パエリア 鍋。 パエリア鍋のおすすめ人気ランキング10選【IH対応や蓋付きも】

【おすすめパエリア鍋13選】意外と知らない使い道&代用レシピなど!|たべごと

パエリア 鍋

パエリア鍋の使い道とは いわずとしれた、あの、スペイン料理「パエリア」を作るときに使う専用の鍋。 一番オーソドックスなのが、真っ黒な鉄製のもので、両手でつかめる取っ手がついた浅く平らなフライパン状のもの。 他にも、写真にあるように表面にホーロー処理を施したタイプのものもあれば、ステンレス製、アルミ製、そして中には銅製の非常に高価なタイプのものまで、多種多様だ。 一般には、「パエリア専用」と思われがちだが、その底面積の割りに全体がコンパクトにまとまっていることと、取っ手まで全金属性であることから、一般のロースト、特にそのままオーブンに入れる料理などに、幅広く使える。 例えば、鶏モモのローストなど、最初にコンロで焼きつけてからオーブンに入れてじっくり火を通す場合、パエリア鍋であれば、普通の家庭用のオーブンレンジなどでも、コンロの上から、そのままレンジ内に収めることができて、とても都合がいい。 肉、魚介などロースト系のメニューに応用しやすい。 また、パエリア鍋は、調理してそのまま食卓に出しても、見映えがして豪華に見える。 そういった点でも、パエリアはもちろん、肉、魚介などロースト系のメニューに応用しやすい。 パエリア鍋の選び方 最初に揃えるのであれば、まずは、オーソドックスな鉄製で、ご自宅で利用されているオーブンにぎりぎり収まるぐらいのサイズ、大体25 ~30cmぐらいまでで選ぶのがいいだろう。 オーブンに入るサイズであれば、同じパエリアでも、オーブン仕上げのやり方も可能になるし、他のローストメニューなど応用がきく。 パエリア鍋を使う際 最初に使う場合は、コンロでしっかりと空焼きしてから、クレンザーなどで磨き、始めにクズ野菜などを炒めて、ある程度油を馴染ませればいい。 パエリア自体は、油分が多い料理なので、最初におろすのにそれほど気を使う必要はないだろう。 日本のコンロは、火口が小さめで、パエリア鍋をかけると中央部分だけが加熱される傾向が強いようだ。 そういう意味では、同じ鉄製でも底面を厚めにとってあるものや、熱伝導性が高いステンレスや、銅製のものなどを選ぶのも一つの選択肢かも知れない。

次の

パエリア鍋の使い道……オーブン料理にも活用できる万能選手⁉ [男の料理] All About

パエリア 鍋

パエリア鍋とは パエリアをつくることに特化した鍋です。 鉄製、ステンレス製、スチール製などがあり、サイズも少人数用の18cmや、たくさん人が集まったときに便利な30cmなどがあるので使用するシーンに合わせて選ぶことができます。 自分好みに作れる パエリアは、お米に玉ねぎやにんにく、パプリカなどのお好みの野菜、魚介類、鶏肉などを入れ、着色料としてサフランを入れて炊き上げます。 サフランの代わりにカレー粉(ターメリック)も使えます。 2人分の場合は、お米1カップほどが必要です。 調味料も塩と洋風のスープの素を少々入れるだけなので、準備はそれほど難しくありません。 生のトマトを使用したレシピとホール缶を使ったレシピがあるので、自分が作りやすい方で作ってみてください。 パセリやパプリカなどの彩りがあると、見た目もきれいに仕上がります。 他の用途にも使える パエリア鍋はパエリアを作る以外にも、他の料理に使用できます。 ハンバーグや目玉焼き、ステーキを焼くのはもちろん、深めのタイプを選べばすき焼きなどの煮込み料理を作ることができます。 冷凍ピラフを温めることも可能です。 慣れるまではパエリアを作る頻度が少ないかもしれないと感じる方は、深めのタイプやフタ付きの製品を選びましょう。 パエリア鍋の選び方 パエリアを定番メニューにするためにはサイズはもちろん素材やお手入れのしやすさといった部分も含めて選ぶことが大切です。 そこでパエリア鍋を選ぶ際にチェックしたいポイントをまとめていきます。 サイズ 18cm、30cm、45cm、60cmといったようにサイズ展開が幅広くあります。 基本的には作る量に合わせて選びますが、大人数のホームパーティーで使うような大容量サイズになると、家庭用のコンロでは使用できない場合もあるので注意が必要です。 また、浅めのタイプの場合は具材をたっぷり入れてしまうと、炊き上がりにあふれてしまうこともあります。 そういったことを防ぐために深めタイプを選んでもいいですし、ひと回り余裕を持たせたサイズにするのもいいでしょう。 素材 パエリア鍋には、強火での調理に適した鉄製、傷に強くて錆びにくいステンレス製、お手入れが簡単なアルミニウムにテフロン加工を施した製品、オーブンの使用が可能なスチール製などがあります。 素材によって焦げ付きやすさやお手入れ方法が違いますので、見た目の好みと合わせて選んでみてください。 IHに対応しているか 自宅のコンロがIH式の方は、鍋がIH対応かどうかを事前に確かめておきましょう。 メーカーサイトなどで確認することができます。 扱いやすさ 日常の食事でパエリアを気軽に作るためには、扱いやすいパエリア鍋を選ぶことが大切です。 洗浄やお手入れが楽な素材を選んでおくことで普通のフライパン感覚で扱うことができ、オーブン対応のものを選んでおくと調理の幅が広がります。 また、フタ付きの製品を選んでおくとパエリア以外の料理用として使うことができます。 パエリア鍋の主なメーカー EL CID(エルシッド) EL CID社はパエリアの本場、スペインのバレンシアでパエリア用のフライパンを製造するメーカーです。 家庭やレストランでのシェアが高く、日本でも愛用者が多いことで知られています。 EL CID社のパエリア鍋はハンドルを含む全体がスチール製なので、オーブンでの使用も可能です。 赤川器物製作所 新潟県燕市にある、ステンレス製の厨房器具を製造しているメーカーです。 赤川器物製作所のパエリア鍋は、錆びにくくてお手入れが楽な「18-8パエリア鍋」、鉄製で強火の調理に適した「鉄黒皮パエリア鍋」があります。 パエリア鍋のおすすめ5選.

次の

パエリア鍋の使い道……オーブン料理にも活用できる万能選手⁉ [男の料理] All About

パエリア 鍋

鉄製のパエリア鍋は初めて鍋を使う前に、お手入れが必要です。 パエリア鍋に限らず、鉄中華鍋などでも似たようなことをすると思うのですが・・・ (テフロン加工などのフライパンは、このようなお手入れは不要です。 臭いがすごいので、必ず換気扇を回すようにしてください。 できるだけ広範囲に、側面も焼けたら焼いてください。 しばらくほうっておきましょう。 決して水をかけてはいけませんよ。 クレンザーを使っていいですので、ガシガシやっちゃってください。 鍋に油を入れて、5分ほど弱火で煮ます。 初めて使う前のお手入れは以上です。 食器用の洗剤は使いません。 金たわしを使って磨き、汚れをこすり落とします。 これで完了です。

次の