スター ウォーズ パドメ 役。 坂本真綾、『スター・ウォーズ』続三部作ではフィンが好き 「フィンをもっと大事にしてくれ~」

スターウォーズ3のアナキン役の俳優さんはボロカスに言われたみたいです...

スター ウォーズ パドメ 役

『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』シーズン7の第2話「エコーの呼ぶ声」は、第1話に続いてこの番組が打ち切りになったときに何が失われたのかを思い出させ、7年のブランクを経て実現されたその復活が「スター・ウォーズ」ファンにとって素敵なプレゼントである理由を分からせてくれる。 最初の2つのエピソードを見る限り、「クローン・ウォーズ」のファイナル・シーズンは12話からなる1つのシリーズというよりも、4つの三部作で構成された1本の映画に近い作品になりそうだ。 第1話「不良分隊」は奇天烈なクローン・コマンドーたちを登場させ、エコーの復帰というサプライズのためのお膳立てをしたが、第2話は「不良分隊」が終わったところからの物語の続きとなっている。 「エコーの呼ぶ声」の後半はある程度の既視感、あるいは「もう分かっているから」という感情を喚起するだろう。 どちらのエピソードもキャプテン・レックスと仲間たちが分離主義勢力の前哨基地を見て回ったり、たくさんのドロイドを倒したりする場面に多くの時間を割いている。 第2話ではアナキン・スカイウォーカーが任務を遂行するレックスたちに付き従っているが、多くのファンが想像したほどこれまでの様式を変える要素にはなっていない。 公平な見方をすれば、この問題は時間を置いて2つのエピソードを観る場合よりも、両者を立て続けに視聴するときにとりわけ顕著になる。 ディズニーが全12話を一気に配信してくれたらファンは嬉しかったかもしれないが、シリーズが4つの三部作に分けられた映画のような様相に近づきはじめている以上、週ごとにエピソードを公開するアプローチには良い点が数多くある。 任務でのアナキンの役割はかなり単純明快なものだが、「エコーの呼ぶ声」の前半は「エピソード3」の直前という時代設定におけるこのキャラクターを十分に活用している。 キャプテン・レックスが見張り番を務めているとき、アナキンがひっそりパドメに連絡するシーンは本当に素晴らしい。 巧妙にミックスされた喜劇と悲劇の要素がこのシーンを力強いものにしている。 パドメがムスタファーにいるときの制服を着て、夫に別れを告げる最中に反射的に自分のお腹を触る様子は、このカップルを待ち受ける恐ろしい運命を痛ましく思い起こさせる。 このシーンには仔細に吟味する価値のある要素がいくつもある。 アナキンとパドメの場面がシーズン7のトレーラーで最初に登場したとき、パドメの態度と自分の妊娠を知っているかのような言動は、その瞬間が「エピソード3」の最中に起こっているという印象をファンに与えた。 しかし、アナキンは妊娠に全く気がついていないので、その考えは間違いだったようだ。 自分の妊娠に対するパドメの反応や、その事実をいつ、どのように夫に話すべきかという彼女の葛藤について、ファイナル・シーズンがもっと深く掘り下げてくれることを願いたい。 また、オビ=ワン・ケノービの短い登場は、私たちが思っていたよりも、彼が「エピソード3」の前にアナキンとパドメの恋愛関係について多くを知っていることを明示している。 シーズン7におけるオビ=ワンの役割はそれほど重要ではないように見えるが、2人の関係に対する彼の考えをもっと知ることができるならば、それは非常に興味深いストーリー要素となるだろう。 明かに、ファイナル・シーズンはキャプテン・レックスとアソーカ・タノのショーである。 そのため、エコーを失った悲劇に立ち向かい、彼に再び会えるかもしれないという微かな希望にすがるレックスが引き続き描かれる。 レックスは「クローン・ウォーズ」で最も綿密に描写されているクローン・ヒーローであり、今シーズンはすでに彼のストーリーを完結させ、『スター・ウォーズ 反乱者たち』と架橋するという仕事を上手くこなしている。 この側面でも、アナキンの登場は大いに役に立っている。 第2話はたとえクローンであっても任務と個人的欲求を分けて考えるのに苦労する場合もあることを示しながら、戦争の過程でレックスとアナキンが築いた絆にハイライトを当てている。 アナキンがレックスの振る舞いに煩わされている理由は、彼がこの忠実なキャプテンに我が身を投影しているからだと推定することはできるだろう。 速攻攻撃の任務の内容は以前と大差ないが、エコーが本当に生存していて、分離主義勢力の道具として利用されていることが判明するシーンは、エピソードのクライマックスとして十分なものだ。 エコーはクローンたちが銀河共和国の戦争マシーンに噛み砕かれては吐き出されるというむごい現実を、目に見える形で思い出させてくれる。 このストーリーの後半で、キャプテン・レックスと不良分隊のメンバーたちがどのようにそれを解決するのか見物である。 総評 『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』ファイナル・シーズン第2話「エコーの呼ぶ声」は、主にお馴染みのクローン対ドロイドの戦闘を多く描写する後半のせいで、第1話ほどパワフルではないが、キャプテン・レックスの新しく魅力的なストーリーラインを描き出している。 この勇敢なクローン戦士は、個人的な感情が数字的な任務にぶつかるという側面において、アナキンとまるで瓜二つである。 このエピソードは、破滅を迎える運命にあるアナキンとパドメの恋愛関係の描写においても輝いており、「エピソード3」の恐ろしい出来事がすぐ近くまで来ていると実感させてくれる。

次の

『スター・ウォーズ』パドメ役ナタリー・ポートマン、プリクエルの批判と再評価語る ─ 「期待されすぎたものは落胆される」

スター ウォーズ パドメ 役

『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』シーズン7の第2話「エコーの呼ぶ声」は、第1話に続いてこの番組が打ち切りになったときに何が失われたのかを思い出させ、7年のブランクを経て実現されたその復活が「スター・ウォーズ」ファンにとって素敵なプレゼントである理由を分からせてくれる。 最初の2つのエピソードを見る限り、「クローン・ウォーズ」のファイナル・シーズンは12話からなる1つのシリーズというよりも、4つの三部作で構成された1本の映画に近い作品になりそうだ。 第1話「不良分隊」は奇天烈なクローン・コマンドーたちを登場させ、エコーの復帰というサプライズのためのお膳立てをしたが、第2話は「不良分隊」が終わったところからの物語の続きとなっている。 「エコーの呼ぶ声」の後半はある程度の既視感、あるいは「もう分かっているから」という感情を喚起するだろう。 どちらのエピソードもキャプテン・レックスと仲間たちが分離主義勢力の前哨基地を見て回ったり、たくさんのドロイドを倒したりする場面に多くの時間を割いている。 第2話ではアナキン・スカイウォーカーが任務を遂行するレックスたちに付き従っているが、多くのファンが想像したほどこれまでの様式を変える要素にはなっていない。 公平な見方をすれば、この問題は時間を置いて2つのエピソードを観る場合よりも、両者を立て続けに視聴するときにとりわけ顕著になる。 ディズニーが全12話を一気に配信してくれたらファンは嬉しかったかもしれないが、シリーズが4つの三部作に分けられた映画のような様相に近づきはじめている以上、週ごとにエピソードを公開するアプローチには良い点が数多くある。 任務でのアナキンの役割はかなり単純明快なものだが、「エコーの呼ぶ声」の前半は「エピソード3」の直前という時代設定におけるこのキャラクターを十分に活用している。 キャプテン・レックスが見張り番を務めているとき、アナキンがひっそりパドメに連絡するシーンは本当に素晴らしい。 巧妙にミックスされた喜劇と悲劇の要素がこのシーンを力強いものにしている。 パドメがムスタファーにいるときの制服を着て、夫に別れを告げる最中に反射的に自分のお腹を触る様子は、このカップルを待ち受ける恐ろしい運命を痛ましく思い起こさせる。 このシーンには仔細に吟味する価値のある要素がいくつもある。 アナキンとパドメの場面がシーズン7のトレーラーで最初に登場したとき、パドメの態度と自分の妊娠を知っているかのような言動は、その瞬間が「エピソード3」の最中に起こっているという印象をファンに与えた。 しかし、アナキンは妊娠に全く気がついていないので、その考えは間違いだったようだ。 自分の妊娠に対するパドメの反応や、その事実をいつ、どのように夫に話すべきかという彼女の葛藤について、ファイナル・シーズンがもっと深く掘り下げてくれることを願いたい。 また、オビ=ワン・ケノービの短い登場は、私たちが思っていたよりも、彼が「エピソード3」の前にアナキンとパドメの恋愛関係について多くを知っていることを明示している。 シーズン7におけるオビ=ワンの役割はそれほど重要ではないように見えるが、2人の関係に対する彼の考えをもっと知ることができるならば、それは非常に興味深いストーリー要素となるだろう。 明かに、ファイナル・シーズンはキャプテン・レックスとアソーカ・タノのショーである。 そのため、エコーを失った悲劇に立ち向かい、彼に再び会えるかもしれないという微かな希望にすがるレックスが引き続き描かれる。 レックスは「クローン・ウォーズ」で最も綿密に描写されているクローン・ヒーローであり、今シーズンはすでに彼のストーリーを完結させ、『スター・ウォーズ 反乱者たち』と架橋するという仕事を上手くこなしている。 この側面でも、アナキンの登場は大いに役に立っている。 第2話はたとえクローンであっても任務と個人的欲求を分けて考えるのに苦労する場合もあることを示しながら、戦争の過程でレックスとアナキンが築いた絆にハイライトを当てている。 アナキンがレックスの振る舞いに煩わされている理由は、彼がこの忠実なキャプテンに我が身を投影しているからだと推定することはできるだろう。 速攻攻撃の任務の内容は以前と大差ないが、エコーが本当に生存していて、分離主義勢力の道具として利用されていることが判明するシーンは、エピソードのクライマックスとして十分なものだ。 エコーはクローンたちが銀河共和国の戦争マシーンに噛み砕かれては吐き出されるというむごい現実を、目に見える形で思い出させてくれる。 このストーリーの後半で、キャプテン・レックスと不良分隊のメンバーたちがどのようにそれを解決するのか見物である。 総評 『スター・ウォーズ:クローン・ウォーズ』ファイナル・シーズン第2話「エコーの呼ぶ声」は、主にお馴染みのクローン対ドロイドの戦闘を多く描写する後半のせいで、第1話ほどパワフルではないが、キャプテン・レックスの新しく魅力的なストーリーラインを描き出している。 この勇敢なクローン戦士は、個人的な感情が数字的な任務にぶつかるという側面において、アナキンとまるで瓜二つである。 このエピソードは、破滅を迎える運命にあるアナキンとパドメの恋愛関係の描写においても輝いており、「エピソード3」の恐ろしい出来事がすぐ近くまで来ていると実感させてくれる。

次の

ナタリー・ポートマン、『スター・ウォーズ』への復帰説についてコメント

スター ウォーズ パドメ 役

『 』(1999)『エピソード2/クローンの攻撃』(2002)『エピソード3/シスの復讐』(2005)から成るプリクエル3部作に、 ・アミダラ役として出演した が、当時のバッシングと現在の再評価を語った。 「辛かった」 16年ぶりの新作となった『エピソード1/ファントム・メナス』を筆頭に、プリクエル3部作はダース・ベイダーや帝国軍の誕生など『 』サーガの知られざる物語が描かれるとして、世界中の熱狂的なファンから絶大な期待を集めていたシリーズだ。 その期待度のあまりの高さゆえ、内容に不満を募らせたファンも少なくない。 特に評価が別れた『ファントム・メナス』公開当時、出演したナタリー・ポートマンは弱冠18歳。 熱狂的なファンからブーイングが発せられる様子を振り返り、英に 「辛かったです」と語っている。 「残念でした。 みなさんが新作にすごく興奮して、その後にガッカリされてしまったんですもの。 それから、当時の私の歳では、そういうものだっていうのが理解できなかった。 期待されすぎたものって、ガッカリされるんですよね。 」 ルーカスフィルムのディズニー参画後、新たな解釈を加えた『フォースの覚醒』(2015)『最後のジェダイ』(2017)でも、ネットやSNS文化の誕生も相まってファン議論が盛んに続けられている。 こうした流れもあってか、プリクエル3部作を再評価する機運が高まっているのだ。 この傾向はナタリーも体感しているという。 「時間が経って、支持してくださる沢山の皆さんに再評価されているみたいです。 今となっては傑作だっていう熱心なファンの方々がいらっしゃるんです!私はそこに加われるほどの視野はないんですけど。 」 ちなみにナタリー・ポートマンといえば、米バラエティ番組ので「プリクエルにケチつけるんか!」と吐き出していたこともある。

次の