いっ て みよう やっ て みよう。 いってみよう やってみようとは

いってみよう やってみよう

いっ て みよう やっ て みよう

概要 [ ] それまで高学年版と低学年版の2バージョンを設けていた『』()が1つに統合されるのを受け、その補填を兼ねた番組として放送開始した。 「たのしいきょうしつ」が基本的な生活習慣の習得に主眼を置き、収録もスタジオ内に限定されていたのに対し、「いってみようやってみよう」は全てがロケによる収録であり、社会に出てから役に立つ実践的な能力を身に付けることを目的としている。 プロットとしては、下記の2つのパターンが存在する。 大阪放送局の制作ということもあり、エリアは主に大阪や京都といった近畿や関西地方から選ばれることが多い。 お姉さんと子猿のポッケが2人で何か 「買い物をする」「電車に乗る 」「手紙を書く」など をする必要に迫られるが、やり方がよく分からない。 そこで、街で知り合った数名~十数名の子どもたちと力を合わせてその課題に挑戦し、子どもたちの保護者や兄姉、地域の大人や駅員、店員などのアドバイスを受けながら見事にやり遂げる。 子どもたちは原則として全員が健常児で、全ての出演者は(劇団員でない)一般人である。 脚本が決められており、出演者全員が脚本に従って台詞を喋る。 お姉さんと子猿のポッケが学校(小学校の特別支援学級または)を訪問し、児童たちと力を合わせて何らかの課題(遊びや工作など)に挑戦し、見事にやり遂げる。 こちらはドキュメント形式であり、特に台本はない。 出演児童は障害児のみの場合のほか、同じ学校の健常児が一緒に出演することもある。 どちらも最後はエンディングテーマに合わせて、出演者全員がダンスを踊って番組が終了する。 ちなみにエンディングテーマに合わせて踊る出演者全員のダンスの振付は、歴代のお姉さんによって全て異なっている。 オープニングテーマは2種類が存在する。 初代オープニングテーマは、お姉さんが「さっちゃん」だった時代と「なっちゃん」だった時代の二代続けて使われた。 さっちゃん時代は絵本風の手書きアニメーションを背景にさっちゃんの実写ダンスをクロマキー合成した映像であり、全ての回で同じ映像が使用された。 なっちゃんに交代してからはその回の舞台となるロケ地で、彼女自身が実際に踊る映像になり、回ごとに異なる映像となった。 なっちゃん時代の途中で曲のメロディーはそのままにアレンジと歌詞の一部が変更。 そしてお姉さんが「ゆかちゃん」に交代したのを機に、2代目オープニングテーマに変更された。 エンディングテーマについては、歴代のお姉さんでアレンジが異なっているが、一貫して同じ曲が使われ続けた。 放送時間 [ ] いずれも、別の時間帯でのあり。 火曜 10:15 - 10:30 (1985年4月9日 - 1990年3月13日)• 火曜 10:45 - 11:00 (1990年4月3日 - 1992年3月10日)• 火曜 10:15 - 10:30 (1992年4月7日 - 2002年3月12日)• 月曜 10:15 - 10:30 (2002年4月8日 - 2003年3月17日)• 月曜 09:45 - 10:00 (2003年4月7日 - 2004年3月15日) 出演者 [ ]• さっちゃん(小菅 朋子 こすが ともこ 、1962年3月24日-、1985年4月 - 1988年3月)• なっちゃん(北村 仁美 きたむら ひとみ 、1964年7月18日-、 1988年4月 - 1996年3月)• ゆかちゃん(米田 裕香里 よねだ ゆかり 、1975年8月18日-、1996年4月 - 2004年3月) スタッフ等 [ ]• 構成 やまもとさとこ• 振付 高安マリ子 テーマ曲・挿入歌 [ ]• 作曲・編曲(番組内では音楽と表記) エピソード [ ] 1998年に『』の(ミュージックてれびくん)のコーナーで放送された「YAKINIC GO GO」の音楽クリップにゆかちゃんとポッケが出演し、同番組の4人(、、、)ならびに『』の出演者と共演した。 脚注 [ ]• 例として を起点とし、乗り換えでで下車しに行く。 初回の放送では名前が設定されていなかったが、「小っちゃくて」、「可愛くて」、「ポケットにポコンと入りそうだから」が由来。 命名はさっちゃんであった。 自己紹介では相当長い名前(パラランピロロンプワーンポン・ポンペコパピロンプカーンピン・パラランピロロンパピプペポ・ペレペレ・・ピテカントロプスプン・ピーサカサッサカプワプワドン・ドンサカエッサカパワポワサン・サンサンサワサワ爽やか)であったため、ポッケが最後の名前の「爽やか」を略したのが、そのまま愛称となった。 さっちゃんとは違い、初回の放送で彼女自身がポッケに挨拶している。 外部リンク [ ]• 火曜10:15枠 前番組 番組名 次番組.

次の

auのCM曲「やってみよう」の原曲(元歌)は?カラオケ配信や歌手WANIMAのライブ日程についても

いっ て みよう やっ て みよう

概要 [ ] それまで高学年版と低学年版の2バージョンを設けていた『』()が1つに統合されるのを受け、その補填を兼ねた番組として放送開始した。 「たのしいきょうしつ」が基本的な生活習慣の習得に主眼を置き、収録もスタジオ内に限定されていたのに対し、「いってみようやってみよう」は全てがロケによる収録であり、社会に出てから役に立つ実践的な能力を身に付けることを目的としている。 プロットとしては、下記の2つのパターンが存在する。 大阪放送局の制作ということもあり、エリアは主に大阪や京都といった近畿や関西地方から選ばれることが多い。 お姉さんと子猿のポッケが2人で何か 「買い物をする」「電車に乗る 」「手紙を書く」など をする必要に迫られるが、やり方がよく分からない。 そこで、街で知り合った数名~十数名の子どもたちと力を合わせてその課題に挑戦し、子どもたちの保護者や兄姉、地域の大人や駅員、店員などのアドバイスを受けながら見事にやり遂げる。 子どもたちは原則として全員が健常児で、全ての出演者は(劇団員でない)一般人である。 脚本が決められており、出演者全員が脚本に従って台詞を喋る。 お姉さんと子猿のポッケが学校(小学校の特別支援学級または)を訪問し、児童たちと力を合わせて何らかの課題(遊びや工作など)に挑戦し、見事にやり遂げる。 こちらはドキュメント形式であり、特に台本はない。 出演児童は障害児のみの場合のほか、同じ学校の健常児が一緒に出演することもある。 どちらも最後はエンディングテーマに合わせて、出演者全員がダンスを踊って番組が終了する。 ちなみにエンディングテーマに合わせて踊る出演者全員のダンスの振付は、歴代のお姉さんによって全て異なっている。 オープニングテーマは2種類が存在する。 初代オープニングテーマは、お姉さんが「さっちゃん」だった時代と「なっちゃん」だった時代の二代続けて使われた。 さっちゃん時代は絵本風の手書きアニメーションを背景にさっちゃんの実写ダンスをクロマキー合成した映像であり、全ての回で同じ映像が使用された。 なっちゃんに交代してからはその回の舞台となるロケ地で、彼女自身が実際に踊る映像になり、回ごとに異なる映像となった。 なっちゃん時代の途中で曲のメロディーはそのままにアレンジと歌詞の一部が変更。 そしてお姉さんが「ゆかちゃん」に交代したのを機に、2代目オープニングテーマに変更された。 エンディングテーマについては、歴代のお姉さんでアレンジが異なっているが、一貫して同じ曲が使われ続けた。 放送時間 [ ] いずれも、別の時間帯でのあり。 火曜 10:15 - 10:30 (1985年4月9日 - 1990年3月13日)• 火曜 10:45 - 11:00 (1990年4月3日 - 1992年3月10日)• 火曜 10:15 - 10:30 (1992年4月7日 - 2002年3月12日)• 月曜 10:15 - 10:30 (2002年4月8日 - 2003年3月17日)• 月曜 09:45 - 10:00 (2003年4月7日 - 2004年3月15日) 出演者 [ ]• さっちゃん(小菅 朋子 こすが ともこ 、1962年3月24日-、1985年4月 - 1988年3月)• なっちゃん(北村 仁美 きたむら ひとみ 、1964年7月18日-、 1988年4月 - 1996年3月)• ゆかちゃん(米田 裕香里 よねだ ゆかり 、1975年8月18日-、1996年4月 - 2004年3月) スタッフ等 [ ]• 構成 やまもとさとこ• 振付 高安マリ子 テーマ曲・挿入歌 [ ]• 作曲・編曲(番組内では音楽と表記) エピソード [ ] 1998年に『』の(ミュージックてれびくん)のコーナーで放送された「YAKINIC GO GO」の音楽クリップにゆかちゃんとポッケが出演し、同番組の4人(、、、)ならびに『』の出演者と共演した。 脚注 [ ]• 例として を起点とし、乗り換えでで下車しに行く。 初回の放送では名前が設定されていなかったが、「小っちゃくて」、「可愛くて」、「ポケットにポコンと入りそうだから」が由来。 命名はさっちゃんであった。 自己紹介では相当長い名前(パラランピロロンプワーンポン・ポンペコパピロンプカーンピン・パラランピロロンパピプペポ・ペレペレ・・ピテカントロプスプン・ピーサカサッサカプワプワドン・ドンサカエッサカパワポワサン・サンサンサワサワ爽やか)であったため、ポッケが最後の名前の「爽やか」を略したのが、そのまま愛称となった。 さっちゃんとは違い、初回の放送で彼女自身がポッケに挨拶している。 外部リンク [ ]• 火曜10:15枠 前番組 番組名 次番組.

次の

やってみようにいってみよう/8 「お月さん」

いっ て みよう やっ て みよう

auのCMといえば「三太郎シリーズ」ですよね。 昔話の主人公達が物語のエピソードを絡めつつも、現代で私達がやっていることを試みているのが微笑ましかったりします。 2017年のお正月くらいから放送されるようになったCMでは 「やってみよう」と何度も言う曲に合わせて、いろんなことに挑戦していますね。 この「やってみよう」の曲、なんだか聞き覚えがあるような無いような? 聞いているだけで元気になりそうな曲なので配信されているのなら落とそうと思い、配信日や配信サービス、 カラオケ配信についてチェックしてみました。 併せて曲名や 原曲(元歌)について、それから 歌手WANIMAとWANIMAの ライブ日程についても調べてみました。 スポンサーリンク 目次• auの新CM「やってみよう」でやっていること 年明けから始まったCM【春のトビラ・やってみよう篇】は 「やってみよう」という歌詞が何度も出てきて、その歌詞に則りauのキャスト(昔話の主人公)達がいろんなこと、特に新年らしい行事にチャレンジする映像が流れます。 どんなことをやってみているか、挙げてみました。 CMが放送されるようになったのは1月1日ですが、フルバージョンが公に見られるようになったのは2月に入ってからだそうです。 それまではauの音楽配信サービスなど限られたメディアでショートバージョンが先行配信されていたらしいのですが、ようやく iTunesや レコチョク、 Amazonなどでも配信されるようになったとのこと。 このフルバージョンにはCMで放送されている新しいことをやってみた映像に加えて、過去のキャストの登場シーンや印象に残る想い出映像、特に辛かったことや失敗したことが加わえられています。 見ていると 『これまでもいろいろあったと思うけど頑張ろうよ』 『大変だと思うけど怖気づかずにやってみよう』 と励まされている気分になります。 歌詞を見ながら映像を見ていると(曲を聞いていると) 『頑張ろう!』と思えてきます。 この『やってみよう』は、3月に入ってからは カラオケ配信もされるようになったのだとか。 AIさんがオクラホマミクサーをカバーした 『みんながみんな英雄』もブームになりましたし、今年はこの曲がランキングに入ってきそうですね。 『やってみよう』の原曲はイギリス民謡『ピクニック』 前奏から 「トライ!トライ!」で始まるこの曲、どこかで聞いたことがあるような? オリジナル曲なのかな? 私は冒頭の歌詞はすぐに思い出せず「ランララランランやぎさんも?」みたいな感じで思い出していました。 この歌詞からいって、おそらく童謡か何かの類であることは察しがついたのですが、曲名が出てくるまでに時間がかかりました。 しかも2~3フレーズ目の辺りはだいぶアレンジがなされているので、曲を聞いていて思い出しそうになったところでまた分からなくなる・・・を繰り返していました。 しばらく経ってようやく冒頭の歌詞 『丘を越えいこうよ~』を思い出しました。 しかし、曲名が出てこない・・・ 歌詞の中に曲名入っていないんですよね。 だいぶ考えてやっと原曲(元歌)が 『ピクニック』であることにたどり着きました。 『ピクニック』ってイギリス民謡なんですね。 ピクニックのメロディーと歌詞が分かってからCMを見直すとかなりアレンジされていることがよく分かります。 原曲が外国の民謡と気づかない人、結構多いんじゃないかな?と思うくらいロックなナンバーに仕上がっていますね。 ちなみに歌詞は篠原誠さんという方で、浦ちゃんが歌って大ヒットした『海の声』や『みんながみんな英雄』もすべてこの方が担当されているそうです。 スポンサーリンク 『やってみよう』を歌うWANIMAとは 今回起用されたWANIMAとはどんな方々なのでしょう。 2010年に結成された、熊本出身のスリーピース・ロック・バンド。 なんだそうです。 KENTA(ケンタ、1988年4月13日 — ) ボーカル・ベース・ワンチャン担当。 本名は松本 健太(まつもと けんた)。 天草市出身、O型。 レフティ。 座右の銘は「迷いなら捨てて、後腐れ無しで。 本名は西田 光真(にしだ こうしん)。 天草市出身、A型。 過去に2年間、自衛隊に入隊していた経験がある。 FUJI(フジ、1986年8月8日 — ) ドラムス・コーラス・長渕弘樹・炭水怪獣担当。 本名は藤原 弘樹(ふじわら こうき)。 熊本市出身、O型。 そういえば昨年2016年に Mステや朝の情報番組 『スッキリ!』に生出演・生演奏されていたのを思い出しました。 スッキリで、わりと思っていることが表情や態度に出やすいMCの加藤浩次さんが興味深く見ていらっしゃったのを覚えています。 そして、まだメジャーデビューされていないことに驚きました。 Ken Yokoyamaのツアーに帯同したり、そうそうたるバンドと対バンされているのに。 ますます今後の活動が気になりますね。 WANIMAの2017年ライブ活動 当然といえば当然ですが、メジャーなフェスからたくさん声がかかっています。 ホルモンとの対バンとか・・・チケット取れるのでしょうか。 そして来週! 3月19日 日 には さいたまスーパーアリーナでワンマンですよ! 大きなハコでどんなパフォーマンスをされるのかも気になるところですがもう完売してしまったそうです。。 その先のスケジュールも確認してみました。 テレビにももっといっぱい出ていただきたいなぁと思いました。 まずはカラオケで『やってみよう』を歌ってみたいと思います。 スポンサーリンク.

次の