小田急多摩センター。 【アットホーム】京王多摩センター駅,小田急多摩センター駅,多摩センター駅(東京都)の賃貸店舗・貸店舗の物件情報

【アットホーム】京王多摩センター駅,小田急多摩センター駅,多摩センター駅の中古マンション購入情報(東京都)

小田急多摩センター

- 間取り• 1DK• 1LDK• 2DK• 2LDK• 3DK• 3LDK• 4DK• 4LDK以上 面積 建物構造• 鉄筋系• 鉄骨系• その他 駅からの徒歩 築年数 リフォーム・リノベーション• リフォーム・リノベーション済• 指定なし• 本日公開• 3日以内に公開• 1週間以内に公開 アピール 「おすすめコメント」あり 画像• 間取図あり• 写真あり• パノラマあり• VRあり 人気のこだわり条件• 2階以上• 最上階• 角部屋• ペット相談• 駐車場 近隣含む• エレベーター• 所有権• オートロック• 洗濯機置き場 選択中のこだわり条件.

次の

【アットホーム】京王多摩センター駅,小田急多摩センター駅,多摩センター駅の中古マンション購入情報(東京都)

小田急多摩センター

6 OT07 多摩線は開通で、小田急電鉄で一番新しい路線であり、と並ぶの都心へのアクセス路線である。 開通から30年近くはでのとの乗り換えが不便などの理由で、多摩ニュータウンから都心へのアクセスには併走する京王相模原線を利用する乗客が多く、に大きな差をつけられていた。 からまでは、小田原線を経て・JR直通の・が運行されていたが、現在の新宿行き急行よりも運行本数が少なかった。 しかし、小田急主体の沿線開発の進展に伴い年々利用客が増加し、小田原線の複々線化完成による2018年のダイヤ改正では、 - 間を最短33分 で結ぶや、通勤時間帯の、新宿方面への日中の急行、帰宅時間帯及び土休日の快速急行が新設され、新宿方面との直通が強化されている。 路線データ [ ]• 路線距離:10. 6km• :1067mm• 駅数:8駅(起終点駅含む)• 複線区間:全線• 電化区間:全線(直流1500V)• :自動閉塞式• 路線概要 [ ] 3面6線のを発車すると、多摩線は高架を登り右カーブで北西を向き小田原線から分岐する。 その先でと(津久井道)を跨ぎ、切通しに入りへ。 その先は住宅街を築堤で抜け2面2線のに到着。 この先から徐々に本来のの様相が見えてきて山が増えてくるようになり、次のを発車すると()を跨ぎトンネルを抜ける。 トンネルを抜けると新興住宅街を左手に見て小田急で最も新しいへ。 この付近から北側にが見えてくるようになり、この先でトンネルを抜けて同線と合流して()に入る。 しばらくを両側に見ながら再びトンネルを抜けると2面2線のに到着する。 小田急永山駅を発車すると京王相模原線と並走し、(など)を跨ぎ、左カーブで西を向く。 切通しであった線路は間もなく高架に変わり、多摩ニュータウンの中心街に入ると2面2線のに到着する。 小田急多摩センター駅を発車するとすぐにが跨ぎ、京王相模原線と別れる。 その先は右側は多摩丘陵の山を、左側は多摩ニュータウンを見ながらと並走。 右手に府中カントリークラブゴルフ場が見えると間もなく2面3線のへ。 唐木田駅の先はが広がり、また将来の延伸に備えて方面に線路が延びている。 1981年ごろの黒川 - 小田急永山間(現在のはるひ野駅付近)を走る列車。 沿線の開発は進んでいなかった に新住宅市街地開発法が公布され、それに基づきはを開発する計画を立てた。 そして、居住者の多くが都心へ通勤することを考慮し、と京王帝都電鉄(現:)の2社にとして新線の建設を要請した(計画段階ではの延長案もあった)。 これに先立つには都市交通審議会の答申第6号で「喜多見方面より原宿、永田町、日比谷、池ノ端および日暮里の各方面を経て松戸方面へ向かう路線」として「東京8号線」の整備が提案されており、には同区間が「東京9号線」として確定した上で、の同審議会第15号答申 では「橋本 - 喜多見」間が追加されて、多摩ニュータウンから都心部へのルート整備が進められる事になった。 小田急は当初、から分岐して付近および内を経由して多摩中央(現在の「」のことを指す)に至るルートを検討したが、新たにに架橋する必要が生じるうえと同じルートとなることから、その後付近から分岐することに計画を変更した。 百合ヶ丘付近にはS字カーブがあり、輸送のネックが生ずることが予想されたことから、路線の付け替えを行い、その途中に分岐駅となるを設置することとした。 こうして6月1日に新百合ヶ丘 - 間、続いて4月23日には小田急永山 - 間が開業した。 しかし、の線路容量が逼迫していることもあって、多摩線のほとんどの列車は線内折り返しで運転せざるを得ず、朝ラッシュ時のわずかの各停を除き、方面へは新百合ヶ丘駅で乗り換えが必要となった。 一方の多摩ニュータウンに並行して乗り入れている京王相模原線が開業当初から都心方面(新宿駅・)への直通列車を運転していたことと、さらに3月20日の小田急線運賃改定まで小田急多摩センター - 小田急永山間の運賃と京王多摩センター - 京王永山間の運賃に差異もある(大人初乗り運賃で京王が130円に対して小田急は140円であった)ことから、小田急多摩線は京王相模原線に相当数の乗客を奪われていた。 そのため、日中はあたかも地方ローカル線のような線内列車(2両編成が主だったには15分間隔で4両編成が運転された)のみが行き来する閑散路線と化していた。 小田急で最後に開業した路線にもかかわらず、車両は1980年代まで18 m級の2400形などが主力で、それで十分の輸送量しかなかったのである。 小田急による多摩線沿線の開発 [ ] 沿線の開発が進んだ2007年の黒川 - はるひ野間を走る5200形。 一方、小田急は多摩線の開発と関連してその沿線に住宅都市を建設する構想をたて、ごろから具体化に動き出していた。 ちょうどそのころではごく一部ながら入居が始まり、周辺には百合ヶ丘、鶴川、平尾などの開発が終わった大規模住宅地があったことから、多摩線の建設と相まっての開発が促進されるのは必至であった。 これをそのまま放置すればにより、将来近代的な市街地として発展するうえで大きな障害となることが予想された。 これを未然に防ぐため、小田急は地元一体となりを行い、広範囲にわたりインフラ整備と宅地の利用増進をはかり、理想的な街づくりをしようと計画したのである。 計画区域は周辺から、多摩線に沿った付近までの東西約6km・南北約1kmが設定された。 このエリアを黒川第一、栗木第一、柿生第一、柿生第二、西百合ヶ丘、黒川第二、真光寺、栗木第二の8ブロックに分け、それぞれのブロックで地元地権者と協力して組合を設立し、土地区画整理事業を施工するという形で開発が行われた。 この手法は、同じ鉄道会社のものとしてはに始まった東京急行電鉄(現:および)の「」でも用いられたものであるが、小田急としては初めてのことだった。 ただし、このうち新百合ヶ丘駅周辺の西百合ヶ丘ブロックはが、多摩ニュータウンに隣接する黒川第二・真光寺ブロックは(後の)がそれぞれ施行することになり、これらのブロックで小田急は一組合員としての参加になった。 こうして8月に柿生第二ブロックにおいて組合が設立され、着工したのを皮切りに、他のブロックにおいても次々と組合が設立・着工した。 柿生第二ブロックでは、小田急が取得した保留地において「栗平邸宅街」の分譲がに行われ、全139区画が即日完売するという好評さであった。 最後まで残った黒川第二・真光寺ブロックにおいてもUR都市機構により「黒川特定土地区画整理事業」が施行され、その街びらきに合わせた12月11日にが開業した。 このような開発の進展とともに沿線人口は増加し、かつてのローカル線のイメージは払拭されつつある。 唐木田への延伸 [ ] 多摩ニュータウン唐木田地区に建設された車両基地 - 間の開通後のでは、関係自治体からの要求やが相まって、人口密度を大幅に減らす決定がなされていた。 かつての住宅不足の解決を目的としたのような画一的な中高層住宅の大量建設ではなく、定住性を重視したゆったりとした住宅の建設が志向されるようになり、実際にに入ると戸建てのような低層集合住宅「」が次々に建てられていった。 こうしたことから当初の計画における輸送量は見込めず、なおかつ京王と競合する - 間の延伸には小田急は着手しなかった。 そしてに城山まで所持していた路線免許の失効をもって、この区間への延伸は正式に断念された。 一方で多摩ニュータウン開発が進展するなか、京王と競合しない唐木田地区へと多摩線は延伸されることになった。 唐木田地区の既存住民が、清掃工場の建設を受け入れることとの引き換えに、唐木田への多摩線の延伸を要求したからともいわれる。 この工事は12月に着手され、小田急多摩センター - 間の延伸工事とともに、車両基地の工事が行われた。 車両基地の建設に当たっては、建設地がもともと丘陵地であり全体として標高が高いことから、深さ25メートルの掘り下げが行われた。 ここで発生した土の量は約76万立方メートルで、10tダンプ約14万台分にも及ぶ。 最初に約15メートルを掘り下げ、擁壁として機能させる円柱の杭を車庫となる場所の周囲に329本設置したのち、その内側を更に10メートル掘り下げるという手法で行われた。 こうして、多摩ニュータウン唐木田地区の街びらきに合わせた3月27日に唐木田駅が開業した。 開業当初の利用客は、付近に開学した多摩キャンパスの学生が多かったが、唐木田地区の入居が進むにつれ徐々に乗降客数は増えている。 同時に車両基地の稼働も開始され、小田急線の車両運用上でも重要な役割を果たすようになった。 また、車両基地内の配線はさらに南西の西部・方面への延長が可能なように設定された。 都心方面への直通運転の開始 [ ] 、(現:)への相互乗り入れを行うが新設され、当初の「東京9号線」構想が実現した。 その後も小田原線での複々線化などの改良が進むなか、には千代田線直通のが新設、には開業と同時に新宿方面とを結ぶが設定された。 先述した運賃についても加算運賃の廃止や旅客運賃の値下げから大人初乗り運賃が京王より安い120円となった。 このようにに対する多摩線の競争力が増すことで、多摩線の劣勢が鮮明だったにおいても、多摩線の乗降客数が相模原線のそれの半数程度まで追い上げる結果となっている。 東日本大震災の影響 [ ] に発生したによるなどの停止にともない実施された(計画停電)では、小田急電鉄のほか多くの鉄道路線でも運休などの対応が取られたが、多摩線では小田原線と比べ利用者が少ないことなどから、初日のは終日運休(小田原線の新宿-経堂以外も終日運休)。 2日目のは11:30 - 22:30の間運休(他路線は19:30には運転開始)となった。 他の運休路線と異なり都心通勤通学圏内である多摩線の利用客を軽視したと取られる対応に対して多くの質問(クレーム)がよせられたようで、3日目のからは多摩線を終日運行(他路線はまで運休あり)とし、同日に小田急電鉄のホームページに、他の運休区間などもあわせ理解を求める文章を掲載した。 千代田線直通から新宿方面直通への転換 [ ] には新宿方面とを結ぶ区間準急を廃止するとともに千代田線直通の急行が増発され、多摩線と千代田線との結びつきはより強いものとなっていたが、小田原線の複々線化完成に伴う3月のダイヤ改正では一変する。 この改正では、朝の通勤時間帯において小田急多摩センター - 新宿間を最短33分、ラッシュピーク時でも40分で結ぶの新設や、帰宅時間帯における新宿発のの新設、における小田原線優等列車との接続強化 など、多摩線の大幅な利便性向上を打ち出したものとされたが、その一方で千代田線直通については急行および多摩急行は廃止され(日中の急行は新宿方面に変更)、他の千代田線直通列車も平日朝の下り各駅停車1本のみを残して全廃となり、多摩線の優等列車は千代田線直通から新宿方面直通に転換されることとなった。 だが3月のダイヤ改正で、平日朝の直通列車に代わって、発唐木田行きの急行が土休日朝1本のみ設定された。 年表 [ ]• (49年) 小田急電鉄多摩線として新百合ヶ丘 - 小田急永山間開業。 各駅停車のみの運行。 当時小田原線・江ノ島線では対キロ制運賃が採用されていたが、多摩線においては独自の対キロ区間制運賃が採用された。 開業記念列車として、当時新鋭のの9701x6が使用された。 翌から線内運行列車はの使用となった。 その後、さらに線内運行列車は2連運転が可能だったやに置き換えた。 (昭和50年) 小田急永山 - 小田急多摩センター間開業。 (昭和54年)• 運賃改定。 1975年12月13日に対キロ区間制運賃に移行していた小田原線・江ノ島線と合わせ、小田急全線について同一の対キロ区間制運賃を適用した上で多摩線に加算運賃を設定する形態に移行。 1979年(昭和54年) ダイヤ改正が実施され、全列車が4両編成での運転となる。 (2年) 小田急多摩センター - 唐木田間開業。 唐木田駅の南西側で「経堂検車区唐木田出張所」が運用開始。 (平成3年) 台風の影響により黒川 - 小田急永山間にて土砂崩れが発生。 まで不通となる。 この事故でのクハ2871、サハ2771が廃車となった。 (平成6年)3月27日 唐木田の車両基地が「喜多見検車区唐木田出張所」に改称。 (平成10年) 台風の影響により黒川 - 小田急永山間にて土砂崩れが発生。 (平成12年) 夕方のラッシュ時限定で新宿駅発のの運行開始(多摩線で特急ロマンスカーが毎日運行となる)。 また同時に小田原線を経由して営団地下鉄(現:東京地下鉄)千代田線に乗り入れるの運行開始。 停車駅は特急・急行共に新百合ヶ丘駅・小田急永山駅・小田急多摩センター駅・唐木田駅。 (平成14年) 小田原線を経由して営団地下鉄(現:東京地下鉄)千代田線に乗り入れるの運行開始。 停車駅は新百合ヶ丘駅・栗平駅・小田急永山駅・小田急多摩センター駅・唐木田駅。 (平成15年) 栗平駅が急行停車駅に加えられる。 これにより、多摩線内の急行と多摩急行の停車駅が同じとなる。 (平成16年)• 10月 五月台・栗平・黒川・小田急永山・小田急多摩センター駅の各駅にてリニューアル工事が(平成18年)3月にかけて実施される。 黒川駅 - 小田急永山駅間にはるひ野駅が開業。 また同時に新宿発着のの運行開始。 (平成17年)• 運賃改定に伴い多摩線加算運賃を同日利用分から廃止(定期運賃の加算運賃は4月1日以降利用分から廃止)。 6月 新百合ヶ丘駅にてリニューアル工事開始。 完成は2008年(平成20年)度を予定。 (平成18年) 五月台・栗平・黒川・小田急永山・小田急多摩センターの各駅のホームの屋根に太陽光発電装置が設置され、「省電力」化が開始される。 (平成20年) 平日夕方のラッシュ時限定で千代田線北千住発の特急ロマンスカー「メトロホームウェイ」の運行開始。 (平成23年)• 同月11日に発生したによる発電所の停止に伴う電力供給逼迫のため、がを実施。 これに伴い、この日から地下鉄千代田線との相互直通運転が休止され、特急ロマンスカーの運転が休止される。 地下鉄千代田線との相互直通運転が朝夕ラッシュ時のみ再開される。 特急ロマンスカーが運転を再開する。 土休日の地下鉄千代田線との相互直通運転が再開される。 通常ダイヤでの運転が再開される。 (平成26年)• ダイヤ改正により準急と10両編成の各駅停車、8両編成の急行が設定される。 唐木田駅以西の延伸計画覚書が町田市・相模原市との間で締結。 2027年までにJR横浜線相模原駅を経由しJR相模線上溝駅まで至る路線の敷設および営業開始を目指す。 (平成28年)• ダイヤ改正。 同時に、(JR東日本)のが当線に乗り入れ、逆に小田急の4000形が常磐線に乗り入れる。 また、土休日早朝に1本だけ多摩線では、史上初となる新宿行きの急行が新設された一方、新宿発着の区間準急、唐木田行きの特急ロマンスカー「ホームウェイ」・「メトロホームウェイ」は廃止となった。 なお、平日の「ホームウェイ」・「メトロホームウェイ」は新百合ヶ丘駅3番線で着発し、多摩線の列車と同一ホーム上で乗り換えができるよう配慮はされている。 (平成30年)• ダイヤ改正。 快速急行・通勤急行が新設、多摩急行・準急が廃止され、優等列車がすべて千代田線直通から新宿方面直通へと変更。 通勤急行は唐木田始発のほか、小田急多摩センター始発が設定される。 (2年)• ダイヤ改正。 新百合ヶ丘駅で種別変更し、新百合ヶ丘駅 - 唐木田駅間を各駅停車として運転する急行が設定された。 列車種別 [ ] のダイヤ改正時点で、・通勤急行・・の4種類のが存在する。 途中駅に待避・折り返しの設備がないため、線内で先行列車を追い越す列車、途中駅で折り返す列車は設定されていない。 2018年3月17日より快速急行・通勤急行及び小田急多摩センター始発列車が設定されている。 快速急行 [ ] のダイヤ改正から新宿駅発着として平日朝夕下り、土休日朝下り・上りと夜下りに設定されている。 新宿駅 - 唐木田駅間の途中停車駅は、代々木上原駅・下北沢駅・登戸駅・新百合ヶ丘駅・栗平駅・小田急永山駅・小田急多摩センター駅。 は3700番台である。 通勤急行 [ ] のダイヤ改正から新設された(運転開始は3月19日)。 朝上り方面限定での運行。 急行の停車駅のうち登戸駅と経堂駅を通過する。 6本が小田急多摩センター始発、3本が唐木田始発である。 列車番号は唐木田発および小田原線内の全列車が3800番台、小田急多摩センター発の多摩線内は3900番台である。 急行 [ ] 2000年12月2日のダイヤ改正から多摩線での定期運行が始まった。 基本は新宿駅 - 唐木田駅間の運転であるが、新百合ヶ丘駅 - 唐木田駅間の線内のみ運転の列車が平日朝に下り5本・上り2本、土休日に下り2本、向ヶ丘遊園駅発の列車が朝に下り1本、小田急多摩センター駅発の上り列車が平日朝に6本設定、常磐線発千代田線経由の下り各駅停車が休日朝に1本設定されている。 なお平日朝上り・夜間下りと土休日日中上りにおいて、新百合ヶ丘駅で各駅停車に種別変更を行い新百合ヶ丘駅 - 唐木田駅間を各駅停車で運転する列車が設定されている。 列車番号は新宿発着の列車が2700番台、それ以外の列車が2900番台である。 新宿駅 - 唐木田駅間の途中停車駅は、代々木上原駅・下北沢駅・経堂駅・成城学園前駅・登戸駅・向ヶ丘遊園駅・新百合ヶ丘駅・栗平駅・小田急永山駅・小田急多摩センター駅。 基本的に10両編成で運行されるが、8両編成での運行も存在する。 2000年12月2日の運行開始時は、朝に直通の行き1本が設定されるのみだったが、その後千代田線直通列車が多摩線発着を主体としたことで順次増発された。 のダイヤ改正で日中時間帯の多摩急行を置き換える形で大幅に増発されたほか、土休日に新宿行きの列車も設定された。 のダイヤ改正で運行形態が変更され、千代田線・常磐線直通列車が廃止されたが 、のダイヤ改正で、土休日に下り1本のみながら常磐線・千代田線から直通する列車が再設定された。 2020年3月14日のダイヤ改正で新百合ヶ丘駅から各駅停車に種別変更する列車が設定された。 各駅停車 [ ] 線内折り返しの列車が基本だが、新宿駅 - 唐木田駅間通して各駅停車で運転される列車が深夜帯の下りに平日6本・土休日に4本それぞれ設定されている。 また平日朝に発の下り各駅停車とが1本設定されている。 また新百合ヶ丘駅で急行から種別変更し各駅停車となる列車もある(急行の項目を参照)。 6 - 10両編成で運転される。 2018年3月17日のダイヤ改正でラッシュ時間帯および日中の各駅停車の本数が減少した。 列車番号は多摩線完結列車が7600番台、小田原線直通列車が7900番台、千代田線直通列車が6900番台となる。 運行本数 [ ] 日中の1時間ごとの運行本数をまとめると、以下のとおりになる(2020年3月14日ダイヤ改正時点)。 当初は1日1本のみであったが、のダイヤ改正で1日2本となった。 のダイヤ改正から平日1日3本と土曜・休日1日2本に新宿発の 「」が乗り入れるようになった。 その後、2012年3月17日のダイヤ改正で、多摩線方面のホームウェイ・メトロホームウェイは、平日のみの運行となり、さらに2016年3月26日のダイヤ改正で、多摩線内を運行する列車はすべて廃止された。 なお、唐木田発の上り列車が定期運行されたことは無い。 また、線内では登場時点での急行と同じ停車駅であったが、2003年に急行が栗平駅に停車するようになっても登場当時のまま停車駅が変わらなかったため、定期列車で栗平駅を通過した最後の種別である。 区間準急 [ ] のダイヤ改正より従来の各駅停車の一部を置き換えて登場した種別で、多摩線内はすべての駅に停車し新宿駅まで運行された。 平日は上り14本・下り13本、土曜・休日は上り17本・下り18本が運転されていた。 8両編成での運転が基本だが、下り3本、上り1本は6両編成で運転された。 2016年3月26日のダイヤ改正をもって廃止された。 準急 [ ] ダイヤ改正より、平日朝下り1本の新宿発の準急が設定され、多摩線内はすべての駅に停車した。 2018年3月17日ダイヤ改正で多摩線での運転は廃止された。 多摩急行 [ ] 詳細は「」を参照 2002年3月23日のダイヤ改正より運行を開始した種別である。 唐木田駅から小田原線を経由して、東京メトロ千代田線に直通し、千代田線綾瀬駅発着とJR東日本松戸駅・柏駅・我孫子駅発着及び取手発の列車があった。 多摩線内の停車駅は急行と同一であったが、小田原線内の通過駅は異なり、向ヶ丘遊園駅を通過し、経堂駅に停車していた。 2016年3月26日のダイヤ改正で、停車のため急行の運転に変更された影響で日中時間帯の設定が無くなり、朝夕に限られた。 このため大幅に本数が減り、平日は下り17本・上り12本、土休日は下り12本・上り10本となった。 2016年3月26日のダイヤ改正までは日中は唯一の速達列車であり、平日は上り26本・下り32本、土曜・休日は上り24本・下り26本が運転されていた。 平日の朝ラッシュ時の上りは運転せず、急行を運転していた。 2018年3月17日のダイヤ改正で廃止された。 ダイヤが乱れた際、多摩急行は新宿駅行きとなる場合があった。 臨時列車 [ ] 特急ロマンスカー [ ] 江の島・鎌倉エクスプレス• - 、唐木田駅 - 間で運行。 湘南マリンエクスプレス• 1990年 - 、唐木田駅 - 片瀬江ノ島駅間で運行。 湘南マリン• 7月 - 8月、唐木田駅 - 片瀬江ノ島駅間で運行。 車両は(7月25日のみ)使用。 多摩大山もみじ号• 11月29日 - 11月30日、唐木田駅 - 間で運行。 車両は60000形MSEを使用。 停車駅は、多摩急行と同じ。 ドラゴン号• 車両 [ ] 自社車両 [ ] 通勤型 [ ]• 地下鉄非直通列車• 地下鉄直通列車• - 2007年運転開始。 地下鉄非直通列車でも運用される。 特急型 [ ]• 定期的な乗り入れはない。 他社車両 [ ] 全て通勤型である。 また、2018年3月の改正より多摩線での定期運用は終了した。 東京地下鉄 [ ]• - 2010年運転開始。 東日本旅客鉄道 [ ]• - 2016年乗り入れ開始。 女性専用車 [ ] は、平日朝7:30 - 9:30に新宿駅に到着する上り急行・通勤急行の進行方向最後尾車両に設定されている。 ただし、2019年3月16日ダイヤ改正までは、小田急多摩センター駅発を8:10に発車する通勤急行新宿行きには設定されない 駅一覧 [ ]• は、2014年1月より順次導入。 各駅停車は各駅に停車するため省略 凡例• 0 21. 5 1. 5 23. 3 2. 8 24. 3 4. 1 25. 8 4. 9 26. 9 6. 8 28. 3 9. 1 30. 5 10. 6 32. 多摩ニュータウンにおける土地区画整理事業は「」を参照のこと。 柿生第二土地区画整理事業 施行者:柿生第二土地区画整理組合 施行面積:約32. 8ha 事業期間:1971年 - 1976年度 総事業費:2,890,000千円 合算減歩率:40. 8ha 事業期間:1972年 - 1982年度 総事業費:8,790,605千円 合算減歩率:46. 4ha 事業期間:1974年 - 1979年度 総事業費:1,584,500千円 合算減歩率:50. 4ha 事業期間:1977年 - 1984年度 総事業費:13,610,065千円 合算減歩率:38. 7ha 事業期間:1977年 - 1982年度 総事業費:8,616,163千円 合算減歩率:49. 2ha 事業期間:1986年 - 2001年度 総事業費:22,690,000千円 合算減歩率:41. 5ha 事業期間:1991年 - 2010年度(換地処分公告は2006年3月12日) 総事業費:42,162,503千円 合算減歩率:52. ににあるの一部返還が決まったことにより、相模原市と町田市は延伸の実現に向けた具体的な検討を行うため、同年に「小田急多摩線延伸検討会」を設置した。 そして、両市は多摩線延伸推進に関する覚書を取り交わし、開業が予定されるまでの実現を目指すとした。 3月に「小田急多摩線延伸計画に関する研究会」から発表されたルートは次のとおりである。 唐木田駅から(尾根幹線道路)と交差し、町田市に入る。 そして小山田・常盤地区を抜け、(町田街道)と交差、相模総合補給廠(ルート上は返還される予定)を縦断し、で横浜線と交差、その先は相模原市の中心部を抜け、相模線へ向かう。 そのうち、相模原駅と上溝駅に駅を増設、さらに町田市内に新駅が一つ設置されることになっており、費用などの観点から小山田地区への設置が想定されている。 この計画では事業費用を1,080億円と試算しており、開業後40年以内で黒字化が達成できる見通しで事業実現化は可能であるとした。 しかし、5月に開催された「小田急多摩線延伸に関する関係者会議」では概算建設費が1,300億円、黒字化の達成は42年と試算され、都市鉄道利便増進事業を適用できる目安である30年を超えてしまうため、第1期整備区間として相模原駅まで部分開業して、概算建設費を870億円に抑え黒字化の達成を26年に短縮してから、第2期整備区間として上溝駅まで開業するよう変更された。 さらに上溝駅から延伸して、・を経由してに至る路線の建設も相模原市・厚木市・愛川町・から要望されている。 神奈川県鉄道輸送力増強促進会議でも2016年度小田急電鉄向け要望書にて上溝駅方面への延伸の早期実現化とともに、本厚木駅に至る路線の建設を要望している が、小田急は上溝駅以遠への延伸は建設費や採算面などで難色を示している。 川崎縦貫高速鉄道直通運転計画 [ ] 運輸政策審議会答申第18号にて「目標年次(2015年)までに開業することが適当である路線」 A1 に位置付けられている が、新百合ヶ丘から乗り入れし、相互直通運転するという構想が川崎市から提示されたことがある。 実現後は、の広域拠点都市と位置付けられているや、にもダイレクトにアクセスすることが可能となるため、などを有する沿線市域の一体化および発展に重要な役割を果たす構想であった。 同鉄道はとも相互直通運転が予定されていたが、武蔵小杉駅以南の整備計画が決定していないことや、京急大師線はが異なる(小田急多摩線の軌間は1067mm、京急大師線の軌間は1435mm)こと、またや蓄電池・燃料電池を活用した鉄道車両など実用化されていない技術の導入を前提に置いたことなどから、実現の可能性には当初から疑問が持たれていた。 さらに直通運転にあたっては川崎市側は車庫を保有せず、喜多見検車区唐木田出張所の利用を計画していたが、同所は現行ダイヤでは終電後満線あるいはそれに近い状態であるにもかかわらずその代替となる施設の計画について川崎市側は一切触れず、これらを含めた計画全般に対しての小田急側と合意も全くない という致命的な欠陥を抱えていた。 2013年1月28日に川崎市の市長が、この計画に対して設けられていた高速鉄道事業会計を2013年度末で閉鎖することを明らかにしたことにより、計画は事実上消滅した。 直通運転を含めて、新百合ヶ丘 - 武蔵小杉の開業予定年度は(平成30年)度となっていた。 2015年7月16日に川崎市まちづくり委員会において計画休止が決定した。 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 高松良晴『東京の鉄道ネットワークはこうつくられた』、交通新聞社、2015年• 15』多摩ニュータウン学会、2013年、70-79ページ。 [ ]• 帰宅時間帯での多摩線プラットホーム停車による乗換えの簡便化など• 小田急電鉄. 2014年3月15日閲覧。 小田急電鉄. 2014年3月15日閲覧。 - 東京地下鉄、2015年12月18日• , えきから時刻表, 2018-3-19 ,• , 小田急多摩センター駅平日上り時刻表, 2018-3-19 ,• - 小田急電鉄、2013年12月24日• に掲載の改札鋏と照合。 川崎市. 2017年2月1日閲覧。 2019年5月29日. 2019年6月2日閲覧。 関連項目 [ ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。 外部リンク [ ]•

次の

牛角 多摩センター店

小田急多摩センター

この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年2月) 開発以前における駅の設置箇所周辺は南多摩郡多摩村大字落合に属し、下落合、山王下、中沢、中組といった小字の丘陵地谷戸部に集落が点在する純農村だった所である。 その谷戸部に沿ってに注ぐが大きく蛇行して流れていたが、による開発が行われ、この小川を水捌けの大きい直線状に改修し、同時に並行する幹線道路が新設された。 そして元来起伏があった地形にで所要の広さの平地を造成し、そこに駅が建設された。 また、当地がの業務・商業地区として「都市センター」地区に位置付けられたことから、(当時)との両社は、当地を通るルートで新線の事業工事認可を取得し、2路線が当駅に乗り入れることになった。 多摩ニュータウン開発は、東隣の周辺の諏訪・永山地区から始められ、そこでの第1次入居が行われるに京王・小田急の新線開通の照準が合わせられた。 しかし新線工事は諸般の事情で大幅に遅れることとなり、途中の永山駅までは6月に小田急が先行開通したが、逆に多摩センター駅までは小田急の工事が約1年遅れ、京王の方が同年10月に開業することとなった。 一方、に同駅へ乗り入れたは、当地が東京圏の広域的な連携・交流の拠点として「東京構想2000」の中で《核都市》の心に位置付けられているため、多摩地域の南北間の円滑なアクセスを担う新しい公共交通機関として開通した。 年表 [ ]• (49年) - 京王相模原線延伸に伴い 京王多摩センター駅開業。 ・およびの停車駅となる。 (昭和50年) - 小田急多摩線延伸に伴い 小田急多摩センター駅開業。 の停車駅となる。 (4年) - 京王相模原線にての運行が開始され、京王多摩センター駅が停車駅となる。 (平成12年)• - 多摩都市モノレール線延伸に伴い、 多摩センター駅開業。 - 小田急多摩線にて「」との運行が開始され、小田急多摩センター駅が停車駅となる。 (平成13年) - 京王相模原線にての運行が開始され、京王多摩センター駅が停車駅となる。 同時に京王相模原線で特急が廃止される(その後復活)• (平成14年) - 小田急多摩線にての運行が開始され、小田急多摩センター駅が停車駅となる。 (平成16年) - 小田急多摩線にての運行が開始され、小田急多摩センター駅が停車駅となる。 (平成17年)5月 - (平成18年)3月 - 小田急多摩センター駅のリニューアル工事実施。 (平成20年) - 小田急多摩線にて特急ロマンスカー「メトロホームウェイ」の運行が開始され、小田急多摩センター駅が停車駅となる。 (平成25年) - 京王相模原線にて特急の運行が復活し、京王多摩センター駅が停車駅となる。 (平成27年) - 京王相模原線にて準特急の運行が開始され、京王多摩センター駅が停車駅となる。 (平成28年)• - 京王電鉄が、のキャラクター「」を京王多摩センター名誉駅長に任命。 同時に、駅空間が濃紺やゴールド、ワインレッドを基調としたデザインとなる。 小田急多摩線にて区間準急、特急ロマンスカーの運行が廃止される。 (平成30年)• - 京王相模原線にての運行が開始され、京王多摩センター駅が停車駅となる。 - 小田急多摩線にて、の運行が開始され、小田急多摩センター駅が停車駅となる。 これとともに同線において多摩急行、準急の運行が廃止される。 - 小田急多摩センター駅にて、サンリオキャラクターを使用したデザイン装飾を実施。 駅名の由来 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年2月) 駅南側が多摩ニュータウンの「都市センター」地区として位置付けられ、複合した都市機能を有する商業・業務・文化的 中心地であることから「 中央」の英語訳である「多摩 センター」となる。 計画段階の仮称「 多摩中央(たまちゅうおう)」とも関係している(下記参照)。 駅名は同一場所に位置する場合、同一名称にするのが一般的で親切であるが、京王および小田急は同時期に開業した永山駅と同様に両線が同じを起点とするため、乗客の誤乗車と不正乗車を防止する目的から、あえて会社名を冠した「 京王多摩センター駅」および「 小田急多摩センター駅」として明確に区別することとなった。 また、多摩都市モノレールに関しては新宿駅を経由せず、また開業当時には既にが普及していたことにより前述の心配が不要となり、単なる「 多摩センター駅」となっている。 これら3駅および地域は、利用者や住民に「多摩セン」および「タマセン」の愛称で呼ばれることもあり、鉄道事業者側も京王多摩センターSCのオープン時の広告のキャッチコピーに使用している。 なお、京王および小田急の駅建設計画時の仮称は「 多摩中央」であった。 開業前、車両の行先表示装置内に「多摩中央」の表示を用意していた事実があるほか、名称に「多摩中央駅」を含む施設も僅かながら存在する。 駅構造 [ ] 京王・小田急多摩センター駅は双方が別々の3層のコンクリートラーメン高架橋構造の建造物で、3層目にプラットホーム、2層目に駅舎と店舗があり、並行に隣接して配置され、ほぼ一体化して建っている。 また、2層目のコンコースは南側で歩車分離をした街づくりの基軸となるとバスターミナルに直結し、1層目の階下は店舗と乗り場、などに利用されている。 一方、多摩都市モノレールの多摩センター駅は「」の上空に建造されているため、京王・小田急の両駅とは約200m程離れており、ペデストリアンデッキで接続されている。 もともと暫定で建っていた建物を解体した跡地に連絡通路を建設したため、屋根がない。 モノレール駅寄りに数十メートル分あった屋根も、商業施設の建設工事に伴い骨組みを残し撤去されている。 雨天時にはペデストリアンデッキ下のバスターミナルを経由すれば、屋根のない部分の距離は少なくなるが、上下の移動を要する階段がある。 7km(起点) から29. 現行のダイヤでは相模原線の中で唯一各駅停車などが特急・準特急・急行の待ち合わせを行う駅である。 プラットホームには開設当初から8両編成分の上屋と設備の準備工事が施されていたが、その後数回のリニューアルで10両編成分の上屋と上り・下りの両エスカレーターおよびが設置された。 なお、当初設けられたエレベーターはラッチ外に通じていたため、身体障害者専用の特殊な使い方がされていた。 また、東改札口が新設され、その後においても駅務室の位置が改札口の北側に改装されている。 なお、当駅が始発・終着駅であった時期は上り方に両渡りのがあり、3・4番線のみが常用されていた。 延伸後は西側の側にが設備され、折り返し運転に利用されている。 また、かつては小田急多摩センター駅とホームの番号が連番になっていた。 10両編成1本の夜間滞泊が設定されている(最終となる京王多摩センター止まりの区間急行が到着後留置され、翌朝京王多摩センター始発の特急(土休日は各停)新宿行きとして運転される)。 当駅はテーマパーク「」の最寄り駅ということにちなみ、2016年から、ピューロランドのテーマソング「ピューロマーチ」がオルゴール調で列車接近メロディーとして使われている。 到着時も下り(橋本行)・上り(行)共に鳴動する。 のりば [ ] 番線 路線 方向 行先 1・2 相模原線 下り 方面 3・4 上り ・・・・方面• 主本線は2番線と3番線であり、1番線と4番線は待避線である。 2018年2月22日ダイヤ改正より、当駅で種別変更を行う列車が設定されている。 駅構内施設 [ ]• 多摩センター店• 多摩センター店• 多摩センター店• OT06 所属路線 キロ程 9. 1km(起点) から30. 元来は島式ホーム2面4線の構造であるが、開業当初は副本線には軌道は設置されておらず、2面2線のみ使用していた。 その後、車両留置線の確保のために1985年3月10日より上下線とも副本線の使用を開始し、2面4線の構内配線となった。 また、延長線上も引き上げ線として整備され 、長い間列車の発着や列車の留置などにも使われていた。 その後、1990年に多摩ニュータウン唐木田地区の入居開始に合わせ、多摩線はまで延長され当駅は終点で無くなると同時に、唐木田駅に車両基地が新設されたため、当駅西方の渡り線や副本線であった側線の必要性が薄弱となり、2006年5月頃から使用を中止した。 現在、副本線側のホームは上下線とも柵で封鎖されており、線路も本線と分断され、単純なとなっている。 なお、唐木田から相模方面へ延伸時には副本線は再び復活し、改めて唐木田寄りに引き上げ線も新設する構想がある。 リニューアル工事後は、先の京王と同様に東口が新設されるとともにエスカレーターやエレベーターが設置された。 また、駅高架建物南面の風防壁がガラススクリーンに改装されている。 2008年度末から、改札ラッチ内とプラットホームで乗客案内用のの使用が開始されている。 各駅の案内サイン等で使用される当駅名のローマ字表記は時期によって異なり、現行の案内では「Odakyu Tama Center」であるが、「Odakyu-Tama-Center」「Odakyu Tama-Center」表記の案内も若干残っている。 2013年12月頃、駅名標がLED化され、多摩線内2駅目の新型駅名標化になった。 なおは、を経由してに至るルートがの「具体的なプロジェクトについての検討結果」に取り上げられ 、が延伸の促進を重点プロジェクトに位置付けている。 2018年3月ダイヤ改正から新宿直通の急行、当駅始発の通勤急行が運行される。 のりば [ ] ホーム 路線 方向 行先 1 多摩線 下り 方面 2 上り ・・・・・方面 (出典:) 駅構内施設 [ ]• 多摩センター支店 小田急多摩センター駅出張所()• TT01 所属路線 キロ程 16. は TT01。 地上およびペデストリアンデッキの高さから、上部の駅舎建物には階段の他にエスカレーターとエレベーターが通じ、完全にバリアフリー化されている。 上北台方の上下線間にモノレール特有の両渡りポイントが設置されている。 駅の外観はのをイメージしたデザインであり、そのデザインを施した部分の窓の内側がエスカレーターの部分になっている。 「多摩ニュータウンの中心に新たに誕生した車輪をイメージしデザインされた駅」として、2000年にに選定された。 駅の北側で京王相模原線と小田急多摩線を越えるが、高架の両線のさらに上を通る関係で、地上からの高さが最も高い駅となっている。 多摩モノレールは、当駅より先、、方面への延伸が東京都による次期整備路線(導入空間の確保に着手すべき路線)とされているため、将来中間駅になる可能性がある。 2013年には「多摩都市モノレール町田方面延伸協議会」を設立し、町田市として延伸を推進している。 なお、町田方面へは、既に多摩市内と町田市内の一部区間で導入空間の確保がされている。 ホーム(2008年10月) 利用状況 [ ] 多摩センター駅の利用者数は、周辺の住宅開発(特に開発)や、業務施設・商業施設等の進出に比例する形で増加してきているが、下表にある通り、当初からの乗降者数を比較すると、圧倒的に京王の方が多かった。 この現象は、京王が開通時から方面への都心直通列車を主体に運行し、利便性で比較にならない優位性を示していたのに対し、小田急が方面からの需要逼迫から小田原線への直通列車が運行されず、止まりの各駅停車主体のダイヤ運行に終始していたためである。 その後、小田急が小田原線への直通運転を開始して都心方面への新たな直結ルートが成立したことや、の開通で小田急沿線から方面への新たなルートが成立したことにより、相互間の乗り換え利用客が発生したこと、小田急の複々線化が進捗し、都心方面への所要時間が短縮したこと、多摩線の運賃を値下げしたことなどで、現在は小田急の利用者が京王の半分程度の数字まで追い上げる結果となっている。 一方の京王も対抗する形で、新宿 - 橋本間を結ぶ特別料金不要の「特急」(2代目)および「準特急」を運行開始した。 それまで最短時間で都心方面に向かうには途中のでの乗り換えが必要だったが、これにより乗り換えなしで、新宿 - 京王多摩センター間の日中所要時間は29分から31分程度となった。 さらに小田急でも - 間の複々線化完成に伴う3月のダイヤ改正により、「」および「」の運行が開始され、新宿 - 小田急多摩センター間の所要時間は最短33分になった。 京王電鉄 - 2019年度の1日平均乗降人員は 90,353人である。 京王電鉄の駅の中ではに次いで第9位。 小田急電鉄 - 2018年度の1日平均乗降人員は 51,318人である。 小田急電鉄の駅の中では全70駅中第23位。 多摩モノレール - 2018年度の1日平均乗降人員は 37,104人である。 多摩モノレールの駅の中ではに次いで第2位。 年度 京王電鉄 小田急電鉄 多摩モノレール 出典 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 1日平均 乗降人員 1日平均 乗車人員 1974年(昭和49年) 1,097 569 1,080 557 未開業 1975年(昭和50年) 3,167 1,668 1,586 818 1976年(昭和51年) 11,828 6,276 1,798 892 1977年(昭和52年) 14,435 7,639 2,462 1,229 1978年(昭和53年) 17,700 9,323 3,118 2,753 1979年(昭和54年) 19,682 10,042 8,195 3,613 1980年(昭和55年) 23,469 12,102 10,084 4,664 1981年(昭和56年) 26,580 13,552 10,309 4,792 1982年(昭和57年) 30,163 15,362 10,996 5,203 1983年(昭和58年) 34,259 17,515 12,031 5,698 1984年(昭和59年) 37,980 19,112 12,725 6,239 1985年(昭和60年) 42,365 21,443 14,461 7,051 1986年(昭和61年) 45,408 22,994 15,955 7,806 1987年(昭和62年) 49,995 25,354 17,890 8,815 1988年(昭和63年) 52,660 26,347 19,759 9,876 1989年(平成元年) 52,416 26,343 21,297 10,812 1990年(平成 02年) 62,820 31,592 23,367 11,825 1991年(平成 03年) 68,850 34,723 24,113 12,222 1992年(平成 04年) 73,666 37,114 25,677 12,763 1993年(平成 05年) 79,345 40,083 28,042 13,932 1994年(平成 06年) 84,448 42,775 30,279 15,076 1995年(平成 07年) 85,546 43,213 31,101 15,451 1996年(平成 08年) 84,705 42,647 31,268 15,568 1997年(平成 09年) 84,850 42,711 30,622 15,374 1998年(平成10年) 86,001 43,218 29,878 14,974 1999年(平成11年) 84,315 42,313 29,794 14,964 19,957 10,010 2000年(平成12年) 85,571 43,041 32,290 16,301 25,489 12,708 2001年(平成13年) 85,047 41,244 32,015 16,154 28,244 14,082 2002年(平成14年) 82,761 39,973 32,971 16,703 28,907 14,423 2003年(平成15年) 82,703 39,691 34,222 17,360 29,677 14,799 2004年(平成16年) 81,401 40,333 33,787 18,306 29,232 14,584 2005年(平成17年) 80,611 39,935 36,493 18,684 29,101 14,517 2006年(平成18年) 80,546 40,175 39,352 20,125 30,250 15,128 2007年(平成19年) 83,632 41,719 42,359 21,572 32,173 16,157 2008年(平成20年) 86,052 42,893 44,827 22,750 33,864 16,978 2009年(平成21年) 84,161 41,938 45,705 23,162 34,491 17,292 2010年(平成22年) 82,803 41,225 46,984 23,836 34,712 17,411 2011年(平成23年) 81,249 40,459 46,253 23,440 33,943 17,020 2012年(平成24年) 81,841 40,721 47,290 24,020 34,902 17,451 2013年(平成25年) 85,284 42,500 48,961 24,828 36,142 18,105 2014年(平成26年) 84,345 42,035 48,554 24,619 36,016 18,021 2015年(平成27年) 86,217 42,945 49,809 25,297 37,105 18,512 2016年(平成28年) 87,551 43,621 50,585 25,661 37,036 18,501 2017年(平成29年) 87,411 43,579 50,319 25,531 36,665 18,342 2018年(平成30年) 90,216 51,318 37,104 18,550 駅周辺 [ ] 「」も参照 多摩センター駅南側の一帯はの中心として、また周辺地域も含めた広範囲のエリアに高次な都市機能を提供するための「 都市センター」として整備された。 はを「核都市」としており、その業務・商業市街地地区の一つである多摩センター駅周辺は東京都の「」に位置づけられている。 また、ではが「」と位置付けられ、そのなかで多摩センター駅周辺は「業務施設集積地区」として位置付けられている。 どちらも「多摩センター地区」として、多摩センター駅を中心とした多摩市落合・鶴牧・山王下・愛宕の各一部が区域に定められ、地区の北側はとの境界になっている。 近年では業務施設の進出が活発で、に本社と(現・)多摩センターオフィス、に本社、には東京第一センター、研修センターが竣工した。 このほかまでにとのオフィスビルが竣工する予定である。 また、大型商業施設はに(現・)が、にの大型店舗(現在、東京都で4番目の規模 )、にに隣接して「」が開業した。 行政施設としては、多摩市役所多摩センター駅出張所、、多摩センター出張所、多摩郵便局、多摩窓口などがあり、文化施設としては、複合文化施設や美術館のほか、屋内型テーマパークの「」が国内外から多くの観光客を集めている。 駅北側には乞田川が流れ、桜並木が広がっているほか、乞田川と駅の間には居酒屋などが立地している。 現在、多摩市内の商業集積地の年間商品販売額において多摩センター駅周辺(33,140 百万円)は、多摩市で最大の周辺(47,612 百万円)に次ぐ規模である。 の作品『』及び『』では、多摩センター駅前の風景が「」として多く登場することから、多摩市ではこれにあやかり「とあるアニメの学園都市化計画」を展開しており、実際の地図にアニメの画像をリンクさせた限定非売品のマップ「学園都市広域詳細地図」の配布などのイベントが多摩センター駅前で実施された。 実際に多摩センター駅周辺には大学が多く、・・・・・などへスクールバスや路線バスが発着している。 多摩中央公園(2013年) 駅南側 [ ] 多数の施設が集積しており、都市軸となり駅からパルテノン多摩を直線で結ぶ歩行者専用道路「パルテノン大通り」を境に南東・南西と分けた。 駅の南側一帯がの「都市センター」であり、多摩ニュータウンの中心として、また周辺地域も含めた広範囲のエリアに高次な都市機能を提供する役割を担っている。 による計画的な街並みで、歩行者と車の通行をで隔離した歩車分離を基本とする歩行者専用道路を導入した独特の道路整備が行われている。 駅南東 [ ]• - 専門店街、飲食店街• - 総合アミューズメントビル• おちあい横丁 - 飲食店街• 丘の上プラザ - と専門店街• 丘の上パティオ - 、、飲食店街ほか• イコット多摩センター - 、クリニックモールほか• - 地上100メートルの最上階にプラネタリウム・展望フロアがある。 - 屋内型テーマパーク• 多摩センター - スーパー銭湯・温泉施設• 多摩センター支店• 多摩センター支店• 多摩センター支店• 多摩桜ヶ丘支店 多摩センター出張所• 駅南西 [ ]• - 専門店街、都下最大級のがある(は2017年3月に撤退)。 - 専門店や量販店、飲食店等• マグレブWEST - 飲食店及び物販店等• 多摩センター支店• 多摩センター支店• 新都市センタービル - 本社ほか• ニューシティ多摩センタービル - 本社ほか• 多摩本社• 情報センター• 多摩センター出張所• 駅南東 - 南西に跨る施設 [ ]• バスロータリー(多摩センター駅) - 各のりばについてはの項参照。 たまヴァンサン館• 多摩アカデミーヒルズ• 多摩市グリーンライブセンター• 旧富澤家住宅(庭園含む)• 多摩市立図書館本館 - 耐震性の問題から市役所そばから移転。 共同利用(7か所、うち1か所は定期利用専用) - 当駅の南側には大規模駐車場が複数あり、周辺商業施設の利用において駐車サービスが受けられる。 長らく駅周辺の駐車場は多摩都市交通施設公社の寡占状態であったが、多摩ニュータウン計画の変更で民間への土地売払いなどが進み、商業施設独自の駐車場や民間駐車場(いわゆる)も見られるようになった。 前述の大規模駐車場も新都市センター開発株式会社を経てに委託されており、この結果「公営」の駐車場はほぼなくなっている。 駅北側 [ ] 駅北側は「多摩」によって整備され、雑居ビルやマンションが立ち並んでいる。 多摩センター郵便局(旧・)• HDセンター多摩• 多摩センターオフィス• 多摩研修所• 山王下庁舎• 多摩ニュータウンの「多摩センター地区」における民間マンション建設 [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年2月) (昭和62年)の施行計画第11回届出で、多摩センター駅を中心とする商業・業務エリアと、その南西に隣接する未開発地区が「多摩センター地区」として設定され、未開発地区は「集合住宅用地」とされた。 しかし「集合住宅用地」となった未開発地区には、高層住宅の建設が計画されたものの、結局長らく開発されないまま残されることになった。 未開発地区は長年の間に幾度となく土地利用計画が変更されたが、最終的には(平成13年)に公団と多摩市により多摩センター地区での住宅建設が同意され、この南西部の未開発地区に加え、駅前の一部用地に「都市センター用地」の「住機能許容街区」が設定された。 これは商業・業務用地の一種であるが、店舗や事務所を併設すればマンションを建設できるものである。 これを受けて南西部の未開発地区では、未整備だったが整備され、隣接する地区の歩行者専用道路や、多摩センター駅前のと接続された。 歩行者専用道路と車道はになっているため、自宅から多摩センター駅前、公園や商業施設、学校などへ車道を一切横断することなく移動を可能にしている。 多摩ニュータウンでは新住宅市街地開発事業区域全体に渡ってこうした歩行者専用道路が整備され、安全だと評価されている。 こうして、(平成17年)入居の「D'グラフォート多摩センター煉瓦坂」を皮切りに多摩センター地区での住宅供給が始まった。 それまで分譲マンションを多摩ニュータウンで主に供給してきた公団は、(平成11年)に分譲事業から撤退していたため、多摩センター地区では民間デベロッパーに土地を売却する形で住宅供給が行われている。 一方で民間が建設するマンションは、それまで多摩ニュータウンで建設されてきたものとは異なり、マンション敷地内に緑地が全く確保されていないと指摘されている。 この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2018年2月) 駅前南側下部の1階にがあり、、、、の4社の路線バスが乗り入れている。 停留所名はいずれも 多摩センター駅となっている。 この他に、京王バス南が運行しているや発行もある。 なお、多摩センター駅を開業した1974年の時点で駅周辺は開発中であり、1976年には駅高架に近接して仮設のバス乗り場が設置されたのみで、現在の本格的なバスターミナルは存在していなかった。 多摩センター駅周辺におけるニュータウンの住宅開発は・・・愛宕・・鹿島の各住区で始まったが、いずれも駅から2km以上離れた遠い地点から建設を始めた経緯があり、住民の足にはバス路線網によるアクセスの整備が肝要であった。 また、各住区へ向かう正規の道路も完成されておらず、「多03系統」豊ヶ丘四丁目行を例にとると、現存しない多摩中央公園予定地西側寄りの仮設道路から現在の「西落通り」となった道を経由して運行していた数年の時期があった。 また、2014年現在では当初とターミナルの運用が大きく異なっている。 当初、中州部分に17・18・19番乗り場があった。 ターミナルに入ってきたバスは2 - 13番のバスは直進、17 - 19番のバスは中州の手前を右折、中州を貫く斜めの道路を通して合流、マグレブの前をターンして出口へと向かっていた。 また正面道路にも14・15番の乗り場があった。 現在、17・18・19番乗り場前は路線バスが当初とは反対の向きで多数待機し、中州を貫く道路部分では主に空港連絡バスが出発時刻まで待機している。 2014年時点でも各乗り場のバス停などは残されており、過去の運用状況が見受けられる。 当駅は周辺の各住区や鉄道の駅とを結ぶバス路線網が充実し、羽田・成田の各空港への直通リムジンバスが運行されるなど、多摩地区において有数の重要なバスターミナルになっている。 路線についての概況は営業所記事を参照。 神奈川中央交通 -• 京王電鉄バス -• 京王バス南 - 、• バスターミナルに接した多摩センター南通り沿いの16番のりば( 京王多摩センター駅停留所)からが発着する。 同一の行先(例・行や鶴川駅行など)でも経由地が多数ある。 下記のバスターミナルとは別に、多摩モノレール通りの駅高架下には「 多摩センター駅西口停留所」があり、多摩センター駅発着の一部系統(多13・多16 ・多18・多43・豊32・豊33)が途中停留所として停車する。 直行 平日・土曜朝1本のみ運行。 6番 桜62 桜63 愛宕東公園・多摩市役所 聖蹟桜ヶ丘駅 桜62 愛宕東公園 土曜・休日夜間のみ運行。 豊33 大塚住宅・南・中央大学 豊田駅南口 多18 明星大学南・大塚住宅循環 多摩センター駅 16番のりばのは、京王バス南(南大沢営業所)とが運行している。 この2系統のみ当バス停名は「京王多摩センター駅」となっている。 南大沢駅 - 京王多摩センター駅 - 聖蹟桜ヶ丘駅 -• 南大沢駅 - 京王多摩センター駅 - 聖蹟桜ヶ丘駅 - 多摩センターイルミネーション [ ] の時期を含めた毎年冬に開催される「多摩センターイルミネーション」は、多摩センター駅からにかけて続く「パルテノン大通り」に約40万球の電球が飾り付けれ、多摩センター駅前における一大イベントとして定着している。 その中央に設置されるは本物で、の友好都市であるから寄贈されたの木を使っている。 また、「」がこの地にあることに因み、運営するサンリオエンターテイメントの協賛で、サンリオキャラクターのライトバルーンが数か所に設置される。 主催としては、多摩センターにある企業で構成する「多摩センター地区連絡協議会」や、商工会議所などが毎年実行委員会を結成している。 このイベントが開催されるきっかけは、多摩センター駅前に「サンタランドツリー」が飾り付けられたことだった。 のから「サンタランド」として認定されたのから、の寄贈を受けた多摩市文化振興財団の主催事業として行われたものだった。 これはまでの4年間続いたところで、財団の財政事情から運営主体を多摩センター地区連絡会(現・多摩センター地区連絡協議会)に変更することになった。 引き継ぎにあたっては事業運営の見直しが行われ、輸送費のかかる北海道からではなく、このときに友好都市の長野県富士見町のモミの木を使うことになった。 こうしてこのイベントはより「多摩センタークリスマスファンタジー」として新たなスタートを切った。 しかし、からにかけては本物のツリーは使われず、「アートツリー」と称した立体構造物が設置された。 1999年はツリー上のテント被膜構造に内側からカクテル照明を当てる「レインボーツリー」で、2000年は聖火をイメージしたライトバルーンだった。 後者については、で「ソフトクリーム?多摩センターに異色のXマスツリー」と取り上げられた。 こうした異色のクリスマスツリーは評判が悪く、昼間にはその存在が理解されないという意見が数多く寄せられたことで、からは富士見町のモミの木を再び使うことになった。 そしてこのとき、商工会議所なども連携し、駅から多摩中央公園までを電飾で飾る「多摩センターイルミネーション」が始まったのである。 その後、電飾をLED化するなど省エネの取り組みが進められ、現在、毎年期間中に約200万人が訪れるで有数のクリスマススポットになっている。 なお、開催地である「パルテノン大通り」はで自動車が入ることができないため、安心してイルミネーションを楽しめる。 イルミネーション(2009年11月30日撮影) 付記 [ ]• 当初、の足を担う鉄道として京王・小田急とともにのから多摩センター方面への延伸が計画されていたが、同線がで接続しているのさらなる混雑が想定されたため、には延伸の事業認可が出なかった。 駅前はやのロケーション撮影に使われることが多い。 アニメや漫画等の作品でも度々登場する。 京王相模原線が1988年5月21日にまで延伸された時は通勤快速のみ同駅まで延伸したものの、延伸区間の利用者数と運行上の都合から快速は当駅折り返しが続いていた。 しかし、1990年3月30日の延伸後は通勤快速・快速とも終着駅まで運転されるようになった。 2016年3月26日から2018年3月16日までは小田急電鉄がを介して乗り入れているのから、が小田急多摩線に乗り入れるようになったことから、当駅との間において京王相模原線に乗り入れるの(E233系2000番台がベース)と並ぶシーンが見られるようになっていた。 - 京王電鉄、2015年8月26日、2015年8月26日閲覧。 - 産経ニュース、2016年2月25日、2016年3月15日閲覧• 待避はでも可能であるが、当駅とは異なり主に 通過待ちや始終着列車の接続を目的としている。 多摩市役所. 2019年10月14日閲覧。 準特急橋本行きのごく一部は当駅から各駅停車となる。 この場合、1駅前の京王永山駅から実質各駅停車となるが、種別変更は京王永山駅では行なわずに当駅で実施する。 2018年3月13日閲覧。 - 関東運輸局• 東京都都市整備局• 町田市. 2018年3月25日閲覧。 町田市. 2018年3月25日閲覧。 『運転協会誌』2016年11月号 p42、• 多摩市『統計たま』平成5年版• 多摩市『統計たま』平成20年版• 2016年3月4日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年5月4日閲覧。 pdf ]• 東京都都市整備局. 2015年5月4日閲覧。 東京都都市整備局. 2015年5月4日閲覧。 株式会社大創産業. 2015年4月29日時点の [ ]よりアーカイブ。 2015年5月4日閲覧。 経済産業省. 2015年5月4日閲覧。 2011年4月9日閲覧• 14』多摩ニュータウン学会、2012年、190-193ページ。 2000年11月28日付朝日新聞• ウォーカープラス. 2017年2月1日閲覧。 「」1990年5月号 No. 73 p. 15 私鉄の1日平均利用客数.

次の