タイマー。 Windows 10でタイマーを使う方法

Windows 10 タイマーを設定してシャットダウンする

タイマー

タイマー Timers• この記事の内容. NET には、マルチスレッド環境で使用するタイマーが 2 つあります。 NET provides two timers to use in a multithreaded environment:• は スレッドで決まった間隔を空けながら呼び出しメソッドを 1 つ実行します。 , which executes a single callback method on a thread at regular intervals. は既定では、 スレッドで決まった間隔を空けながらイベントを発生させます。 , which by default raises an event on a thread at regular intervals. 注意 一部の. NET 実装には追加タイマーが含まれています。 Some. NET implementations may include additional timers:• : 一定の間隔でイベントを発生させる Windows フォーム コンポーネント。 : a Windows Forms component that fires an event at regular intervals. このコンポーネントにはユーザー インターフェイスがなく、シングルスレッド環境で使用するように設計されています。 The component has no user interface and is designed for use in a single-threaded environment. : 非同期または同期の Web ページのポストバックを一定の間隔で実行する ASP. NET コンポーネント。 : an ASP. NET component that performs asynchronous or synchronous web page postbacks at a regular interval. : 指定の間隔と指定の優先順位で処理される キューに統合されるタイマー。 : a timer that is integrated into the queue which is processed at a specified interval of time and at a specified priority. System. Threading. Timer クラス The System. Threading. Timer class クラスによって、指定の間隔でデリゲートを連続的に呼び出すことができます。 The class enables you to continuously call a delegate at specified time intervals. このクラスを使用し、指定の間隔でデリゲートの呼び出しを 1 つスケジュールすることもできます。 You can also use this class to schedule a single call to a delegate in a specified time interval. デリゲートは スレッドで実行されます。 The delegate is executed on a thread. オブジェクトを作成するとき、呼び出しメソッドを定義する デリゲート、呼び出しに渡される任意の状態オブジェクト、最初の呼び出しまで遅らせる時間、呼び出し間隔を指定します。 When you create a object, you specify a delegate that defines the callback method, an optional state object that is passed to the callback, the amount of time to delay before the first invocation of the callback, and the time interval between callback invocations. 保留中のタイマーを取り消すには、 メソッドを呼び出します。 To cancel a pending timer, call the method. 次の例では、1 秒 1000 ミリ秒 後に最初の指定デリゲートを呼び出し、その後、2 秒おきに呼び出すタイマーが作成されます。 The following example creates a timer that calls the provided delegate for the first time after one second 1000 milliseconds and then calls it every two seconds. この例の状態オブジェクトは、デリゲートを呼び出す回数を数えるために使用されます。 The state object in the example is used to count how many times the delegate is called. デリゲートが少なくとも 10 回呼び出されると、タイマーが停止します。 The timer is stopped when the delegate has been called at least 10 times. Threading; using System. Threading. Delay 1000. Dispose ; Console. Now:HH:mm:ss. Now:HH:mm:ss. Increment ref state. Threading Module Program Private Timer As Timer Sub Main args As String Dim StateObj As New TimerState StateObj. Delay 1000. Wait End While Timer. Dispose Console. Now:HH:mm:ss. " End Sub Private Sub TimerTask ByVal StateObj As Object Console. Now:HH:mm:ss. Increment State. Counter End Sub Private Class TimerState Public Counter As Integer End Class End Module 使用例を含む詳細については、「」を参照してください。 For more information and examples, see. System. Timers. Timer クラス The System. Timers. Timer class マルチスレッド環境で使用できる別のタイマーが です。 このタイマーは既定で、 スレッドでイベントを発生させます。 Another timer that can be used in a multithreaded environment is that by default raises an event on a thread. オブジェクトを作成するとき、 イベントを発生させる間隔を指定できます。 When you create a object, you may specify the time interval in which to raise an event. プロパティを使用し、タイマーが イベントを発生させるかどうかを示します。 Use the property to indicate if a timer should raise an event. 指定間隔の経過後、1 回だけ イベントを発生させる必要がある場合、 を false に設定します。 If you need an event to be raised only once after the specified interval has elapsed, set the to false. プロパティの既定値は true です。 プロパティで定義される間隔で イベントが発生します。 The default value of the property is true, which means that an event is raised regularly at the interval defined by the property. 使用例を含む詳細については、「」を参照してください。 For more information and examples, see. 関連項目 See also• 関連記事.

次の

【通販モノタロウ】

タイマー

指定時間後にシャットダウンする• 時間を指定してシャットダウンする 指定時間後にシャットダウンする 次のコマンドを実行すると、指定した秒数後にシャットダウンや再起動ができます。 コマンドを実行するには、「ショートカット」や「コマンドプロンプト」、「ファイル名を指定して実行」などがあります。 この引数を付けないと、次のようにシャットダウンがキャンセルされる場合があります。 タイマーを指定した後でスリープ状態になるとタイマーが一時停止します。 スリープが解除されるとタイマーが再開します。 スリープ中にシャットダウンしたいときは下記の「時間を指定してシャットダウンする」をご覧ください。 ショートカットから実行する ショートカットファイルを作成するには「」をご覧ください。 コマンドプロンプトから実行する 検索ボックスに コマンドプロンプトと入力して [コマンドプロンプト] をクリックします。 10 分後にシャットダウンされます。 スポンサーリンク 時間を指定してシャットダウンする タスクスケジューラを使用すると指定の時間に実行したり、スリープ中にもシャットダウンできます。 ただし、設定が複雑です。 検索ボックスに タスクスケジューラと入力して [タスクスケジューラ] をクリックします。 右側の [基本タスクの作成] をクリックします。 好きな [名前] を入力して [次へ] をクリックします。 [1 回限り] を選択して [次へ] をクリックします。 シャットダウンする [時刻] を入力して [次へ] をクリックします。 [プログラムの開始] を選択して [次へ] をクリックします。 [完了] をクリックします。 これで指定の時間になったらシャットダウンします。 ただし、このままではスリープ中にシャットダウンされないので必要なら次の設定をします。 スリープの設定 右側の [最新の情報に更新] をクリックします。 左側の [タスクスケジューラ ライブラリ] をクリックします。 作成した名前でタスクが表示されているので、その [タスク] をダブルクリックします。 [条件] タブをクリックし、[タスクを実行するためにスリープを解除する] をチェックして [OK] をクリックします。 これでスリープ中にタスクが実行されます。 ただし Windows の設定でスリープ中にタスクの実行を許可している必要があります。 [ハードウェアとサウンド] をクリックします。 [電源プランの編集] をクリックします。 [詳細な電源設定の変更] をクリックします。 [スリープ] の [スリープ解除タイマーの許可] の [設定] を有効にして [OK] をクリックします。 これでスリップ中でもタスクが実行されます。 タスクの停止や削除 [タスクスケジューラ ライブラリ] にある作成した [タスク] をクリックします。 右側の [無効化] や [削除] をクリックして一時停止や削除できます。 スポンサーリンク.

次の

【通販モノタロウ】

タイマー

指定時間後にシャットダウンする• 時間を指定してシャットダウンする 指定時間後にシャットダウンする 次のコマンドを実行すると、指定した秒数後にシャットダウンや再起動ができます。 コマンドを実行するには、「ショートカット」や「コマンドプロンプト」、「ファイル名を指定して実行」などがあります。 この引数を付けないと、次のようにシャットダウンがキャンセルされる場合があります。 タイマーを指定した後でスリープ状態になるとタイマーが一時停止します。 スリープが解除されるとタイマーが再開します。 スリープ中にシャットダウンしたいときは下記の「時間を指定してシャットダウンする」をご覧ください。 ショートカットから実行する ショートカットファイルを作成するには「」をご覧ください。 コマンドプロンプトから実行する 検索ボックスに コマンドプロンプトと入力して [コマンドプロンプト] をクリックします。 10 分後にシャットダウンされます。 スポンサーリンク 時間を指定してシャットダウンする タスクスケジューラを使用すると指定の時間に実行したり、スリープ中にもシャットダウンできます。 ただし、設定が複雑です。 検索ボックスに タスクスケジューラと入力して [タスクスケジューラ] をクリックします。 右側の [基本タスクの作成] をクリックします。 好きな [名前] を入力して [次へ] をクリックします。 [1 回限り] を選択して [次へ] をクリックします。 シャットダウンする [時刻] を入力して [次へ] をクリックします。 [プログラムの開始] を選択して [次へ] をクリックします。 [完了] をクリックします。 これで指定の時間になったらシャットダウンします。 ただし、このままではスリープ中にシャットダウンされないので必要なら次の設定をします。 スリープの設定 右側の [最新の情報に更新] をクリックします。 左側の [タスクスケジューラ ライブラリ] をクリックします。 作成した名前でタスクが表示されているので、その [タスク] をダブルクリックします。 [条件] タブをクリックし、[タスクを実行するためにスリープを解除する] をチェックして [OK] をクリックします。 これでスリープ中にタスクが実行されます。 ただし Windows の設定でスリープ中にタスクの実行を許可している必要があります。 [ハードウェアとサウンド] をクリックします。 [電源プランの編集] をクリックします。 [詳細な電源設定の変更] をクリックします。 [スリープ] の [スリープ解除タイマーの許可] の [設定] を有効にして [OK] をクリックします。 これでスリップ中でもタスクが実行されます。 タスクの停止や削除 [タスクスケジューラ ライブラリ] にある作成した [タスク] をクリックします。 右側の [無効化] や [削除] をクリックして一時停止や削除できます。 スポンサーリンク.

次の