上前腸骨棘 出てる。 上、下前腸骨棘裂離骨折について

女性のパンツの位置は分からねぇ

上前腸骨棘 出てる

上前腸骨棘とは、盤の外側を成す「腸」の、上部前方にある突起部分である。 概要 「上」に「前」というがあるように腸の上部前方をし、の両に手を添えると触れる事の出来るが該当する。 より僅かに下で左右あり、の付け根の上とも言える。 部が極端に太っていない限りは大体の人で確認する事が出来るのだが、の形状やの付き方などの要因により個人差があり太っていても見える人は見えるし細い人でもとても見づらい人がいる。 やなど肌の露出が多い時・寝そべり・だと更に確認しやすい。 この突起部分が好きだという人も一存在するのだが、とはまた別のでより名前の認知度が低いというのが現状だ。 によっては「じょうぜんちょうこつきょく」では変換出来ない。 大腿に存在するのうち、「縫工筋」と「大腿筋膜筋」がここにくっついている。 この上前腸骨棘と恥の上縁を結んでいるを「径」という。 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

骨盤剥離骨折(上前腸骨棘・下前腸骨棘・坐骨結節)ー股関節やお尻の激痛

上前腸骨棘 出てる

上前腸骨棘とは、盤の外側を成す「腸」の、上部前方にある突起部分である。 概要 「上」に「前」というがあるように腸の上部前方をし、の両に手を添えると触れる事の出来るが該当する。 より僅かに下で左右あり、の付け根の上とも言える。 部が極端に太っていない限りは大体の人で確認する事が出来るのだが、の形状やの付き方などの要因により個人差があり太っていても見える人は見えるし細い人でもとても見づらい人がいる。 やなど肌の露出が多い時・寝そべり・だと更に確認しやすい。 この突起部分が好きだという人も一存在するのだが、とはまた別のでより名前の認知度が低いというのが現状だ。 によっては「じょうぜんちょうこつきょく」では変換出来ない。 大腿に存在するのうち、「縫工筋」と「大腿筋膜筋」がここにくっついている。 この上前腸骨棘と恥の上縁を結んでいるを「径」という。 関連静画 関連商品 関連項目•

次の

脚長差と骨盤の傾きについて。脚長差の2つの分類と骨盤の傾きや肢位による違いの説明

上前腸骨棘 出てる

ボクは生憎と彼女いない歴=年齢を地で行ってるのでこういう時にすぐ聞けないどころか想像を働かせるしか無いんだけど、これ書いてる時点でかれこれ一時間位「女性のパンツの紐はどこにかかるのか」ということを考えてる。 いやまあ、ソコにたどり着いたのは結果論で、そもそもこの思考の始まりは別のところにあって。 というのも、おにゃのこを描く時にどうも腰回りというか、おヘソの下辺りからの構造っちうのがボクは全然分かってないな、と。 んで、こいつを突き詰めていくと、そもそもなんで女性の下腹部ってやつは出っ張ってんだ? っていう部分の疑問にたどり着いたんよね。 いや、これ自身は別に「子宮があるから」とか「骨盤の構造が違う(女性の方が横に広い)」とか知識としては知ってたんだけど。 でも骨盤というか、股関節の膨らみにしては場所がおかしいってことに最近気がついて。 本当に股関節だけが膨らんでんだったらくびれの位置はおヘソでいいはずなんだけど、実際のくびれの位置はおヘソよりだいぶ上。 鳩尾の直下くらい。 じゃあ、くびれがそこにある理由、つまりはおヘソの辺りから股関節にかけて膨らんでいるのはなんでやねん? という疑問がずっと頭の中にあったんよ。 ただこれについてはそこまで差し迫ったことではなかったからちまちま一週間くらい考えてたんだけどいまいちピンとこなくて。 で、今回もそれを食事の後にぼーっと考えてて、ふと「そもそもビキニの紐ってのはどこにかかってんだ?」という事を思ったんね。 ということで、後はひたすらビキニとかセクシーランジェリーとかの画像検索と骨盤の構造を行ったり来たり。 一応知識として「女性の場合腸骨(上前腸骨棘)と大転子では大転子の方が大きく張り出している」というのはあったから、とりあえず〝上前腸骨棘の直下〟ないしはその付近で止めているんだろう、というのはなんとなく分かってきた。 最初は大転子の上くらいかと思ったけど、それだと股間の直上、恥骨くらいになるからドスケベ下着でも無い限りそこにはならない。 (特に二次絵に多い、中殿筋が発達したようなお尻周り、多分〝安産型〟の亜種だとそこに引っ掛けるためには割とシッカリ食い込ませなきゃいけなくて、だから大抵のドスケベ下着着てる絵はそこでこれでもかと食い込みがあるんだと思う。 食い込みエロいから大好き) だからまあ、腸骨付近が妥当だろう、と。 ただ下着の構造を終えば追うほど、スケベな、というかきわどい下着であればあるほど側面部分がアーチを描いていて、かつ骨盤は通常前傾(とくに女性は)しているからそもそも下着の紐は肩と平行にならないというのも分かってきて。 要するに男の下着みたいに普通に輪切りにしてしまうと前を隠し過ぎちゃう上に尻をうまく隠せないから、あえて際どく見えるようにかつフィットするように作られているらしい。 いずれにせよその紐部分は上前腸骨棘の付近にある。 で、そんな事をやってる間にようやく気がついた。 というかこれを書いててようやく腑に落ちた。 女性の下腹部が膨らんでいるのは、そこに骨盤があるからだ。 何を今更っちう話なんだけど、知識でそう持っていたことと実感がようやく結びついた。 というかボクの実感だと今まで〝骨盤ってのはお尻の部分にあるもの〟だった。 そうじゃなくって、骨盤ってのはおヘソの直下から股間にかけて存在しているモノで、その意味がようやく実感としてストンと落ちた。 なんでこんな、どうしようもなく当たり前で当然の事実と実感がズレてたのかっていうと、多分ボクが男だからで。 男の場合は骨盤が縦に長いというか、どっちかというと多分横に広がっていないというのが正しくて、そこに骨盤があっても女性のように膨らまない。 このせいで骨盤の位置ってのがどうも明確にイメージできてなくて、本来の場所と自分の感覚みたいのがズレてしまってたんだと思う。 (あと、微妙に男女でへそと腰骨の位置も違うっぽい。 具体的に言うと、女性の方が腰骨はへそに近い位置にあるらしく、それもまたこの感覚のズレに繋がってたんだと思う) 実際、自分で立ってみて上前腸骨棘の辺りに拳を置いてみると、くびれはへその上、鳩尾の直下くらいにできるっていうのが実感として分かる(最も、女性の場合は肋骨の形も違うからその辺も位置に関わってくるんだろうけど)。 そしてそうするとパンツの紐の位置もなんとなく想像がつく。 スケベ下着というか、いわゆる〝エッチな下着〟の紐がここより上ってことはやっぱり無いだろう。 うん、だいぶスッキリした。 あとはその位置に大臀筋とか中殿筋が入ってくるから、その終端はおヘソの裏側くらいになるってことか。 あー、なるほど。 後ろ姿が苦手というか、どうも想像しているよりも高い位置から大臀筋が出てくる(=自分の感覚で描くと尻の位置が妙に低い)なぁと思っていたけど、それも骨盤の位置を間違えていたからか。 ようやくモヤモヤしてた所が繋がってきたよ。 後はそういう目でイラストとかを見て吸収と修正をしていくってなもんだろうね。 できれば描きたいけど、今の課題は手だからなぁ……。 ってかそもそも最近描けてないし、またペースを取り戻さなければ……。

次の