ゴット ファーザー 意味。 【ネタバレあり】複雑なゴッドファーザー2の物語を理解するためのあらすじ・解説

ゴッドファーザーの物語と背景1

ゴット ファーザー 意味

ネタバレ質問です。 よく理解できない場面が多かったです。 教えて下さい。 自分で考えて、再見して、という答えはとりあえずなしでお願いします。 フレドは何をした? マイケルの指示で殺されますよね。 ロスと手下のジョニーとなにやら通じていたようですが・・ 2. マイケルは何を企んでいた? 終盤フランクとFBI?でなにやら葉巻をすいながらフランク弟の話やボス裏切りのような会話をしますよね。 このあたりの話はマイケルにどう関係していたのか? 3. 中盤フランクを殺されかかったのはなぜ? マイケルがよろしく言っていたと言われて首をしめられます。 あれはロスの指示だと思いますが殺しかかるだけで殺さないつもりでマイケルを犯人扱いするためのロスのわなですか? 3. ロスとマイケルが連れだってキューバに行ったのはなぜ? 4. 最終場面にマーロンブランドは出演しなかったわけは? 1. フレドは何をした? 詳しく述べると長くなるのですが、フレドは、マイケルの情報をジョニーに売ったのです。 フレドは、そういうつもりはなかったですが、結果的にマイケルを裏切ったことになります。 マイケルが自宅で銃下で襲われたのは、フレドが内通していたからでしょう。 マイケルは何を企んでいた? フランクは、歴史が好きで古代ローマの組織についても良く知っていました。 その中で、皇帝に謀反を起こした大物は、一度だけチャンスが与えられたと言う。 しかし、小物は踏みねじられましたが、自決すれば、家族は丁重に面倒を見てもらえた。 つまり、小物であるフランクは、マイケルに逆らったが(ただし、フランクの兄が来たので証人喚問では何も言わなかったが。 )、古代ローマ皇帝の話の通り、自殺(自決)することで、決着をつけたのです。 中盤フランクを殺されかかったのはなぜ? 確かに、微妙でしたね。 話の中では、警察官が入ってきたので、殺されせずに済んだように思えました。 でも、話の流れからすると、わざと生かしていたように思えますね。 生かしておかなければ、フランクにマイケルがやったようには、思い込ませることが出来ませんね。 ロスとマイケルが連れだってキューバに行ったのはなぜ? ロスが、キューバ(ハバナ)のホテルか何かの権利をマイケルに、200万ドルで買ってもらうために招待しました。 しかし、マイケルの話によると、ハバナでロスがマイケルを殺す予定だったようです。 最終場面にマーロンブランドは出演しなかったわけは? どうやら、マーロンブランドは、一作目かな?屈辱的な契約内容だったために、パートIIIでは、莫大なギャラを提示。 それで、出演が出来なくなり、大幅にストーリーを変更したそうです。 回答ありがとう。 もう一度映画を見る時間もとれなかったものでスッキリしましたよ!(いつか再度映画は見ると思いますがね) >1. フレドは何をした? これはこの質問したあとにそうかなと思いました。 愚問でした。 マイケルは何を企んでいた? これはトムの間違いです。 フランクは古代ローマ皇帝の自決の話を確かにしてましたね。 それが最後のフランク自殺の画面につながるのか~。 >しかし、マイケルの話によると、ハバナでロスがマイケルを殺す予定だったようです。 この部分はスルーしてます。 いつか映画を再度見てチェックします。 最終場面にマーロンブランドは出演しなかったわけは? 現実の契約の話ですか。 パート1の時は落ち目だったそうですもんね。 あの最終の食事の場面はパート1の時に撮影しておいたものですよね・・トムに髪の毛があるし・・だからブランドが顔を見せない理由はないと思ったもので・・本当はパート1の時に撮影しておいたけど契約の関係で画面に顔をさらせなかったわけですね。 Q ゴッドファーザーの魅力は何ですか? ゴッドファーザーを観ました。 Part1~3すべて観ました。 でも高い評価を受けている理由が分かりませんでした…。 検索してみたところ、Yahoo! 知恵袋で同様の内容の質問があったため 読んでみましたが、それでもよくわかりませんでした。 Yahoo! 知恵袋での回答をまとめると以下のような感じです。 ゴッドファーザーを最近みたのですが、あの映画はなぜ高く評価されているのでしょ... chiebukuro. yahoo. しかしゴッドファーザーは格別ともいえる 最上級の評価を得ていることが少なくありません。 どこが魅力ポイントなのか、どのように評価されているのか 把握したい為、以下について教えてください。 ゴッドファーザーの魅力は何でしょうか? 個人的な観点でも、一般論でもかまいません。 どちらであるかは明示してほしいです ・ストーリーがいいのでしょうか? ・邪魔だと思ったら殺しあうところがいいのでしょうか? ・演技や映像効果がいいのでしょうか? ・「昔の映画にしてはすごい」ということなのでしょうか? ・それ以外の何かなのでしょうか? ・説明できない要素だったり一部の人にしか理解できない魅力なのでしょうか? 以上、よろしくお願いします。 ゴッドファーザーの魅力は何ですか? ゴッドファーザーを観ました。 Part1~3すべて観ました。 でも高い評価を受けている理由が分かりませんでした…。 検索してみたところ、Yahoo! 知恵袋で同様の内容の質問があったため 読んでみましたが、それでもよくわかりませんでした。 Yahoo! 知恵袋での回答をまとめると以下のような感じです。 ゴッドファーザーを最近みたのですが、あの映画はなぜ高く評価されているのでしょ... chiebukuro. yahoo. A ベストアンサー ちょっと違った観点から、書いてみますね。 ごく一般的に評価されている映画は、ストーリーが面白いとか、脚本がよくできているとか、出演者の演技がスゴイとか、そういったことが主な理由になりますが、映画評論家や映画関係者からも高い評価を受けている作品は、また違った専門的な観点を含んでいるものが多いです。 「ゴッドファーザー」でまず関係者が評価したのは撮影の技法です。 ゴードン・ウイリスというカメラマンが撮影していますが、カラー作品で陰影に満ちた画面造りが画期的でした。 たとえばトップシーンのドンを演じたマーロンブランドの顔ですが、目のまわりが影になっていて、表情がはっきり窺えません。 以降も室内の場面では色彩を琥珀色っぽい画調にし、屋外の場面とはっきりした違いを持たせています。 ライトを被写体に直接当てずに、間接照明にしたり、高い位置からライトを当てず、被写体よりも低い位置から当てるなど、凝りに凝った画面造りをしています。 当時画期的というよりも、現在でも同じことが出来るカメラマンは少ないと思います。 イタリア人作曲家のニーノロータの音楽も高く評価されました。 公開時には日本語の歌バージョンまで発売されたくらいヒットした曲ですが、シチリア出身者たちが抱える心の内部を音楽で表現したとか言われ、高く評価されました。 ただあの有名なゴッドファーザー愛のテーマは、実はロータが1950年代に他の映画のために書いた曲だったことがばれてアカデミー賞は獲れませんでしたけど。 他には映画ならではの表現方法が随所にちりばめられていて、このあたりも大いに評価されました。 例えばアルパチーノがレストランで復讐を果たす場面ですが、画面には一切映っていない列車の走る鉄道音(車輪のきしみや轟音)を巧みにすごく効果的に使っています。 こういうところは見逃しがちですが、監督や音響関係者など専門職の目からは高く評価されてます。 脚本に関しても、1作目は早々に結婚式の場面を持ってきて端的に主要な登場人物の紹介(なんせ出てくる人間は普通の映画よりもたくさんいますし)を済ませたり、2作目は現在のドンと移民してきたばかりの元のドンと二部構成を同時進行させるなど、これらも高く評価されています。 ちなみに結婚式による人物紹介は黒沢作品の「悪い奴ほどよく眠る」を真似たとコッポラが言ってます。 三作目は1作め2作目ほどは評価されませんでしたけど。 ちょっと違った観点から、書いてみますね。 ごく一般的に評価されている映画は、ストーリーが面白いとか、脚本がよくできているとか、出演者の演技がスゴイとか、そういったことが主な理由になりますが、映画評論家や映画関係者からも高い評価を受けている作品は、また違った専門的な観点を含んでいるものが多いです。 「ゴッドファーザー」でまず関係者が評価したのは撮影の技法です。 ゴードン・ウイリスというカメラマンが撮影していますが、カラー作品で陰影に満ちた画面造りが画期的でした。 たとえばトッ... Q 名作と呼ばれるゴッドファーザーpartIを見ました。 夜中に眠気まなこ気味で見たのが悪いのか私がおかしいのか分かりませんが・・・ 正直、名作と言われる所以が私には分かりませんでした。 むしろ時間長ーい・つまらないと思ってしまいました。 特にハラハラドキドキするストーリー展開でもなければ特に話がおもしろいわけでもない。 展開がだるい。 最後の終わり方も微妙。 (これは続きものだから仕方ないのかもしれませんが) 特に鬼気迫るマフィア攻防でもないですし・・・ 私がおかしいのかな><?? ただ、ものすごく絶賛される映画なので自分がおかしいのかなと不安になりました。 日本で見ている皆さんとは違う観点で書きます。 「ゴッドファーザー」は特にPartIは最初はとっつきにくい映画だと思います。 何度も見ていて原作も読んでいる私ですが、それでもギャングの親分?の名前とかわかりにくいですし。 日本に住んでいて見ると背景とかわかりにくいですよね。 ですが、アメリカに移住してこれを移民の歴史として見るとまた違った観点から見れるようになりました。 partIで、結局は移民でそれもイタリア人系であるがゆえに世間ではギャングとしてしかみてもらえない道を歩むパパコルリオーネや、、ボスの息子であるマイケルが大学にも行き、自分はその世界に入らないと決めていて親の希望でもギャング以外のものになってほしかったのに、結局親の敵討ちに手を染めてギャングになってしまう過程。 マイケルが結婚した相手(ケイ)は大学の同窓でアイルランド系なので宗教は同じだが(カソリック)当時の移民の子供同士の環境としてお互いに受け入れられない部分があることなど、アメリカのあの当時のイタリア移民とその子供を取り巻く社会などを考えるにはよい教材です。 またこの物語はアイルランド系のケネディ一族がのし上がってきた過程とも重なる部分があり、そういう意味でも歴史教材になりうるものです。 特にPartIIのパパコルリオーネがイタリアから逃れてアメリカに来て、エリス島で英語が話せず名前を間違ってつけられてしまうくだりや、その後のドンとなっていく過程などは同じく移民として渡った者としては感慨深いものがあります。 アメリカに長く住むと、今でも多少は民族や人種に対しての差別などもあるわけですし、そういう点も共感しながら学べんでいける作品です。 またこの映画が名作といわれているのは、やはりギャングの世界だけでなく人間社会全般の信頼や裏切りや力関係などをまざまざと描いているからだと思います。 ある意味企業戦略とか社会での力関係のつくりかたとかを実生活に応用できる部分もあると思います。 ですので、単に娯楽映画として名画というより、その裏にあるいろいろな部分を考えたり学んだりすることのできる作品としての評価も大きいのだと思いますよ。 そういう意味で私はPartIIが一番作品としては好きです。 また、参考までに以下のURLはアメリカの映画tribiaのサイトです。 内容はやはり人生の教訓と言う部分が上げられています。 fiftiesweb. htm アメリカ在住者です。 日本で見ている皆さんとは違う観点で書きます。 「ゴッドファーザー」は特にPartIは最初はとっつきにくい映画だと思います。 何度も見ていて原作も読んでいる私ですが、それでもギャングの親分?の名前とかわかりにくいですし。 日本に住んでいて見ると背景とかわかりにくいですよね。 ですが、アメリカに移住してこれを移民の歴史として見るとまた違った観点から見れるようになりました。 partIで、結局は移民でそれもイタリア人系であるがゆえに世間ではギャングとしてしかみても... A ベストアンサー #1です。 >1は、映画には出てきますか? もちろんですよ~。 あんなに長ったらしいシーンをでっちあげたと思ってたんですか~? 笑 ただ、もしかしたらノーカット版にのみ入っているのかもしれません。 とはいえ、先日、TOHOシネマズの「午前十時の映画祭」で観た初回公開版のパート1に出てきていたような気がしないでもありませんが、勘違いだったらごめんなさい。 ファブリッツォのことですよね。 検索したら、それらしい情報がヒットしたので参考になさってください。 geocities. htm >2は、パート3で、マイケルたちがケイを駅に迎えに行くとき ちょっと勘違いしていました。 旧姓ケイ・アダムスは確かにマイケル・コルレオーネと離婚したあとで再婚しているようで、パート3の役名はKay Adams Michelson になっています。 失礼いたしました。 imdb. もし、ダイアナさんが生きてらしたら何処の席で息子さんの結婚式を ご覧になってたんでしょうか? いつも疑問に思ってたのは何故美しいダイアナさんよりあの下品なカミラ さんと長い間不倫を続け、愛を注いだのでしょうか? 男女間のミステリーを感じます。 不誠実な夫に耐えかねた妻の最後はあまりにも悲劇的、それなのに カミラはちゃっかりとイギリス王室の一員となってしまった。 カミラの前の夫が彼女は凄い床上手だと発言したのを記事で読んだ 事があります。 そこまでカミラを愛し続けたのは何故?相性?同じ趣味?価値観? 真面目に答えて欲しいです。 A ベストアンサー 真面目に答えます・・・。 カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。 そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。 充分に王妃としての素質はあったように思います。 ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。 (すでに最愛の人だったみたいですね) 何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。 ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠れする方みたいですが、伝統を破るほどの革新的な王子ではないそうです。 ダイアナは正直、自分の言いたい事を言う、好きな時に好きなことを楽しみといった自由人で強く、暖かい人情のある方だったそうです。 しかし一般的な母性はあるとしても極端に甘えさせてくれるなどの懐の深さはなかったようです。 チャールズの母であるエリザベスは王女だった為にチャールズに対して母として接する機会があまりなく愛情不足だったと思われます。 チャールズは気難しく理屈っぽい。 正直さ、率直な振る舞いが特徴です。 伝統や格式を担う公人としては適役と思われます。 そして問題なのが、公人としてダイアナを妃にした事としかしダイアナは公人としてでは無く私人として愛して欲しかった事です。 ダイアナは彼を変えられると幻想を抱いてたのかもしれません。 ダイアナは言いたい事を言う性格ですので、キレて文句を言う日々が続いたのかもしれません。 しかし、チャールズはグッと考え込んで大事な事だけ発言するタイプです。 ですから元々の性格は真逆だったと思われます。 その為チャールズはダイアナに寄りつかなくなったのかもしれません。 もちろんダイアナは理屈を理解しようと努力をした事は伺えるのですが・・・理解は出来ても許容する事が出来なかったと思われます。 そしてカミラの場合は難しい理屈などは置いておきたい人のようです。 カミラにとって重要な事は自分を求め愛してくれる人がいること。 ドロドロとした三角関係にあってもチャールズの事を理解しそして許容する事が出来る方のようです。 気難しい彼に対してデリケートな部分を刺激したりしない、とても尊重してくれる方だと言われてます。 そして最大の彼女の魅力は強い母性愛です。 愛する男性を子の様に慈しみ、命を捧げて生涯を守るほどの古典的な母たる姿勢を崩さなかった事と周りから何を言われても誇り高く、強い女性であった為にチャールズにとっては不可欠な女性だったのだと思います。 長くなりましたが、カミラとダイアナでは性格が真逆であることは一番の原因だったのではないでしょうか? ただ、誰が悪いとかでは無いと思います。 私も最初は否定派でしたが、現在はお二人の関係を暖かく見守って差し上げたい様な心情です。 真面目に答えます・・・。 カミラの曾祖母はエドワード7世(イギリス国王)の長年の公妾にして最愛の女性であるそうです。 そして更に遡ればリッチモンド公爵チャールズ・レノックスの血筋だとも言われてます。 充分に王妃としての素質はあったように思います。 ダイアナと結婚以前からカミラとは関係があったようです。 (すでに最愛の人だったみたいですね) 何故、カミラを最初に王妃にしなかったのかまでは王室の事ですので分かりません。 ただ、チャールズ皇太子は伝統に対して抵抗したがるところが見え隠... A ベストアンサー #1さんがお書きになっているとおりですが、「本家の地元」では、まだまだコルレオーネ家が尊敬されていたというのもあるでしょう。 だから、あのあとご婦人たちや結婚式の参列者たちは、まんざらでもない様子なわけです。 『~パート2』あるいは三作をまとめた『~サーガ』を観るとわかりますが、清水の次郎長同様、マフィアはもともと、国家が取り締まってくれない裏街道を取り締まってくれた存在として、それなりに尊敬を集めていた、というのがあの物語の言わんとしていることの一部です。 それが世代交代やご時世とともに徐々に変化していく様子は、ある意味、社会の縮図を見るようでもあり、日本でもおなじみの光景です。 何にせよ、マイケルは立場的に、頑固おやじ一人で太刀打ちできるような小物ではまるでなかったわけです。 Q ロバートデニ-ロのタクシードライバーを見たのですが、さっぱり意味がわかりません。 (歴史的背景など知らないのでどういいのかがわからないです。 ) あの映画のよさ、など存分に語ってはいただけないでしょうか? ・女の子と長髪の男がレコードをかけながら踊っていた(抱きしめあっていた? )シーンは誰と誰なのですか? どういう意味があるのですか? ・デニ-ロがTVを見ていて、足で倒してしまうシーンで「畜生!! 」とかいって頭を抱えているのはどういう心理からなのですか? ・この映画は、暗殺しようと思ってたけど、失敗して娼婦の女の子を助けてあげて、普通のタクシードライバーに戻る話し、ということであらすじはあっていますか? ・手紙は誰にむかって書いていたのですか? ・ベツィとの仲は? おちがよくわかりませんでした。 わかる方教えて下さい。 A ベストアンサー 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共和党政策が旧保守主義 右派リバタリアン で、それ以後を新保守主義 ネオコン といい保守と名乗っていますが、実態は左派リバタリアン 左派が保守に転換し、現状を保守する為に革新的手法 戦争など過激な改革を許容する を執ると言う主義 です。 自由主義の反対となる統制主義も左派だと共産主義や社会主義、比べると右派に成るイギリスの「ゆりかごから墓場まで 高福祉政策 」などが有ります。 簡単に言うと、積極的に変えようとするのが左派で、変わらないように規制するのが右派です。 そして変える方向 変えない方向 が自由か統制かで分類できます。 日本には明確に保守を謳う政党が無いので、イメージがわき難いのかも知れませんが…。 自民・民主党は中道で、共産党は左派統制主義ですから…。 政治思想は、下記のXY軸に表す事が出来ます。 リベラルを日本語に訳したのが「革新」あるいは左派です。 seesaa. html 自由主義と言うとリバタリアンの範疇になりますが、アメリカの政治に例えると、レーガン大統領より前の共...

次の

ゴッドマザーのレシピ!おすすめカクテルの度数や名前の意味も解説!

ゴット ファーザー 意味

公開日: 1975年7月26日 日本 監督:フランシス・フォード・コッポラ 脚本:マリオ・プーゾ、フランシス・フォード・コッポラ 原作:マリオ・プーゾ 出演者:ロバート・デ・ニーロ(Vito Andolini Corleone)、アル・パチーノ(Michael Corleone)、ジョン・カザール(Frederico Corleone)、ロバート・デュヴァル(Tom Hagen)、ダイアナ・キートン(Kei Adams Corleone) 受賞歴:アカデミー賞 作品賞・助演男優賞・脚色賞・美術賞・監督賞・作曲賞の6部門受賞。 受賞歴、ノミネート歴他多数。 html ここからは、ゴッドファーザー2のネタバレありとなしのあらすじを紹介していきます! なお、本作は主人公マイケルの父の青年期と、主人公マイケルの青年期という二つの軸が同時に進行していく構成を採用しています。 2-1.ゴッドファーザー2のあらすじ(ネタバレなし) 前作で五大ファミリーと裏切り者を粛清し、完全な権力を手にしたかに思えたマイケル。 しかし、公私ともにマイケルの活動は順風満帆とはいえなかった。 一方、幼いころに住んでいた村を追われ単身ニューヨークに流れ着いた若かりし日のヴィトー。 ヴィトーは英語も分からず身寄りもない存在になってしまったが、とあるきっかけから非合法な仕事に手を染め頭角を現していく。 全てをもっているはずのマイケルと、何一つもっていなかったヴィトー。 彼ら親子の生涯は、親子でありながら正反対のものとなっていくのであった。 2-2.ゴッドファーザー2のあらすじ(ネタバレあり) まず、映画の物語は1901年のシチリア島で幕を開ける。 シチリアのコルレオーネ村では、ヴィトーの父の葬儀が行われていた。 父はマフィアへの上納金を拒んだため殺されてしまったのだ。 そんなマフィアに対して、ヴィトーの兄は復讐を決意した。 しかし、ヴィトーの兄は無残にも元マフィアのボス・チッチオに殺害されてしまう。 ヴィトーの母はヴィトーとともにチッチオのもとへ赴き許しを請うが、チッチオはそれを受け入れなかった。 fandom. その後、ヴィトーは村人の助けを得て島を脱出し、ニューヨーク行の船に乗り込んだ。 入国管理官がヴィトーに名を尋ねるが、ヴィトーは英語を解さないため返答をしなかった。 すると、係員がヴィトーの名札から「ヴィトー・アントリーニ・コルレオーネ村より来た」と答えたため、彼の名は「ヴィトー・コルレオーネ」となった。 ここで物語は1958年へとジャンプする。 レイク・ダホでは、父の後を継いだマイケルの息子アンソニーを祝うパーティーが盛大に行われていた。 しかし、マイケルは華々しいパーティーのさなかで様々な問題に手を焼いていた。 ネバダ州の上院議員と賭博の内容について打ち合わせを重ねるが、議員側の軽蔑により交渉は思うように進まない。 また、自身の妹コニーや兄フレドの存在も彼の悩みの種となり、公私ともに苦々しい時を過ごしていた。 そんなマイケルに対し、妻ケイは自身との約束を守らなかったことを叱責した。 「あなたは『5年でファミリーは合法な存在になる』と言った、それが7年前の話よ。 」 ケイとの約束を守れなかったマイケルは、ただ努力していると繰り返すほかなかった。 さらに、マイケルは大物マフィアとも次々と会談した。 マフィア同士の複雑な人間関係が交錯する中で、マイケルは苦悩することになる。 こうしてマフィアたちとの交渉に手を焼いているさなか、マイケルは武装した暗殺者集団に襲われることになった。 この暗殺そのものは未遂に終わるが、事件後部下のトムに裏切り者がいることを示唆し、ファミリーの全権を彼に託すこととなった。 そして、物語は1917年へと変わり、舞台は再度ニューヨークへと移る。 youtube. しかし、この地域はマフィアの支配下にあり、地元の業者は「みかじめ料」を上納するように迫られていた。 マフィアはヴィトーらと同じイタリア系移民であったが、同郷の人々から富や仕事を搾取していたのである。 そして、ヴィトーの仕事もマフィアのドン・ファヌッチの甥に奪われてしまう。 こうして失職してしまったヴィトー。 彼は生活に困窮し、窃盗の常習犯クレメンザとともに生涯最初の犯罪に手を染めることとなった。 ここで物語は1958年に戻る。 マイケルは、ユダヤ系マフィアの大物ロスと会談していた。 マイケルは、自身の影響下にあったペンダンジェリという人物を裏切り者と断定し、彼を粛清することを告げる。 しかし、一方でペンダンジェリ本人と会った際には、ロスこそが裏切り者であると告げるのであった。 そこで、ペンダンジェリはロスの権力を後ろ盾にしていたロサト兄弟というマフィアと、マイケルの 「友人は近くに置き、敵はもっと近くに置くべきだ」 という勧めもあり接触する。 ところが、それは全てマイケルによって仕組まれた巧妙な罠であり、ペンダンジェリのもとを当のロサト兄弟が急襲した。 こうして乱闘騒ぎとなった彼等であったが、警官の出現により双方痛み分けの結果に終わった。 そんな争いの最中、トムはかつて交渉に失敗した上院議員と売春宿で接触していた。 議員の傍らには、血塗られた売春婦の姿。 議員は、コルレオーネファミリーによって意図的にスキャンダルに巻き込まれてしまう形となった。 こうして彼らに弱みを握られた議員は、ファミリーの要求に逆らうことができなくなってしまったのである。 exblog. 会談のさなか、自身が爆死してまで革命の成就を目指す革命軍の姿を目撃し、ロスが投資を進めるキューバへのビジネスからは距離を置いた。 会談後、キューバには兄フレドが到着していた。 マイケルはフレドに、自身を殺害しようとしたのはロスだと語る。 こうして確証を得たことで、ロスを問い詰めるマイケル。 ロスの口からは、かつてマイケルが殺害したモー・グリーンと自身が友人であったことが告げられた。 そう、マイケルは自身の知らないところでロスからうらみを買っていたのである。 また、ロスの腹心と初対面を装っていたフレドが口を滑らせ、かねてよりロスと親交があることを認めてしまう。 肉親の裏切りに激高したマイケルは部下をロスのもとへ派遣し、腹心もろとも殺害するという行動に出た。 しかし、腹心は殺害できたもののロス本人を殺害するところまでは至らず、マイケルの依頼は失敗に終わる。 そのころキューバで新年のパーティーに出席していたマイケルは、フレドに対し、 「やっぱりお前だったのか、フレド!悲しいよ、悲しいよ!」 と詰め寄った。 マイケルの剣幕に、フレドはただ怯えるしかなかった。 こうして新年を迎えた直後、キューバが革命軍によって制圧されたという知らせが入り、出席者たちは急ぎキューバを脱出しようとする。 マイケルたちも脱出を企図するが、彼に恐れをなしたフレドは同行を拒否し一人で逃走を図った。 アメリカへと舞い戻ったマイケルはトムからロスやフレドの現状を耳にし、さらにケイの子が流産したことを告げられるのであった。 eiga-square. ヴィトーは小規模ながら犯罪組織のボスとなっていた。 そんな彼らの行動を聞きつけたファヌッチは、彼らからみかじめ料を請求するようになっていった。 地元の権力者とはいえ、ファヌッチを排除する必要性を痛感した一同。 ヴィトーは、 「やつに断れない提案をする、心配するな。 」 と告げた。 その後、パレードを利用しファヌッチを殺害したヴィトーは、地元で近所から尊敬を集めるようになっていった。 そして、物語はふたたびマイケルの時代へと戻る。 マイケルはこれまでの強引な行動の結果、自身と組織に危機的状況を迎えていた。 アメリカ上院議会はマイケルの告発を計画し、ペンダンジェリはFBIと取引しマイケルを陥れようと画策していた。 マイケルとトムはこのピンチを目前に、ロスによる罠にはめられたことを認識した。 その後、個人的にフレドと面会したマイケル。 フレドは自身の裏切りについて、 「俺にだってできる!俺だって馬鹿じゃない!俺だって尊敬されたい!」 と言い放ち、組織で自身に任される仕事に重要なものが無かった事への不満を爆発させる。 この告白を聞いたマイケルは静かにフレドへの絶縁を申し出た上、母親の死後にフレドを殺害することを仄めかした。 こうして確執を抱えたさなか、ペンダンジェリが委員会で証言する日を迎えた。 彼は意気揚々と証言しようとするが、マイケルたちが連れてきた一人の老人を見て態度が急変する。 その人物は彼の兄であり、兄が敵の手の内にいることを認識したことで慌てて証言を取りやめた。 wowow. ケイは子どもを連れて離婚したいと申し出る。 それに激しく抵抗したマイケルに、ケイはこう告げた。 「あなたの子を産みたくなかったから意図的に中絶した。 子どもは男の子だった。 」 そして、物語はヴィトーのものへと戻る。 成功した彼はシチリアへ戻り、かつて自分の家族を殺したマフィアを自身の手で殺害し、復讐を果たすのであった。 一方、マイケルの物語も最終局面を迎える。 彼は、自身に敵対した人物たちへの復讐を果たすのであった。 フレドを湖上で抹殺し、ペンダンジェリには自殺を強要した。 さらに、刺客を放ちロスまでも殺害することに成功したのであった。 こうして父と子の物語はラストシーンを迎える。 ヴィトーは誕生日パーティーで、マイケル以外の多くの人々に囲まれていた。 一方のマイケルは抗争を制したもののほとんどの家族を失い、ただ一人椅子に座っているのであった。 父と子の明暗が分かれてしまった理由と、本作ならではの見どころについて主に触れていきます! 3-1.親子であり同じ「悪人」。 しかし、情の部分に差があった! 本作は、言うまでもなくヴィトーとマイケルの生涯を対比させる形でストーリーが進行していきます。 彼らは親子であり同じく「悪人」でありながら、その生涯は決定的に異なるものになりました。 それを象徴しているのが、まさしくお互いの物語を締めくくるラストシーンでしょう。 ファミリーに囲まれて尊敬の念を集めるヴィトーと、ただ一人椅子にたたずむマイケル。 このように彼らの生涯を異なるものにした要因は、結局のところ「情」の差なのではないかと思います。 確かに、ヴィトーも敵対するマフィアのボスを殺害することもありました。 しかし、そこには他人が納得する理由があり、加えて家族に対しては非常に寛大に接しています。 一方で、マイケルの殺害は計算上妥当なものもありましたが、周囲の人々が納得していないものがほとんどでした。 さらに、家族に対しても敵対心と猜疑心を絶えず抱えており、それがさらなる危機を迎えることにつながっている印象がありました。 つまり、マイケルは優秀で決断力のある人物でしたが、リーダーの器がなかったために人心が離れていったと考えられます。 travelbook. 特に、過去編に相当するヴィトーの物語は、映画史上に残るほどの尋常ではない労力が込められています。 例えば、ヴィトーが暮らしていたリトル・イタリアの街。 この街を映画で表現するために、実際にニューヨークの一角を丸ごと作り変えてしまいました。 さらに、若かりしヴィトー役を務めたロバート・デ・二ーロは、ヴィトーのシチリア訛りを再現するために実際にシチリアで生活し、マーロン・ブラントのしゃがれ声を真似るため意図的に声をつぶしたともいわれています。 cocolog-nifty. html 先ほども触れたように、本作は映画内の全てのシーンがこだわりぬかれて製作されています。 そうしたこだわりは映画関係者にも高く評価され、例えば若かりしデニーロは本作でアカデミー賞助演男優賞を受賞し、スターへの階段を駆け上がっていきます。 このように、本作は青天井ともいわれる潤沢な予算を生かし、3時間越えながら細かいシーンまで徹底的にこだわりぬかれています。 そのため、完成度の高い映画をお探しの方にはこれ以上ないほど最適な映画と考えられます。 特に、キャスト陣の演技やしだいに支持を失っていくマイケルの転落にはこれ以上ないほどのリアリティが感じられ、間違いなく映画史に残る作品であると断言できます。 したがって、昨今の映画やドラマを見て「なんだか物足りないな」と感じている方には本当におすすめの映画です。 この3時間に及ぶ映画の狂気さえ感じるほどのこだわりを体感していただくことで、「本当に素晴らしい映画」というものを知ることができるのではないかと考えます。

次の

【ネタバレあり】複雑なゴッドファーザー2の物語を理解するためのあらすじ・解説

ゴット ファーザー 意味

今回は《ゴッドファーザー》シリーズ3部作への賛歌を送ります。 移民系社会で権力はいかにして生まれ、成長するのか。 そして、ひとたび確立された権力はどのように膨張し、生き延びるために対抗するさまざまな権力と闘争するようになるのか。 こういう問題を考えます。 さて、波乱に富んだ歴史劇を華麗な映画作品に仕上げるなら、やはりイタリア人が最高でしょうか。 歴史や社会を芸術として表現する多くの天才・才能を生み出したイタリア。 彼らは、生まれながらにして(絵画、音楽、映像などの技巧を駆使する)すぐれた歴史家、社会史家であるかのようです。 しかも、視線は鋭く冷徹です。 このシリーズは、1つの家族・家系、組織=ファミリーの歴史を描きながら、アメリカ社会の独特な構造とその変動の歴史を鋭くドラマティックに切り取っていきます。 その手法のみごとさ、鮮やかさには驚きます。 なお、シリーズ第3部については、のちに述べる理由から、別個に取り上げて考察します。 イタリア系アメリカ人、フランシス・コッポラの《ゴッドファーザー》3部作は、マフィアもの映画ですが、すぐれた歴史映画でもあります。 この作品は、• 19世紀末から20世紀末近くまでのアメリカの歴史• そこでの資本主義的経済の独特の構造• イタリア系移民社会の生活と権力構造(とりわけ neighborhood :近隣コミュニティの仕組みと営み)• 移民社会の合州国統治秩序への統合・同化の特殊な仕組み• さらに、それらと結びついたイタリアの近代史の断片 をみごとに描き出しています。 原作者のマリオ・プーゾがすぐれているのか。 とにかく、1920年代から1980年代までの合州国(とイタリア南部)の社会の姿、その変貌と重ね合わせて、コルレオーネ・ファミリーの権力の発生と成長、さらなる膨張と変貌を描いています。 シリーズ総体としては、 第1作 :1940年代から50年代にかけて、コルレオーネ・ファミリーが牛耳るニューヨークのマフィア組織とその収益基盤がどんなものかを見せながら、ファミリーどうしの凄まじい暴力的闘争を描く。 という組み立てになっています。

次の