蝶々 の 種類。 モルフォチョウ属

日本のアゲハ蝶の種類!何種類いる!?

蝶々 の 種類

庭でよく見られるチョウ このページでは、もっともよく観察できるチョウを紹介します。 日本には、約240種類のチョウが生息していますが、庭で観察できるチョウは平均で20種類程度です。 チョウの種類は地域によってやや異なり、ここで紹介している種類は、本州・四国・九州でよく見られるチョウが中心です。 北海道ではやや異なり、沖縄では身近なチョウがかなり異なります。 庭のチョウ類調査では、ここに紹介した以外のチョウが観察されることも多いでしょう。 その際には、チョウの種名を図鑑等でお調べください。 下記の図鑑を特にお勧めします。 日本チョウ類保全協会編 「」 定価1,800円(税抜き) 日本で見られるほぼすべてのチョウ、263種を解説。 類似種にミヤマカラスアゲハがいる 【分布】北・本・四・九 【時期】4~9月(多化性) 【食草】サンショウ、カラスザンショウ、コクサギなど 【生息環境】人家、公園、森林などの樹林地やその周辺 【庭に呼ぶために】樹木が茂った環境を好むため、食草の他、庭木を多く植える ナガサキアゲハ 【識別】オスは全体が黒色、メスは後翅を中心に白い斑紋。 オナガアゲハに類似するが、体の側面が赤色 【分布】本・四・九・南 【時期】4~9月(多化性) 【食草】ウマノスズクサ、オオバウマノスズクサなど 【生息環境】河川堤防や農地周辺の草地や森林の林縁部など 【庭に呼ぶために】食草を植えると、飛来して発生することが多い アオスジアゲハ 【識別】翅の中央の水色の帯が特徴。 庭のしげみで成虫が越冬することも多い 【庭に呼ぶために】食草を植えると発生しやすい ベニシジミ 【識別】橙色の斑紋が特徴。 類似した種とは、裏面の模様で識別 【分布】北・本・四・九 【時期】3月下旬~10月(多化性) 【食草】ヤマハギ、フジ、クララ、イタドリなど 【生息環境】都市の公園、農地周辺から山地の森林まで幅広い 【庭に呼ぶために】ハギ類やフジなどを植えると発生しやすい ウラナミシジミ 【識別】裏は波状の模様。 尾状突起はやや長い 【分布】北・本・四・九・南 【時期】7~11月。 暖地で越冬し、世代を繰り返しながら北上する 【食草】エンドウ、インゲンなどの栽培マメ類やヤマハギ、クズなど 【生息環境】農地、公園、都市など各地 【庭に呼ぶために】食草を植えると発生しやすい ムラサキシジミ 【識別】表の青紫色と、裏の不明瞭な斑紋が特徴。 類似のムラサキツバメは尾状突起がある 【分布】本・四・九・南 【時期】4~11月(多化性) 【食草】アラカシ、コナラ、クヌギなど 【生息環境】森林、公園、人家周辺 【庭に呼ぶために】生垣にアラカシを使用すると新葉を利用して発生することが多い ウラギンシジミ 【識別】裏は一面銀色。 表は、オスに赤橙色、メスに白色の斑紋がある 【分布】本・四・九・南 【時期】4~11月(多化性) 【食草】クズ、フジ、 ハリエンジュなど 【生息環境】樹林地や樹林の多い公園や人家など 【庭に呼ぶために】柿の実があると秋に成虫がよく集まり、常緑樹の植え込みで成虫越冬する キタテハ 【識別】表がオレンジ色で黒い斑点があり、裏側は茶色の特徴的な斑紋 【分布】本・四・九 【時期】3~11月(多化性) 【食草】カナムグラ、カラハナソウなど 【生息環境】公園や農地、河川堤防などの明るい草地 【庭に呼ぶために】秋の花壇や柿の実に吸蜜に来る。 カナムグラは繁殖力が強く庭には不適 ルリタテハ 【識別】表のルリ色の帯が特徴 【分布】北・本・四・九・南 【時期】4,6,8,10月頃(多化性) 【食草】サルトリイバラ、ホトトギス、ヤマユリなど 【生息環境】都市の公園や雑木林などの樹林周囲 【庭に呼ぶために】ホトトギスを庭木の脇のやや暗い場所に植えると発生しやすい。 カキの実にもよく集まる アカタテハ 【識別】表の赤色の模様が特徴。 ヒメアカタテハと比べ、赤色の部分が少ない 【分布】北・本・四・九・南 【時期】4~10月(多化性) 【食草】カラムシ、イラクサなど 【生息環境】公園や農地、河川堤防などの明るい草地 【庭に呼ぶために】カラムシを植えるとともに、花壇を充実させると吸蜜に来る ヒメアカタテハ 【識別】表の赤色は桃色を帯びる。 裏の地色はアカタテハより明るい 【分布】北・本・四・九・南 【時期】4~10月(多化性) 【食草】ハハコグサ、ヨモギなど 【生息環境】公園や農地、河川堤防などの明るい草地 【庭に呼ぶために】ヨモギは年に数回刈りこみ、ハハコグサは除草せず残すとしばしば発生する コミスジ 【識別】表は黒色に複数の白帯がある。 都市部に類似のホシミスジが生息する地域もある 【分布】北・本・四・九 【時期】5~9月(多化性) 【食草】フジ、クズ、ニセアカシア、ハギ類などの各種マメ科 【生息環境】雑木林、公園、農地周辺など 【庭に呼ぶために】フジなどの食草を植えることで発生する ツマグロヒョウモン 【識別】後翅表の縁の黒帯と裏面の模様が特徴。 メスは表の縁が黒い 【分布】本・四・九・南 【時期】4~11月(多化性) 【食草】パンジーや各種スミレ類 【生息環境】人家や公園、農地周辺などの明るい草原 【庭に呼ぶために】パンジーやビオラなどのスミレの園芸種の花壇をつくると、発生しやすい ミドリヒョウモン 【識別】類似種が多く表での識別は難しい。 後翅裏面の3本の白帯が特徴 【分布】北・本・四・九 【時期】6~9月(年1化、夏は夏眠) 【食草】タチツボスミレなどの各種スミレ類 【生息環境】樹林周囲の草地 【庭に呼ぶために】秋になると移動するようになり、花壇の花によく集まる ゴマダラチョウ 【識別】黒色に白い斑紋がある。 春型は次種と類似するが、黒色部が広い 【分布】北・本・四・九 【時期】5~9月(多化性) 【食草】エノキ、エゾエノキなど 【生息環境】樹林地で、公園や人家などの小規模な樹林にも生息する 【庭に呼ぶために】エノキを植えると発生しやすい。 冬に根元の落ち葉を残す アカボシゴマダラ 要注意外来生物 【識別】後翅の赤い斑紋が特徴。 春型は白色になる 【分布】本(関東地方から各地に広がる) 【時期】5~9月(多化性) 【食草】エノキ 【生息環境】都市部~森林域 【外来種に注意】大陸から人為的に持ち込まれた外来種で、要注意外来生物に指定されており、発見した場合には駆除が必要である アサギマダラ 【分布】北・本・四・九・南 【時期】5~10月(多化性)暖地で越冬し、春に北上、秋に南下する 【食草】キジョラン、イケマなど 【生息環境】海岸付近から山地の森林域まで広い 【庭に呼ぶために】成虫はフジバカマ、ヒヨドリバナなどによく集まるため、これらを植えると移動中に訪れる頻度が高くなる ヒメウラナミジャノメ 【識別】後翅の裏の5つの目玉模様と波状の模様が特徴 【分布】北・本・四・九 【時期】5~9月(多化性) 【食草】ススキ、チガヤ、メヒシバなど 【生息環境】農地、林縁、河川等の樹林周辺の草地 【庭に呼ぶために】都市部では少ないチョウだが、自然が豊かな場所では、除草を徹底しなければ発生する ヒメジャノメ 【識別】裏は、目玉模様に白帯がある。 類似種コジャノメよりも地色が明るい 【分布】北・本・四・九 【時期】5~9月(多化性) 【食草】イネ、チガヤ、ススキなど 【生息環境】農地、河川、樹林周囲の草地 【庭に呼ぶために】やや暗い場所を好むため、庭木を多く植え、除草を徹底せずイネ科の植物を残す サトキマダラヒカゲ 【識別】裏は多くの目玉模様と特徴的な濃淡の模様 【分布】北・本・四・九 【時期】5~6月と8~9月(多化性) 【食草】マダケ、アズマネザサなどのタケ・ササ類 【生息環境】雑木林などの森林。 暖地で越冬し、世代を繰り返しながら北上 【食草】イネ、チガヤなどの各種イネ科 【生息環境】都市、公園、農地などの草地 【庭に呼ぶために】秋に個体数が増加し、花壇に多数が集まる チャバネセセリ 【識別】後翅裏は、小さい白斑が弧状に並ぶ 【分布】本・四・九・南 【時期】5~11月(多化性)。 暖地で越冬し、世代を繰り返しながら北上 【食草】イネ、チガヤ、ススキなどの各種イネ科 【生息環境】都市、公園、農地などの草地 【庭に呼ぶために】花壇によく訪れる。 秋に増加するが、個体数はやや少ない ダイミョウセセリ 【識別】前翅表の白い斑紋が特徴。 近畿以西では、後翅表にも白帯 【分布】北・本・四・九 【時期】5,7,9月頃(多化性) 【食草】ヤマノイモ、ナガイモなど 【生息環境】樹林周囲の林縁環境を好み、森林や公園、人家周辺でみられる 【庭に呼ぶために】庭木を多く植え、その周囲にヤマノイモを除草せず残す• 庭のチョウ類調査に関して、ご不明な点等ございましたら、下記までお問い合わせください。 〒140-0014 東京都品川区大井4-1-5-201 特定非営利活動法人 日本チョウ類保全協会 庭のチョウ係 TEL・FAX:03-3775-7006 携帯:080-5127-1696 email: javascriptが使用できる端末でご確認ください.

次の

チョウ

蝶々 の 種類

蝶の幼虫図鑑 このページは、野外で見つけた蝶(チョウ)の幼虫を調べるのに便利なように、主として本州で比較的見つけやすい蝶の幼虫の写真を並べました。 できるかぎり、全ての齢(れい)の幼虫を示しています。 見やすさを優先して、横向きになるように一部の写真は回転させてあります。 ただし、幼虫は成虫と異なり、齢数の変化(脱皮)によっても模様や色が変わり、また個体によっても模様が異なる場合があるので注意が必要です。 また、元の大きさは様々ですが写真の大きさはそろえてありますので注意してください。 このページの写真は小さく見づらいですが、幼虫の写真または種名をクリックすると、その種の卵から成虫まで(あればの話ですが)生態写真と解説のページに飛びます。 こちらでは大きめの写真が見られます。 体長もできるだけ記しています。 幼虫の同定には、幼虫の形態だけでなく、食樹・食草、食痕・巣、静止位置などと合わせて考える必要がありますが、解説ページにはそれらについても書いてありますので参考にしてください。 なお、お尻に一本角が生えているのはスズメガの仲間の幼虫です。 を参考にして下さい。 また、幼虫は一般的に、青虫、芋虫、毛虫などと呼ばれますが、青虫は蝶に、毛虫や芋虫は蛾になる、ということではありません。 ふさふさの毛虫やちょっと痛い感じのトゲトゲの虫でも蝶になるものがいます。 青虫でも蛾になるものは多いです。 また、基本的にはどの蝶の幼虫にも毛が生えていて、それが固いか柔らかいか、太いか細いか、長いか短いか、多いか少ないかの違いに過ぎません。 日本産の蝶の幼虫は全て無害(特異体質の人は別ですが)ですので、触ってもかまいません(万が一何かが起こったとしても責任は取れませんが)。 ですが、蛾の中には危険なものも多くいますので注意しましょう。 、も参考にしてください。 なお、卵・幼虫・蛹の各図鑑は新たな写真が入手でき次第随時更新中です。 も参考にしてください。 アゲハチョウ科 (参考)上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、下:5齢(終齢) (参考)上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、下:5齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢?、中4:4齢?、下:5齢(終齢) (参考)上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3または4齢、下:4または5齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)脱皮直後、下:成長した5齢 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(クスノキ上)、中5:4齢(タブノキ上)、下:5齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、下:5齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:4齢 別色)、下:5齢(終齢) 6齢が終齢という特殊個体だったので、通常個体に合わせて齢数は一部変えてあります 上:1齢(孵化直後、淡色)、中1:1齢(孵化直後、普通色)、中2:1齢成長、中3:2齢、下:3齢 6齢が終齢という特殊個体だったので、通常個体に合わせて齢数は一部変えてあります 上:4齢(普通色)、中1:4齢(淡色)、中2:5齢(終齢)、下:5齢(別模様) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢、上面)、下:5齢(側面) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(1日後)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢、上面)、下:5齢(側面) 上:1齢、中1:1齢(摂食後)、中2:2齢、中3:3齢、、中4:4齢、中5:5齢(終齢、上面)、中6:5齢(側面)、下:5齢(別模様) 上:1齢(孵化間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢1(終齢)、中6:5齢2(上面)、下:5齢2(横面) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢、上面)、中6:5齢(側面)、下:5齢胸部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢胸部 シロチョウ科 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢、中4:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢、中4:5齢(終齢)、下:側面模様 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:側面模様 シジミチョウ科 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢)、下:4齢(前蛹前) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢(終齢)、下:4齢(前蛹直前) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 別名ダイセンシジミ、上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢)、下:4齢(前蛹直前) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢)、下:4齢(前蛹前) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢、中1:2齢?、中2:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢、ウツギ食い)、中5:4齢(インゲン食い)、下:4齢前蛹直前 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢)、下:4齢(前蛹前) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢)、下:4齢(前蛹前) 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢成長、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢、緑色)、下:4齢(紅葉色) 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢)、下:4齢(威嚇) 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:3齢(脱皮前)、中5:4齢、下:5齢(その後死亡) 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢(緑色)、中3:3齢(紅色)、中4:4齢(終齢、緑色)、中5:4齢(黄色)、中6:4齢(紅色)、最下:4齢(混合色) 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢成長、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢、緑色)、下:4齢(淡褐色) 上:1齢、中:2齢、下:3齢 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、下:4齢(終齢) 上:2齢、中:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、(終齢、黄緑色タイプ)、中5:4齢(緑色タイプ)、下:4齢(桃色タイプ) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、(終齢、2色タイプ)、中5:4齢(緑色タイプ)、下:4齢(水色タイプ) 上:1齢(孵化後間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 1齢(孵化後間もない) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢(緑色タイプ)、中4:3齢(赤色タイプ)、下:4齢(終齢) 上:1齢、中1:2齢、中2:4齢(終齢、ハギ食)、中3:4齢(フジ食)、下:4齢(タラ食) 上:1齢(孵化間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢、緑色タイプ)、中5:4齢(薄黄色タイプ)、下:4齢(前蛹前) 上:1齢(孵化間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢、緑色タイプ)、下:4齢(黄色タイプ) 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢(終齢、桃色タイプ)、下:4齢(白色タイプ) 上:1齢(孵化間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:3齢(褐色タイプ)、下:4齢(終齢) 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢(孵化間もない)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢(終齢) 上:1齢、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢)、下:4齢(前蛹直前) テングチョウ科 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、下:4齢 上:5齢(終齢、脱皮後間もない)、中:5齢(成長)、下:5齢頭部 マダラチョウ科 上:1齢、中1:成長した1齢、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:成長した1齢、中2:2齢、中3:3齢、中4:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢、中4:5齢(終齢)、下:5齢頭部 タテハチョウ科 上:1齢孵化後間もない、中1:1齢成長、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢孵化後間もない、中1:1齢越冬後、中2:1齢成長、中3:2齢、中4:3齢、中5:4齢、中6:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢孵化後間もない、中1:1齢越冬後、中2:1齢成長、中3:2齢、中4:3齢、中5:4齢、中6:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢孵化後間もない、中1:1齢成長、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢、中6:6齢(終齢)、下:6齢頭部 上:1齢孵化後間もない、中1:1齢越冬後、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢、中6:6齢(終齢)、下:6齢頭部 上:1齢孵化後間もない、中1:1齢越冬後、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:孵化後まもない1齢、中1:成長した1齢、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢、初期)、中6:5齢(終期)、下:5齢頭部 上:孵化後まもない1齢、中1:脱皮前の1齢、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:孵化後まもない1齢、中1:成長した1齢、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢、中2:4齢、中3:5齢(終齢、緑色)、中4:5齢(褐色)、下:5齢頭部 上:孵化後まもない1齢、中1:成長した1齢、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、中6:5齢頭部、下:越冬幼虫(3齢) 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢、中4:4齢(越冬中)、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:4齢(越夏越冬態)、中1:5齢(以下齢数は推定)、中2:6齢、中3:7齢、中4:8齢(終齢)、下:8齢頭部 上:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢、中4:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(脱皮直前)、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:5齢(終齢)、中4:5齢(薄い)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:1齢成長、中2:2齢(この幼虫は6齢が終齢だったので3齢以降1引いた齢数を示した)、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:1齢成長、中2:2齢(この幼虫は6齢が終齢だったので3齢以降1引いた齢数を示した)、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢、中6:6齢(終齢)、下:6齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢、中6:6齢(終齢)、下:6齢頭部 上:1齢孵化直後、中1:1齢成長後、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢、中4:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢孵化直後、中1:1齢成長後、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)脱皮直後、中6:5齢成長後、中7:蛹化間近、下:5齢頭部 上:1齢孵化直後、中1:1齢成長後、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、中6:4齢(越冬)、中7:5齢(越冬後)、下:5齢頭部(夏) 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:5齢、中4:4齢(越冬)、中5:5齢(越冬後脱皮直後)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢、中2:中齢、中3:終齢、下:3齢越冬中 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(越冬前)、中5:4齢(越冬中)、中6:5齢、中7:6齢(終齢)、下:6齢頭部 ジャノメチョウ科 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:成長した1齢、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢、中6:6齢(終齢)、下:6齢頭部 上:1齢孵化直後、中1:成長した1齢、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:4齢(越冬後)、中6:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:成長した1齢、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(終齢)、下:4齢頭部 上:1齢、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(模様有り)、中5:5齢(終齢、模様無し)、中6:5齢(終齢、模様有り)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:4齢、中4:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:4齢(越冬中)、中5:5齢? (亜終齢)、中6:6齢? (終齢)、下:6齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:2齢、中1:3齢、中2:4齢、中3:5齢(終齢)、下:5齢頭部 セセリチョウ科 上:1齢孵化後間もない、中1:1齢成長、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢、中6:6齢(終齢)、中7:6齢頭、下:越冬後 上:推定4齢、中1:推定5齢(終齢)、下:終齢頭部 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢、中4:5齢、中5:6齢(終齢)、下:6齢頭部 上:3齢、中1:4齢、中2:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:2齢、中1:3齢、中2:4齢、中3:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢、中2:3齢、中3:4齢、中4:5齢(終齢)、中5:5齢(越冬中)、下:5齢頭部 上:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(越冬前)、中5:4齢頭、中6:5齢(終齢、越冬後)、下:5齢頭部 上:3齢、中1:4齢、中2:5齢(終齢)、下1:5齢頭部(模様あり)、下2:模様なし 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢?、中2:4齢、中3:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:3齢、中1:3齢(成長)、中2:4齢、中3:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢、中6:6齢、中7:7齢(終齢)、中8:7齢(老熟)、下:7齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:4齢、中4:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:2齢?、中2:4齢?、中3:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(越冬前)、中5:4齢(越冬後)、中6:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(脱皮前)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢(変則)、中5:5齢(変則)、中6:6齢(亜終齢、変則)、中7:5齢(終齢、通常)、中8:頭部(5齢)、下:頭部(5齢、別模様) 上:5齢(終齢)、中:5齢別場面、下:5齢頭部 上:1齢、中1:3齢、中2:4齢、中3:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:1齢(脱皮前)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢、中1:1齢(脱皮前)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、下:5齢頭部 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(脱皮前)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:若い5齢(終齢)、中6:5齢(前蛹前)、中7:頭部(5齢)、下:頭部(5齢、別模様) 上:1齢(孵化直後)、中1:1齢(成長)、中2:2齢、中3:3齢、中4:4齢、中5:5齢(終齢)、中6:5齢(前蛹前)、下:5齢頭部 上:5齢(終齢)、下:5齢頭部 蛾(ガ、moth) を一部掲載いたします。 このページの最初にも書きましたが、お尻(尾部)に角が一本ある大きな幼虫は蝶の幼虫ではありません。 スズメガ類の幼虫です。 なお、一部の種類には、生態写真を載せた昆虫のページにリンクしています。 オオスカシバ 上:中齢、中:尾部の角拡大、下:終齢? クチナシに多い セスジスズメ 上:亜終齢?、中1:尾部の角拡大、中2:終齢?、下:尾部の角拡大 ブドウ、ヤブガラシ、サトイモ、サツマイモ、ホウセンカなど多様な植物を食べる。 シモフリスズメ 上:終齢?、下:尾部の角拡大 セイヨウイボタ、ネズミモチに多い キイロスズメ(緑色型) 上:中齢、中1:中齢尾部、中2:終齢、下:終齢尾部 ヤマノイモ類に多い キイロスズメ(褐色型) 上:終齢、下:終齢尾部 ヤマノイモ類に多い トビイロスズメ 上:中齢、下:尾部 クズなどマメ科 メンガタスズメ(?) 上:終齢、下:終齢尾部 ナス科に多い。 アサガオにも来る。 普通アサガオやサツマイモにはエビガラスズメが来る。 タケカレハ 上:終齢?、下:頭部の角の拡大 竹、笹に多い カレハガ 上:終齢?、下:頭部の拡大 桜など多くのものを食べる 上:終齢、摂食中、下:警戒中 アケビ、ムベを食べる ホソバシャチホコ 上:終齢?、下:一部拡大 コナラやカシ類を食べる ヒメシロモンドクガ 上:終齢?、下:一部拡大 バラ科ブナ科など多くのものを食べる 上:終齢(移動中)、下:終齢(静止、糞に擬態) ブナ科食べる 上:終齢上面、中:終齢側面、下:一部拡大 カイコの原種、クワを食べる 上:終齢静止、中:終齢威嚇、下:一部拡大 いろんな植物を食べる.

次の

チョウ目チョウ類一覧

蝶々 の 種類

【画像集】世界の魅力的な蝶の世界 今回は 世界の魅力的な蝶の話題です。 熱帯植物園などでたくさんの蝶が放し飼いになっているところがあって、私はかなり好きなスポットです。 チョウの 飛ぶ姿はかわいらしいからね。 さて、蝶というのは 中国語だそうです。 日本にいるほとんどの虫は和名で、バッタやハチやトンボやセミ等の大和言葉であるのに、 蝶はなぜ漢語なのか?かはひらこ、ひひる、ひむし、などと昔は呼ばれていたそうなのです。 なのになぜ蝶と漢語になったのか? そして、 蛾も漢語なのです。 それがポイントです。 そう、 日本は蝶と蛾の区別をしていなかったのです。 しかし 世界的に蝶と蛾は区別されていたので、蝶と蛾という漢語を借用したのでした。 しかし、実は蝶と蛾の 学術的な違いはかなりあいまいなのですべてチョウであるといっても過言ではないのです。 いや、むしろ 蛾の方が断然種類が多いので、すべて蛾といってもおかしくはないのでした。 たとえばチョウの有用な特徴は 細長い触覚だというが、蛾に区別されているものでもクシ型の触覚ではなく 蝶の様な細長い触覚をもっている種も多数ある。 そしてもちろん 美しい蛾もたくさんいるのでした。 蝶と蛾を区別していなかった日本人のほうがたぶん正しかったのでしょう。 それでは、本題です。 世界の魅力的なチョウの画像集をどうぞ。 ってなんだが蛾の擁護者みたいになってきましたが、蛾はもちろん怖いです(笑)何でだろう?何かの被害をこうむったわけではないのになあ。 地味で夜行性の蛾の種類が多いからなのでしょう。 たしかにドクガという種類もあるし、街灯の下で死んでいるイメージもあって不気味なのですね。

次の