ウド 天ぷら。 ウドのレシピや食べ方に悩んだら……1本で4品の簡単レシピ! [暮らしの歳時記] All About

ウド|独活

ウド 天ぷら

スポンサードリンク 2017-05-19 No. 180 春の十勝平野と日高山脈 [2017. 18北海道十勝 十勝平野と日高山脈 正面の山は十勝幌尻岳] 5月17日から北海道十勝は一気に気温が上がりました。 それでも空気の湿度は低く、夜は肌寒くなるので過ごしやすい気候です。 正解するウド [北海道十勝 ウド 愛される山菜ウド 根も茎も葉も全ていただける山菜 秋に根を掘り出し処置したものは漢方薬ともなる] 谷に入り探索しているとウドがありました。 ウドがある場所は、山や谷の林内や防風林の林床など色々な場所で見かけます。 探すなら山間のやや削れている斜面がポイントかと思います。 山菜としての食べごろは春の今時期(北海道十勝だと5月中旬から6月上旬)だけですが、薬草としては秋ごろにその根を掘り出して解熱剤や痛み止めとして利用できます。 根も茎も葉も食べられて、秋には薬草にもなるウドはまさに山菜の中の正しい答え、『正解するウド』といえるかと。。 [北海道十勝 掘り出したウド 一つの根から2-3本のウドがでるので、全ては採らず1本のみとることでその根は生き続けられます] ウドは一つの根から複数の茎を伸ばします。 一番上の画像には大きいウドと小さなウドの二本がでてきるのが確認できると思います。 採る時はその内の1本として、根っこが来年も生き続けられるように採っています。 山の恵みを絶やさぬ様、ウドにお願いしていただいています。 下処理 [山菜 ウド 下処理 皮むき ピーラーや包丁で表面の皮をむく] [山菜 ウド 下処理 皮むきが終わったウドの茎や根 この部分は天ぷらにしても酢味噌和えにしても良い] [山菜 ウド 葉と茎 この部分は天ぷらにすると良い] ウドはややアクや苦味があるため下処理が必要な山菜です。 天ぷらにするには下処理はしなくてもいただけますが、天ぷらにする際も下処理をした方が丁寧な仕上がりになります。 [山菜 ウド 茎や根の部分を酢水につけている このままポリポリと新鮮な山菜を楽しむのも良しです] 天ぷら [山菜 ウド 下処理をせずに葉と茎と根を天ぷらにしてみた 根の回りの表面は除去した] ウドは下処理が必要ですが、天ぷらにするなら必要ないかなと思い試してみました。 葉と茎と根の部分です。 根は土が付いていたので、洗って表面の部分を幾分除去しました。 このまま天ぷらにしました。 [ウドの天ぷら 左から根、茎、葉] ウドの天ぷらです。 あまり上手に揚げられませんでしたが、美味しくいただけました。 反省点としては、根の部分を半分に割った状態で天ぷらしたので、もう少し細分しても良いかと思います。 ごぼ天のサイズ位が望ましいかと。 根の部分は特に山菜らしい香味とかすかな苦味を感じ、特にオススメ部分です。 ご馳走様でした。 当ブログを訪問していただき、ありがとうございます。 貴方が健康でありますよう。 したっけぃ スポンサードリンク スポンサードリンク.

次の

ウドのレシピや食べ方に悩んだら……1本で4品の簡単レシピ! [暮らしの歳時記] All About

ウド 天ぷら

カロリー表示について 1人分の摂取カロリーが300Kcal未満のレシピを「低カロリーレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 塩分表示について 1人分の塩分量が1. 5g未満のレシピを「塩分控えめレシピ」として表示しています。 数値は、あくまで参考値としてご利用ください。 栄養素の値は自動計算処理の改善により更新されることがあります。 1日の目標塩分量(食塩相当量) 男性: 8. 0g未満 女性: 7. カロリー表示、塩分表示の値についてのお問い合わせは、下のご意見ボックスよりお願いいたします。 塩分控えめレシピ.

次の

ウドの皮むき方、毛はどうするの?茎・皮・葉の簡単でおいしい食べ方

ウド 天ぷら

スポンサーリンク ウドの皮むき方、毛はどうするの? まず、大きなウドは、茎の部分が固い場合が多いです。 太すぎたり、ちょっと硬い場合は、2~3センチ長さに切ってから、周りをちょっと厚めに皮をむきます、 母曰く、チョット内側に、層になっているところに爪をあてて、キュ!と力を入れるとその層のところでくるん!と皮がむける、そうです。 皮をむかない場合、毛は、さっと洗うくらいで調理することの方が多いのですが、気になるときは、ほうちょうの背で、こそげとっています。 皮を剥いたら、さっと酢水につけましょう!とよくレシピ本には書いてありますが、 私は酢物のとき意外は、酢水にもつけないでそのまま調理します 美味しくて簡単なウドの茎の食べ方 私は山菜採りが趣味の母からウドを毎年もらうのですが、手の込んだ料理は出来ないので、本当に簡単でシンプルな食べ方ばかりなのですが紹介しますね。 まず、ウドといえば、「くき」。 ちょっとクセのある風味で、好き嫌いの分かれるウド。 この茎を使ったおいしくて、簡単な食べ方をご紹介します。 【ウドの味噌漬け】 ウドの皮をむき、2~3センチのぶつ切り。 太すぎるものは半分に切ってもいいです。 白いご飯にピッタリ!歯ごたえはポリポリって感じです。 ほんとにご飯がすすみます! 【ウドの酢もの】 ウドは、皮をむき、3センチくらいに切り、縦に薄くスライスして、酢水につけて、アクを抜きます。 あとは、普通に酢の物を作るときと同じように調味酢を作り和えます。 戻したワカメを添えてもおいしいですね。 子供でも食べれる、ウドのくせが和らぐ食べ方は 【ウドのきんぴら】 ウドは皮をむき、3センチくらいの長さに切り、ちょっと厚めにスライスします。 フライパンにサラダ油をひき、スライスしたウドを入れ、炒めます。 シナッとなったら、砂糖、醤油、(必要ならば、ほんの少し化学調味料をいれてもいい)などで、きんぴら風に味付け。 最後に、お好みでごま油をちょっと垂らしてもおいしいです。 スポンサーリンク このウドのきんぴらは、みそ漬けや、酢もののウドは、苦くて食べれないうちの小学生の子供でも、美味しいといって食べてくれます。 火を通すのと、ちょっと濃いめの味付けで、くせのある風味がやわらぐんでしょうね。 ウドの皮や葉の簡単でおいしい食べ方 次に、思わず、捨ててしまいそうになるウドの葉と、皮の食べ方です。 タラの芽はくせがなく食べやすい。 ウドは、ちょっとくせがありますが、ウド好きにとっては、このクセがたまらないので、私は、タラの芽のてんぷらより、ウドの葉の天ぷらの方が好きです! では、我が家の一押しのウドの葉の食べ方 【ウドの葉の天ぷら】 ウドは葉の部分からつながっている細い茎のところで切り、サッと洗ってゴミ、汚れを取って、水分を切っておく。 卵と水、小麦粉で、若干ゆるめに天ぷらの衣を作ります。 ゆるめのほうが、衣があまりつかず、食べた時にうどの風味が楽しめます。 ウドの葉を、サッと茹で、太い千切り、もしくはあらみじんに切ります。 フライパンに、味噌、砂糖、ちょっぴり酒を入れ、火にかけ混ぜ、香りを出します。 よく絞ったウドの葉を入れ、さらに炒めて出来上がり! 味付けの分量は、本当にお好みで。 甘いのが好きなら、砂糖を多め。 甘みをおさえたければ、砂糖を少なくする。 味見しながら、砂糖を足して行ってもいいです。 【ウドの皮のきんぴら】 はじめに紹介した、やわらかいウドの皮の剥き方で剥いた皮は、薄くて、私は捨ててしまっています。 (もちろん、2~3センチながさに切ってきんぴらにしてもいいです) ただ、太いウドをいただいた時は、皮を厚めに剥くので、その皮を千切りにして、砂糖と醤油できんぴら風味にしてたべます。 もちろん、皮だけではなくて、茎も一緒にきんぴらにしてももちろん、おいしいです。 まとめ 意外と捨てるところがないウド。 余すところなく、美味しく、山の幸をいただきましょうね.

次の