大根 人参 ごぼう。 大根と人参の食べ合わせの相性が悪い

にんじんとごぼうとだいこん あらすじ

大根 人参 ごぼう

() 包丁に比較すれば、あっという間に千切りができるので助かっていましたが、指まで削り取りそうで怖い。 また、目詰まりがひどく、使い終わるとかなりの量が刃に挟まっていて、取れない状態でした(水で洗い流して取るしかなく、無駄になってしまう)。 また、にんじんをスライスすると、白いプラスチック部分が赤く着色してしまうことにも、気を遣いました。 これらのネガティブが、「 ピーラー型」に変更したら、一気に解消するように思えました。 千切り用ピーラーが欲しい。 条件は… 私が千切り用のピーラーを選ぶにあたっての条件として考えていたのは、下記の2点です。 オールステンレス製• 千切りの幅が太すぎず狭すぎない OXOの千切り用ピーラーは、購入者の口コミレビューがかなり高評価で惹かれましたが、持ち手がプラスチックだったので、却下しました。 サラダにしてもきんぴらにしてもおいしい絶妙な幅 できるだけ最後まで千切りにする使い方のコツは「まな板に寝かせて使う」こと スライサーと比較すると、とても快適な千切りピーラーですが、「 最後までスライスする」のには、コツがいるなと思いました。 左手に野菜を持って、右手でスライスするというやり方だと、最初は順調に千切りが量産できるのですが、割と早く、「これ以上は千切りできない」というポイントがやってきてしまいます。 なので、そのポイントが来たら、 手で持つのではなく、まな板に寝かせた状態でスライスすると良いです。 そうすれば、かなり薄いところまで、ピーラーでスライスができます。 ちなみに、どんなに上手にスライスしても、最後の余りはどうしても出ます。 「余りを出さないようにスライスしたい!」という点に固執すると、ピーラーを使うのがつまらなくなってしまいそうなので、「スライスしきれずに余った分は、包丁で切って違う料理に使う」と割り切っています。 キャベツの千切りをピーラーに変えたことから、他の千切りまで快適になった! 今回は、ふとキャベツの千切りを、いつも使っているピーラーでしてみたことをきっかけに、他の野菜の千切りまで、ブラッシュアップすることができました。 ひとつひとつ、「 快適な自分の最高のやり方」を見つけていく作業は、たまらなく楽しいですね。

次の

大根・にんじん・ごぼうにおすすめ千切りピーラー。スライサー型から変えたら快適すぎ レビュー&使い方のコツ

大根 人参 ごぼう

目次 CLOSE• 和食の定番である大根と人参は様々な料理に活躍する万能食材です。 しかしこの2つの食べ合わせが悪い場合があると科学的に言われているのです。 なぜだろう?詳しく見てみましょう 大根には ビタミンCが豊富に含まれており、 人参には アスコルビナーゼという酵素が含まれています。 この大根のビタミンCには シミやくすみの原因となる メラニンの生成を抑制する作用があるので美白・美肌効果に期待ができます。 それだけではなく、 免疫力を高めてくれる効果もあります。 免疫力は身体に入ってきた異物から守ってくれる力なので免疫力が下がると風邪を引きやすいと言われるように、疲れや風邪から体を守ってくれます。 実は、 人参に含まれる アスコルビナーゼはこの大根の ビタミンCを壊してしまう作用があるのです。 どうしたら、改善できるのか? それでは大根と人参を一緒に食べるのは全く良くないのかというと、そうではありません。 アスコルビナーゼは熱と酸に弱い性質があります。 その為、 50度以上で茹でたり炒めたりして 加熱をするか、酢やレモン汁などの 酸を加えると ビタミンCの破壊を防ぐことができます。 大根と人参、どちらも和食の定番で栄養が豊富なので工夫をして摂りたい食材です。 例えば紅白なますは熱は加えませんが、酢を加えるので問題なく食べることができます。 また煮物や炊き込みご飯、お味噌汁には熱を加えるので、 生野菜として食べる時だけ気をつけるようにしましょう。 他の食材では同じような現象はあるの? 同様にこの アスコルビナーゼをもつ野菜や果物に、 ブロッコリー キュウリ バナナ リンゴ などがあります。 加熱をせずにサラダで食べたり、生のままミキサーでスムージーにしたりする場合には 酢やレモン汁など柑橘系の果汁を加えてから食べるようにすると ビタミンCを損なわれずに栄養を体内に取り込むことができます。 逆に大根や人参と一緒に食べるとよりよい効果がある食材 大根と食べ合わせが良い食材とその効果は、 大根+じゃがいも、南瓜 = 胃炎の改善、消化不良の改善 大根+玉ねぎ、トマト = 糖尿病の予防 大根+春菊、はちみつ = 咳の改善、声枯れの改善 次に人参と食べ合わせが良い食材とその効果は、 人参+キャベツ、白菜 = 癌の予防と老化防止 人参+玉ねぎ、セロリ = 糖尿病の予防 人参+小松菜、かぼちゃ = 眼精疲労の予防 人参+ごぼう、たけのこ = 動脈硬化の予防、高血圧の予防 人参+ほうれん草、レバー = 貧血の予防、婦人病の改善 是非それぞれの食材と食べ合わせの良い食材を組み合わせて、 より健康に効果のある食事を摂るよう心がけましょう。

次の

ごぼうのレシピ

大根 人参 ごぼう

() 包丁に比較すれば、あっという間に千切りができるので助かっていましたが、指まで削り取りそうで怖い。 また、目詰まりがひどく、使い終わるとかなりの量が刃に挟まっていて、取れない状態でした(水で洗い流して取るしかなく、無駄になってしまう)。 また、にんじんをスライスすると、白いプラスチック部分が赤く着色してしまうことにも、気を遣いました。 これらのネガティブが、「 ピーラー型」に変更したら、一気に解消するように思えました。 千切り用ピーラーが欲しい。 条件は… 私が千切り用のピーラーを選ぶにあたっての条件として考えていたのは、下記の2点です。 オールステンレス製• 千切りの幅が太すぎず狭すぎない OXOの千切り用ピーラーは、購入者の口コミレビューがかなり高評価で惹かれましたが、持ち手がプラスチックだったので、却下しました。 サラダにしてもきんぴらにしてもおいしい絶妙な幅 できるだけ最後まで千切りにする使い方のコツは「まな板に寝かせて使う」こと スライサーと比較すると、とても快適な千切りピーラーですが、「 最後までスライスする」のには、コツがいるなと思いました。 左手に野菜を持って、右手でスライスするというやり方だと、最初は順調に千切りが量産できるのですが、割と早く、「これ以上は千切りできない」というポイントがやってきてしまいます。 なので、そのポイントが来たら、 手で持つのではなく、まな板に寝かせた状態でスライスすると良いです。 そうすれば、かなり薄いところまで、ピーラーでスライスができます。 ちなみに、どんなに上手にスライスしても、最後の余りはどうしても出ます。 「余りを出さないようにスライスしたい!」という点に固執すると、ピーラーを使うのがつまらなくなってしまいそうなので、「スライスしきれずに余った分は、包丁で切って違う料理に使う」と割り切っています。 キャベツの千切りをピーラーに変えたことから、他の千切りまで快適になった! 今回は、ふとキャベツの千切りを、いつも使っているピーラーでしてみたことをきっかけに、他の野菜の千切りまで、ブラッシュアップすることができました。 ひとつひとつ、「 快適な自分の最高のやり方」を見つけていく作業は、たまらなく楽しいですね。

次の