ウィル スミス 映画。 全25作品。ウィル・スミスが出演した映画ランキング

映画『ジェミニマン』ウィル・スミス主演×アン・リー監督の近未来アクションエンターテイメント

ウィル スミス 映画

事業の失敗によりホームレスになるまで落ちぶれたが、最終的には成功を掴んだ実在の男性、の半生を描いた作品である。 原題はにおける「幸福の追求(The pursuit of happiness)」に由来するものである。 間違えられやすいが、この「ハピネス」は正式な綴りの「 Happiness」ではなく、「 Happyness」である。 これは息子の託児所の落書きにあったスペルミスが元となっている。 主人公を演じたがでにノミネートされた。 ストーリー [ ] の。 妻リンダと息子のクリストファーと暮らすクリス・ガードナーは、骨密度を測定する新型医療器械のセールスをしていた。 大金をはたいて仕入れた時にはこの機械を「革命的な機械」と信じ、妻とともに希望にあふれていたが、いざセールスをしてみるとその機械は病院関係者にとって「レントゲンより少し鮮明に見える程度で高価な贅沢品」という無用の長物であった。 そのため機械のセールスはうまくいかず税金も滞納し、妻のパートでなんとか乗り切る苦しい生活を送っていた。 そんなある日、彼は路上で「」を見かけて思わず持ち主に二つの質問をする。 「あなたに二つ質問がある。 仕事と、その仕事にどうやって就いたんだ?」 「株の仲買人をしていて、学歴がなくてもなれる」と返された彼は、株に興味を持ち始め、たまたま見つけた証券会社の養成コースに願書を提出する。 半年間の研修期間で定員は20名、その中で選ばれるのはたった1名。 しかもそのためにはまず研修生に選ばれることが必要だった。 そこで彼は人材課長のトゥイッスルに近づき、彼が持っていたルービックキューブ(当時テレビにも取り上げられるほど大流行していた)を数分で完成させ、驚かせる。 そうしてトゥイッスルに認められたクリスは研修プログラムに合格、参加することになる。 だが研修期間中は無給であった。 もし1名に選ばれなかったら半年間が無駄になる。 そんなとき、とうとうリンダが苦しい生活に耐えかね、息子を連れて出て行ってしまった。 クリスは保育所から息子のクリストファーを連れ帰ったものの、大家には立ち退きを命じられ、駐車違反で一晩拘留されてしまう。 持ち前の誠実さと機転で研修生にはなれたが、息子と2人で安モーテルに住むことになった。 幸い機械のセールスはうまくいき、4ヶ月で売り切るが、一息つく間もなく税の未納分として、そのほとんどを差し押さえられてしまうのである。 行くあてもなく文字通り路頭に迷う2人は、駅のトイレや教会などを転々とするホームレス生活を送る。 貯蓄も家もなく、明日も見えない辛い日々の中、クリスを突き動かすものは、この生活から脱け出し幸せになりたいという思いと、父親も知らず育った自分のような境遇を息子に味わわせたくない、という息子への愛情であった。 エピソード [ ] 主人公の息子役にはウィル・スミスの実の息子であるが配役され、親子共演となった。 この映画は実在するクリス・ガードナーの半生が元になっているが、劇中の最後のシーン(クリス役のウィル・スミスと息子が手をつなぎ歩いていくシーン)でクリス・ガードナー本人が登場し、2人の横を通り、それをウィル・スミスが振り返り見つめるという場面がある。 キャスト [ ] 役名 俳優 日本語吹替 ソフト版 版 クリス・ガードナー クリストファー リンダ ジェイ・トゥイッスル ブライアン・ホウ マーティン・フローム ジェームズ・カレン アラン・フレーケシュ ウォルター・リボン カート・フューラー チュー夫人 タカヨ・フィッシャー タクシードライバー ズハイル・ハダド 大家 ヴィクター・レイダー=ウェクスラー 男性運転手 ウェイン マーク・クリストファー・ローレンス ホームレス ジョン・ロブ ティム・リボン ドミニク・ボヴ ディーン・ウィッターの秘書 エリン・ビアズ フェラーリのオーナー ジェフ・キャラン 役員 ジョン・コヴァセヴィッチ インターン ケヴィン・クルック ヒッピー女 ジョイフル・レイヴン バスドライバー ラシダ・クレンデニング 秘書 アビゲイル・ヴァン・アリン• 日本テレビ版:初回放送2009年3月6日『』 脚注 [ ].

次の

幸せのちから (映画)

ウィル スミス 映画

幼少期からラップ・ミュージックに親しみ、1986年、ジェフ・タウンズとDJジャジー・ジェフ&ザ・フレッシュ・プリンスを結成、プリンスの愛称で瞬く間に人気者となる。 90年にはテレビ界に進出し、「ハートブレイク・タウン」(92)で映画デビュー。 マイケル・ベイ監督の「バッドボーイズ」(95)に主演し、トップスターとなる。 以降、「インデペンデンス・デイ」(96)や「メン・イン・ブラック」3部作(97~12)、「アイ・アム・レジェンド」(07)などの大ヒット作に主演し、最も稼げる黒人ハリウッドスターとして活躍。 実在の伝説的ボクサーを演じた「ALI アリ」(01)と、息子ジェイデン・スミスと初共演した「幸せのちから」(06)で2度オスカーの候補となる。 近年の主演作に「コンカッション」(15)、「スーサイド・スクワッド」(16)など。 ディズニーの実写映画「アラジン」(19)ではランプの魔人ジーニー役を演じた。 関連作品(映画)• - 2021年公開予定• 5 2020年公開• 2 2019年公開• 1 2019年公開• 4 2017年公開• 5 2016年公開 受賞歴.

次の

ウィル・スミスW主演!! 最新技術によるクローン・アクションを映画館で体感せよ!『ジェミニマン』

ウィル スミス 映画

ウィル・スミスがゴールデングローブ賞主演男優賞にノミネートされた。 実在の法医学者、ベネット・オマル医師を演じたスミスは最高の称賛を受けるにふさわしい。 アメフトの知識は皆無のナイジェリアからの移民、オマル医師は、NFLの最悪の悪夢となった。 オマル医師は、殿堂入りしたピッツバーグ・スティーラーズのセンター、"鋼の男"マイク・ウェブスター(デヴィッド・モースが素晴らしい)の脳を検査し、試合での頭突きがウェブスターの記憶障害や認知症を引き起こし、結果的に彼を死に追いやったことを突きとめる。 そしてこれを慢性外傷性脳症(CTE)と名付け、患者が亡くなるまで発見されなかった病について、プロやアマチュア選手に警鐘を鳴らす活動を始める。 オマル医師は、繰り返し頭をぶつけ合い、ボロボロになることを選手の誇りの源としたり、無知な観衆に歓声を上げさせる術としたりすべきでないと主張する。 選手たちは何と戦っているのかを知る必要がある。 オマル医師は、上司のシリル・ウチェットの協力を得る。 意地悪な皮肉屋のウチェットを演じるのは主役を食うほどの存在感のアルバート・ブルックスだ。 昔は日曜日は神様のもので、NFLの支配下にはなかったと彼は嘆く。 さらにオマル医師は、スティラーズの元チームドクターだったジュリアン・ベイルズ(アレク・ボールドウィン)を味方に引き入れる。 ベイルズは、大勢の脳震とう被害者を試合に戻らせていたことを償いたいと思っていた。 人々の心をつかむ物語だ。 最も悲惨なのは、ジャスティン・ストルゼルチャイク(マシュー・ウィリグ)やデイブ・デュアーソン(アドウェール・アキノエ=アグバエ)といった頑丈な選手が精神を病み苦しむが、その原因はCTスキャンには写らないことだ。 監督のピーター・ランデズマン(『パークランド ケネディ暗殺、真実の4日間』)は、この作品の脚本も手掛けているが、展開の遅さや話し手を延々と映すショット、説教臭さ、妻のパルマ(美しいがひどく疲れ切っているググ・ンバータ=ロー)とオマル医師との合間の無駄なストーリーが、この映画の良さを損ねている。 そして最も引き締められるべき場面で、だれてしまっている。 幸いスミスの完璧な訛りとオマル医師の価値のある大義への献身が、最初から最後まで観客を引き付けて放さない。 アメフトジャンキーにはスーパーボウル前に見るべきだとは言い難い。 だがしかし、どうだろう?見るべきかもしれない。 『コンカッション』 監督/ピーター・ランデズマン 製作/リドリー・スコット他 キャスト/ウィル・スミス、アレック・ボールドウィン、ググ・バサ=ロー他 2016年10月29日(土)より全国順次公開.

次の