ふたり 暮らし 費用。 2人暮らしの生活費っていくらくらいですか?

初めての同棲カップル必見!初期費用・生活費の目安と安く抑えるコツ

ふたり 暮らし 費用

2LDKとはどんな物件? そもそも2LDKとはどのような間取りの物件のことをいうのでしょうか。 ここでは、2LDKの具体的な間取りの内容や、どのような人に向いている間取りなのかを解説します。 2LDKの間取り 2LDKとは、2つの独立した部屋とリビングダイニングキッチンがある間取りのことをいいます。 LDKはリビングとダイニング、キッチンを兼ねているので、広い空間になっています。 LDKにはソファやテレビ、ダイニングテーブルなどの家具を置くことが可能です。 独立した2部屋はどのような用途に使うのか、また家具の配置なども決めてから引っ越ししましょう。 2LDKはふたり暮らしや子育て世代向き 2LDKは同棲したいカップルや夫婦、兄弟、姉妹、親子など、ふたり暮らしにぴったりな物件です。 夫婦と小さな子どもの3人家族にも最適でしょう。 LDKと寝室を分けることができるため、空間を広々と使うことができます。 兄弟や親子の場合は、それぞれのプライベートな部屋を設けることもできます。 対面式キッチンの物件であれば、料理をしながらリビングにいる子どもの様子を確認できるため、親子で暮らす場合は対面式キッチンの2LDKが特に適しているでしょう。 ふたり暮らしの2LDKの使い方 ふたりで暮らす物件として2LDKを選ぶ場合、どのような使い方をすれば快適に過ごせるのでしょうか。 ここでは、ふたり暮らしの場合の2LDKの使い方の例を紹介します。 それぞれの個室にする 独立した2部屋をそれぞれの個室にするという使い方があります。 LDKはふたりの共通スペースとし、残りの2部屋をそれぞれの個室にします。 それぞれプライベートな空間が確保できるため、ひとりで趣味を楽しみたいときや、リラックスしたいときにちょうどよいでしょう。 寝室となる部屋がないため、ベッドはそれぞれの個室に置くことになります。 そのため、2部屋ともある程度広く、同じくらいの広さの物件を選ぶ必要があるでしょう。 寝室とフリースペース 2部屋を寝室とフリースペースとして使うという方法もあります。 寝室とフリースペースに分けると、安眠に適した空間を作ることができ、残りの1部屋を自由な用途に使うことができます。 寝室にする部屋はやや暗い北側の部屋、もしくは朝日が入る東側の部屋がよいでしょう。 ベッドが入る大きさの部屋かどうか、事前に確認が必要です。 特に夫婦で大きなベッドを使っている場合などは、寝室にしたい部屋の広さをきちんと確認しておきましょう。 フリースペースはふたりで相談して、好きなように使いましょう。 ものが多い場合は収納部屋にしてもよいでしょう。 家で仕事をすることがある人などは、パソコンルームや書斎として使うという方法もあります。 映画や音楽が好きな人は、シアタールームや音楽鑑賞のための部屋として使っても楽しめます。 仕事や趣味のために1部屋使うことができるため、こだわりのある人にも適した使い方です。 3人暮らしの2LDKの使い方 2LDKは夫婦と子どもの3人暮らしにも適した間取りです。 ここでは、3人暮らしの場合の2LDKの使い方の例を紹介します。 夫婦の寝室と子ども部屋 2部屋を、夫婦の寝室と子ども部屋にそれぞれ使うという方法があります。 1部屋を子ども部屋にすることで、遊び場や勉強する場所を作ることができるため、子どもがのびのびと過ごせます。 子どもがおもちゃを散らかしてもリビングや寝室ではないため、余裕を持って片付けをすることができるのもメリットです。 そしてもう1部屋を寝室にすることで、寝室はゆったりくつろぐ空間に整えることが可能です。 寝室とフリースペース 子どもがまだ小さく、子ども部屋を作る必要がない場合は、親子3人の寝室とフリースペースとして2部屋を活用しましょう。 子どもの成長に合わせて使わなくなったおもちゃや服、ベビー用品があるはずです。 フリースペースはそれらの収納部屋として使うこともできます。 そして子どもが大きくなって子ども部屋が必要になったときは、フリースペースを子ども部屋として使うこともできるため便利です。 子どもの成長に合わせた使い方ができるのも、2LDKを選ぶメリットといえるでしょう。 LDKのレイアウト LDKの広い空間は、どのように家具を配置すればよいのか迷ってしまう人もいるかもしれません。 ここでは、LDKのおすすめレイアウトを解説します。 自宅で過ごす時間が長い家庭 自宅で過ごす時間が長い家庭は、ダイニングテーブルとローテーブルをそれぞれ置くというレイアウトが適しています。 特に、夕食は自炊が基本で、LDKで過ごす時間が長い人向けのレイアウトです。 大きめのダイニングテーブルを置いて、家族みんなでゆっくりご飯が食べられる空間を作りましょう。 テレビの前にソファを置くと狭くなってしまうため、カーペットの上にローテーブルを置き、床で過ごすようにすると空間を広々と使えます。 ソファの代わりに大きめのクッションなどを置くことで、ソファがなくてもくつろげるリビングになるでしょう。 外出や外食が多い家庭 外出や外食が多い家庭は、カウンターチェアとソファを配置するのがよいでしょう。 夕食は外食がほとんどで、LDKでくつろぐのは朝食の時間や休日くらいという人に適したレイアウトです。 オープンキッチンにカウンターチェアを置き、ソファ周りを広々と取ることで、リビングでゆっくりくつろぐ空間を作ることができます。 食事はカウンターチェアで素早く済ませ、疲れて帰ってきたときや休日はソファでゆっくり過ごせます。 共働きのカップルや夫婦に特に適したレイアウトといえるでしょう。 2LDKは家族構成にあわせて使い方を考えよう 2LDKという間取りは、ふたり暮らしや子どもがいる家庭の3人暮らしに向いています。 LDKと独立した2部屋があるため、個室や寝室、フリースペースなどに使うことができる自由度の高い間取りです。 子どもの成長に合わせてレイアウトを変化させていくことも可能です。 2LDKはさまざまな使い方ができるため、家族構成に合わせて使い方を考えてみましょう。

次の

ふたり暮らしや子どものいる家庭に最適!2LDKの使い方

ふたり 暮らし 費用

移動距離 通年 通常期(5~2月) 繁忙期(3~4月) ~20km 62,893円 59,835円 76,382円 20~50km 57,553円 55,796円 64,713円 50~200km 91,664円 89,030円 98,146円 200~500km 153,084円 132,335円 223,750円 500km~ 179,578円 156,080円 223,377円 より引用 引っ越しの価格ってどのようにして決まるのですか? 引越料金は、• 引越日時• 引越距離• 引越荷物量 の、3つから計算されます。 引越日時 引越しにも繁忙期というのがあります。 卒業・入学のシーズンなどが繁忙期に当たります。 引越の繁忙期• 3月・4月 この繁忙期をさけ、平日に引越しをすると安く引越しすることができます。 特に引越し料金が安くなるのが11月です。 引越距離 距離が長くなるとガソリン代等も余計にかかるようになりますから、費用がかさむのは当然のことです。 引越荷物量 引越しで一番大変なのは、荷物の積み下ろしと搬入・搬出ですが、これに人件費がかかります。 荷物が多くなればそれだけ人件費がかかりますので、費用が高くなるのは当然のことです。 引越し見積もり比較サイトを使ったほうが安く引越しできるの? 引越しの費用を安く済ませるためには、引越し見積もり比較サイトを使いましょう。 引越しの価格はお話ししたように、• 引越日時• 引越距離• 引越荷物量 の、3つから計算されます。 しかし、これは決まった価格があるのではなくそれぞれの業者が独自の基準で決定しているのです。 同じ日時・同じ距離・同じ荷物の量でも「A社の見積は3万円」「B社の見積は4. 5万円」「C社の見積は6万円」というように見積もりの価格が2倍も開くことがあるのです。 このようなことがないように、引越しの見積もりを出してもらうときは、複数社にお願いしましょう。 しかし、いちいち1社づつ見積もりを依頼しても面倒な手間ばかりかかります。 引越し比較サイトは一度の登録で複数社の引越しの見積を取ることができます。 この引越し比較サイトを利用すると、一番安く引越しできる業者をすぐに見つけることができるのです。 サカイ引越センター 引っ越しカレンダー このように引越しの業者には安く引越しできる日にちがあらかじめあります。 このように安く引越しできる日を選んで引越しすると30%も割引になることもあるのですね? 一括見積もりを取る場合も、このように安く引越しできる日にちを見積すると本当に安く引越しできるのは間違いありません。 新婚さん ふたり暮らし)の引っ越しの場合の費用:まとめ ここまで、 新婚さん ふたり暮らし)の引っ越しの場合の費用について解説してきました。 注意点は、• 必ず見積もりを複数社から取ること• 引越しカレンダーを参考にして、引っ越し日を決める という2点です。 引越しはいろいろ大変ですが、スムーズに引越しができるととってもすっきりします。 一括見積で あなたにぴったりの引っ越し業者を探してみませんか?•

次の

同棲するまでに必要な費用!二人暮らしの初期費用や生活費の実例を大公開!

ふたり 暮らし 費用

監修 岩井 勇太 チャット不動産イエプラ メディア事業部 ファイナンシャル・プランナー 日本FP協会認定のFP。 お金に関する知識を活かし、一人暮らしからファミリー世帯まで幅広い世帯の生活費を算出しています。 宅建士の資格も取得しており、お客様の収入に見合った家賃を提案するなど、生活設計についてのトータルサポートをおこなっています。 二人暮らしの生活費は平均約22万円 総務省統計局が2020年に発表したを参考にすると、二人暮らしの生活費は 約22万円です。 しかし、生活費は住んでいる場所や生活スタイル、年代によって大きく変化します。 以下の二人暮らしにかかる生活費の内訳を参考程度に確認してください。 二人暮らし 一人あたり 家賃 約10~15万円 約5~7. 5万円 食費 約3~5万円 約1. 5~2. 5万円 水道光熱費 約2~2. 5万円 約1. 5万円 合計 約22~33万円 約11~16. 5万円 まずは、それぞれの生活費の項目について詳しく解説していきます。 後ほど、年代別の生活費の実例も紹介するので、参考にしてください。 家賃 二人暮らしの家賃は、生活費の中で最も高い割合を占める費用です。 一度決まると退去するまで基本的に変わらない固定費です。 家賃は収入の3分の1くらいが理想と言われていますが、2人の収入の4分の1くらいに抑えると、家計に余裕が出ます。 食費 食費は人によって差が出やすい費用です。 毎日自炊する二人暮らしと外食が多い二人暮らしでは、2~3万円の差がつくこともあります。 水道光熱費 水道光熱費は、水道代・電気代・ガス代を合わせた費用のことです。 水道代が約5千円、ガス代が約5千円、電気代が約1万円です。 電気代は季節によって変わりますが、節約しやすい項目です。 娯楽費 娯楽費は、2人が出かけたときの出費やコンビニでの買い物、趣味に使ったお金などが含まれます。 きちんと予算の上限を決めておかないと、無制限に使ってしまいがちなので要注意です。 逆に、アプリの課金などで料金が跳ね上がってしまうこともあります。 インターネット代は、インターネット無料の物件に住んでいる場合、かなり安く抑えられます。 年代別の生活費の目安【2人分】 二人暮らしでかかる生活費の目安を、年代別で紹介します。 年齢が上がると収入も増える傾向にあり、収入と比例して生活費の額も上がっていくようです。 特に30代での二人暮らしは、収入に余裕があるので、10代と比べると10万円以上も生活費が高くなっています。 10代 約220,000円 20代 約270,000円 30代 約330,000円 以下の項目で、それぞれの年代ごとに生活費目安の内訳を解説します。 紹介する生活費は、全て2人分の費用を合計した金額です。 【10代】収入が少ない二人暮らしの生活費 若いころは、半同棲から同棲に発展することが多く、元々一人暮らししていた2人が一緒に住み始めると、一人暮らししていた頃より余裕が出るケースが多いです。 10代の二人暮らしの生活費モデルと内訳 家賃 80,000円 食費 外食費含む 34,500円 水道代 3,500円 電気代 4,000円 ガス代 4,000円 交際費・娯楽費 30,000円 通信費 24,000円 その他 雑費・日用品費など 20,000円 貯金 20,000円 合計 約220,000円 上記は、家賃8万円での二人暮らしの生活費モデルです。 2人合わせて約220,000円の収入や仕送りがあれば、余裕を持って遊んだりできます。 ただ、学生同士の二人暮らしの場合、学生生活の中で節約するのは大変なので、生活費に困らないためには家賃を抑えたお部屋に住むべきです。 家賃が10万円を越えるお部屋で二人暮らしを始めてしまうと、生活費が圧迫されて、余裕のある生活を送りづらくなります。 また、雑貨や日用品を購入する費用にあまり余裕がありません。 通院など、定期的に支払いが発生する人は「その他」の費用を1万円ほど高くしましょう。 【20代】結婚を意識した二人暮らしの生活費 20代も、10代と同じく半同棲から二人暮らしに発展することが多いですが、10代の頃と比べて20代のほうが生活費の金額がかなり高くなります。 結婚を意識するなら極力節約して将来のために貯金するべきですが、20代カップルの多くは同棲生活に慣れておらず、貯金にまで手が回らない場合が多いです。 20代の二人暮らしの生活費モデルと内訳 家賃 100,000円 食費 外食費含む 40,000円 水道代 4,000円 電気代 3,000円 ガス代 4,000円 交際費・娯楽費 35,000円 通信費 24,000円 その他 雑費・日用品費など 20,000円 貯金 20,000円 生命保険料 20,000円 合計 約270,000円 上記は、家賃10万円での二人暮らしの生活費モデルです。 2人合わせた手取り収入は、最低限 270,000円は必要です。 二人暮らしを始めたばかりの頃は、家事に慣れていないのでついつい外食したり、節約の知恵が無いので無駄なお金を使ってしまいやすいです。 食費は1人25,000円で計算していますが、自炊に慣れれば1人2万円以内に抑えることもできます。 20代になると将来のことを考えて、貯金や生命保険料にお金を回す人が増えてきます。 【30代】子どもを意識した二人暮らしの生活費 30代になると、結婚を強烈に意識しはじめるか、すでに結婚しているケースが多いです。 20代よりも収入が高くなるので、その分生活費も高くなります。 ただ、子どもが生まれることを考えると、収入の全てを2人の生活費として使うのはおすすめしません。 余裕のある金額で生活費を支払ったうえで、将来的な養育費のために貯金するべきです。 30代の二人暮らしの生活費モデルと内訳 家賃 120,000円 食費 外食費含む 60,000円 水道代 4,000円 電気代 3,000円 ガス代 5,000円 交際費・娯楽費 34,000円 通信費 24,000円 その他 雑費・日用品費など 30,000円 貯金 30,000円 生命保険料 20,000円 合計 約330,000円 30代で上記のような生活費を支払って生活するなら、2人合わせた手取りは 約330,000円は必要です。 残った金額は貯金しましょう。 子どもが生まれても引っ越さないと考えると、居室が2部屋ある2DKや2LDKのお部屋に住むのが理想です。 3部屋以上あるお部屋でも良いですが、家賃が高くなってしまいます。 上記の目安では、特に食費にゆとりを持って計算しています。 10代~20代なら食事を抜いたり極端に節約した料理でも良いかもしれませんが、30代に入ると健康に気を使った食生活を送るべきです。 また、会社での付き合いや飲み会などが増える年齢でもあるので、交際費も高く設定しています。 個人事業主などで付き合いがあまりないなら、貯金に回しましょう。 生活費を抑えるなら家賃が安いお部屋を探すべき 生活費を抑えるなら、毎月決まって支払う必要がある家賃を安く済ませるべきです。 一度安いお部屋に住んでしまえば、節約を意識しなくても出費を抑えられます。 日々の出費を抑える節約は、人によっては苦痛に感じたり、うまくいかなかったりすることが多いので、固定費である家賃を安く済ませて、快適な生活を送るのがおすすめです。 上記の生活費例を元に、自分たちに必要になりそうな費用を記載してみてください。 元々記載されている数字は、20代の場合の目安の数字です。 緑の枠に2人の合計手取り額を記載すれば、手取りから生活費を差し引いていくら残るのかも分かります。 生活費を引いても余裕があるなら、貯金したり娯楽費に回したりしましょう。 生活費を引くとマイナスになってしまうなら、どこかの項目を節約する必要があります。 1ヶ月の手取り 円 家賃 管理費・駐車場代含む 円 食費 円 水道代 1ヶ月分 円 電気代 円 ガス代 円 通信費 スマホ代・ネット代 円 飲み会代・デート代 円 趣味・娯楽費 円 日用品・消耗品購入費 円 1ヶ月の生活費 円 手取り-生活費 円 生活費の分担方法はおおまかに4パターン 実際に二人暮らししている人のほとんどが、以下の4パターンのどれかの分担方法で生活費を支払っています。 それぞれの支払い方法がおすすめのカップルの特徴と、実際にそれぞれの支払い方法で生活費を支払っている人の感想も合わせて詳しく解説します。 支払う金額が全く同じなので、収入額が同じくらいのカップルにおすすめです。 反対に、収入額が大きく偏っているカップルでは収入に対する支払額の割合が全く違ってしまうのでおすすめしません。 また、生活費を細かく計算する必要があるので、収支の管理が苦手な初心者カップルにはおすすめできない分担方法です。 家賃とネット代だけ2人で分けています。 どうしてもそれぞれ外食が多くて管理できないので、個人的に必要な費用は全て個人で支払っています。 多分、結婚したら食費とかもまとめると思います。 20代後半 二人暮らしにおすすめの節約方法 二人暮らし生活の中で、簡単に取り入れられるおすすめの節約方法を紹介します。 それぞれの節約方法を実践している人の意見も合わせて紹介します。 それぞれが別々の部屋で冷暖房を使っていると、冷暖房の効率が悪いうえに、余分な費用がかかります。 休日は家でダラダラ、外に出かけるときはウィンドウショッピング。 若いころはディズニーとか行きたかったけど、今はお金を使わないデートでも十分楽しいです。 一人暮らしとは違って、二人暮らしでは、結婚費用や養育費など将来を見据えてお金をやりくりする必要があるからです。 手取り 2人分の合計 適正家賃 30万円 6~7万円 35万円 7~8万円 40万円 8~9万円 45万円 9~10万円 50万円 10~11万円 55万円 11~12万円 60万円 12~13万円 同棲向きの2DKや1LDKのお部屋を探すなら わざわざ不動産屋に行かなくても「イエプラ」なら、ちょっとした空き時間にチャットやLINEで希望を伝えるだけでお部屋を探せます! SUUMOやHOMESに載っていない未公開物件も紹介してくれますし、不動産業者だけが有料で見ることができる信頼性が高い物件情報サイトからお部屋を探して見つけてくれます! 遠くに住んでいて引っ越し先の不動産屋に行けない人や、不動産屋の営業マンと対面することが苦手な人にもおすすめです! おすすめ関連記事.

次の