ある日お姫様になってしまった件について 60。 【原作】韓国版「 ある日、お姫様になってしまった件について」を読む方法

ebookjapan

ある日お姫様になってしまった件について 60

悲運のサブキャラプリンセスに転生!? ある時、彼女は自分が 人気のネット小説『かわいらしいお姫様』に登場するお姫様・アタナシアに転生してしまったことに気づきます。 しかし、 アタナシアは18歳の誕生日に父親であり冷酷な皇帝・クロードに殺されてしまうという悲運の持ち主。 なんとか 自らの死亡エンドを回避しようと、アタナシアは奮闘することを決意します。 処刑されてしまう18歳になる前に、この場所から出ていく。 月日を重ねていく中でアタナシアとクロードのふたりがどういった親子関係を築くのか、アタナシアは死亡エンドを回避できるのか。 ぜひご注目ください!• しかし、アタナシアは父親の皇帝・クロードに見捨てられた姫で、周囲にも冷たく扱われている。 小説の中では、妹で主人公姫のジェニットに毒を盛った濡れ衣を着せられ、18歳の誕生日にクロードに殺されてしまう運命のアタナシア。 どうにかして冷酷な皇帝パパから距離をおこうとするけれど、なんだかパパは私をかまいたがっているようで…? 【書誌情報はこちら】 【試し読みはこちら】• 詳細は各店舗にご確認ください。

次の

『ある日、お姫様になってしまった件について』1巻のネタバレ!

ある日お姫様になってしまった件について 60

しかも実父に殺される運命の姫に。 血も涙もない冷血な皇帝クロードの娘として生まれ変わってしまった主人公が、生き残るために奮闘する異世界転生ファンタジー漫画です。 毎週日曜日に最新話が更新されます。 前回のあらすじは、自室に戻ったアタナシアの元にルーカスがやっていて、いつの間にか彼女につけられた良くないものを祓う。 その後、彼女を寝せたルーカスは、まだしばらく傍にいようと決める。 アルフィアス公爵邸では、勝手な行動をしたことでジェニットが公爵に叱られていた。 ジェニットは美しいアタナシアと、父であるクロードを思い浮かべ嬉しそうだ。 宝石眼をもつらしい黒髪の紳士は、クロードの変化や焦るアルフィアス公爵について面白くなってきたとにやつく。 そしてまずは魔力補充をしようと思うのだった。 詳しくはにてまとめてあります 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」35話のネタバレ デビュタント以来、アタナシアのもとには連日多くの招待状が届くようになった。 原作のアタナシアは寂しいものだったが、今回はクロードがエスコートしてくれたのが効いたらしい。 どの家の招待を受けていいかわからないし、そもそも皇宮から出ていいのかもわからない。 アタナシアは、クロードに聞こうと彼の執務室まで行く。 クロードは仕事中だったので、ソファに座り大人しく待つアタナシア。 小説内では聖君などと書かれていただけあり、仕事をきっちりこなしているようだ。 ふとテーブルに、黒い犬の小さな置物が見えたので、クロードの机の上にあったものではないかと触れてみる。 欲しいのかといわれ、ただ意味のある置物かと思っただけとアタナシアは答える。 ただのみすぼらしい石の彫刻だ、ほしければやろうかと思ったというクロード。 ところで何の用事だったのかと聞かれるが、仕事のため絶えず動き続けるクロードのペン先を見ていたら、皇城の外に出かけてもいいかなんて聞けなかった。 アタナシアは、パパは忙しそうだからいいと言うと、クロードはそんなに忙しくないと答える。 そしてフィリックスを呼びつけ、今日中に仕上げる書類が残ったから代わりに済ませろと押し付ける。 既に目は通したからほとんどすることはない、必要だからこれを貸すと言い、さっきの黒い犬の置物を投げ渡した。 それをキャッチしたフィリックスは、国宝ともいえる玉璽は大切に扱ってくださいと焦る。 アタナシアは目を丸くして驚く。 クロードは、騒ぐ暇があるなら書類1枚でも処理しろとと言い、アタナシアを連れ執務室から出る。 これで1,2時間は大丈夫だろうというクロードは、庭にでるから茶を用意させようと、フィリックスを呼ぼうとしてハッとする。 クロードのうっかりにニコニコ笑うアタナシア。 彼女は、天気がいいからたまにはと、ボートにクロードを誘う。 ボートに乗り込むと、幼い頃アタナシアが湖に落ちたなとクロードは話す。 アタナシアは小さくて覚えていないと言う。 じーっとクロードに見つめられるので、何を考えているのか気になる。 アタナシアが湖に手を入れ楽しむので、あまり水の近くによると危ないとクロードは注意する。 だが彼女は、透明な蓮の花を指さし、パパあれを近くで見たいとお願いする。 クロードは、そういえば小さい頃もあれを見ようとしていたな、あんなのが気になるのかと言う。 危ないと言って欲しいアタナシアは、キラキラした目でクロードに訴える。 クロードは、変な趣味だなと一蹴。 そんなこと言わなくてもいいじゃないかと思い、ムッとするアタナシア。 クロードは、ちょっと待っていろと言い、魔法でその蓮の花を持ち上げた。 それは、透明できれいな蓮の花の根元に、人の腕並みに太い触手のようなものが沢山生えている、かなり気持ち悪い植物だった。 触手が暴れないように丸めたから、思う存分見るがいいと言うクロード。 あまりの気持ち悪さに、アタナシアは悲鳴をあげクロードに抱き着いた。 近くで見たいんじゃなかったのかと驚くクロードに、あんなに気持ち悪いものだと知らなかった、あっちにやってと騒ぐアタナシア。 アタナシアが突然移動したため、ボートが転覆。 クロードはアタナシアを抱え、岸まで移動。 幼い頃は助けもしなかったので、今回のクロードの行動に成長は感じるが、二人とも全身ずぶぬれになってしまい、やらかしてしまったアタナシアはへこむのであった。 漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」35話の感想 クロードはアタナシアを目に入れても痛くないほど可愛いようですね。 かなりの溺愛ぶりに微笑ましくなります。 忙しそうだと言われたので、娘との時間を作るために、フィリックスに仕事を押し付けるクロード 笑 しかも玉璽を投げて渡しました。 厳重に保管しなければならない玉璽ですが、普段からあまり気にしていないようですね。 クロードはかなりの魔力を持っているので、不審者にはすぐ対応できるようになっているのだとは思いますが。 さて久々にボートに乗ったアタナシアとクロード。 湖には透明な蓮の花があり、以前 も興味を持ち、手を伸ばしたせいでボートから落ちてしまいました。 そのとき、ウネウネした触手に捕まれ、湖の底まで引きずり込まれそうになりました。 クロードは慌てる様子もなく、溺れるアタナシアを眺めているだけでしたね。 一応は助けましたが。 あのときアタナシアを引きずり込んだのは、この蓮の花だったのですね。 あのときはボウっと魅せられていたので、そのように餌を誘い込む特性がある植物のようです。 クロードはこの植物がどのようなものか知っていたので、アタナシアの好みが理解できなかったようです。 まさかあんなに気持ち悪いとは。 何故皇宮の湖に、あのような食人植物のようなものが生えているのでしょう。 皇宮警備の一貫でしょうか? ボートが転落した後、クロードも全身びしょびしょになってしまいましたが、特に怒ることもなく、魔法でアタナシアのドレスを乾かしていました。 アタナシアは、前回からかなりクロードとの仲が進行したと思いました。 で、いつか殺そうと思っていたと、クロードはアタナシアのことで苦しんでいましたが一緒に暮らすうちに、で気持ちの区切りがついたようですね。 ようやく普通の親子になれたようです。 このままほのぼのした毎日が続くと良いのですが、前回の魔力補充しないとと言っていた男性が、何かしてくるのではないかと心配です。 次回のエピソードは それではここまで読んで下さってありがとうございました また次回もお楽しみに.

次の

漫画「ある日、お姫様になってしまった件について」35話のあらすじと感想!ネタバレ有り

ある日お姫様になってしまった件について 60

ルーカスの話によると,魔法を無理やり解くとクロードは死んでしまう。 しかし,解かなくても死んでしまうそう。 それを聞いたアタナシアは泣いてしまいます。 それをみたルーカスは昔の記憶を思い出します。 息子が生まれた塔の魔法使い。 ですが,息子 奥さんもかな? はすぐに死んでしまいます。 悲しみに暮れる魔法使い。 ですが,ルーカスにはなぜそこまで悲しむのか理解できませんでした。 いつまでそんな風にしているつもりなのか。 死んだ人は忘れて と,生きる気力をなくした魔法使いに言いました。 すると 『お前もいつかわかる時が来るだろう。 だが,こない方がいいのかもしれない』とルーカスに言いました。 そして,何年か経ち,塔の魔法使いが死んでしまいました。 魔法使いのボタンを手に持ち,『俺はわからない,知りたくもないしな』とルーカスは1人呟くのでした。 話は現実に戻ります。 ルーカスはアタナシアに『クロードの気分が悪くなる状態も,お前に関係がある。 それでもお前を呼び入れたのは,相変わらずお前を大事に思っているんだ。 記憶がなくてもな』と言います。 それを聞いたアタナシアはクロードの顔を思い浮かべます。 『一応くっついていろ。 お前なしであのキメラ ジェニット とばかりいれば苦痛は減らせるだろうが,黒魔法が消えるわけではないからな。 すぐに死ぬ』 それを聞いたアタナシアは では,可愛らしいお姫様ではどうだったか と言うことを考えます。 すると,先日見た夢を思い出しました。 クロードが夢にうなされ,ジェニットを呼びつけ,クロードが呪われる夢。 そこまで考え,物語が終わった後に,こんなことが起きるわけがない。 と考えます。 すると,ルーカスが,唐突に, 『不公平ではないか』 とアタナシアに語りかけます。 ルーカスの言い分としては,自分の仕事はアタナシアの面倒を見ること。 しかし,今は面倒なことに付き合わされており,城で住むということは対価になってない とのこと。 『じゃあ,何? キスでもすればいいの?』 アタナシアは適当にルーカスにいいます。 すると, 『キス?どこに?』 と聞き返し,顔を近づけてくるルーカス。 『え,えっと…頬?』 戸惑いながらアタナシアが答えると,頬を指差し,突き出してくるルーカス。 え,なんで真剣なの?冗談だったよ!? だが,ずっとその姿勢でいるルーカスに負け, なんなんだよ!! と思いながらも,頬にキスをするアタナシア。 しかし,ドアの隙間からリリーが見ていました。 異変に気付いたフィリックスがすぐに中を確認しましたが,アタナシアがソファに座っているだけで特に異変はありません。

次の