蜂に刺された時の対処。 蜂に刺された時の対処法と蜂毒の危険 アナフィラキシーは検査できる?

蜜蜂に刺されたら! アナフィラキシーと対処の基本

蜂に刺された時の対処

ミツバチ < アシナガバチ < スズメバチ のような感じで毒性が強くなります。 患部に触れない程の痛みがある場合は無理をせず、そのまますぐに病院に駈け込んで下さい。 ミツバチなどは比較的毒性は低くいのですが、針に返しがついていて、刺されると針が残ってしまう時があります。 アシナガバチの攻撃性は低いので滅多に刺すことはありませんが、毒性は高いので刺されると激しい痛みがあります。 すぐに病院を受診して下さい。 スズメバチはかなり攻撃性が高いので、知らずにナワバリに入ってしまうと大変です。 激しい痛みと腫れに1週間以上悩まされることになるでしょう。 すぐに近くの病院へ駈け込んで下さい。 蜂に刺されるという事は、その場が蜂のテリトリー(巣の近く)である可能性が高いので、すぐに現場から離れるようにしましょう。 留まっていると蜂が集まりだす可能性があります。 刺されたら、患部に針が残っていないかを確認しておきましょう。 もし残っている針を見つけたら、ピンセットや指でつまんで、揺らさないように気を付けてそっと抜きましょう。 ミツバチの場合、毒袋が残っている状態の針がついている事があります。 この場合は指で挟むと毒がさらに体内に流出しますので、針には触らず、押し出すように抜きましょう。 蜂毒を流水で洗い流します。 患部の周辺をつまんだり爪で圧迫したりして毒液を出しながら流しましょう。 口で吸い出すのはおススメしません。 むしろ吸い出すことで虫歯などに毒が触れる可能性がありますので、おススメしません。 また、俗説の「おしっこをかける」はしないで下さい。 根拠であるおしっこのアンモニアは、排尿直後には含まれていません。 (排尿後にアンモニアに変わります) むしろおしっこの雑菌が傷口に入る可能性がありますのでやめましょう。 消毒してから抗ヒスタミン剤を含むステロイド軟膏を塗布しましょう。 お薬がとれないよう絆創膏などをはり、患部を冷やします。 しばらく安静に過ごし、気分が悪くなったり身体に痒みが無いかを確認し、異常があったら大袈裟に思わず、すぐ病院へ行ってください。 何科を受診すればいい? 毒性の高い蜂は危険性も高まりますので、必ず病院で診てもらうようにして下さい。 皮膚科で診てもらうのが一般的ですが、近くに無い場合や気分が悪い場合などは内科を受診しても構いません。 小さな診療所などは慣れてないお医者さんも多いので、不安に感じたら改めて大きな病院で持てもらってもいいです。 「セカンドオピニオン」ですね。 まあ、1~2日置いて症状が治まるようならあまり深刻に考えなくても大丈夫だと思います。 ただ、後日痛みがひどくなったり、蕁麻疹が出る場合などは再度違う病院で診てもらった方が良いでしょう。 スポンサーリンク 蜂毒の危険 体内に入った蜂毒はどうなる? 通常、蜂の毒は肝臓で分解されますので、体内に入ったとしても気にする必要はありません。 ただし毒が強いスズメバチなどの場合は、気分が悪くなるなどの影響が少し出るかもしれません。 しかしこれも時間の経過とともに治まってくるでしょう。 それよりも危険なのは、蜂に刺されて起こる蜂毒症です。 有名なのが蜂に刺されてすぐ発症するアレルギー症状 「アナフィラキシーショック」ですね。 アナフィラキシーショックとは? アナフィラキシーショックについては「」でも少し触れましたが、初めて蜂に刺されたときに体内で蜂毒に対する抗体が出来て、2回目以降に刺された時に体内で過剰な拒否反応がでる症状です。 なので、 初めて蜂に刺された方は、2回目以降は注意してください。 ) 蜂毒のアナフィラキシーショックには 即時型と 遅延型があります。 即時型 … 数分~10分後で発症。 遅延型 … 1日~10日後で発症。 蜂毒は蜂の種類によって異なりますので同じ蜂に刺されない限りアナフィラキシー症状が出る事はあまりないのですが、毒性が近い蜂に刺された時に、まれにアナフィラキシー症状が出る場合もあります。 症状は、 声が嗄(か)れたり、動悸や息切れ・蕁麻疹・呼吸困難から、発熱、血圧の急低下によるショック症状などがあります。 蜂に刺されて体調がおかしいと感じたら、すぐに大声で助けを呼びましょう。 時間があれば自分で救急車を呼んでもいいですが、 即時型のアナフィラキシーショックは発症から重症化までの時間が恐ろしく短いので、発症したら無理せず、すぐに大声で人を呼ぶようにして下さい。 逆にアナフィラキシーショック状態の方に助けを求められた場合はすぐに救急車を呼んで下さい。 救急車を待つ間は、 足を頭より10~15㎝ほど高くなるように上げて仰向けに寝かせます。 この時、顔が上を向いていると嘔吐した時に吐しゃ物(吐いたもの)をのどに詰まらせてしまうので、 必ず顔は横に向けるように注意して下さい。 と、ここまで書いておいてなんですが、アナフィラキシーショックは必ず起こるわけではありませんので、必要以上に怖がることはありません。 普段は自分が一度、蜂に刺されている事を認識していれば十分です。 蜂毒のアナフィラキシーは事前検査できる? 蜂毒のアナフィラキシー(アレルギー)の有無は、 皮膚検査と 血液検査で判定できます。 検査には、ミツバチ、アシナガバチ、スズメバチ、それぞれの項目があります。 皮膚に小さな傷をつけてアレルゲン(アレルギーの原因)をつけ、反応をみる検査です。 結果は数時間~半日程度で判ります。 これは血液を採取して、蜂毒のIgE抗体というタンパク質の測定量を調べる検査になります。 結果が判るまでに1週間程度かかる場合があります。 どちらの検査も、刺された直後では抗体がまだ安定されていないので検査では反応が出ない場合があります。 刺されてから半月~1カ月後くらいに検査するといいでしょう。 アナフィラキシーショックを起こしたことがある、もしくは、起こす危険性があると思われる場合は、医師によりアドレナリン自己注射薬(アナフィラキシー補助治療剤)の携帯が許可される場合があります。 まとめ 蜂に刺された時の応急的な対処法は、種類に関わらず同じで大丈夫です。 (俗説には注意しましょう。 ) 痛みは通常、1日程度でおさまります。 2日以上傷みが続いたり、ひどくなったり、痒みや蕁麻疹などの症状がでた場合はすぐに医療機関を受診して下さい。 また、アナフィラキシーショックを事前に検査する事も出来ます。 心配な方は一度医師に相談してみて下さい。 = 関連記事 = 蜂の巣について 巣の場所の確認について.

次の

刺されない!作らせない!引き寄せない!蜂対策完全マニュアル | クジョカツ

蜂に刺された時の対処

毒の吸出し よく映画などで毒蛇にかまれると口で毒を吸い出したりしていますが、、 実際には口で毒を吸いだす行為はオススメできません。 その理由として、虫歯や口内炎などの傷がある場合には、そこから毒がまわったり、口内のバイ菌が傷口から入り感染症を起こす可能性があります。 今回このような事を全く知らなかった私は、刺されてすぐに口で毒を吸いだしてしまいました。 この時点ではこれが 正しい対処法だと思い込んでいたので… では、吸出しが出来ない場合には、どのように対処すれば良いのでしょう? 水道がある場合には、刺された周囲を強くつまんで毒を絞り出して洗い流すことです。 また、今後このようなことが起こった時に頼りになるのが、ポイズンリムーバー のような毒を吸引できる 応急用毒吸取り器です。 小さな子供や普段から何らかのアレルギー症状が出ている方などは、特に注意が必要で、刺された場合には少し様子を見てからなどと考えずに、スグに病院に行き適切な処置をしてもらいましょう。 アシナガバチに刺された時の痛みと症状! 正直なところ、スズメバチには気を付けなければいけないことは知っていましたが、アシナガバチはそこまで気をつけなくても大丈夫だと自分の中で勝手に思い込んでいました。 しかし蜂について色々調べてみると アシナガバチもスズメバチに匹敵した痛みがあること、また毒性が強いこともわかったのです。 一口にアシナガバチと言っても 日本では11種が確認されているそうで、そのなかで 私が刺されたアシナガバチは画像で確認したところフタモンアシナガバチだと分りました。 フタモンアシナガバチの他にも被害報告の多いアシナガバチとしては、攻撃性が強いキアシナガバチ・やや攻撃性が強いセグロアシナガバチがいます。 キアシナガバチとセグロアシナガバチに関してはアシナガバチの中でも強い毒を持っており刺された時の痛さもハンパじゃないそうです。 この三種類の中では フタモンアシナガバチが1番攻撃性が弱く大人しい性格です。 フタモンアシナガバチはスズメバチや大型のアシナガバチに比べれば刺されたときの症状は軽いですが、何度も刺されたり一度に数箇所刺されたりすると アナフィラキシーショックで亡くなることもあるので注意が必要です! スポンサーリンク 痛みと症状 フタモンアシナガバチは攻撃性が弱く大人しい性格とのことですが、刺された時はかなり痛かったです。 2回目は手首のくるぶしの辺りと肘の辺りの2ヶ所を刺されたけど、肘の辺りよりての手首のほうが痛みが酷くて、刺された次の日にはくるぶし側の肘までの間が赤く腫れ熱を持った状態になってしまいました。 写真では分りにくいですが、左の腕がかなり腫れてしまい普段着けている腕時計ができないくらいでした。 1回目刺された時は左の肩辺りで痛みはありましたが、今回のように腫れが酷く熱を持った状態にはなりませんでした。 これは個人の感想ですが、刺された箇所によって痛みの感じ方や腫れ具合も違うように思いました。 また、痛みの感じですが腫れているところを押さえると、打ち身であざが出来た時のような痛みで、刺された日の夜と次の日が1番痛かったです。 3日目には少しずつ腫れや痛みもひいて楽になりました。 フタモンアシナガバチの特徴 体長は14~18mmほどでアシナガバチの中では小型で、全体に黒く腹の辺りに黄色い斑紋があります。 8月に入ると働き蜂の活動も活発になってくるので、刺される危険が多くなります。 ちなみに私が刺された時の状況は、2回とも玄関の扉を閉めて歩き出したときに刺され、その時の服装は黒のTシャツに短パンでした。 よく蜂は黒い物を攻撃すると言われていますが、2回目に刺されたときは白のTシャツを着たカミさんも一緒だったのですが、 刺されたのは黒のTシャツを着ていた私だけでした。 やはり蜂は黒い物を攻撃するって言うのは本当なんですね! 巣を作る場所は家の軒下や庭木の枝、これ以外にも様々な場所に巣を作ります。 私の家の場合は、電気メーターの下 外に置いてあった脚立・勝手口の庇・ベランダの屋根など色々なところに巣があり、今年は特に巣が多いように思いました。 また、こんな所にも… 少し見えにくいと思いますが、隣の工事現場使われている 配管の中にも 家の軒先などであれば分りやすいのですが、このような所にも巣を作るので 知らずに近づいて刺されてしまう危険もあるのです。 おわりに 今回はアシナガバチの中でもフタモンアシナガバチについて、対処法や実際に私が刺された時の痛みや症状、また特徴などを紹介させていただきました。 蜂に刺された時の対処法を知ることも重要ですが、蜂にも多くの種類がいるので、万が一対処法が分らないときにはアナフィラキシーショックを起こす危険性もあるので、躊躇せず119番で消防署に連絡し、状況を伝え救急車の要請をしたほうがよいでしょう。 今回、私も蜂について調べたことで、いろいろと勉強させていただきました。 もし次に刺されると3回目なので、自分勝手な判断はせず、出来る範囲の応急処置をしてスグに病院で適切な処置をしてもらおうと思います。

次の

温める?冷やす?蜂やムカデに刺された時の正しい対処法&応急処置はコレだ!

蜂に刺された時の対処

【蜂の巣駆除のご依頼を承っております】 生活救急車では、アシナガバチ、スズメバチ、ミツバチなどの各種蜂の巣駆除のご依頼を承っております。 駆除をご検討されている方は、お早めに現地見積りをご依頼ください(ご予約状況によっては、ご依頼をお断りさせていただくこともありますので、ご了承ください)。 病院に行く前に確認しておくべきこと アシナガバチをはじめとする蜂に刺された場合、症状の重さ・軽さにかかわらず病院に行って診察を受けましょう。 医師の診断を受けることで、適切な治療や薬の処方をしてもらえます。 しかし、もし可能であれば、病院に行く前に確認するべきことをチェックしておくと、その後の診察もよりスムーズに受けられる可能性があります。 そこでまずは、病院に行く前に確認しておいたほうがよいことをご紹介いたします。 安全な場所にいるかどうか まずは、これ以上アシナガバチに刺されないように、安全な場所まで避難する必要があります。 アシナガバチの毒針は、ミツバチとは異なり、刺しても針が皮膚に残らないつくりになっています。 そのため、同じ蜂に複数回刺されることも考えられます。 また、野外で刺された場合は、近くに巣がある可能性があります。 刺した蜂がいなくなっていても、付近からは離れたほうが安全です。 少なくとも20m以上の距離を取ってから、症状の確認や応急処置を行うようにしましょう。 どんな症状が出ているか 次に、刺された箇所を中心に症状を確認しましょう。 ただし、あまり体を動かすと、毒の回りが早くなってしまいます。 仰向けに寝かせ、足を高くした状態をなるべく保つようにしましょう。 また、意識障害や呼吸困難など明らかに症状が重い場合は、119番通報をして救急車を呼びましょう。 局所症状 局所症状は、刺された箇所に、痛みやかゆみ、腫れなどが起こっている状態のことです。 痛みが引いた後はしこりが残り、しばらくかゆみが続きます。 多くの場合、数日~1週間程度で痛みや腫れは消えていきます。 しかし、アシナガバチの毒はとても強力なので注意が必要です。 痛みも強く、大きく腫れることが多いため、自然治癒に任せずに病院での治療を受けておくことをおすすめします。 全身症状 全身症状は、刺された箇所以外にも症状があらわれるケースです。 数分~1時間の間に発症することがあります。 蜂に刺されたことにより起こる症状に「アナフィラキシーショック」があることを知っている人も多いと思います。 アナフィラキシーショックは、全身症状の中でも、重度のもののことを指しています。 軽度のものでは、発汗、じんましん、吐き気、めまい、体のだるさ、息苦しさなどの症状が出ます。 重度の症状では、嘔吐、強い腹痛、脈拍の異常、血圧低下、呼吸困難、意識障害などが現れます。 全身症状が現れた場合は、すぐに病院を受診する必要があります。 症状が重いときは119番に電話をかけて、可能な限り早く治療を行いましょう。 何科を受診すればよいか アシナガバチに刺された場合、何科を受診すればよいかを事前に把握しておきましょう。 最適な科は、症状によって異なります。 局所症状であれば皮膚科(近くになければ外科で受け付けてくれることもあります)、全身症状があるときは内科を受診しましょう。 また、子供が刺された場合は小児科に連れていきましょう。 アシナガバチに刺されたときの応急処置のやり方 アシナガバチに刺されたら、医師による診察を受けるのが一番です。 しかし、刺された直後に適切な応急処置を行っておけば、症状が軽く済む可能性があります。 ここでは、アシナガバチに刺されたときの応急処置の手順をご紹介いたします。 応急処置の手順1. 刺された箇所を流水で洗う 最初に、刺された箇所を流水で洗い流します。 蜂の毒は水に溶けやすいので、皮膚の表面の毒をある程度取り除くことができます。 応急処置の手順2. 毒を絞り出す 次に、刺された箇所の周囲を指でつまんで、皮膚の中に入った毒を絞り出します。 このとき、口で吸い出すのは危険なので避けましょう。 歯茎や口内の傷から毒が入り込むと、口の中がしびれるなどの症状が起こることがあります。 また、蜂など虫の毒を抜くために使う、ポイズンリムーバーという道具があります。 患部に当てて吸引することで、効果的に毒を取り除くことができます。 応急処置の手順3. 薬を塗る 患部に塗り薬を使用しましょう。 「抗ヒスタミン剤」か「ステロイド」、またはその両方が含まれている皮膚薬であれば、かゆみや炎症を抑えることができます。 市販の虫刺され薬にも含まれている成分なので、購入前や使用前にパッケージを確認しておきましょう。 応急処置の手順4. 患部を冷やす 刺された患部を、濡れタオルや氷のうなどで冷やしておきましょう。 血管を冷やして収縮させることで、毒が回るのを遅くすることができます。 また、痛みやかゆみを抑えるはたらきもあるので、治療後も局所症状が気になるときは冷やして対処しましょう。 アシナガバチに刺された後に注意しておくべきこと アシナガバチに刺された場合、応急処置や病院での治療を受けたらあとは安心、とはいかないことがあります。 刺された傷はしばらく残りますし、短期間にもう一度蜂(アシナガバチ以外でも)に刺されると、1回目より症状が重くなる可能性もあります。 その後を問題なく過ごすためにも、気を付けたほうがよいことはできるだけ確認しておきましょう。 ここからは、アシナガバチに刺された後に注意しておくべきことについてご紹介いたします。 運動・入浴・飲酒は控える 血流が良くなると、毒が回るのが早まってしまいます。 運動、入浴、飲酒はいずれも血行を促進する作用があるため、蜂に刺された当日は控えるようにしましょう。 診察を受けた際も、同様の指示を医師から受けるケースが多いようです。 「2回目は危険」といわれる理由 蜂に刺されたときによく聞くのは「2回刺されると、アナフィラキシーショックで命の危険がある」ということですが、これは必ずしも本当とは限りません。 アナフィラキシーショックは、ざっくり言うと蜂毒に対するアレルギー反応です。 短期間に複数回刺されることで、蜂毒のアレルギー体質になる可能性が高くなるため、2回目以降が危険といわれています。 しかし、もともと蜂毒のアレルギー体質である人や、蜂に刺されてもアレルギー体質にならない人もいるため、2回目で必ず命の危険があるとは一概には言えないことがあります。 いずれにしても、回数に関係なく、刺されたらすぐに病院に行って適切な治療を受けることが大切です。 蜂に刺されないための対策 短期間に複数回蜂に刺されると、症状が重くなる可能性があります。 そのため、治療後はできるだけ蜂に刺されないように注意しておくと安心です。 ・黒や原色の服を着用しない• ・甘い匂いの香水や、整髪料をつけない• ・虫よけスプレーや、ハッカ油のうすめ液を使う• ・蜂の巣に近づかない• ・蜂を見つけても、大声を出したり手で振り払ったりしない 蜂がいる可能性のある場所に行くときは、上記のことに気を付けましょう。

次の