ブロント サウルス ark。 ブロントサウルス

arkのテイムできる中で最強ベスト3を教えてください!

ブロント サウルス ark

発動すると専用のBGMと共にフォースフィールド(バリア)が張られて周囲から汚染生物が発生してポッドを襲撃にくる。 これら汚染生物からポッドを守りきれば報酬としてポッドの中身を回収可能になる。 降下時には特有の落下音がMAPの広範囲に響き渡り、空から降ってくる煙を視認できる。 落下後も防衛戦が発動するまでは煙が上がっているため、それを目印に近づくことができる。 あまり遠くから望遠鏡で覗くと近づく前に消滅することがあるので注意。 これは一度描画内に入れて、離れると消滅する性質があるためと思われる。 ポッドには耐久値があり、汚染生物の攻撃ですべてを削りきられてしまうと防衛失敗となりポッドは消滅する。 防衛には「ウェーブ」と呼ばれる段階があり、基本的に0~5ウェーブの計6回の襲撃を耐えきる必要がある。 難易度は [易]青、黄、赤、紫 [難]の4段階。 紫カラーのポッドのみ7ウェーブで終了になるが、ウェーブが無限にあり、手動で防衛を終了させる必要がある。 すぐには終わらず、襲撃も続くため余裕があるときに終わらせるのがよい。 襲撃中に騎乗解除して防衛を終わらせようとしても死亡する危険が高く、騎乗生物のHPがギリギリの状態で終わらせても、終わらせたウェーブまで襲撃は続き、すぐに敵が消えたりはしないためロストの危険性が高い。 防衛中はポッドに近づくか、望遠鏡で視るとウェーブの残りの敵数を確認できる。 残り5の場合などは手前の岩場などに引っかかっていることが多い。 赤、紫なら野生のレベル上限150を越えているので見分けやすい。 このときにソロ、もしくは参戦している全員がポッドの描画範囲内から離れてしまうとポッドが消滅してしまうことがある。 ソロの場合はポッドの描画範囲内でしばらく動かずにいると残り1の生物がデスポーン(自然消滅)して次のウェーブに進めるようになるため、無理に移動する必要はない。 消滅しないときは待機位置を変えるなどが必要。 数人いる場合は誰か一人が必ずポッドのそばに残っている必要がある。 プレイヤーに限定されるのでペットの生物などを近くに残しても意味はない。 ・ノード防衛戦とは 紫色の尖った岩のような資源がMAP上に発生する。 同色のオーラが遠くからでも視認できる。 発生場所は基本的にOSDポッドと同じ場所になる。 OSDと同じように防衛戦を完遂することで資源としてエレメントを獲得できる。 回収にはピッケルや斧が必要。 難易度は3段階あり、ノードの耐久値と大きさで確認できる。 10000、25000、50000の3つだが、50000でOSD赤くらいの難易度。 ほかも青と黄程度の難易度という認識で構わない。 これを行わないと他のプレイヤーからも採取が可能になるため横取りされる可能性がある。 中央の柱を削ると周囲の小さい資源も消えてしまうため、周りを掘ってから最後に中央の柱を削るのが理想。 エレメントダスト、エレメントシャード、エレメントが採取できる。 資源採取の倍率がかかるため、2倍のときに採取するのが効率的。 ・OSDとノードの発生関係 MAP上に2つほど発生するが、OSDかノードのいずれかが2つ存在していると他には発生しなくなる。 そのため目当てのOSDやノード以外のときは「発動させてその場を離れて消滅させる」といった行動が必要になる。 OSDとノードの発生は連携しており、ノードが2つあるときにOSDは降ってこない。 この場合はノードを見つけて消滅させる必要がある。 ノードはOSDの煙のように遠方から目立つことがないため、MAPの端や岩山の影になっていると気付けないことが多い。 それ以外にも他のプレイヤーが防衛中の場合も新しいOSDやノードは発生しない。 2組が防衛中のときに周回しても、いずれかの防衛戦が終わるまでは発生しない。 ようは「アルファ種」のことで、アルファTEKトリケラトプス、アルファTEKレックスの2種類が登場する。 まとめて4~5匹以上発生することもあり、耐久や攻撃力も高いため注意が必要。 通常のアルファ種と同じように周囲の野生生物にバフがかかる。 汚染ギガノトサウルスは通常種と違って出血ダメージが付与されないため、そこまで怖さはない。 同じギガノトサウルス騎乗なら簡単に倒せるだろう。 リーパーキングと激怒トリケラトプスのノックバックは危険なことがある。 崖の下に飛ばされてしまったり、ポッドや仲間から遠くまで飛ばされてしまうこともある。 スポーン地点は決まっており、そこに人を配置してリスポーンキルし続けることも可能。 ただポッドのそばには必ず誰かがいる必要がある。 襲撃数が多くHPも高いため、広範囲に大きなダメージを与えられるギガノトサウルスが最適といえる。 参加人数にもよるがレックスあたりでは凌ぎきることは難しい。 またサドル防御も原始的では厳しいと言わざるを得ない。 逆に言えばブリーディングしたギガノトサウルスに高品質サドルを付ければ赤はソロ、紫も2人ほどでクリアは可能になる。 さらに攻撃力を変異させたギガノトサウルスなら容易だろう。 それでもソロで安定して攻略できるのは赤までが無難。 紫ソロは慣れや工夫が必要になってくる。 ほかに有効な生物としてはリーパーキング、各種タイタン、MEKなどが挙げられる。 いずれも広範囲に高い攻撃力を発揮できる。 鞭と重量アルゲンタヴィスを用意して素早く報酬を回収してしまうのが好ましい。 報酬は建材や黒真珠やインゴットなどかなり重量のある物も含まれる。 拾ったその場で動けなくなる可能性もあるため、重量アルゲンタヴィスを横づけするのが無難だろう。 内容によってはアルゲンタヴィスでも重量オーバーするため、黒真珠や石の建材は捨ててしまってもいい。 欲張って重量ギリギリのアルゲンタヴィスで飛んでいると最悪の場合はファイアワイバーンに追われて死ぬこともあり得る。 拠点まで速やかに戻れる重量に抑えるのがいいだろう。 重量に振ったファイアワイバーンも活用できる。 重量2000以上あればインゴットや鉄建材を含めた報酬を輸送できる。 石建材と黒真珠は内容によっては諦めたほうが輸送は速やかになる。 先に誰かいる場合は割り込んだり、横取りするのはやめたほうが無難。 トラブルにしかならない。 OSDやノードは高い頻度で発生するため、無理に取り合う必要はない。 近づくと開始してしまうため仲間が来るまで少し離れた場所で待っている場合もある。 気づかずに発動させてしまった場合はややこしい。 シールド発動後に「Clim」をかけることはできる。 まれにOSDが空中に浮いている状態で発見されることがある。 そのままでも近づいたり、下の配置につけば防衛戦をスタートさせることができる。 面倒ならそのまま立ち去ってもよい。 攻撃判定は地面に残っており、汚染生物が攻撃すると空中のOSDにダメージが入る。 クリア後は空中のOSDポッドに近づいて報酬を出す必要がある。 判定が拾えない場合はその場に寝袋を置いてリスポーンするとOSDポッドが地面に描画されるようになる。 そこで予め防護柵や建築で囲んで防御してしまう方法がある。 ただ普通に建築しただけでは汚染生物に破壊されてしまうため(汚染生物はTEK建築でも破壊する)「オフラインダメージ無効」を活用する必要がある。 PVEではオフラインのプレイヤーの建築物などはダメージが無効になる仕様がある。 これを利用してサブ垢を作り、防衛施設を建築してログアウトするという方法。 有効ではあるが手間もかかる。 オフラインダメージ無効ではなくとも防護柵や看板を立てることで一定の足止めにはなる。 ソロの場合はOSDを囲んでから始めるプレイヤーも存在する。 ちなみに「鉄の防護柵」は耐久クラスは石建築と同等であるため容易に破壊される。 TEKフォースフィールドも使用できるが紫防衛では早い段階で破壊される。 残り2匹以上で襲撃が止まったときは休憩できる。 ウェーブが長引いて騎乗生物が手負いのときはポッドに入れ替えたり、肉を食わせて回復させたりする時間に当てられる。 リーパーが地面に潜ったまま出てこなくなることがある。 対策としてはワイバーンの羽ばたきやガスバッグの吹き付けで地中から強制的に出現させることができる。 しかし一瞬でまた地面に潜ってしまうため、二人がかりで出た瞬間に攻撃して倒す必要がある。 ソロでもワイバーンなら羽ばたきから噛みつきやブレスで徐々に削ることができる。 ウェーブを重ねるほど得られる報酬量が増え、品質が向上する。 通常ウェーブ7で終了させた場合にエレメント200として、最大14ウェーブでは400以上になることもある。 ただし内容はランダムであるため、必ずすべての資源が通常よりも多く得られるとは限らない。 ウェーブを重ねてもエレメントの獲得量が7ウェーブと大差ない場合もある。 14ウェーブ以降は増加しないらしい。 ) 不要な装備や建材は破砕機で素材に変換することができる。 これにより鉄の建材からインゴットなどを回収できる。 ノードはカマキリにピッケルを持たせて採取するのが最効率。 ただ掘っている途中でカマキリの重量がいっぱいになるため、アルゲンタヴィスに荷物を移しながら掘る必要がある。 PVPサーバーで2匹出す場合はポッドのクールタイムに注意。 アンキロサウルスやドエディクルスでは採取できない。 キングタイタン戦のときに周りに15万のノードが発生する。 ボス戦に専念していると掘っている余裕はない。 現時点(2020. 02)でカンスト値の武防具サドルなども出ているが、新マップの登場などで報酬のグレードが下げられる可能性はある。 新マップにより価値の高いものを置くことでプレイヤーを誘導するようになっている。 02 時点) 現物は一定確率で設計図として入手できる。 TEK装備のみ全て設計図(複数回製造すると設計図が消滅する)装備と使用にはTEKエングラムの解放が必要。 ガチャ、雪フクロウ、ガスバッグ、ベロナサウルスのサドルは紫防衛では出現しないので、赤など下位のOSDを狙って周回する必要がある。 またハザード装備は赤OSDのみ、エレメントは紫防衛のみとなっている。 料理は以下共通。 4 TEK 714. 6 ハザード ---.

次の

Ark攻略 ブロントサウルスをテイム、紹介

ブロント サウルス ark

投稿日 2015年7月11日 恐竜 テイム(飼育) 攻略 テイムにかかる所用時間、必要な資源の目安 一覧表 見方) 恐竜名 目安のレベル帯 資源を使う量の目安のレベル テイムに要する時間の目安 恐竜のレベル、自分の腕で時間が変動する 必要資源 Narcoberryを使った場合 Narcoticを使った場合 おすすめの与える食べ物 (必ずしも必須ではない 全ての生肉を食べる肉食恐竜に対してPrime meatはかなりの効果があります KOするのに効果的な事 必要なArrows矢の数 簡易アクセス Dodoドードー ドードー 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv Lv1- 30 30以上は必要資源等が増加) 5 - 10分 Narcoberry 10- 30 Narcotic 2 - 5 おすすめFOOD Amarberry 5 -15 KO方法 ドードーがArkの世界で最もテイムするのが簡単な生き物です。 素手でもSlingshotでも 頭に攻撃すればすぐ気絶するでしょう。 1-3 Tranquilizer Arrows Dilophosaurs Dilophosaurs 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv Lv1-30 30以上は必要資源等が増加) 1 - 30 分 Narcoberry 20-120 Narcotic 5-30 おすすめFOOD 10-25 Raw Meat KO方法 Slingshotを使いましょう。 2~3回ヒットさせればレベルの低いDilophosaurは気絶します。 素手でも 5~10回程で死んでしまう程のHPです。 2-5 Tranquilizer Arrows Phiomia Phiomia サドルアンロック Lv5 Ichthy サドルアンロック Lv 10 rawmeatが必要です Megalodonsに食べられてしまうので、テイムする際は辺りを気をつけてください turtless亀を捕まえるのに彼らはおすすめです。 Parasaurs Parasaurs 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv10 Lv1 - 30 30以上は必要資源等上昇 20 - 30 分 Narcoberry 20- 50 Narcotic 6-15 おすすめFOOD Azulberry 40- 100 Mejoberry 40 - 100 KO方法 Parasaurはとても速いので、攻撃を開始したらさっさとノックアウトさせなくてはならない。 Spear槍などで最初はHPを減らすのが得策 Bow か Tranquilizer Arrowsがおすすめの武器になる 3-4 Tranquilizer Arrow Dimorphodon ディモフォドン 必要時間の目安 必要資源の目安 サドル none Level1- 90 10分〜30分 気絶 Narcotic 25-150 おすすめのMeat Raw Meat 25-60 KO 1-5 Tranquilizer Arrows Raptor ラプター ラプター 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv 15 Lv 1- 30 30以上は必要資源増加) 30分~1. 5時間 Narcoberry 300 - 600 Narcotic 25 - 100 おすすめFOOD 50-150 Raw Meat KO方法 気絶させるのはそこまで難しくないはずです。 5-15 Tranquilizer Arrows Triceratops トリケラトプス トリケラトプス 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv 20 Lv 1 - 30 30以上資源増加 1~2時間 Narcoberry 150-500 Narcotic10-100 おすすめFOOD Mejoberry 90 -300 KO方法 トリケラトプスはとても遅いので簡単にペットにできるでしょう。 気絶するまで 矢か石を打ち続けましょう 5- 15 Tranquilizer Arrows Carbonemys Carbonemys 亀 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv25 Level1- 60 1時間~3時間 Narcoberry 142 - 530 Narcotic 25-120 おすすめのberry Mejoberries 100-350 KO方法 とげの甲羅をつけた恐竜に対して言える事ですが、素手での攻撃はあまりおすすめできません Scorpion か Tranquilizer Arrowsがいいですが、他の恐竜よりは大変ではないので Slingshotsでいけるでしょう。 頭を狙うのがbestです 5-25 Tranquilizer Arrows Scorpion スコーピオン 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv 25 Lv 1 - 30 30以上資源増加 30分~1. 5時間 必要資源の目安 Narcoberry 250- 500 Narcotic 15 -100 おすすめFOOD Spoiled Meat 25-100 腐った肉) KO方法 気絶させるのは簡単です SlingshotでもTranquilizer Arrowsでも、もちろん他のScorpionを使っても良いです。 Raw Meatでも捕まえる事は可能です テイムした後は raw MeatでもSpoiled Meatでも どちらでも食べます 5-15 Tranquilizer Arrows Stegosaurus ステゴサウルス 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv 30 Lv 1 - 30 30以上資源増加 1. 30~3時間 Narcoberry 300-600 Narcotic75-150 おすすめFOOD Mejoberry 250-400 KO方法 ステゴサウルスはうすのろですが、そのパワーはバカにできません。 常に距離に注意しましょう。 Slingshotsは約50回程ヒットさせないといけないので、Tranquilizer arrowsの方が楽ですし距離もとりやすいです。 15-30 Tranquilizer Arrow Sarco サルコ・サウルス 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv35 Level1- 30 30以上は必要資源が上昇する) 1-2時間 Narcoberry 300- 600 Narcotic 75-150 おすすめFOOD Raw Meat 50-100 Tranquilizer Arrowsを使えば気絶させるのは簡単です NarcoticとPrime Meatを使ってしまえば効率的にテイムできるでしょう。 5-15 Tranquilizer Arrows Pteranodon プテラノドン 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv 35 Lv 1 -30 30以上は必要資源増加 1-2時間 Narcoberry 150-500 Narcotic 25- 50 おすすめFOOD Raw Meat 20-70 KO方法 Tranquilizer Arrowsがテイムするためには必要です。 Tranquilizer Arrowsを当てた後はしばらくの間プテラノドンは飛行します 矢は少なくても大丈夫です プテラノドンはスタミナが半分以下になると飛ぶのを止めて陸におります なので プテラノドンを見つけたら 降りてくるのを待ってから攻撃を開始したほうが効率的です スタミナ切れを起こせば飛ぶ事はできなくなります レベルの低いプテラノドンは1発頭に石をぶつければ気絶してしまうでしょう 1-5 Tranquilizer Arrows Ankylosaurus アンキロサウルス 必要時間目安 必要資源目安 サドルアンロック Lv40 Lv1 - 60 1. ScorpionやTranquilizer Arrowsを使うのがおすすめです。 もしどちらもないならば、Slingshotでも可能です。 頭を常に狙っていきましょう 15-40 Tranquilizer Arrows Mammoth マンモス 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv40 Lv1-30 30以上は必要資源等増加) 2. 5-5時間 Narcoberry 200 - 400 Narcotic 50 - 100 おすすめFOOD Mejoberry 300 - 500 KO方法 動きが遅いので特に苦労しないでしょう 山に近く 北側の海岸沿いに住んでいます メモ:マンモスのTorporは下がるのがとても遅いです 15-30 Arrows Sabertooth サーベルタイガー 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv 45 Lv1-30 30以上は必要資源増加) 2時間~4. 5時間 1000- 1500 Narcoberries 50 - 150 Narcotics おすすめFOOD 200 - 400 Raw Meat KO方法 群れで行動しているので気をつけて下さい 15- 30 Tranquilizer Arrows Megalodon メガロドン 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv45 ??? ??? KO方法 メガロドンをテイムするためには、とりあえず浅瀬におびきよせます。 水中には矢は貫通しないのですが、距離がかなり近いならその攻撃はメガロドンに効果があります。 10から30のTranq arrowsを消費する事になるでしょう。 群れで行動している事が多いので、テイム中のメガロドンが攻撃されないように、たくさんのメガロドンと戦う準備をしていきましょう。 岩が水中のすぐそこにある場所がテイムするにはかなりオススメです。 その場所の浅瀬にたっているとメガロドンがあなたを捕食する為に顔をあげた状態になるので、その頭を狙い打てば良いだけです もしMegalodon を捕まえたら浅瀬では泳がないようにしましょう。 念をおしますが決してビーチに近づかないでください。 ビーチに乗り上げてしまったメガロドンは死んでしまいます。 また海底にメガトロンが生活するスペースを作る為にメタルでその場所を作りましょう メタルは他の生物では破壊できません。 引き寄せる為に: 小さな魚達を獲ってそれを手に持ったままビーチで待つか、それをビーチにセットしましょう 近くのメガロドンが引き寄せられるはずです それを食べようと近づいてくるはずです、たまに陸にあがってしまいそのまま死んでしまいます。 (メガロドンがいないと効果がないので、実際に泳いでるのが確認できてから行いましょう) Carnotaurus カルノタウルス 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv50 Lv 1 - 30 30以上は増加 1. 5~3時間 Narcoberry 300 - 600 Narcotic 75-150 おすすめのFOOD 50-100 Raw Meat KO方法 肉食恐竜には気をつけて下さい。 ちから強く、いかなる時も油断は禁物です。 10- 20 Tranquilizer Arrows Argentavis アルゲンタビス 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv55 Level 1- 30(30以上はもっと色々必要になります) 1. 5~4時間 400-800 Narcoberry 60-200 Narcotic おすすめのFood 50-100 Raw Meat KO方法 プテラノドンと違ってなかなか捕まえにくいですし、プレイヤーに積極的に攻撃をしかけてきます。 train arrowsを使う事をおすすめします Carnotaurusカルノタウルスを見かけたら、その近くにアルゲンタビスもいるはずです アルゲンタビスとカルノタウルスはほぼ同じエリアに生息しています。 40level以上は 100以上必要です。 Spinosaurus スピノサウルス 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv 60 Lv 1 - 30 30以上資源増加 2-4時間 Narcoberry 400-1000 Narcotic 80-200 お気に入りの食べ物 Raw Meat150-200 KO方法 スピノサウルスはとても時間がかかります。 torporの数値に気を配りましょう 他の恐竜と比べて気絶からの回復が速いです。 6分間で50%ものtorpor数値が減少してしまうでしょう 15-25 Tranquilizer Arrows Rex ティラノサウルス 必要時間の目安 必要資源の目安 サドルアンロック Lv 60 Lv 1 - 30 30以上資源増加 2-4時間 Narcoberry 500-1000 Narcotic100 - 300 お気に入りのFOOD 150 - 400 Raw Meat KO方法 ・・・ かなりの上級者のみがテイムする事を許される怪物です。 Plesiosaurs サドルアンロック Lv 60 Plesiosaursは今までの所、このゲームで一番テイムするのが難しい恐竜でしょう。 資源はレベルによって全然違います。 75-90 train arrows 気絶させるのにかかりました レベルの高いPlesiosaurは頭にのみヒットさせても、100-135 tranq arrowsが必要だったという報告もあります。 35レベルのPlesiosaurは だいたい30tranq arrowsでいけます torporの数値の減少がとにかく速いので レベルが30 - 50のPlesiosaurはnarcotics が1000個程必要になるでしょう。 テイム方法 水の中の洞窟にPlesiosaurは生息しています。 水につからずに立てる洞窟の入り口までPlesiosaurを誘導しましょう 誘惑したら矢を打ちます。 Plesiosaurはすぐにどこか行ってしまうので、注意を引くためにも他のプレイヤーの助けが必要になるでしょう。 もしソロならば注意を引くために亀の力を借りましょう (2~3回矢をあてたら、水に近づいて aggroをリセットさせる この方法を気絶まで繰り返す事ができる) 他のテイム方法 oxygenとhealthが高いスコーピオンを連れて行くという方法もありです ロジクール• - - - - - - - - - - - - -• 人気記事 DungeonDeffenders2の前の話にあたるゲーム 2とは色々な場所が変わっているのでやった事ない人もまだまだ楽しめるゲームだと思います プレイヤーもまだまだいますし、なんといっても安いのでお買い得• DungeonDeffendersのキャラ達が成長して帰ってきた!続編が出来ました。 1が楽しくてはまった人は要チェックゲームですね。 また他にeternityもありま•

次の

【ARKモバイル】雷(ブロントサウルス)のテイム方法は?移動拠点の作り方!

ブロント サウルス ark

excelsus のYPM 1980 約1億5,630万 - 1億4,680万年前 (後期マルム世中期) : : : : : : : : : : : : : ブロントサウルス属 Brontosaurus , B. excelsus ,• Eobrontosaurus Bakker, 1998• excelsus Riggs, 1903 ブロントサウルス• Brontosaurus excelsus• ブロントサウルス・エクセルスス B. excelsus は長い間と同一視されていたが 、最近の研究では、ブロントサウルスとアパトサウルスは別属であり、 B. excelsus、 B. yahnahpin、そして B. parvus の三種から成ると考えられている。 ブロントサウルスは長く薄い首と小さな頭をもっており、植物食性に適応していた。 強靭で重い四肢、長い鞭のような尾を備えていた。 多様な種が後期のローレンシアので暮らしており、ジュラ紀の終わりと共に絶滅した。 成体は体重約15 t、全長22 m と推定される。 竜脚類の原型として、ブロントサウルスは最も良く知られた恐竜の一つであり、映画、切手、その他様々なメディアで題材にされてきた。 分類 [ ] ブロントサウルスは巨大竜脚類のの一つ、ディプロドクス科のメンバーである。 同科にはディプロドクスや、のような地上最長最大級の動物たちが含まれる。 ブロントサウルスはその中でもアパトサウルスと共にを構成するが、他の未命名の属も含まれる可能性がある。 マーシュはの仲間としてブロントサウルスを記載し、アトラントサウルス科に含めた。 これは現在使われていない分類群である。 1878年、マーシュはアパトサウルス、ブロントサウルス、アトラントサウルス、モロサウルス(カマラサウルス)、ディプロドクスで成るその科をのランクに引き上げようとした。 彼はそれを竜脚類の中に分類した。 1903年、エルマー・リグスは竜脚類という名前は、先に命名されたオピストコエリアのジュニアシノニムであると指摘し、アパトサウルスをそのメンバーとして再記載した。 ほとんどの論文著者は依然、その分類群名として竜脚類を用いる。 モリソン自然史博物館所蔵、 B. yahnahpinの左前肢 1879年のマーシュによる原記載のブロントサウルスは、長い間アパトサウルスのジュニアシノニムであると考えられてきた。 模式種エクセルスス種は1903年にアパトサウルス・エクセルススに再分類されたが、2015年のイギリスとポルトガルの共同研究チームの調査により、ブロントサウルスはアパトサウルスと明確に区別されると結論づけられた。 同じ研究で、2つの異なる種も再分類され、一度アパトサウルスとエオブロントサウルスとされた種が、それぞれブロントサウルス・パルヴス Brontosaurus parvus とブロントサウルス・ヤナピン Brontosaurus yahnahpin となった。 しかし、全ての古生物学者がこの見解に同意しているわけではない。 以下は2015年のチョップとベンソンによるディプロドクス科の 2015 である。 未命名の種 ・アジャクス アパトサウルス・ロウイサエ ブロントサウルス・エクセルスス ブロントサウルス・ヤナピン ブロントサウルス・パルヴス 未命名の種 ・ロウリンハエンシス スーパーサウルス・ヴィヴィアナエ ・カルネギー ディプロドクス・ハロルム 種 [ ] ブロントサウルス・エクセルスス Brontosaurus excelsus このブロントサウルス属のは、1879年にマーシュによって命名された。 ホロタイプを含む、多くの標本が本種として記載されてきた。 それに含まれたの FMNH P25112 は、発見以来アパトサウルス亜科の不明の種とされていた。 ブロントサウルス・アンプルス Brontosaurus amplus は、場合によりパルヴス種に分類されてきたが、エクセルスス種のジュニアシノニムである。 本種は模式標本とアンプルス種の模式標本とされるもののみが知られている。 ブロントサウルス最大種で、体重約15 t、全長22 m と推定される。 標本はどちらもワイオミング州のモリソン層のリード採石場から知られる。 地質年代は後期 、約1億5200万年前である。 ブロントサウルス・パルヴス Brontosaurus parvus B. parvus の組み立てキャスト UW 15556 1902年にエロサウルス Elosaurus として、ピーターソンとギルモアによって記載された。 1994年にアパトサウルスと改められ、2015年にブロントサウルスとして再記載された。 標本は CM 566(ワイオミング州アルバニーのシープクリーク採石場で見つかった幼体の部分骨格)、BYU 1252-18531(ブリガムヤング大所蔵、ユタ州で発見されたほぼ完全な骨格)、そして部分骨格 UW 15556(事故によりホロタイプと混同されていたもの)で構成される。 キンメリッジ期中期。 成体は体重14 t 以上、全長22 m 以上に成長したと推定される。 ブロントサウルス・ヤナピン Brontosaurus yahnahpin バーサ採石場のモリソン層下部から発見された、ブロントサウルス最古の種である。 年代は約1億5500万年前。 全長は約21 m に成長したと思われる。 エオブロントサウルス・ヤナピンのだった本種は、 ジェームズ・フィラ James Filla とパトリック・レッドマン Patrick Redman により1994年にアパトサウルスとして記載された。 は、対になった腹肋骨がラコタ族の伝統的なヘアパイプを思わせることから、で「胸飾り」を意味する mah-koo yah-nah-pinに因んでいる。 ホロタイプは TATE-001 で、これはワイオミング州モリソン層下部で発見されたほぼ完全な体骨格である。 より断片的な化石も本種のものとして考えられているものがある。 1998年、バッカーはより原始的な属であると考え、新属エオブロントサウルス Eobrontosaurus(「暁のブロントサウルス」の意)を記載した。 以下のクラドグラムはチョップらによる2015年の分析結果。 記載者らは、ほとんどのディプロドクス類の標本を別々に分析し、どの標本がどの種および属に分類されるかを推論した。 エクセルスス種の尾椎、YPM 1980 YPM 1840 アトラントサウルス 模式標本 NSMT-PV 20375 AMNH 460 Apatosaurus ajax YPM 1860 Apatosaurus ajax type Apatosaurus louisae CM 3018 Apatosaurus louisae type YPM 1861 Apatosaurus laticollis type Brontosaurus Brontosaurus excelsus YPM 1980 Brontosaurus excelsus type YPM 1981 Brontosaurus amplus type AMNH 5764 Amphicoelias altus type FMNH P25112 Brontosaurus yahnahpin Tate-001 Eobrontosaurus yahnahpin type Brontosaurus parvus CM 566 Elosaurus parvus type UM 15556 BYU 1252-18531 記載 [ ] ヒトと3種のサイズ比較: Apatosaurus ajaxのオクラホマ標本 オレンジ色 、 A. louisae 赤色 、 Brontosaurus parvus 緑色 ブロントサウルスの頭骨はまだ見つかっていないが、恐らく近縁のに似た頭骨であったと考えられる。 他の竜脚類のように、頚椎上面には深い溝があって一対の棘を形成しているため、首が幅広く深くなっている。 脊椎は15個の頚椎、10個の胴椎、5個の仙椎、82個の尾椎からなる。 ただし尾椎の数は種内変異が認められている。 頚椎は他のディプロドクス類よりも太く頑丈だったが、アパトサウルスの成熟個体ほどではない。 頸肋骨は脊椎に癒合していないか、あるいは強く接してはおらず、むしろ緩い。 10個の肋骨は胴体の側面にまんべんなく存在した。 大きな首は空気で満たされたによって軽量化されていた。 ブロントサウルスは、アパトサウルスのように、脊椎に高い棘突起を有していた。 これらは個々の椎骨の半分以上の高さがある。 尾の形状はディプロドクス類としては異常で、比較的華奢で、腰から先の棘突起が急激に減少する。 ブロントサウルスはまた、他のディプロドクス類と比べ非常に長い肋骨をもち、それにより非常に胸の位置が深くなっていた。 他のディプロドクス類同様、尾の先は鞭のような構造になっている。 excelsusの復原図 肋骨はまた非常に頑丈なつくりである。 前肢の骨も健固で、はに似ており、 B. excelsus のそれは Apatosaurus ajax のものと見分けがつかない。 チャールズ・ギルモアは1936年に、以前の復元ではとが交差する可能性があると誤って診断していたと発表した。 ブロントサウルスは単一の大きな鉤爪を両方の前肢に備えていた。 そして全ての脚において、最初の3つの指先に爪がついていた これは一頭の竜脚類に対して保存された爪の数としては、今も最大数として認められている。 前肢の単一の鉤爪は、緩やかに曲がっており、末端で垂直に短縮されている。 腰の骨は頑丈なと癒合したとで構成される。 脛骨と腓骨はディプロドクスの華奢なものとは異なっているが、カマラサウルスのものには非常に良く似ている。 腓骨は脛骨よりも細く長い。 研究史 [ ] 1905年に造られた B. excelsus specimen AMNH 460 の組立骨格。 頭骨は人工物である。 蔵 エルマー・リグスは1903年の Geological Series of the Field Columbian Museum において、ブロントサウルスはアパトサウルスと属を分けるほどの違いに欠くとし、ブロントサウルス・エクセルススをアパトサウルス・エクセルスス Apatosaurus excelsus と改めた。 リグスはこのことから、両属は同物異名であるかもしれず、ブロントサウルスはアパトサウルスよりも後に命名されているため、であると主張した。 しかし、アメリカ自然史博物館に標本を設置する前、はマーシュの反対者であったにも関わらず、骨格に「ブロントサウルス」のラベルを付けた(彼がリグスの発表を知らなかった可能性もある)。 1905年、同博物館は世界初の竜脚類の組立骨格を公開した。 それは主に AMNH 460 をもとに造られた複製で、種はブロントサウルス・エクセルススとされた。 AMNH標本は非常に完全であり、足首から先、後肢、肩甲骨、尾椎を欠くだけで、それらは他の標本から補われた。 尾椎は明らかに足りなかったが、にも関わらずマーシュはあたかもそれが真実であるかのように見せかけた。 さらに博物館は、この巨大生物の頭骨のように見えるような彫刻モデルを骨格に設置した。 ディプロドクスのような繊細な頭骨がより正確であることがわかっているが、「3つの異なるサイトのうち、最大で、最も厚く、最も頑丈な頭骨、下顎および歯をもったもの」に基づいていた。 その頭骨はカマラサウルスのものに似ていた。 当時、保存状態のよい頭骨が唯一知られていた竜脚類である。 その組立骨格はブロントサウルスの頭骨を探さなかったアダム・ハーマンによって復元された。 ハーマンは頭を手作りすることに尽力した。 オズボーンは、頭骨の大部分はモロサウルス Morosaurus (現在のカマラサウルス)をもとにしていると公表した。 1995年に再設置されたAMNHのアパトサウルス亜科(恐らくブロントサウルス・エクセルスス、AMNH 460)の骨格 1909年、アパトサウルスの頭骨が、カーネギー採石場の国立恐竜記念公園の最初の探検でアール・ダグラス指導の下、発見された。 その頭骨は骨格 CM 3018 から数 m 離れた場所で見つかり、アパトサウルス・ロウイサエ Apatosaurus louisae と記載された。 CM 11162 とナンバリングされ、ディプロドクスの頭骨と非常に似ていると考えられた。 それはダグラスとカーネギー博物館のウィリアム・ホランドや、オズボーン等他の科学者たちによってアパトサウルスの標本であると確認された。 ホランドは1914年に米国古生物学会に提出されたリグスの学説を擁護したが、カーネギー博物館ではその頭を使わずにいた。 彼はオズボーンとの対立を避けようとしていると思っていた人もいたが、ホランドは頭骨と骨格の関連性の確認を待っていたらしい。 ホランドの死後、1934年にカマラサウルス頭骨は博物館スタッフにより取り替えられた。 1931年に仮設された頭骨。 イェールピーボディー博物館 で、1931年に骨格が組み立てられた。 その頭骨の特徴は全て他の種類のものだった。 当時、ほとんどの博物館がカマラサウルスのキャストを使っていたが、ピーボディー博物館はそれとも完全に違う頭を複製した。 下顎骨はカマラサウルスのものを基にしており、それ以外は1891年のマーシュのイラストに基づいていた。 その頭骨は前に突き出た鼻骨をもっており、いかなる恐竜とも全く違っていた。 また、側頭窓もイラストをもとにしており、どの頭骨とも違っていた。 1970年に、ジョン・スタントン・マッキントッシュとデヴィッド・バーマンがディプロドクスとアパトサウルスの頭骨を再記載するまでアパトサウルス亜科の頭骨について言及されることはなかった。 ホランドは自分の意見を発表したことはないが、ほぼ間違いなく、アパトサウルスとブロントサウルスはディプロドクスのような頭骨をもっていたことが分かっていたと、マッキントッシュらは述べた。 彼らは、長い間ディプロドクスに関連すると考えられていた多くの頭骨は、アパトサウルスのものかもしれないとし、密接に関連する脊椎に基づいて複数の頭骨をアパトサウルスに再同定した。 1979年8月20日、マッキントッシュとバーマンによる記載の後、アパトサウルスの頭骨が初めて博物館の骨格に設置された。 カーネギー博物館でのことである。 1995年、アメリカ自然史博物館もそれに従い、骨格を組み立てなおした。 ラベルもアパトサウルス・アジャクスに変えられ、尾と頭骨は A. louisae に基づいて復元された。 2015年のチョップ等によるブロントサウルスとアパトサウルスの研究史の説明図 20世紀のほとんどの古生物学者たちはリグスに全面的に同意し、アパトサウルスとブロントサウルスの種は全て単一の属に分類されると信じていた。 に従い、より後に命名されたブロントサウルスは学術的な使用は無効であるとされてきた。 しかしながらは1990年代に A. ajax と A. excelsus は実際には属を分けるに十分なほど異なっていると主張した。 2015年に、エマニュエル・チョップ、オクタビオ・マテウス、ロジャー・ベンソンは、二属の関係について広範な研究を行い、ブロントサウルスは確かにアパトサウルスとは異なる竜脚類の有効属であると結論づけた。 彼らは属と種の違いをより客観的に評価するための統計的手法を開発し、ブロントサウルスの有効性を指摘した。 頸椎の背側の二股になった棘突起の間の幅が、ブロントサウルスではかなり狭いのに対し、アパトサウルスでは明らかに広くなっていることや、骨盤と頭骨の違いについてが指摘された。 彼らは、2つの元アパトサウルスの種、 A. parvus と A. yahnahpin をブロントサウルスに再分類し、ブロントサウルス・エクセルススをもとに戻した。 これに対しマイケル・デミック Michael D'Emic は批判を下した 他、Donald Prothero は、この研究に対するマスコミの反応を、表面的かつ早過ぎるものであるとして批判した。 脚注 [ ] []• 2016年1月21日閲覧。 Riggs, E. August 1903. "Structure and Relationships of Opisthocoelian Dinosaurs. Part I, Apatosaurus Marsh" PDF. Publications of the Field Columbian Museum Geographical Series. 2 4 : 165—196. OCLC 494478078. Tschopp, E. ; Mateus, O. ; Benson, R. 2015. "A specimen-level phylogenetic analysis and taxonomic revision of Diplodocidae Dinosauria, Sauropoda ". PeerJ. 3: e857. PMC 4393826 Freely accessible. doi:10. 857. open access publication — free to read• 2007. Jurassic West: The Dinosaurs of the Morrison Formation and Their World. Indiana University Press. 389pp. ; Mateus, O. ; Benson, R. 2015. PeerJ 3: e857. Publications of the Field Columbian Museum Geographical Series 2 4 : 165—196. December 1877. American Journal of Science 14 84 : 514—516. ; Tomida, Y. ; Barrett, P. 2005. National Science Museum monographs 26 118 : 1—156. Gorman, James 2015年4月7日. 2015年4月7日閲覧。 2015. Time. com• 2015. Skeptic. com. ; Mateus, O. ; Benson, R. 2015. "A specimen-level phylogenetic analysis and taxonomic revision of Diplodocidae Dinosauria, Sauropoda ". PeerJ. 3: e857. PMC 4393826 Freely accessible. doi:10. 857. open access publication — free to read• Turner, C. and Peterson, F. , 1999. "Biostratigraphy of dinosaurs in the Upper Jurassic Morrison Formation of the Western Interior, U. " Pp. 77—114 in Gillette, D. , Vertebrate Paleontology in Utah. Utah Geological Survey Miscellaneous Publication 99-1. Holtz, Thomas R. 2011 Dinosaurs: The Most Complete, Up-to-Date Encyclopedia for Dinosaur Lovers of All Ages,• Filla, J. , Redman, P. 1994. Bakker, R. 1998. "Dinosaur mid-life crisis: the Jurassic-Cretaceous transition in Wyoming and Colorado". In: S. Lucas, J. Estep eds. Lower and Middle Cretaceous Terrestrial Ecosystems; New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin, 14: 67—77. Fastovsky, D. ; Weishampel, D. 2009. Cambridge University Press. 165—200. Memoirs of the Carnegie Museum 11 4 : 1—136. ; Hartman, S. ; Wahl, W. 2007. Arquivos do Museu Nacional 65 4 : 527—544. 2006. Introduction to the Study of Dinosaurs Second ed. Blackwell Publishing. 560. Upchurch, P. 1994. Gaia 10: 161—171. Marsh, O. 1979. American Journal of Science 18: 501—505. Liddell, G. ; Scott, R. 1882. 1—1774. Mahoney, K. 2015年. LatDict Latin Dictionary and Grammar Resources. 2010年4月14日閲覧。 Moon, B. 2010. Dinosauria: 1—9. Dinosours. 2014年10月30日閲覧。 1997. Carnegie Magazine. の2010-04-14時点におけるアーカイブ。 , Gaffney, E. 1995. Discovering Dinosaurs in the American Museum of Natural History. New York: Alfred A. Knopf, Inc. Bakker, R. 1994. Earth 3 6 : 26—33. ; Berman, D. 1975. Journal of Paleontology 49 1 : 187—199. 2010. Geological Society, London, Special Publications 343 1 : 361—386. Brinkman, P. 2006. Endeavour 30 4 : 126—130. Upchurch, P. ; Barrett, P. ; Dodson, P. 2004. In Weishampel, D. The Dinosauria 2 ed. University of California Press. 259—322• McIntosh, J. 1995. Sun. Sixth Symposium on Mesozoic Terrestrial Ecosystems and Biota Short Papers China Ocean Press : 119—123. Bakker, R. 1998. In Lucas, Spencer G. ; Kirkland, James I. ; Estep, J. Lower and Middle Cretaceous Terrestrial Ecosystems. New Mexico Museum of Natural History and Science Bulletin. 67—77. 関連項目 [ ]• この項目は、 に関連した です。 などしてくださる(、/、)。

次の