神戸 山口組 事務 所。 神戸山口組

六代目山口組、復活した「菱のカーテン」…当局によるさらなる厳罰化の前に続く沈黙

神戸 山口組 事務 所

現在も使用制限がかけられている六代目山口組総本部(写真は昨年11月の模様) 現在、 六代目山口組では情報漏洩に対して徹底した防止策が敷かれている。 ヤクザ取材を専門とする雑誌記者もこう話す。 「最近はまったく情報が漏れてきません。 これまで世間話程度なら口を開いてくれていた組関係者も、今は固く口を閉ざし始めました。 情報が外部に漏れないようにほぼ完璧に統制されていると思われます」 そもそも山口組については、そのシンボルとなる菱の代紋に由来して、「 菱のカーテン」と表現されるほど秘密主義が貫かれ、外部に情報が漏洩しないように徹底されていた。 それが、分裂問題に伴うガバナンスの脆弱化やTwitterなどによるSNSの普及により、これまででは考えられないほど、内部の情報が細かく、早く流出するようになってしまっていた。 「こうした状況を改善すべく、昨年10月に社会復帰を果たした髙山清司若頭が中心となり、情報統制が徹底されてきた。 結果、表向きは静かに見える現在の六代目山口組だが、その裏でどういう動きが起こっているのか漏れ伝わってくることがほとんどなくなってきた。 特に特定抗争指定暴力団に指定されていることでもわかる通り、対立する 神戸山口組との間で、いつ何が起きてもおかしくない状況は続いており、ちょっとした情報漏洩が相手を利することにつながる。 さらに厳罰化も進むなか、当局に付け入る隙を与えるようなことも避けなければならない。 平時に比べてシビアになるのは当然で、そのために各傘下組織への指示を強化し、引き締めたのではないか」(業界関係者) ただでさえ、今は六代目山口組総本部をはじめとした主要組織に組事務所の使用制限がかけられており、組員らがそれらの場所に集まることがなくなった。 結果、どのメディアも組員らを取材するのが極めて困難となってきている。 その上で、さらなる内部的な情報統制の強化。 情報が表に出てこないのは当然である。 だが、情報が漏れようが漏れまいが、そうしたなかにあっても、当局による締め付けは確実に進んでいる。 5月30日に岡山で起きた、神戸山口組系幹部が六代目山口組系幹部に拳銃で襲撃された事件を受け、警戒区域が追加される見込みのようだ。 【参考記事】 新たに警戒区域に指定されると見られているのが、兵庫県南あわじ市、岡山県岡山市、愛媛県四国中央市、鳥取県米子市、島根県松江市、愛知県あま市。 主に岡山の銃撃事件の当事者組織やその傘下組織が関連施設を構えるエリアを対象にしているが、あま市については、六代目山口組幹部が同市内にある関連施設を主に利用していることが理由のようだ。 まず兵庫県、愛知県以外のそれぞれの県で、六代目山口組、神戸山口組を特定抗争指定暴力団に指定し(兵庫県、愛知県は指定済み)、前記した市を警戒区域に設定することになる。 警戒区域内では、組員が複数集まることや事務所の使用などが禁止され、違反すれば逮捕されるという厳しい処分が課せられる。 これについて、ヤクザ事情に詳しい専門家はこのように指摘している。 「今回、岡山での銃撃事件があったからこそ、当局は両組織による抗争エリアが拡大したと解釈し、警戒区域を追加するわけです。 逆にいえば、六代目山口組サイドでは、こうなることはわかっていながらも、あえて仕掛けたともいえます。 つまりは、いくら当局の取り締まりが進もうが、実力行使で分裂問題を早期に解決させるという強い意志の現れと見てとれるのではないでしょうか」 対する神戸山口組サイドの動向はどうなのか。 「現在のところ、岡山の銃撃事件の報復に動こうとしているような不穏な空気は伝わってきていない。 ただこればかりは、本当にわからない。 静寂が続いているかのように見えて、突然起きるのが抗争事件だ。 それよりも、最近その動向が気になるのが 絆會(旧称・任侠山口組)ではないか。 絆會は特定抗争指定暴力団にも指定されておらず、一時は解散説も流れたことがあった。 絆會への名称変更後、いまだに組織の代紋も発表されていない。 今後、どのような活動形態をとっていくのか、現在のところまったく聞こえてこない。 一定の勢力を誇るだけに、沈黙を続ける彼らの動きは、分裂問題の動向とも無関係とはいえないはずだ」(前出の業界関係者) 当局による厳罰化に反比例するかのように情報が出にくくなり、表面上は静かになっていく山口組周辺。 「菱のカーテン」の向こうでなんらかの動きが起きている可能性は否定できないが、今後を予想するのは困難な状態が続いている。 以降、テレビ、雑誌などで、山口組関連や反社会的勢力が関係したニュースなどのコメンテーターとして解説することも多い。 著書に『』(共にサイゾー)など。 最新小説『』が発売中。

次の

【池田組】神戸山口組

神戸 山口組 事務 所

19日午前4時半ごろ、神戸市中央区加納町4、暴力団神戸山口組の傘下組織「志闘(しとう)会」事務所の玄関付近にダンプカーが後ろ向きで突っ込んでいるのを、警戒中の警察官が見つけた。 同会は神戸山口組組長の出身母体、山健組(神戸市中央区)系の団体。 兵庫県警は指定暴力団山口組の分裂が背景にあるとみて、建造物損壊容疑で捜査している。 警察庁が今月7日、双方の衝突を「対立抗争」状態と認定して以降、県内でのトラブルは初めて。 県警によると、ダンプカーは運転者が逃走した後で、エンジンはかかったままだった。 荷台は土砂を積んで後ろに倒した状態。 事務所の玄関付近の壁が壊れた。 捜査関係者によると、「なにわ」ナンバーのレンタカーで盗難車の可能性もあるという。 事務所内には2人がいたが、けがはなかった。 現場はJR三ノ宮駅の北約200メートルで、繁華街の一角。 その約200メートル北には山口組の直系団体「岸本組」事務所があり、2月下旬にはこの周辺で山口組と神戸山口組系の組員らがにらみ合う事案があった。 今月17日には堺市の岸本組系事務所に軽乗用車が突っ込んでおり、県警が関連を調べている。 志闘会事務所の近くで働く女性は「若い組員らが出入りする姿は普段から見ていたが、全国で小競り合いが続いており、『抗争が起きたらどうしよう』と仲間と話していた」と驚いた様子だった。 「山健組」(神戸市中央区)の井上邦雄組長がトップに就き、淡路市にある直系団体「俠友会」事務所を本拠地とした。 分裂の背景には、篠田建市(通称・司忍)組長の出身母体「弘道会」(名古屋市)を優遇する組織運営や、高額な上納金制度などへの反発があったとされる。 双方の衝突が相次ぎ、警察庁は16年3月に「対立抗争状態」と認定。 兵庫県公安委員会は同年4月に神戸山口組を暴力団対策法に基づく「指定暴力団」とした。 同年末の構成員数は山口組約5200人、神戸山口組約2600人だった。 一方、神戸山口組では17年4月に一部組長らが離脱して「任俠団体山口組」(後に「任侠山口組」に改称)の結成を表明した。 対立は三つどもえの構図となったが、警察庁は「神戸山口組の内紛」との見方を示しており、構成員数は不明。 山口組と神戸山口組が分裂してから約2年間で、双方の衝突は約100件発生。 神戸山口組と任侠山口組の間でも2件の傷害事件などがあったほか、17年9月12日には、神戸市長田区にある、任侠山���組・織田絆誠代表の自宅付近で、代表らが乗った車を神戸山口組の組員が襲撃。 降りてきた任侠側の組員を射殺する事件が起きた。 兵庫県警は17年5月、全部署から構成する「歓楽街緊急対策本部」を設け、その実働部隊として歓楽街特別暴力団対策隊(特暴隊)を発足させた。 「みかじめ料」名目で飲食店などから金を脅し取っていたとして組員を逮捕するなど資金源の遮断にも乗り出している。

次の

「池田組の事務所に行った」暴力団幹部銃撃事件で容疑者の男の組事務所捜索【岡山・岡山市】

神戸 山口組 事務 所

分裂後は神戸山口組の中核組織となっている。 その五代目山健組組長・中田浩司容疑者(60)が殺人未遂などの容疑で逮捕され、関係者の間で激震が走った。 なんと中田容疑者は今年8月、組長自らが一人でバイクに乗り、神戸市内にある敵対する六代目山口組の傘下事務所を銃撃し、組員に重傷を負わせていたのだ。 「全盛期の山健組は7200人の組員数を誇っていました。 弱体化したとはいえ、いまでも300人以上は組員がいるはずです」(在阪全国紙社会部記者) 中田容疑者はなぜ自らがヒットマンとなったのか。 神戸山口組関係者が語る。 「今年4月に、山健組の若頭が六代目側の組員に刺され、重傷を負う事件が起きた。 本来ならば、すぐに『返し』で報復しなければならなかったのに、中田組長は動かなかった。 その後、7月の山健組の定例会で中田組長は『自分一人だけになっても、山健組に残る』と発言して、組員を鼓舞したとか。 これは組織の求心力を高めたうえで、組員に対して『やれ』という意味が込められていたが、誰も動かなかった。 神戸山口組の井上邦雄組長からは報復を催促され、自分でやるしかない状況に追い込まれたのではないか」 暴力団事情に詳しいジャーナリストの溝口敦氏はこう語る。 「中田組長は、若い組員の供述で逮捕されて服役した過去があり、それ以来、子分をあまり信用していないと聞いています。 また、六代目側に戻ることを画策していたという話もある。 そのためにも六代目側から強い恨みを買いたくなかった。 そこで自分一人で弘道会組員を襲い、犯行後は任侠山口組の仕業だという情報を流す手を思いついたんだと思われます。 組長を欠いてしまっては、報復の指揮を執る人間がおらず、山健組はまともに機能しない。 神戸山口組の井上邦雄組長(中央)は、四代目山健組組長。 出身母体の組長が逮捕され、窮地に陥っている 六代目山口組の絶対的ナンバー2、髙山清司若頭が10月中旬に出所後、分裂抗争は急展開を迎えている 8月21日、神戸市内にある六代目山口組直系「弘道会」の事務所をバイクに乗った男が銃撃した際の流出動画。 これが中田容疑者だった 『FRIDAY』2019年12月27日号より• 撮影:加藤 慶 撮影:結束武郎 写真:朝日新聞社.

次の