ペルソナ 4 ゴールデン コミュ。 【紹介と評価】ペルソナ4 ザ・ゴールデン(PSVita)

ペルソナ4ザ・ゴールデン まとめ:ゲーマー戦記

ペルソナ 4 ゴールデン コミュ

聖剣伝説クリアから随分と間が空いてしまった。 なんもかんも 『ひぐらし粋』が悪いw ノベルゲーのトロコンに2ヶ月かかるとは、ほんと恐ろしい子。 あと 南井さんラブ。 というわけで、ペルソナ4 ザ・ゴールデンのトロコンも完了したので記事にまとめます。 【ザ・ゴールデン】 まずはPS2版からの追加要素について スキルカードが導入されたり 追加イベントがあったりと、PS2版をやってた身でもかなり新鮮な感覚で楽しめる内容になってました。 期待して買ったけど期待以上の内容。 追加イベントはほとんどがボイス付で新規にアニメも作られていて至れり尽くせり。 旧ボイスと新ボイスに違和感があるシーンがあるけど概ね許容範囲かな。 他にも 夜行動が追加されてキャラクター達と触れ合う機会が増え、各キャラクターの掘り下げと同時にコミュのランクアップも行いやすくなっている。 さらに 家庭菜園や おみくじ等々、特定の コミュ活動を支援する行動が増えた点も見逃せない。 そして各キャラクターの能力調整は実は一番うれしかった部分。 仲間が終盤2段階転生時に覚えるスキルはどれも優秀で オンリーワンの個性となっていて実によい。 特に即死系を得意とするが故にボス戦ではどうしても使いにくい印象のあった 直斗君は、 正義の盾を覚えたことに加え、 メギド系も強くなっていることもあり一躍ボス戦要員へ成長。 完二の 漢の花道もボス戦では微妙だが、シャッフルタイムの仕様変更やスキルカードとの相乗効果で やり込みプレイには欠かせない超優良技能。 ただクマの カムカムミラクルは どうしてこうなった! 本編以外にも、タイトル画面の番組表からは アニメ観賞 本編シーン回想 や ライブ映像の視聴ができたり、 声優インタビューや 設定イラスト等の おまけ要素が盛りだくさん。 正直この部分だけでもファンディスクとして売れるレベル。 【BGM】 元々PS2版の時点で評価が高いけどザ・ゴールデンの追加BGMもグッド。 全体を通して今作使われた中では 『SNOWFLAKES 3学期BGM 』がお気に入り。 真犯人を捕まえ事件が解決した後のBGMとタイミング的にも恵まれていた感。 先述の番組表に入っている楽曲集からも聞けるので今まさに聞きながらこれ書いてます。 【好きなシーン】 一番はこのシーンだけど、好きなシーンを思い出そうとすると大体陽介関係だった。 いや陽介ほんと凄いよ、 打てば響く相棒の鑑。 借りたものを壊したらきっちり弁償するくせに、自分の不利益に関しては怒る止まりの聖人。 お前が相棒でよかった。 【マイペルソナ】 ペルソナをやったからにはこのコーナーは 必須でしょう。 ダンジョン攻略用 マガツイザナギ・ スカアハ 3オート・ ハマ・ ムドの マガナギ、 4属性攻撃・ 勝利の雄叫びの スカアハの速攻コンビ。 コンセプトは 主人公一人で全員ダウンさせてラッシュ。 自分の攻撃属性にはもれなく無効か吸収を備えており、反射持ちが混じっていても気にせず弱点を狙っていけます。 ブースタなしで火力は低めとはいえ、ダウンさせてラッシュが前提なのでこれで十分と判断。 このコンビが最も力を発揮するのが追加ダンジョンの虚ろの森です。 あの面倒なダンジョンで常に速攻ができるのは個人的に結構大きい。 ボス攻略用 タムリン・ ヨシツネ・ コウリュウ・ ノルン ボス戦での即死系は意味がないので マガナギから タムリンへスターターを交代、コンセントレイトから ダブルブースタと ジオダインの コウリュウ、もしくはチャージから 八艘飛びの ヨシツネからなるアタッカーチーム。 サポート特化 ノルンも ランダマイザが実に役立つ。 役割分担を重視した編成だけど、物理と電撃の両方に耐性を持つボスだと若干きつい。 まぁそんなの マーガレットさんくらいのものですが。 ワンポイントで ルシフェル 主に 明けの明星と メシアライザー担当。 コウリュウも使えるようにしてるので正直あまり出番がなかった。 そして最後はもちろんこのペルソナ 我等が番長 イザナギ コンセプトは 「番長ペルソナイザナギ!タイマン張らせてもらうぜ!」 常に装備しておきたいのでオートスキル3種は必須技能。 弱点と即死はきちんと対策。 ブレイブザッパーに命を賭けて。 敵の 攻撃は真正面から受ける仁王立ちスタイル。 例え傷ついても 勝利の雄叫びの効果で後腐れなし 「これでお前ともダチだな」 すっかり忘れてたけど スキルの並び替えができるようになったのは地味に神要素だと思う。 これの有無で ペルソナの美しさが段違い。 【やり込み要素】 2周でプラチナトロフィー達成。 1周目に取得不可の2種類を除いたトロフィーは1周目で全て収集。 イベントスキップしながら2周目に 伊邪那岐大神作成と マーガレット撃破してフルコンプ。 全体的にスムーズに進められましたが、じっくりプレイしてたから結構時間がかかりました。 噂のりせナビ250種類トロフィーは意外と苦労しなかった。 どんなナビがあるかを把握していれば比較的簡単に狙えます。 大体の目安としてボイドクエストクリア~直斗基地突入あたりまでには250種類の条件が出揃います。 実際救出前に取れたので間違いない。 これは 直斗君に関するナビを一切聞いていなくても取れるということでもあり、トロフィーの必要数に 結構な余裕があるということです。 色々な戦い方をするように意識していればそれ程難しくはないと思います。 ちなみにこの1周目はりせの 相性サーチを加入直後に取ったけどそれでもいける。 まぁこれを諦める最大の原因は、聞いた分をメモるのが面倒という部分でしょうけどね。 【ペルソナ4ザ・ゴールデン】 PS2版から好きだったので、リメイクが決まってからもずっとプレイしたかった一作。 Vita購入の決定打は サモンナイト6でしたが、この作品もVitaを買った要因の一つです。 色々と変わっていた部分があり、 PS2版をやっていたからこそ驚く部分も多かった。 結論としては、あらゆる面でPS2版を超える出来映えになっている良リメイク。 十分すぎるほどに満喫できたと思います。 自分の心の底にある闇と向かい合うシナリオ、それを含めても仲間として繋がる主人公達。 今作の面白さはそういった キャラクターの魅力部分が占める割合が大きいので、登場するキャラクターに魅力を感じない人にはちょっと残念な作品に見えるかも? まぁ私はペルソナ4のキャラクターが大好きな人なので大満足でしたよ。 PS2版、Vitaリメイク、マヨナカアリーナが2作、ダンシングオールナイトにアニメも2作。 これほど手広く展開するとは、ペルソナ4の持つポテンシャルには正直驚きを隠せない。 次回作ペルソナ5発売までの10年近くを戦い抜いたもうすっかり歴戦のキャラですね。 ペルソナ5も出たし、これでようやくバトンタッチ…したんだろうか。 ではでは、恐らくまだ出番があるであろうペルソナ4メンバーズの今後に思いを馳せつつ ゲーマーの詰所 86作品目の完全クリア。 ペルソナ4ザ・ゴールデンを終えたいと思います。

次の

【ペルソナ4ザ・ゴールデン】二股・三股のペナルティ、デメリットは?

ペルソナ 4 ゴールデン コミュ

今までのペルソナファンの皆様には申し訳ないけれど、 ペルソナは3と4でシステムが大きく変わってくれて本当に良かったと思っています。 変わってくれていなかったら、私はまだアトラス作品が苦手だったと思うので。 (進めれば進めるほど増える悪魔と合成、全部育てたくて頑張るとストーリーを忘れて結局投げる、、というのが恒例でした) 「ペルソナ4」。 PS2版で2周していて、ストーリーも、ラスボスも、旧コミュニティも全部知っているにもかかわらず、vita版で現在3周目。 単純に、自分でキツキツにスケジュールを詰めてコミュニティレベルを上げていく作業が面白くてやめられないのもあるのですが、 周回やロードをくりかえしていると、 ・システムメッセージのはさみ方 ・イベントのテンポの良さ ・コミュニティが発生するタイミングときっかけ ・雨の日の頻度 ・被害者は全員女性だと思っていたところに完二(男)が出てくるタイミングの良さ ・被害者を助ければ仲間になると思っていたところに、そうじゃない人物が出てくる意外性 ・・など このゲームが用意している小技や魅力に気づいてしまい、 それを確認したいがためにやめられない感じにすらなってきました。 PS2版では12月末のクリスマスを過ぎると、自動で3月まで飛ばされてエンディングになっていたカレンダーが、 vita版では新しいコミュニティが2つ増えたためか、2月末までしっかり生活できるのが、地味だけどすごくうれしいです。 このゲームが好きな人ほど3月が近づくのが寂しいはずなので、 よくそこを伸ばしてくれましたね!!という思いです。 しかも増えた2か月間がものすごく充実していて、 スキー旅行やバレンタインなどの、ニヤニヤできるイベント(笑)も嬉しいのですが、 vita版で追加された新キャラ&コミュニティが 3月の真エンディングへの繋ぎ役として、 まるでPS2版になかったのが不思議なほどしっかりなじんでいます。 ぶっちゃけ、vita版をやったらPS2版に戻れません。。 本気でそう思います。 vitaの機能を生かしたオンライン応援も、 協力プレイというほど他人と絡まないので、気が向いたときに気楽に変なメッセージを作って応援できるのが良かったです。 wifi版の私が常にオンラインでなくても悔しくない気軽さで。 (笑) お礼の挨拶しなきゃ失礼にあたるかな・・、などとすぐ思ってしまう性格なので、適当に流してもちっとも気にならないこの距離感はとても気持ち良かったです。 クイズ番組にかこつけた「ミニゲームの速押し問題」 音楽番組にかこつけた「特典ライブ映像」 芸術番組にかこつけた「アートワーク」など、 ストーリーの進行でテレビ番組が放送を重ねるように 特典映像が解放されていくのですが、 この魅せ方もすごく上手だと思います。 いかにもテレビが深く関わるこのゲームらしくて、 ・・全然ブレてない!ペルソナ4、恐ろしい子! ミニゲームの速押しクイズは、ちゃんと不正解と正解、優勝するしない、でイベントも分けているという用意周到さ。 ほんとに良くできてると思います。 他にアタリ作品が少ないvitaだから、とか、そんな話ではなく、 本当にこのゲームは単体として素晴らしく完成度の高いゲームだと思います。 あまり人を選ばないっぽい、万人受けしそうな雰囲気もお勧めしやすいので、グラビディデイズと並んで、ペルソナ4は 「vita買うならやっときなよ」と私が言えるイチオシ作品です。 ペルソナ4ザ・ゴールデン 一週目無事終了! 約一ヶ月かかりました。 PS2版の真EDまで見てるので 特にキャラへの感想とかは変わりなし。 この作品が好きなので2回目でもおもろかった。 個人的に好きなのは花村とチエちゃん でも主人公の恋人は雪子 でもストーリーの正ヒロインは菜々子だと思ってる。 好きなコミュは堂島親子もしくはバスケ部 堂島さんの疲れたときの顔を書いた人は天才だわ、俺もあんな顔してるときあります。 今回はアニメがかなり良かったので 実名ではなく、鳴上 悠の名前でプレイ あと、今回は初期の花村、チエ、雪子から一切PTメンバー変えなかったが 超がつくほど余裕だった(1回だけGAMEOVERでレベル上げしましたが) ノーマルでもPS2版より簡単になってるのかな? 新キャラ、アニメに出てきた出前の女の子出てこねーんだけど仕様ですか…。 何回飯喰いに行ったかあの時間無駄だった。 追加イベントはジュネスライブとバイクで海へ、とスキー旅行。 ぶっちゃけどれも良かった。 どれもアニメに収録されてないシナリオだからこれだけの為にやる価値ありまっせ! 温泉や映画システムもよかった自分のペルソナのカスタマイズだけじゃなくて 日常の仲間のペルソナのケアができるのはやっててかなり愉しい。 オマケの声優トークのコーナーはおもろい発送だったなって。 それじゃ、ひとまずペルソナ4はいったんおしまい。 次はアルティメットですね。 ぶっちゃけシリーズのファンじゃなくてP4単体のファンなので ペルソナペルソナ言うのも恥ずかしいはなしですがやっぱこの作品好きですわ。 はじめてのペルソナ。 ペルソナの印象は一番最初の何かくらーいキャラとか雰囲気でシリーズ自体、敬遠していたけど・・・ P4G面白い!! 過去作をやっていなかったことを後悔するぐらいに! まず驚くのはVITAの有機ELでかなり綺麗になったグラフィック!! OPが本当に綺麗で起動するたびにみていました。 携帯機でここまで綺麗なものが見れて、遊べることが本当に凄い!! ストーリーはしっかりしてるし、ほんとに戦略的なコマンドRPGは携帯機だからこそじっくり楽しめるし、 設定資料やP4A、P4Uの宣伝動画、 そして! 本格的なクイズが楽しめるマヨナカ横断クイズのあるおまけモードはファンにとったら涙ものぐらいの充実!! キャラクターたちの会話も面白く、季節ごとのイベントシーンやアニメシーンなども丁寧に面白く作られていてほんとうに面白い。 プレイヤーによっては2月に心痛むイベントもありますが・・・ 初めてペルソナを体験するにはP4Gは一番良いものになるはずです!! 元のペルソナをやってた人達にとっても追加されたイベント、特典、システムはかなり凄いもののようでこれ、ただの追加移植じゃないよ!! リメイクといって良いよ!! と興奮するほど。 初めてのペルソナでとりあえずのクリアまでは80時間ほどの大ボリューム。 そこから、P4Gで追加されたEDなどをみるのにさらに遊べるので本当に長く楽しめます。 周回要素や周回時の難易度の細かな設定などユーザーに本当に親切なところも良いです。

次の

[P4G]コミュ活動とは?キャラとの仲を深めよう

ペルソナ 4 ゴールデン コミュ

今までのペルソナファンの皆様には申し訳ないけれど、 ペルソナは3と4でシステムが大きく変わってくれて本当に良かったと思っています。 変わってくれていなかったら、私はまだアトラス作品が苦手だったと思うので。 (進めれば進めるほど増える悪魔と合成、全部育てたくて頑張るとストーリーを忘れて結局投げる、、というのが恒例でした) 「ペルソナ4」。 PS2版で2周していて、ストーリーも、ラスボスも、旧コミュニティも全部知っているにもかかわらず、vita版で現在3周目。 単純に、自分でキツキツにスケジュールを詰めてコミュニティレベルを上げていく作業が面白くてやめられないのもあるのですが、 周回やロードをくりかえしていると、 ・システムメッセージのはさみ方 ・イベントのテンポの良さ ・コミュニティが発生するタイミングときっかけ ・雨の日の頻度 ・被害者は全員女性だと思っていたところに完二(男)が出てくるタイミングの良さ ・被害者を助ければ仲間になると思っていたところに、そうじゃない人物が出てくる意外性 ・・など このゲームが用意している小技や魅力に気づいてしまい、 それを確認したいがためにやめられない感じにすらなってきました。 PS2版では12月末のクリスマスを過ぎると、自動で3月まで飛ばされてエンディングになっていたカレンダーが、 vita版では新しいコミュニティが2つ増えたためか、2月末までしっかり生活できるのが、地味だけどすごくうれしいです。 このゲームが好きな人ほど3月が近づくのが寂しいはずなので、 よくそこを伸ばしてくれましたね!!という思いです。 しかも増えた2か月間がものすごく充実していて、 スキー旅行やバレンタインなどの、ニヤニヤできるイベント(笑)も嬉しいのですが、 vita版で追加された新キャラ&コミュニティが 3月の真エンディングへの繋ぎ役として、 まるでPS2版になかったのが不思議なほどしっかりなじんでいます。 ぶっちゃけ、vita版をやったらPS2版に戻れません。。 本気でそう思います。 vitaの機能を生かしたオンライン応援も、 協力プレイというほど他人と絡まないので、気が向いたときに気楽に変なメッセージを作って応援できるのが良かったです。 wifi版の私が常にオンラインでなくても悔しくない気軽さで。 (笑) お礼の挨拶しなきゃ失礼にあたるかな・・、などとすぐ思ってしまう性格なので、適当に流してもちっとも気にならないこの距離感はとても気持ち良かったです。 クイズ番組にかこつけた「ミニゲームの速押し問題」 音楽番組にかこつけた「特典ライブ映像」 芸術番組にかこつけた「アートワーク」など、 ストーリーの進行でテレビ番組が放送を重ねるように 特典映像が解放されていくのですが、 この魅せ方もすごく上手だと思います。 いかにもテレビが深く関わるこのゲームらしくて、 ・・全然ブレてない!ペルソナ4、恐ろしい子! ミニゲームの速押しクイズは、ちゃんと不正解と正解、優勝するしない、でイベントも分けているという用意周到さ。 ほんとに良くできてると思います。 他にアタリ作品が少ないvitaだから、とか、そんな話ではなく、 本当にこのゲームは単体として素晴らしく完成度の高いゲームだと思います。 あまり人を選ばないっぽい、万人受けしそうな雰囲気もお勧めしやすいので、グラビディデイズと並んで、ペルソナ4は 「vita買うならやっときなよ」と私が言えるイチオシ作品です。 ペルソナ4ザ・ゴールデン 一週目無事終了! 約一ヶ月かかりました。 PS2版の真EDまで見てるので 特にキャラへの感想とかは変わりなし。 この作品が好きなので2回目でもおもろかった。 個人的に好きなのは花村とチエちゃん でも主人公の恋人は雪子 でもストーリーの正ヒロインは菜々子だと思ってる。 好きなコミュは堂島親子もしくはバスケ部 堂島さんの疲れたときの顔を書いた人は天才だわ、俺もあんな顔してるときあります。 今回はアニメがかなり良かったので 実名ではなく、鳴上 悠の名前でプレイ あと、今回は初期の花村、チエ、雪子から一切PTメンバー変えなかったが 超がつくほど余裕だった(1回だけGAMEOVERでレベル上げしましたが) ノーマルでもPS2版より簡単になってるのかな? 新キャラ、アニメに出てきた出前の女の子出てこねーんだけど仕様ですか…。 何回飯喰いに行ったかあの時間無駄だった。 追加イベントはジュネスライブとバイクで海へ、とスキー旅行。 ぶっちゃけどれも良かった。 どれもアニメに収録されてないシナリオだからこれだけの為にやる価値ありまっせ! 温泉や映画システムもよかった自分のペルソナのカスタマイズだけじゃなくて 日常の仲間のペルソナのケアができるのはやっててかなり愉しい。 オマケの声優トークのコーナーはおもろい発送だったなって。 それじゃ、ひとまずペルソナ4はいったんおしまい。 次はアルティメットですね。 ぶっちゃけシリーズのファンじゃなくてP4単体のファンなので ペルソナペルソナ言うのも恥ずかしいはなしですがやっぱこの作品好きですわ。 はじめてのペルソナ。 ペルソナの印象は一番最初の何かくらーいキャラとか雰囲気でシリーズ自体、敬遠していたけど・・・ P4G面白い!! 過去作をやっていなかったことを後悔するぐらいに! まず驚くのはVITAの有機ELでかなり綺麗になったグラフィック!! OPが本当に綺麗で起動するたびにみていました。 携帯機でここまで綺麗なものが見れて、遊べることが本当に凄い!! ストーリーはしっかりしてるし、ほんとに戦略的なコマンドRPGは携帯機だからこそじっくり楽しめるし、 設定資料やP4A、P4Uの宣伝動画、 そして! 本格的なクイズが楽しめるマヨナカ横断クイズのあるおまけモードはファンにとったら涙ものぐらいの充実!! キャラクターたちの会話も面白く、季節ごとのイベントシーンやアニメシーンなども丁寧に面白く作られていてほんとうに面白い。 プレイヤーによっては2月に心痛むイベントもありますが・・・ 初めてペルソナを体験するにはP4Gは一番良いものになるはずです!! 元のペルソナをやってた人達にとっても追加されたイベント、特典、システムはかなり凄いもののようでこれ、ただの追加移植じゃないよ!! リメイクといって良いよ!! と興奮するほど。 初めてのペルソナでとりあえずのクリアまでは80時間ほどの大ボリューム。 そこから、P4Gで追加されたEDなどをみるのにさらに遊べるので本当に長く楽しめます。 周回要素や周回時の難易度の細かな設定などユーザーに本当に親切なところも良いです。

次の