コロナ 風俗。 コロナウイルスの恐怖 お前らはそれでも風俗へいくのか

新型コロナにキャバ嬢感染 思わぬ“店名さらし”に風俗嬢悲鳴

コロナ 風俗

新型コロナウイルスの場合は、有症者と2メートルの距離で2分間一緒にいたら間違いなく感染するとか、1メートルの距離で15秒一緒にいた人も感染したとか、いろんなことが言われている。 風俗嬢は0ミリの距離で60分以上に渡って一緒にいる。 まさに「超濃厚」である。 これでは避けられるわけがない。 1月の下旬から2月2日の春節の休みの間に日本にやってきて、日本人の風俗嬢と関わった中国人の男はゼロではないはずだから、その中で「たったひとり」でも感染者がいたのであれば、どこかの風俗嬢が感染しているはずだ。 風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染が起きるか? 新型コロナウイルスに感染したら1日で発症する人もいれば、25日目に発症する人もいる。 平均して14日であるというのが今の定説だ。 新型コロナウイルスに感染した風俗嬢が、仮に14日間フルで風俗の仕事をして1日4人の客と関わったとしたら、彼女は14日で56人の客に感染させることになる。 もし、感染した風俗嬢が10人いたらその10人が560人の人間を感染させることになる。 10人の風俗嬢だけで560人の男が感染してもおかしくないのである。 風俗嬢と関わる男は30代から50代までの働き盛りが大半なので、彼らは満員電車に乗って通勤する。 満員電車でこの560人が新型コロナウイルスをばら撒くと、東京は1ヶ月も経たないうちに武漢を彷彿とさせるほどの凄惨な汚染エリアと化す。 場合によっては日本が壊滅するようなレベルになっても不思議ではない。 私は新型コロナウイルスが1,000万人レベルの日本人を感染させるような事態になったとしてもまったく驚かない。 すでに日本政府がインバウンド政策を採ってから、アンダーグラウンドでは梅毒やエイズが大量発生している。 もう一度まとめよう。 春節で日本にやってきた新型コロナウイルスの中国人感染者が日本の風俗嬢を抱いたら、風俗嬢は100%の確率で感染する。 その風俗嬢は2週間で50人超の男に100%感染させることができる。 感染した男たちは働き盛りでアクティブに行動して感染を広げる。 そうであるならば、風俗嬢発の新型コロナウイルス大感染で、日本が壊滅状態になったとしても不思議ではない。 [ 匿名さん].

次の

コロナ不況!風俗店が次々値下げ!超激安1,500円コースを始めた老舗ヘルスに行く

コロナ 風俗

桜は咲きましたが、繁華街は冬モードです。 飲み屋の店主に声をかけても、タクシーの運ちゃんとしゃべっても、「コロナでお客さんが少ないんですよ」、こればっかり。 とりわけ、濃厚接触のサービス業であるフーゾクの世界に目を向けると、かなり厳しいんでしょう。 値下げキャンペーンを打ち出すお店もパラパラ現れています。 そんななか、歌舞伎町の老舗ファッションヘルス『新宿プチドール』の店頭に、こんなノボリが立ちました。 「1,500円」と謳われています。 一般的なヘルスの料金体系からするとあまりにも安い。 プチドールはそもそもリーズナブルなお店ではあるものの、それでも1,500円は破格過ぎ。 どういうキャンペーンなんでしょうか? 「今だからこそ!! 」とあるので、コロナを意識したものであるのは間違いなさそうですが。 これは見過ごせません。 行ってみるしかないでしょう。 3月23日、夜8時。 プチドールへ。 入り口の階段を下りていきます。 階段の途中に、下のようなパネルがありました。 1,500円コースについてのマンガです。 右下の5コマ目に「見せ合いっこ」とありますが…。 もしやこのコース、普通のヘルスサービスじゃないんでしょうか? さらに階段を下りていく。 たどり着いた地下2階、下の写真のトビラの先の受付へと進みます。 受付スタッフに、1,500円コースのシステムを聞いてみます。 説明された内容は、次の通りでした。 少々肩透かしを食らった感が否めません。 そりゃあ安いわけね。 体の触れ合いがないわけだし。 とはいえ、ここまで来て回れ右して帰るのも野暮です。 というより、1,500円なんだから躊躇うレベルの料金じゃありません。 1,500円を払います。 通された下の写真の待合室で待つこと5分。 スタッフに案内され、いざ、プレイルームへ向かいました。 プレイルームは、シャワールームが付いた一般的なそれでした。 部屋にいた女の子、A嬢は「時間が短いんでー」と挨拶もそこそこに服を脱ぎ始めます。 わたしも、ささっと素っ裸になりました。 シャワーは浴びません。 というかノータッチなので浴びる必要はナッシング。 そのまま2人でベッドへ上がり、さっそく見せ合いっこプレイ開始です。 壁にもたれかかって座ると、わたしの前にA嬢が仁王立ちになりました。 そして右手を自分の股間にあてがい、左手で胸を触り始めます。 無言で目を細め、うっとりとした表情を浮かべています。 オネーさん、いきなりガンガンいくんですな。 何だかちょっと照れるんだけど。 わたしも右手を自分のモノに伸ばします。 「このコース選ぶお客さんって、けっこう多いんです?」 照れ隠し半分しゃべりかけると、彼女の目が開きました。 「先週始まったばかりなんで。 わたしはまだこのコースで付くの、オニーさんが初めてだけど」 「ふーん」 「お店の人に聞いたら、ちょこちょこはいるそうですよ。 コロナ的には安心ですもんね」 「というと?」 「濃厚接触じゃないから。 キスしないフェラしない、コロナにならない!」 ふっと笑ってしまいました。 そのうちに、モノが屹立します。 気分もだいぶ高揚してきました。 ここらでリクエストでもしてみっか。 ひゃー、やらしいっすねー。 その距離15センチ。 「よく見てぇ」 なかなか凄い光景です。 距離の近さは単純なパンチ力があります。 この刺激がいくらかと言うと1,500円。 ぜんぜん安いでしょ。 A嬢の旺盛なサービスもあり、場の空気はグングン熱くなっていきます。 直接的な刺激は自分の右手だけではありますが、今やモノは屹立を超え、手前に反り返っています。 下っ腹が熱くなってきました。 そろそろ見せ合いっこスタートから6、7分くらいは経ったでしょうか。 じゃあ、もうここらで…。 かくして果てた後は、シャワーで軽く股間を流します。 きっかり10分でプレイルームを出ました。 ふぅー、かなり楽しかったっす。 というわけで、プチドールの1,500円コースは大満足だったわけですが、さて、このコロナ騒ぎ、いつまで長引くんでしょうか? それによって今後、歌舞伎町はどんなふうに変動していくでしょうか? わたくし、引き続き町の動きを注視していきたいと思います。

次の

新型コロナショック、営業自粛で風俗嬢の流出が加速…個室ビデオに殺到する男性たち

コロナ 風俗

風俗業界へのコロナウイルスの影響 風俗業界の男性求人サイトFENIX JOB(フェニックスジョブ)編集部では、全国の風俗店で働くスタッフの方々に、転職にまつわるしています。 これまでに行った店舗運営スタッフの方への取材件数は300を超えました。 そんなインタビュー取材の際に、風俗店の方に経営状況についてのお話を聞く機会があります。 多くの風俗店では「 新型コロナの影響で、風俗に遊びに来るお客さんが減っている」とおっしゃっています。 もちろん、コロナウイルスの影響が少ない店舗もありますが、中には前年同月比で「 売上が2割~3割ほど減少」しているというお店も。 一部では閉店となってしまった店舗もあります。 現在、コロナウイルスの影響を受けている多くの産業と同様に、性風俗業界においても少なからずその影響を受けていると言えます。 なぜ風俗に行かないのか 新型コロナウイルス流行によって減少傾向のある風俗の利用客。 お客さんは以下の理由から、風俗に行かない傾向があります。 今の時期に風俗に行かない理由• 自分が新型コロナウイルスに感染したくないから• 自分の周囲にコロナウイルスを2次感染させて迷惑をかけたくない• 新型コロナ感染によって、感染経路 風俗通い がバレることが心配• 不要不急な外出の自粛要請 自分が新型コロナウイルスに感染したくないから 第一の理由が、自分が新型コロナウイルスに感染したくないからという理由が挙げられます。 自身が感染した場合のリスクには以下があります。 自身への「身体的な負担」。 それに伴う「実生活の影響」です。 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)が発症すると、以下の症状が現れると言われています。 ・37. 5度以上の発熱 ・強いだるさ、倦怠感 ・息苦しさ、呼吸困難 参考サイト 免疫力の強い若者世代であれば、その症状も回復しやすい傾向があるそうです。 一方で、もともと持病を持っている方や、免疫力の低下しやすい高齢者の方の場合、重症化するケースもあります。 誰でも病気になって辛い思いはしたくありませんから、感染しないように心がけるのは当然ですね。 また、病気になった場合は仕事や学校も一定期間は休まなくてはなりません。 コロナウイルスの感染者は、約2週間ほど隔離病棟への入院や自宅待機となるケースがあるので、実生活の影響は大きいですね。 周囲へのコロナ2次感染の配慮 自分がコロナウイルスに感染すると、周囲にも感染が広がります。 一緒に暮らしている「家族」はもちろん、「恋人」や「友人」、場合によっては「職場の同僚」にも感染が広がることも。 自分が病気になるだけなら自業自得と割り切れますが、周囲に迷惑をかけてしまうとなるとまた話は変わります。 そうした『 自分が所属しているコミュニティや組織の配慮』から、感染リスクのある行動を自粛する傾向があるようです。 感染経路 風俗通い がバレることが心配 新型コロナウイルス感染者についての報道が連日続いています。 感染拡大を抑制するため、コロナ感染者の「感染経路の調査」を徹底し、感染が疑われるクラスター 集団 に対してPCR検査を実施しています。 もし恋人や奥さんが居るとなると、風俗のことはバレたくないものです。 性風俗だけでなく、キャバクラ・セクキャバ通いなども、恋人や結婚相手には知られたくないですね。 万が一ですが、マス・メディア テレビや新聞 で「風俗でコロナに感染」なんて報道された際には、職業によっては、社会的な立場が危ぶまれるという事態になることも。 そのようなことを想像して、風俗に行くのを躊躇う人もいます。 参考情報 新宿区では、区内の感染者のうち、4分の1程度が夜間の営業に関わる業務に従事している人であると公表しました。 出典: キャバクラ、クラブでの感染について 東京都知事の小池百合子さんは3月30日に緊急会見を行いました。 そこでは 「 酒場、バー、ナイトクラブ」など接待を伴う飲食店での感染が疑われる人が多数いると発表したのです。 その数は、東京都の感染経路不明な患者の3割とも言われています。 また、感染者の感染経路を調べる際に、「保健所の疫学的調査に協力してくれない患者が一定数いる」とも報じられています。 自分の行動を公にしたくないという理由から感染経路不明となっている感染者もいるようです。 いずれにせよ、密室で多数の人達が会話をする酒場などは集団感染を引き起こす可能性があります。 このような一連の報道から、「今はやめておくか」と感染拡大を避けるために夜の遊びを見送るユーザーも多い状況です。 出展 小池知事 記者会見: 不要不急の外出の自粛要請 現在は、政府や各都道府県から 不要不急の外出を自粛する要請が出ています。 そのような 緊急事態であるため、風俗に限らず、多くの人々が他人への不要な接触を避けようとする傾向があります。 3月末、東京都の週末の来訪者は4割減少 ヤフー・データソリューション調査結果 ヤフー・データソリューション ソフトバンク傘下のAgoop含む)の調査結果では、3月28日~29日に埼玉県、千葉県、神奈川県から 東京都への来訪した人数が、2月1日~2日と比較して 4割減少していると発表しました。 風俗の利用も、特にライトな風俗ユーザーにおいて自粛する傾向が続いています。 風俗店の新型コロナウイルス感染予防策 全国の性風俗店では、新型コロナウイルスの感染予防策を実施しています。 本章では、各店の対策をご紹介します。 風俗店のコロナ対策方法• 手洗い・うがい・消毒の徹底• スタッフにマスク配布・着用• 手指用アルコール消毒液の設置• 体調のすぐれないキャスト 風俗嬢さん への出勤制限・医療診察• 外国人利用客のお断り• 体温計の携帯し、プレイ前にお互いの体温を計測する 参考 お客さんと至近距離で接するお仕事だからこそ、「 手洗い・うがい・消毒」を徹底しています。 各所に「 アルコール除菌スプレー」を設置し、気になる時にいつでも除菌します。 また、目に見えないウイルスの飛沫感染を防ぐために推奨されている「 マスクを配布」してくれるので、従業員スタッフは皆マスク着用済みです。 また、女の子が発熱をしていないか「 女の子の検温」を常時実施しています。 実際に、プレイ前にお客さんの目の前で体温計で調べてくれるお店も増えているのだとか。 さらに、一部の風俗店では「 お客さんの検温」も実施しており、 37度以上の発熱がある客さんとの濃厚接触を事前に回避しているのです。 女の子の体温が何度かその場で分かれば、お客さんも安心して遊ぶことができますね。 上記のようなコロナ対策を徹底しているお店こそ、お客さんもキャスト 風俗嬢さん もスタッフも安心です。 金額だけでお店を選ぶのではなく、事前にコロナ対策内容をWEBサイトで確認したいですね。 少人数のサービス、洗体とイソジンを徹底する文化 デリヘル デリバリーヘルス などの性風俗サービスは、基本的に2人だけで行われます。 お客さんと女の子の1対1ですね。 そういった意味で、感染拡大の原因とされている「 クラスター感染の可能性が低い」ところが安心できる要素のひとつです。 さらに、ヘルスサービスでは基本的に、 プレイ前に一緒にお風呂場に入ってシャワーで お互いの身体を洗います。 手洗いはもちろん、局部を中心に全身を洗体してくれますし、 イソジンで喉のうがいも徹底されているのです。 性感染症の対策が進んでいる風俗サービスだからこそ、 常に徹底した感染症対策がなされているというわけですね。 特にソープランド(浴場サービス)では、常にお互いの身体を洗っており、部屋には2人だけ、十分な換気がしてあり、湯気が立ち込めているので乾燥防止しているなど、コロナウイルスの予防対策となる要素がいくつかあります。 余談ですが、お笑い芸人のケンドーコバヤシさんは、「ソープランドこそ一番安全だ」とも語っています。 遊びに行く風俗店は「新型コロナウイルス対策済み」の店舗を選んだ方が良いことは間違いありません。 コロナ感染対策情報 内閣官房や厚生労働省による新型コロナウイルス感染予防についてご紹介します。 基本の感染対策• 手洗い• マスク着用などの咳エチケット 咳エチケットについて 咳やクシャミを飛沫をまき散らさないようにするための「マスク着用」をして周囲へ配慮する咳エチケットが推奨されています。 マスクが不足しているため買えない人は人は、「ハンカチ」や「洋服」の袖で口と鼻を覆ってから覆いましょう。 手洗いについて 最適な手洗いの方法は、私たちが考えているよりも、入念に時間をかけて洗う必要があるんです。 手に泡をつけてサッと数秒だけ。 そんな手洗いをしていませんか? 心当たりのある人は要注意です。 性風俗サービスは基本2人だけで行われるので、クラスター 集団 感染のリスクが低いところが特徴です。 プレイ前にはシャワーでの洗体、イソジンうがいによる消毒が徹底されています。 風俗業界は性病の対策が必須であるため、「 性感染症に対する対策を徹底している業界」です。 感染症自体の予防対策も進んでいるわけですね。 コロナ対策・割引キャンペーン コロナで少なくなったお客さんの集客対策として、 大幅な値引きを実施している風俗店さんも多いです。 出張料金の無料や、基本料金の割引などですね。 また、他のお客さんの入りが少なくなれば、いつもは予約指名で待たされる人気の女の子と遊べる可能性も高くなります。 このほか、性感染症 性病 という観点から述べると、お客さんが少なくなって女の子の接客数が少なくなっているということは、平時よりも性感染症が蔓延する可能性も低くなっているとも言えますね。 そういった意味でも、 風俗店を利用する際には、なるべく「新型コロナウイルス対策」をしている店舗の利用をお勧めします。 FENIX JOBは風俗業界のコロナ対策を応援します! 風俗業界の男性求人サイト「FENIX JOB フェニックスジョブ 」ならびに姉弟サイト「みっけ」では、風俗業界のコロナウイルス対策を応援します! 弊社媒体では「フレフレ風俗」をスローガンに『 コロナに負けるなプロジェクト』を発足いたしました。 現役で働くキャストさん、スタッフさん、お客様。 今こそ、いつの時代も廃れることのない風俗業界の強さを見せるとき! みなさま是非とも「コロナに負けるなプロジェクト」を楽しみにしていてくださいね。

次の