漫画 違法サイト。 違法漫画サイト 「Manga zone」の検証

海賊版漫画サイト一覧の詳細や違法性、オススメの漫画サイトについて徹底解説

漫画 違法サイト

Dl-MG. Comってどんなサイト? 今回検証していく『 Dl-MG. Com』(dl-mg. com)とは、違法にマンガを配布しているマンガダウンロードサイト(マンガDLサイト)だ。 最近では海賊版サイトとも言われている部類の違法性が抜群に高いサイトになる。 扱うコンテンツジャンルは、主にマンガにラノベにアートブックを主体としている。 中にはエロマンガも少数だが含まれているようだ。 最古の記事は、2015年の2月となっており、マンガDLサイトとしては古株になるぞ!!レイアウトなどを確認してもらえば分かるだろうが、以前紹介したサイトのミラーサイトである可能性が高い。 メニューバーから移動できる外部サイト(音楽ファイルDLサイト)が同一のサイトである事から見てもミラーサイトであると言えるだろう。 どのサイトでも言えることがだ、複数のサイト(ミラーサイトも含む)を把握しておくことで、サーバーのダウンやサイト自体の消滅の際に慌てることなく次のサイトに移住できる。 サイトが消失してから次を探すのではなく前もってミラーサイトや類似サイトを見つけておく事が、取り締まりが強化されている昨今、今後は重要になってくるだろう。 一歩先の行動が必要になり、サイトの状態や法律の変化を予測しなければならない。 今回もミラーサイトではあるが、サイトの存在だけは把握はしておいて損はないだろう。 もちろんコンテンツであるマンガ等のダウンロード行為はしてはいけない。 違法性の高いマンガダウンロードサイトを調べるだけだ。 さっそく調査していくぞ!! Dl-MG. Comの特徴 Dl-MG. Comの最大の特徴は、マンガやラノベの違法ダウンロードサイトである事だ。 最古の記事は2015年の2月でありマンガダウンロードサイトとして見てもかなりの古株サイトになる。 そして、今なお更新が続く安定度の高い違法サイトである事もわかるぞ。 サイトトップには、一部の週刊マンガ雑誌が固定記事になっているようだ。 最新の更新情報はその下にある。 最新のマンガなどは枠で囲われていないところからであり、サイトトップの更新日だけを見てしまうと更新日が数日前となってしまうがほぼ毎日更新されている。 サイトレイアウトは、以前紹介してサイトと同様のワードプレスのテンプレートを使用しており、項目以外は全く一緒だ。 ミラーサイトと推測されてる。 そのため使い方はすぐに把握できるだろう。

次の

漫画村の類似サイト8選と、代わりでも違法じゃないサイト14選

漫画 違法サイト

こんにちは、たかたろうです。 今回は、漫画村の代わりに海外サイトは無料で安全か?日本語で読めるか最新情報をおしらせします。 漫画村は無料でたくさんの漫画が読めることで、大勢の利用者がいたようです。 それが2018年に摘発、閉鎖されました。 漫画村はもう見ることはできないのでしょうか・・? それが、漫画村の代わりになるサイトは次月に誕生しては閉鎖されの繰り返しです。 ならば、海外のサイトならどうかと調べました。 そこで海外の漫画村代わりの無料漫画サイトを紹介します。 また、日本語で読めるか最新情報も調べました。 しかし、これらのサイトは違法アップロードサイトばかりなので、違法性や危険性も含んでいます。 紹介するサイトは自己責任においてお願いします。 漫画村の代わりにしている人も多いようです。 そんな漫画村の代わりになる海外のサイトを紹介します。 ただし、処罰の対象になったりウイルスの感染の可能性もあるので、自己責任において閲覧ください。 hanascan. com RawQQはすでに閉鎖されていて というサイトに変わりました。 RawQQというサイトは漫画村が閉鎖されてから誕生したサイトです。 漫画村の代わりに多くに人が利用しています。 配信されている漫画は日本の物ばかりですが、サイト内は英語表記になっています。 漫画自体は日本語で読めます。 もちろん「ワンピース」「鬼滅の刃」などの有名な漫画もそろっています。 全巻一気読みはできないようですが、最新話が読めることで人気のサイトです。 現在はhanascan. comというサイトに変わりました。 スマホにも対応していて使いやすい印象がありますが、いたるところに広告があり、すぐに広告ページに飛ばされてしまいます。 中には悪質な広告もあるかもしれません。 このサイトも違法アップロードされたサイトなので利用する際には十分気を付けてください。 実際ウイルスに感染された人のいるらしいです。 HATO こちらのサイト もhanascan. com同様に生変わっています。 以前はRawQVという名前でした。 hanascan. comと使い方は同じようなものです。 もともと。 RawQVとRawQQはミラーサイトと言われ使い方も作りも似ている海外の無料漫画サイトです。 漫画の数も1800種類とそろっていて人気の漫画も読めます。 もともとRawQVのサイトは使いやすいと言われていました。 全話そろっている漫画が検索しやすく、細かい検索条件も可能でした。 漫画は縦スクロールなので、スマホで見るには使い勝手はいいようです。 ただし、違法アップロードサイトには変わりないので、自己責任にてお願いします。 看漫畫 は、中国版違法アップロードサイトです。 中国のサイトなので言語は中国語になっています。 漫画も中国語です。 日本語で読めるのは300作品程度で最新刊、最新話は中国語で読むことができます。 このサイトも広告にマルウェアが仕掛けられていたり、マイニングが組み込まれていた里する可能性もあります。 漫画村の代わりにこのサイトを利用するなら注意してください。 漫画村の代わりに海外サイトは無料で安全か 漫画村の代わりに紹介したサイトで漫画を閲覧する場合、安全面に注意が必要です。 海外の無料漫画サイトは、日本の無料サイトよりもウイルスの危険性が高いと言われています。 また、パソコンやスマホのデータを盗まれる可能性も高いのだそうです。 漫画村の代わりに海外サイトを利用するなら、言葉を十分に調べて安全面の対策をすることが必要ですね。 海外サイトにはウイルスは付き物 漫画村でもコインハイブが話題になりました。 漫画村に利用者は、パソコンやスマホなどを使ってマイニングを行っていました。 マイニングとは仮想通貨の暗号化システムや取引履歴のシステムを手助けする行為で、仮想通貨の取引に必要な計算をすることで仮想通貨をもらえるというシステムです。 かつて漫画村では「Javascript」が埋め込まれていて、利用者が強制的にマイニングを行わされていました。 そのせいで、スマホやパソコンなどが調子悪くなったりしていました。 また、海外サイトではポップアップ広告がたくさん出てきて、クリックすることでウイルスに感染したり、詐欺サイトに飛ばされることもあり、危険です。 漫画村の代わりに海外サイトを利用する場合、これらのことに気を付けましょう。 罰則について 漫画村の代わりに海外の無料漫画サイトを利用する場合、注意することがあります。 海外サイトで漫画を読む場合、違法アップロードされた漫画を、その事実を知っていても閲覧するだけなら処罰の対象にはなりません。 しかし、違法アップロードと知りつつダウンロードした場合は「著作権または著作権または著作隣接権の侵害」に当たります。 今のところ閲覧行為だけなら著作権の侵害に当たらないのでしょばうされないですが、今後取り締まりが強くなる可能性もあります。 つまり、違法サイトの利用者すべてが処罰の対象になる可能性もあるということです。 違法サイトなのに、ジャンプの本をスキャンしたやつじゃなくて原紙が出回ってたのも、内部に協力者がいたんかなーって思ったりしてる。 それが2018年に摘発、閉鎖されました。 漫画村はもう見ることはできないのでしょうか・・? それが、漫画村の代わりになるサイトは次月に誕生しては閉鎖されの繰り返しです。 ならば、海外のサイトならどうかと調べました。 そこで海外の漫画村代わりの無料漫画サイトを紹介しました。 また、日本語で読めるか最新情報も調べました。 しかし、これらのサイトは違法アップロードサイトばかりなので、違法性や危険性も含んでいます。 紹介するサイトは自己責任においてお願いします。 最後までご覧いただきありがとうございました。

次の

改正著作権法が成立 漫画・書籍など違法DLの対象拡大 21年1月1日に施行

漫画 違法サイト

今現在、日本の若い人々を中心に有料のコンテンツを無料で視聴できる、いわゆる「 海賊版サイト」が流行している。 そのジャンルはアニメや 映画、 漫画、 音楽など多岐に渡っていて、どのサイトも本来は有料のものを無料で手軽に楽しめるようになっているのだ。 特に数ある「海賊版サイト」の中でも最近、SNS上にて話題で持ちきりだったのが、「 漫画村」というサイトである。 このサイトは数多くの漫画を著作者の許可なしに無断かつ無料で公開し、閲覧ユーザーに対して、ポップアップ式で半ば強制的に広告を見せることで広告収入を得ていた。 今では既に閉鎖されているこのサイトだが、その閉鎖時にはTwitterを中心とするSNS上で、「海賊版サイト」であるにもかかわらず、「漫画村」復活を待ち望む声も多く、大きな話題となった。 電車の車内でも「漫画村」を利用する人をたびたび見かけたことがある。 どうして「海賊版サイト」が横行したのか、またそれに対する対策方法について調べてみようと考える。 「海賊版サイト」とは!? 「海賊版サイト」は漫画などのコンテンツのデータが著作者の許可なくアップロードされており、誰でも閲覧・ダウンロードできてしまうので、その点に問題がある。 著作権の侵害に当たるのは当然である。 そもそも著作権とは、『明鏡国語辞典』(第二版)において「著作者が自己の諸作物を独占的に支配し利益を受ける権利」であると定義されている。 つまり、クリエイター(製作者)自らが創意工夫を凝らして作り上げたものの権利は 著作者自身に帰属するし、それを用いて利益を得て良いのは本人だけということである。 もちろんコンテンツに対価を支払うことなく利用可能であるのは利用者からすればメリットだと考える人も少なからずいるだろう。 漫画村のみならず海賊版サイトを利用する人の心理かもしれない。 しかし当然の事だが、 創作に関係のない第三者が著作者本人の了承を得ずに著作物を勝手に無償で公開してしまってはクリエイターにコンテンツに見合っただけの収入が入らないし、クリエイター自身に収入がなければ新しい創作活動もできない。 そうして 日本のポップカルチャー自体が衰退してしまうのではないか。 簡略化して述べたが、これが海賊版サイトの問題点だ。 「海賊版サイト」に対する対策は? こうした事態に日本の法制度の整備も動く。 海賊版サイトの ブロッキングである。 「海賊版サイト遮断 漫画の著作権保護、政府が緊急対策『違憲の恐れ』接続業者反発」(によれば、著作権侵害で 多大な被害を受けていて、公益社団法人である日本漫画家協会が「 全く創作の努力に加わっていない海賊版サイトが利益をむさぼっている。 日本の文化が滅びかねない」と述べている。 先程、私が上で述べたこととほとんど同じである。 事態が大きく深刻化しているのだ。 私は、このような「 海賊版サイト」が流行する理由は「 手軽で対価なしに楽しめるから」だと思う。 例の「漫画村」は自分の読みたい作品をサイト内で検索するだけでヒットし、その読みたい作品をクリックするだけで読めてしまう。 何にしろ、単行本なら一冊およそ450円の費用がかかるのだが、その代金を払うことなく、漫画を読めてしまう。 また「漫画村」だけではなく、無料音楽ストリーミングサービスもある。 先程述べた「漫画村」のようにこのアプリも興味のある曲の名前を検索画面に入力するだけで対象の曲がヒットし、その楽曲を再生する事が出来てしまう。 このような事態を防ぐにはどうしたら良いのだろうか。 私は次のように考える。 まず、第一に「海賊版サイト」を使うことは違法であることを周知させることである。 「ダウンロードは違法であるが音楽をストリーミングで聴くことは違法ではない」、「漫画をウェブ上で閲覧することは違法ではない」、「無料公開されることで宣伝に繋がる」といった主張もあるが、ここで重要視したいのは 著作権に対する倫理観である。 「海賊版サイト」がクリエイターの不利益に繋がる可能性をはらむのは当然だろう。 その倫理観を身につけさせるには、教育機関で著作権についての学習を行わせるだけでなく、文化庁のホームページ等でその犯罪性について広報するのが良いだろう。 次に、 違法ダウンロードをする人よりもアップロード主を取り締まることである。 「海賊版サイト」に共通しているのはアップロードされたファイルを閲覧者が使用するので、まずはそのアップロードされたファイルを取り締まってさえいればダウンロードされることはない。 (もちろん広大なネット空間で取り締まるだけのシステムを作らなければ根本的に解決できないという課題はあるのだが) 最後に。 情報化が進む今現在、様々な知的財産が簡単に「0」「1」の羅列としてデータ化されるようになり、それがインターネット上に違法にアップロードされることもある。 データ化されたものはアナログな実在物よりも手軽に利用しやすいのだが、 データとなったとしても知的財産は知的財産である。 その倫理観を身につけることが今の情報化社会に最も必要とされているものであろう。

次の