負った猫背の冴えない少年でした。 誰もが落ちると思っていたのに、ジャニーさんの目に留まって合格。 その後、嵐に加入した二宮が国民的アイドルと呼ばれるとは、誰も予想できなかった」 ジャニーさんは、少年の写真を一目見ただけで、十年後、二十年後の顔が分かるという特殊ともいえる能力を持ち合わせていたそうです。 その功績は誰もが知るところ。 ひとりの例外なくジャニーさんが十代のうちに発掘したのです。 しかし、その「審美眼」は、まさしくジャニーさんの 「少年愛」が生み出したものだというのです。 【文春】被害者が語るジャニー喜多川の生々しい性的虐待の内容 かつて、週刊文春はジャニー喜多川さんと法廷で争ったことがありました。 それは、1999年から2000年にかけて、文春が14週にわたって掲載した「ジャニーズ事務所の少年に対する処遇に関するキャンペーン記事」の内容をめぐってのこと。 タイミングも事務所にとっては最悪で、嵐がハワイの洋上で華々しいデビュー会見を行った直後のことでした。 文春が訴えた内容がこちらです。

次の

ジャニー喜多川結婚歴・子供は娘?メリー喜多川・藤島ジュリー景子関係は⁉|あんころりんく!!

ジャニー喜多川 性犯罪者 内容

ジャニー喜多川の 性犯罪被害者はメジャーデビューを果たす前の「 ジャニーズJr. の少年たち」といわれています。 なかでも驚きなのが 20歳になる前の 未成年の少年たち がジャニー喜多川さんに犯されていたということです。 現在ではジャニー喜多川さんの性犯罪者や少年愛の話題はメディア等でほとんど語られることがありませんが、 性的虐待の詳細や被害者が誰なのかについてはこれまでの「裁判」と「暴露本」で明らかにされてきました。 性的虐待の 被害者の中には暴露本を出版した元・ 光GENJIの 木山将吾さんのほか、ジャニーズJr. 時代の SMAPや TOKIOの候補メンバーも含まれているという噂があります。 さらにジャニーさんの後継者として注目されている 滝沢秀明さんも被害に遭っていたという説もあり 「 掘られた 」少年たちは1人や2人ではないという可能性も囁かれています。 週刊文春とジャニーズ事務所の裁判で証言に立った2人の「少年」 ジャニーさんのJr. タレントたちへの 性的虐待は都市伝説として囁かれていた時期もありましたが、 残念なことに 最高裁での裁判でも認定されており、 現在では「秘められた事実」となっています。 裁判のきっかけは1999年に「週刊文春」がジャニーさんの 性的虐待や 性的行為を告発する記事を発表し、 ジャニーズ事務所が 名誉毀損で「週刊文春」を提訴したことに始まります。 その裁判の過程では性的虐待の証人として 元ジャニーズJr. の2人が出廷し、 裁判の場でジャニーの手によって行われていた性的行為を赤裸々に語ったことで、 ジャニーさんの 少年愛 や ホモ に関する都市伝説が公然の事実となったわけです。 このとき証言に立った元ジャニーズジュニアは2人とも 未成年でした。 この時の少年らの証言内容は月刊誌『噂の真相』(2002年2月号)が詳しく報じています。 そんななかジャニー社長から性的虐待を受けたのだという。 A君の証言によると、「合宿所で寝ていたらジャニーさんが横に来て、足をマッサージし始めた。 普通に触ってきた。 ちょっとイヤだった」と言い、その後、「だんだんエスカレート」し、性的な行為をされたという。 これ以上は生々しいため具体的な記述は控えるが、もっと直接的な性行為などの詳細な証言もあったという。 もう一人、SMAPやV6のバックで踊ったり、CMやジュニアのコンサートにも出た経歴があるというB君も、寝ているときにジャニー社長が布団の中に入ってきて性的な行為をされたという証言をしている。 出典:『噂の真相』(2002年2月号)• 1988年|『光GENJIへ』(データハウス)北公次・元フォーリーブス• 1989年|『ジャニーズの逆襲』(データハウス)中谷良・元ジャニーズ• 1996年|『ジャニーズのすべて 少年愛の館』(鹿砦社)平本淳也・SHADOWの元メンバー• 1997年|『ひとりぼっちの旅立ち』(鹿砦社)豊川誕• この暴露本の著者は元・光GENJIの 木山将吾さんで、序章にはこのように書かれています。 決して名誉を抱えたままでは死なせない。 あなたに2年間、おもちゃにされた人間だからこそ、今、僕が真実を語る。 被害者の声はここまで力強いのかと思うほど、 ジャニーさんが亡くなった今でこそ強い思いが伝わってきます。 木山将吾さんの「実体験」にもとづいたこの暴露本では 「 木山将吾さんがジャニー喜多川の 愛人にされていた」 「 僕はジャニー喜多川と 性行為をした」 といったとんでもない内容が綴られています。 この暴露本のタイトルがなぜ「Smapへ」なのか理由については詳しく語られていません。 しかし、光GENJIのバックで踊っていたスケートボーイズのうち選抜された6人が、 SMAPメンバーの中居正広・木村拓哉・稲垣吾郎・森且行・草彅剛・香取慎吾さんだったわけですから、 木山将吾さんが経験した 性的被害の数々を SMAPのメンバーも「 目の当たりにしていた 」あるいは「 被害に遭っていた 」としてもおかしくありません。 ジャニーズJr. 6名から6名が選抜されSMAPが結成されたのは1988年、 そしてジャニーさんの性的虐待が認定された裁判が起こったのは1999年です。 もしかするとジャニーズタレントの先輩としての責任感もあり、 木山将吾さんは 本当のことを語れない 現役SMAPメンバーに向けた思いを込めてこのようなタイトルを付けたのかもしれません。

次の